教員は転職を考える人が多い?ブラックから抜け出すことはできる?

教員は実質的に休みも少なく、残業代も支給されないためブラックだと言われています。教員の離職率も高く、転職先が気になっている方も多いはず。

教員は精神的にも非常にブラックな仕事ですが、転職先はあるのでしょうか?

今回は教員がブラックから抜け出す方法や、転職先を紹介していきます。

なぜ教員はブラックで転職先を探す人が多いのか?

教員は精神的にもブラックだと言われています。その理由としてモンスターペアレントの存在や、教員としての理想像が高いということがあります。

これは教員がブラックであり、転職先を探す方が多い理由を説明します。

モンスターペアレントの存在により精神的にブラックだから

教員がブラックで離職率が高い理由として、モンスターペアレントの存在があります。何気ない一言が、モンスターペアレントを刺激し問題に発展する場合もあります。一度問題に発展するとその対応に追われ、日々の業務を行う時間が削られます。

そういった精神的な問題もあり教員は転職先を探すことが多いです。

教員としての高い理想像があるのでブラック

教員は他の職種と比べ、世間的に「教員はこのようにあるべきだ」という理想像があります。その理想像を押し付けられるので、時として精神的に追い詰められる場合があります。

そういった教員としての高い理想像があるので、それに耐えることができずに教員を辞めていくことも多いです。

経費で落ちるものはほとんどないのでブラック

教員は公務員であるため、予算が決まっています。授業のための教材や、教室に飾る掲示物は自腹で購入しなければいけないものがほとんどです。自治体の予算に基づいて働いているため、予定外の出費は許されません。

そういった理由で自腹を切る教員も多く、離職率も高く、ブラックとなってしまいます。

教員がブラックな理由として残業代が支給されない

教員は生徒に勉強をしていることのほかにも、保護者への書類の作成や、研究授業の発表などたくさんの業務があります。しかし、そのような業務に対して残業代が払われることはありません。

残業代とは別に、「教職調整額」というものが支給されています。しかし、この「教職調整額」は基本給の4%となっているため、残業代には満たないことがほとんどです。

教員はいじめ対しても責任を問われるのでブラック

いじめという問題は、とても複雑で簡単に解決できるものでありません。しかし、教員は胸という問題に対しても責任を問われます。教師も1人の人間なので、いじめという複雑な問題を解決するには力が及ばないこともあります。

そのような複雑な問題に最前線で対応しなければいけないというプレッシャーにより、精神的に追い詰められる教員も少なくありません。

教員はやりがいを搾取されているので転職先を探す人が多い

教員のやりがいは子供とふれあい、その成長を見守ることができるという点にあります。教え子や保護者に感謝されることも多く、やりがいとしては大きい仕事です。

しかし、そのぶんブラックな環境にあるため、そのやりがいを搾取されているともいえます。休日出勤が多かったり、精神的にハードだったりするので転職先を探す人は多いです。

教員はブラックなため転職できずに病んでしまう人も多い

教員はブラックな環境にあるため、精神的に病んでしまう方が多いのも事実です。転職を考えることや、行動に移す前に精神的に病んでしまい、退職してしまう方も少なくありません。

精神的に辛いと感じるのであれば、心のサインを見逃さずに早めに対処すべきです。常に頭痛がしたり、細かいことでイライラしたりするなどといった症状がある場合は、早めに病院の先生に相談しましょう。

教員がブラックな状況から抜け出す転職先は?

教員がブラックな状況から抜け出すための転職先は、どのようなところがあるのでしょうか?

ここでは、その転職先を紹介していきます。

教員の経験を生かして民間企業に転職する

教員がブラックな状況から抜け出す方法として、教員の経験を生かして民間企業に転職するといった方法があります。転職先としては塾講師や予備校の講師などがあります。その他にも、学童保育のスタッフや教育事業を手掛けている民間企業へ転職するといった方法があります。

教員の仕事が辛くなったら、今までの経験を活かしてこういった道を探しましょう。

私立の中学校や高校に転職する

教員の経験を生かして、私立の中学や高校に転職するといった方法もあります。私立の中学校や高校は公立の学校と違い労働基準法が適用されています。そのため、残業や休日出勤をした際は時間外手当を支払わなければなりません。

私立の中学校や高校に転職することにより、残業代が支払われていないという問題を解決することができます。しかし、その他の福利厚生の部分に関しては、公立学校の方が良いという場合もあるのでその点においては気をつけておきましょう。

まとめ

教員は非常に離職率も高く転職先を探す人も多いです。その理由としては、教員がブラックであることが主な理由です。

モンスターペアレントの存在や、教員としての理想像を押し付けられてしまうため、精神的にも非常にハードな職種となっています。教員は子供と触れ合うことができ、成長を見ることができるので非常にやりがいのある仕事といえますが、やりがいを搾取されている仕事でもあります。

ブラックな状況を抜け出す方法として、民間企業などに転職する方法や私立の中学校や高校に転職する方法があります。教員の仕事がハードだと思っている方、教員の仕事が辛いと思っている方は一度転職を考えてみても良いでしょう。 

Posts Tagged with…