就活・転職情報

転職エージェントを使わないで転職する方法は?利用しない注意点を解説!

就活・転職情報

転職活動といえば、一般的に転職エージェントを使って行うことが多いです。

しかし、なかには「転職エージェントとのやりとりが面倒に感じる」、「自力で探す方法を知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな方に向けて転職エージェントを使わないで転職する方法について解説します。

転職エージェントを使わなくても転職は可能?

結論からいうと転職エージェントを使わずに転職することは可能です。

転職エージェントを使わずに転職に成功した方はたくさんいます。

転職エージェントを使わずに転職する方法にはさまざまなやり方があるからです。

また、転職エージェントを使わない場合、「自分が希望していない求人を薦められることがない」、「面談などの面倒なやりとりがない」、「自分のペースで進められる」などのメリットもあります。

とはいえ、自分だけで仕事を探していくとなると、時間も手間もかかるため効率的にあまり良くありません。

転職エージェントには自分で探す以上に充実したサポートがいくつもあります。

頼れる存在がいることで転職に対する不安も少なく、とても心強いです。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わずに転職できることは上記でお伝えしました。

しかし、利用しないデメリットももちろんあります。

良い点とそうでない点を理解して転職活動することは失敗を避けることができますし、とても大事なことです。

ここからは転職エージェントを利用しないことで起こるデメリットについて解説していきます。

手続きが面倒くさい

面接の日程調整や書類の手続きなど、転職活動をしていく上でやらなければいけないことはたくさんあります。

転職エージェントを利用している場合、そういった手続きは求職者に代わってキャリアアドバイザーが行ってくれます。

個人で進めていくとなると、これらをすべて一人でこなしていかなければいけません。

仕事をしながら転職活動をしている方は、時間も限られているため面倒に感じてしまう方が多いです。

自己PRなどを添削してもらえない

自己PRを自分で考えていると、「どう書いていいかわからない」、「ありきたりな事しか思いつかない」と手が止まってしまい、苦手だと感じている方は多いのではないでしょうか。

慣れていないと、どこまで詳しく書けばいいのかわからず悩んでしまいますよね。

転職エージェントの場合、自己PRはもちろん、職務経歴書などの書き方について教えてもらうことができます。

経験と知識があるキャリアアドバイザーに添削してもらうことで不安もなくなり、選考を通過する可能性も高まります。

面接対策が万全でない

転職活動のなかで重要な面接。

しっかりと対策をして本番に臨みたいですよね。

しかし、個人で転職活動を進めると、面接対策が万全ではありません。

転職エージェントを利用すれば、面接で話す内容や質問の答え方などアドバイスをもらうことができます。

自分だけでは解決できない悩みを相談することで自信がつき、「面接の対策って何をしたらいいのかわからない」、「どこまで準備すれば万全なのか判断がしづらい」など悩まずに進めていけるので安心です。

非公開求人を知ることができない

求人サイトだけで探していると、いつも同じ求人ばかり見かけることが多かったり、求人数が少なく物足りないと感じる方が多いのではないでしょうか。

転職エージェントであれば、一般向けには公開していない求人も紹介してもらうことができます。

なかには非公開の求人がほとんどというところもあります。

転職エージェントを利用することで受けられる非公開求人があるので、登録するだけで選択肢の幅が広がり、理想の仕事が見つける可能性も高まります。

面接で失敗できない

面接を終えた後で「思い通りにできなかった」、「言おうと思っていたことを伝えられなかった」、「自分はどのような印象を持たれたのか知りたい」など、気になることは結構ありますよね。

個人で転職活動を行うと、面接で自分の全てを伝えなければなりません。

転職エージェントを利用していると、面接で伝えられなかった求職者のフォローやアドバイスをしてもらうことができます。

なぜなら、面接をしたあと企業にも転職希望者の印象や面接の内容・感想など聞いているからです。

そのため、仮に面接を受けた会社が不採用になってしまったとしても、エージェントを経由してフィードバックをもらえるので、これからの転職活動に活かしていくことができます。

給与交渉が難しい

給与の交渉は自分ではなかなか言いづらかったり、どのようにしたらいいのかわからないと考える方が多くいます。

交渉のタイミングを誤ってしまうとマイナスの印象を与えてしまうだけでなく、最悪の場合トラブルになるケースもあるため、個人で行うにはリスクが高いです。

給与交渉に慣れているエージェントが応募企業との間に入り交渉してもらうことで、年収アップに成功する可能性が高まります。

退職トラブルへの対応が難しい

退職することを申し出た際に、よくあるのが在職中の会社から引き止めにあうパターンです。

退職の進め方を間違えてしまうと、転職先にも影響が出るのでしっかりと辞める意思を伝えるようにしましょう。

せっかく内定が決まったのに、退職トラブルで流れてしまうのは絶対に避けたいですよね。

トラブルを防いで円満に退職するために、多くの経験と実績のある転職エージェントに相談しながら進めていくことをおすすめします。

転職エージェントを使わない転職方法

ここまでは、転職エージェントを利用しない場合、給与の交渉や退職トラブルの対応が難しいなど、デメリットについて紹介してきました。

では実際に転職エージェントを使わずに転職するにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

さまざまな方法がありますが、今回はその中から5つご紹介していきます。

転職サイト

まず、定番の方法としてあるのが転職サイトです。

求人の数が多くさまざな企業の求人情報を見ることができます。

さらに、ネットで探していけるため自分の好きな時間に利用することが可能で大変便利です。

デメリットとしては、一つの求人に対して応募数が多い傾向のため競争率が高く、応募が通りにくい点です。

また、書類の応募など自分一人ですべてやりとりをしていくことが必要なので手間がかかります。

求人広告

2つ目は、駅やコンビニ、スーパーなどに置いているフリーペーパーの求人誌です。

新聞の折り込みチラシに入っていることもあります。

お金はかからず無料なので、誰でも手に取りやすいのが特徴です。

地域ごとの仕事情報が載っているため、自分の住んでいるところから近い場所で仕事を探したい方に利用されています。

しかし、内容としてはアルバイト求人が多いので転職先を探すには物足りなく感じたり、採用まではなかなか難しい傾向があります。

ハローワーク

3つ目は、国が運営しているハローワークです。

転職サイトと同様にネットで検索ができるようになっています。

求人を掲載する際、一般的にお金がかかります。

しかし、ハローワークでは無料で使うことが可能なため転職エージェントには掲載していない中小企業など、利用している企業が多いです。

一方で無料で掲載できるため、なかには離職率の高い求人もあるので注意が必要です。

また、未経験でもOKな求人については転職エージェントと比べてあまり質が高くないものや、ブラックな求人も混ざっていることもあるので応募する際はしっかり選びましょう。

リファラル(社員紹介)

4つ目は、入社したい企業の社員に推薦してもらい応募する方法です。

企業としても社員の人脈を活かして人材を採用するため、他の方法よりも信頼性が高いと感じ最近増えている採用方法です。

知り合いがいるのであれば聞いてみるのも良いでしょう。

推薦のため、エージェントに比べて書類選考が通りやすく面接のハードル下がる場合があります。

しかし、知り合いとの関係もあるため内定辞退がしにくかったり、入社後に辞めにくい状態になりやすいです。

直接応募

5つ目は、応募したい企業がすでに決まっている方は、企業ホームページの採用ページから直接応募する方法があります。

求人サイトではなく、直接希望する企業のサイトから応募することで「この企業に入社したい」気持ちがあると印象を持たれ、熱意を伝えることができるでしょう。

ただし、募集している人数が少なかったり、行きたい企業が常に募集しているとは限りません。ホームページやSNSなどこまめに情報をチェックすることが必要です。

転職エージェントを使わなくてもいい人の特徴は?

転職エージェントを使わなくてもいい人の特徴は以下の通りです。

  • 転職したい企業が転職エージェントに求人を出していない
  • 自分のやり方で進めたい方

企業は転職エージェントに報酬を支払うことになっています。

求人に高い予算を出すことができない企業は求人を出していません。

スタートアップ企業や中小企業などは比較的少ない傾向があります。

転職したい企業がすでに決まっているのであれば、転職エージェントを利用せずに応募してみるのも良いでしょう。

希望していない会社を紹介されて貴重な時間を使ってしまうことがないので自分のペースで進めていくことができます。

ただし、企業の求める人材に自分は当てはまるのか、スキルがちゃんとあるのか自分の市場価値を把握しておくことが重要です。

転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴は?

転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴としてあげられるのが、在職中で時間があまりない方や、転職が初めてで進め方がわからない方です。

仕事が忙しく日中の転職活動が難しいので、代行してくれる転職エージェントを使えば効率的に活動していけるため積極的に利用していきましょう。

まとめ

転職エージェントを使うと仕事の紹介をしてくれるだけでなく、さまざまなサポートが受けられます。

使い方次第で入社したい転職先を見つける可能性も高まります。

自分には転職エージェントを使うべきなのか、まずは使ってみて判断することをおすすめします。

転職のプロであるエージェントに相談やアドバイスをもらい、うまく活用しながら失敗しない転職活動にしていきましょう。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました