就活・転職情報

コロナ禍で転職活動にも緊急事態宣言?選ばれる薬剤師になる方法とは?

就活・転職情報

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

これまで売り手市場と言われてきた薬剤師業界。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により採用市場が大きな打撃を受けています。

「こんな状況で転職できるの?」

「そもそも募集はある?」

「業界の今後はどうなっていくのだろう…」

などの不安を抱えている方も多いのではないのでしょうか。

今回はそのようなモヤモヤとした気持ちを払拭し、厳しい状況でも選ばれる薬剤師になれる方法を詳しく解説していきます。

コロナ禍における薬剤師の転職市場

コロナ禍で外出を控えることにより、医療機関を受診する患者数が大幅に減少しました。

処方箋の枚数も減少し、薬局の売り上げがダウンしたことから新規採用を見合わせている企業や店舗が増加傾向にあり、求人数にも影響が出ています。

特にパート・派遣など非正規雇用においては、“人員配置の見直しによる出勤日数の削減”や”雇い止め”も実際に起きているのが現状です。

しかしながらネガティブな話題が全てではありません!

人手を必要としている以下のような情報も実は数多く存在しています。

  • 売り上げが増加したドラッグストアで薬剤師を増員
  • ライフスタイルの変化による欠員募集
  • 夕方以降の時間帯や土日祝日などの人員不足
  • 超高齢化社会を迎えるにあたり20代・30代を積極採用
  • 想定外の退職に伴う高待遇の急募

この時期だからこそ、売り上げ拡大を目指すために新たな即戦力を採用し、体力のある企業では「今こそ優秀な人材を採用できるチャンス」と動いているケースもあるのです。

良い案件をどのように探すのか?

「検索しても関係ない求人がたくさん出てきて見つけられない…」

転職を考える誰もが最初に通る道ですよね。

あふれるほどの情報から、自分に合った転職先を見つけるのは簡単なことではありません。

もしも、誰にでも簡単に見つけられるところに、良い条件の募集が掲載されていた場合にどんなことが起こるのでしょうか?

 求職者 採用担当
・なかなか連絡がこない・面接へ進む前に定員オーバー・倍率が高すぎて受からない・応募者が殺到する・大量のデータをさばく時間とエネルギーを消費・求める人材を見つけにくい

最近ではこのような事態が起こらないよう、採用企業がエージェントへ依頼をし効率化しています。 

依頼を受けた転職エージェントが「どのような薬剤師を求めているのか」など条件を細かくヒアリングし、”非公開求人”として一般には公開せずに募集を行う流れが多いです。

「非公開求人」を探していくのが確実

あなたが探している ”良い求人” は非公開求人の中にあるのかもしれません!!

先ほどお伝えしたように、効率化を目的として非公開にしているケースもあれば、「競合他社に採用情報を知られたくない」など、求人を非公開にする理由はさまざまあります。

給与面での特徴としては公開求人に比べて高収入案件が多いです。

つまり、魅力的な案件には他にも希望者がいる可能性が高いと考えておくのが現実的です。

自分に合う案件を見つけ、実際に就業するところまでを目指すには、「選ばれる薬剤師になる」という意識を強く持って行動することが重要です。

◆ 非公開求人を見る方法は? 
転職エージェントに登録することで閲覧・応募ができるようになります。一切費用はかかりませんのでご安心ください。ただしエージェントによって求人数が大きく異なるので注意。1万件以上を保有している大手は抑えておくべきです。

◆ 何万件もある非公開求人から探すのも難しいのでは? 
あらかじめ登録している希望条件にマッチした中から選ぶことができます。「駅チカ」「接客なし」「週1」「土日休み」など細かく設定が可能。まずは譲れない条件から順に選択し件数を調整するのがオススメ。

◆ コンサルタントから紹介してもらうにはどうしたら良い? 
登録時の電話やwebなどで、詳しく希望を伝えておくことが最も重要です。コンサルタントは企業の社風や店舗の雰囲気、待遇面の実態を知っています。将来的なキャリアプランまで事前にお話しておくことでミスマッチを回避!

選ばれる薬剤師になるために

薬剤師として好条件な待遇で転職するためには、「選ばれる薬剤師」になる必要があります。

では「選ばれる薬剤師」の条件はどのようなものでしょうか?

  • 柔軟に対応する
  • スキルを高める
  • 安易に転職を繰り返さない

上記のような条件を満たすと「選ばれる薬剤師」なることができます。

ここでは、それぞれの条件について詳しく解説しています。

柔軟に対応する

コロナ禍で新たなマニュアルを作成することが追加されたり、患者さんからの質問や要望が増えたりと日々の変化に対応できる薬剤師が求められています。

特にパートや派遣などの非正規雇用においては、競争が起こることが予想されているます。

以下の4点を参考に、様々なことに対して柔軟に対応することが重要です。

  • 状況の変化に応じてオンライン・在宅業務なども積極的に取り組む
  • 休日や夕方以降など勤務先の求める時間帯に出勤する
  • 苦手なこと、NG条件を増やさない
  • ITリテラシーを高める努力をする

Withコロナでオンライン導入も間違いなく進みます。

やったことがないからと言い訳をできる状況ではありません。

前向きな対応力や意欲的な姿勢が求められることになるでしょう。

ダメなことを訴えるよりもできることを伝えるような言い回しにするだけでも良い印象を与えることができます。

スキルを高める

「選ばれる薬剤師」になるためにはスキルを高める必要があります。

その方法として以下の2つがあります。

「認定薬剤師」の資格取得

薬剤師の4人に1人は認定薬剤師の資格を持っていると言われています。

複数の資格があり難易度にも違いはありますが、取得しておくことで強みになることもあります。

かかりつけ薬剤師になるためには必須要件です。

「管理薬剤師」を経験する

もし現在の就業先で管理薬剤師の経験ができるのであれば、早めに経験しておくと良いでしょう。

転職の際に即戦力とみなされ、年収アップの交渉材料にもなります。 

「語学力」を伸ばす

外国人観光客が訪れるドラッグストアはもちろん、日本在住でも日本語を話せない外国人は多く、英語が話せる薬剤師がいる店舗は口コミで広がりやすい傾向があります。

語学力で自然と売り上げに貢献し、重要なポジションを確保することも可能です。

また、外資系製薬会社でのMRなど語学スキルを活かせる職種へ視野を広げられる場合もああります。

安易に転職を繰り返さない

転職回数が多くなるとどうしても「またすぐに辞めてしまうのではないか」と企業へマイナスイメージを与えやすくなってしまいます。

焦って情報不足のまま決めてしまい「こんなはずじゃなかった」と短期間で退職している薬剤師はとても多いです。

辛い思いをしたのに転職活動で不利になるのは非常にもったいないですよね。

明確な転職理由があり、前向きな姿勢やチャレンジ精神は高い評価につながります。

自己PRや志望動機において、長く勤められるというアピールも必要です。

次の転職は「なんとなく良さそうだから」という考えでは危険です。

これからどんなところで働きたいのか、自分の優先順位をきちんと決めてまとめておきましょう。

転職で失敗しないためにするべきことは?

失敗しないためには最新の転職市場や業界の動向を知り、今後も長く続けられる自分にあった職場選びをする必要があります。 

以下のような疑問は、転職エージェントを利用することで簡単に解決することが可能です。

  • 自分の経験や知識を生かした転職先はどこなのか
  • これからどの資格を取得すると有利?
  • 応募書類や面接でどのようにアピールしたら良いわからない
  • 年収や手当てなど、お金の面でリアルな情報を知りたい
  • 職場の雰囲気がわからないと不安

より多くの非公開求人を得られるよう複数のエージェントに登録をし、各社の強みや独自の情報を収集するのが効率的です。

給与交渉など個人では難しい部分を代行してもらえるメリットもあります。 

相性の良いコンサルタントとの出会いが転職の成功と言っても過言ではありません。

話しやすい担当を見つけて、手厚いサポートを受けながらスムーズに進めていきましょう。

オススメの転職エージェント3社

薬剤師の転職でおすすめのエージェントは何があるのでしょうか?

ここでは、おすすめの転職エージェント3社を紹介します。

 マイナビ薬剤師

雇用形態勤務先対応エリア
正社員・契約社員パート・アルバイト病院・クリニック・調剤薬局ドラッグストア・企業治験コーディネーター(CRC)管理薬剤師・営業(MR・MS)全国
  • 圧倒的な求人数 60872 件(2020年12月時点)
  • 医療業界専門のキャリアアドバイザーが全国に300名近く在籍
  • 企業や店舗へ足を運び職場の雰囲気を徹底リサーチ
  • 入社した後のキャリアアップの体制までをイメージできる情報量
  • 土日休みや時短勤務、子育てとの両立を希望などママ薬剤師向けの案件も豊富
  • web登録(マイナビの個室設備を利用することも可)

「マイナビ薬剤師」への登録はこちらから

リクナビ薬剤師

雇用形態勤務先対応エリア
正社員パート・アルバイト病院・クリニック・調剤薬局漢方薬局・ドラッグストア・企業全国
  • 大手リクルートが運営、認知度No1(株式会社ジャパン・マーケティングエージェンシー調べ)
  • 登録翌日に平均5件の求人紹介、最短3日のスピード転職が可能 
  • 病院や大手ドラッグストアから町の小さな薬局、製薬会社まで幅広い求人
  • アプリで自宅に近いエリアの求人を簡単に検索できる
  • 医療業界情報や現役薬剤師のコラムなど情報コンテンツが豊富
「リクナビ薬剤師」への登録はこちらから

 薬キャリ

雇用形態勤務先対応エリア
正社員・派遣パート・アルバイト病院・クリニック調剤薬局・ドラッグストア全国
  • 薬剤師・医師専門の人材紹介会社エムスリーキャリア株式会社が運営
  • 年間20,000人以上の薬剤師が利用し転職
  • 現役薬剤師のリアルな口コミ!会員限定の掲示板
  • 医療業界専門ならではの内情調査や独占求人
  • ブランクありでも安心!短時間勤務も可能な「派遣薬剤師」に強い
  • 年収600万以上の高収入案件が豊富

「薬キャリ」への登録はこちらから

 まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響で転職市場は今後も不安定な状態が続いていくと考えられます。

チャンスを逃さないためには効率よく情報をキャッチし、今求められているスキルを身につけながらしっかりと準備をしておくことが大切です。

この記事をきっかけに、どんな状況でも選ばれる薬剤師を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました