第二新卒でもWebマーケティング会社に転職できる?転職の方法は?

就活・転職情報

「コロナウイルスの影響でボーナスもカットされるし、仕事もなくてやりがいを感じれない」

「大学を卒業してから、就職したばかりで仕事やめてから転職してもいいところにいけるんだろうか」

「フリーランスとしてひきこもりつつ仕事をしたいけど、まずはWebマーケティング関係の職場で経験を積みたい。こういう私でも転職できるのか?」

今回はこういった疑問にお答えします。

結論からいえば、第二新卒でもWebマーケティング会社に転職はできます。

この記事では、下の内容を詳しく解説します。

  • 第二新卒はWebマーケティング業界への転職はできる?
  • 未経験の第二新卒でもWebマーケティング業界に転職する方法

第二新卒はWebマーケティング業界への転職はできる?

第二新卒とは、大学や専門学校を卒業後に就職したが、1~3年未満で転職をしようとしている人のことを指しています。

『第二新卒はWebマーケティング業界への転職はできる?』という疑問には先程も答えたとおり、第二新卒でも転職できます。

ただ、転職する上においていくつか注意することもあります。

それは下のとおり。

  • 失敗するケースも多い
  • 第二新卒は不利な場合もある

順番に解説します。

第二新卒でWebマーケティングに転職して失敗する人の特徴3つ

第二新卒でもWebマーケティングに転職できるものの、失敗する人もいます。

  • 新卒気分が抜けないパターン
  • Webマーケティングというワードに惹かれただけパターン
  • 実践や分析ができないパターン

まず第二新卒といえども社会人です。

新卒気分で何でもかんでも「教えて下さい」という姿勢はNG。

Webマーケティングは基本的にはデータを分析して、施策を行い、その結果を見つつ再度施策を修正するのが基本です。

新卒気分で教えてもらうという姿勢では仕事が進みません。

Webマーケティングという言葉に惹かれただけの人も要注意です。

確かにワードだけ見れば「Webで仕事とかカッコいい」「憧れる!」となりがちです。

しかし、志望動機が憧れだけでは厳しいです。

まず転職するのならその会社のホームページや事業をよく確認して面接にいった時点で、その会社に転職できた場合どのような価値提供ができるのかを明確に伝えれる必要があります。

また、実践や分析ができない人も転職できない、もしくはしても失敗します。

先程から何度かいっているとおりWebマーケティングはトライアンドエラーの繰り返しです。そのため実践や分析ができない人は論外。必要な人材は、行った事業のデータを分析してどのような方向に勧めていけばよいのかを論理的に説明でき実践や分析ができる人材。

3つの失敗するパターンを紹介しましたが、いずれも大切なので3つのパターンに当てはまる人はこの記事の先にあるWebマーケティングの勉強方法も見ていってください。

第二新卒はWebマーケティングへの転職が不利な場合もある

第二新卒でも転職はできるといったものの、Webマーケティングでは第二新卒に不利な人もいます。

ずばり、現場での業務が多かった人は第二新卒でもWebマーケティングで不利です。

その理由は現場での作業や対応が多かった人は論理的な思考力や問題解決能力が低かったり、データの分析や今後どのようなことが予測されるのかを考えずに仕事している人も多いからです。

このように書くと『そんなことないよ!!』と怒られるかもしれません。

そのとおりです。

事実、現場での仕事が多くても、問題解決能力や論理的な思考力が高い人もいます。

だからこそ、あなたの能力をよりWebマーケティングで活かせるように次の項に移っていきましょう。

第二新卒でWebマーケティングに転職する人がやっておくべき2つのこと

第二新卒でWebマーケティングに転職を目指す人は下の2つは確実やっておくべきです。

  • Webマーケティングの勉強をする
  • ブログを作ったり、SNSを運用してみる

順番に解説します。

Webマーケティングの勉強をする

Webマーケティング業界に転職したいのにWebマーケティングについて全く知らないという場合は話になりません。

少なくともどのような仕事をするのか、マーケティングってどういうものかを勉強しておきましょう。

マーケティング一つをとっても、

  • リアルマーケティング
  • デジタルマーケティング(Webマーケティング)

に分けられます。

リアルマーケティングは、マスエディアや紙の広告を使ったマーケティング。デジタルマーケティングとは、ウェブメディア、SNS、スマートフォン、音声メディアなどのあらゆるデジタル媒体を使ったマーケティングのことです。

そして、目指すのはデジタルマーケティングの方です。

だからといってマーケティングの基本的な知識を知らなくてもいいわけではありません。

ここでは基本的なマーケティングの知識を学ぶために3つの本を紹介しておきます。

  • ドリルを売るには穴を売れ: 誰でも「売れる人」になるマーケティング入門
  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
  • 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

いずれの本も物語、ストーリー基調の本なので読みやすい上にマーケティングの基本的な考え方が学べるのでぜひ一読ください。

ブログを作ったり、SNSを運用してみる

第二新卒でWebマーケティングに転職するのならブログやSNSの運用は絶対にやっておくべきです。

なぜなら、ブログでアクセスを集めること、SNSでフォロワーを伸ばすことはWebマーケティングそのものだからです。

  • どのようなコンテンツをユーザーに届ければいいのか
  • どのようなサイトやテキスト、行動誘導の文章ならユーザーが成約するのか

などを考える視点を養えるのでブログやSNSは確実に運用しておきましょう。

具体的にはブログなら5000PV、SNSなら1000フォロワーくらい集めれるくらいの実践と分析ができるのならWebマーケティング会社もほしい人材になっています。

未経験の第二新卒でもWebマーケティング業界に転職する方法

最後に未経験の第二新卒の人がWebマーケティングに転職する方法を3つ説明します。

  • 求められる人材を理解する
  • 志望動機を考える
  • 転職エージェントを使う

順番に解説します。

Webマーケティングに求められる人材を理解する

Webマーケティングに求められる人材は下のとおり。

  • 人の気持ちや感情に敏感
  • コミュニケーション能力が高い
  • ブログやSNSの運用経験がある

Webマーケティングといえどもネットやデータだけを見ているわけではありません。

あくまでWebマーケティングは自分の会社のお客さんがどのようにしたら商品を買ってくれるのか、サービスを利用してくれるのかを考えるのが仕事。

だからこそ、お客さんの気持ちや感情を感じ取れること、ユーザー目線で行動できる人はほしい人材です。

また、Webマーケティングなら「話さなくてもいいだろう」と思っている人も多いですよね?

実は話さなくてもいいのですが、それとは別にコミュニケーション能力が高いことも求められます。

コミュニケーション能力が高い人材とは、お客さん、制作部署、企画部などなどさまざまな人とのコミュニケーションを円滑に取れる人材です。

コミュニケーションの結果をWebマーケティングに活かしたり、プレゼンで今後のWebマーケティングの方向性をうまく伝えられるといったコミュニケーション能力が求められます。

最後のブログやSNSの運用歴があることは前述したので割愛します。

面接や履歴書、職務経歴書などにブログでのPV数や検索順位上位のキーワード、SNSのフォロワー数などを記載できると自己アピールになりますし、採用する側も参考にしやすいくなります。

志望動機を考える

第二新卒から未経験でWebマーケティングに転職するのでそれ相応の志望動機が必要です。

あえてWebマーケティングに転職するので、『その会社の志望動機』ではなく、『その会社のWebマーケティング部門への志望動機』を考える必要があります。

おすすめはあなたのスキル、あなたの目標と会社の目標を一致させてしまうこと。

具体的に面接で使うなら下のような形になります。

<例文>
私はブログをしており、現在○○というキーワードで上位をとっており、やればやるだけ伸びていくWebマーケティングがとても楽しく感じています。
ブログをするにつれてSEOやSXOといったウェブメディアでの知識をより深めたいと考えています。
御社の事業のWebマーケティング部門で自分のブログで得た知識や分析する力を活かしつつ、より知識も深めていきたいと考えています。

もしブログやSNSの運用をしていないならいますぐに始めて『まだ立ち上げたばかりですが~』といった形でもいい志望動機としては十分使えます。

転職エージェントを使う

『Webマーケティングに転職したいけど求人はどう探したらいいですか?』という疑問が出そうですね。

結論は、WebマーケティングやIT業界に特化した転職エージェントを使うのがおすすめです。

転職エージェントでは、面接対策、履歴書の対策、面接の調整、給料交渉まではすべてサポートしてくれます。

また会社ごとで『この会社にはブログ経験が刺さる』などといった個別での特徴も把握しているので自分一人で転職活動をするよりも失敗しにくくなります。

自分では発見できない優良企業の求人も見つけ次第すぐに連絡をくれるので使わないと損かもしれません。

まとめ

今回は、第二新卒でもWebマーケティング会社に転職できるのか、また転職の方法を解説しました。

第二新卒でもWebマーケティング会社に転職可能です。

転職するためには、ブログやSNSの運用実績があると有利になります。

また、ある程度のWebマーケティングの知識も必要でしょう。

これを機に、Webマーケティング会社に転職を考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました