労働環境

【在宅ワーク】働きたくない人でもある程度稼げる仕事9選!

労働環境

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

直球に言いますが、働くのって面倒くさくないですか。

誰だって働かずにお金が得られるなら願ったり叶ったりですよね?

そんな働きたくない人でもある程度稼げてしまうのが「在宅ワーク」という働き方です。

在宅ワークは年齢・スキル・経験・場所・時間など、仕事で縛られるあらゆるものから開放された状態で仕事ができます。

今回は、働きたくない人でもある程度稼げる在宅ワークについて紹介していきます。

働きたくないなら在宅ワークすべき理由

働くとなると、色々な制約があります。

時間・場所・人間関係などの制約が働く上で厄介となります。

在宅ワークはそんな制約もなく、誰でも気軽に仕事をすることができます。

制約の他にも働くことで面倒なことはたくさんあります。

そこで、働くのが面倒な人にやってもらいたいのが「在宅ワーク」。

なぜそんな人に在宅ワークがおすすめなのでしょうか。

誰とも顔を合わさず働ける

在宅ワークの嬉しいところの1つに、人と顔を合わせることなく働くことができるという点があります。

在宅ワークでは主にメールやチャットでやりとりするので、このようなことが可能です。

そのため、煩わしい人間関係に悩むことなく、ストレスを感じることなく働くことができます。

誰だって過去に人間関係のトラブルはつきものでしょう。

私も人間関係で悩んだことはたくさんあります。

今はインターネットが発達して、ネット上で仕事のやりとりもできるようになったので、本当に良い時代になったと実感します。

自分のペースで仕事ができる

自分のペースで仕事ができるのも在宅ワークの魅力の1つです。

「朝弱くて出社できない…」「決まった時間に仕事をすることが耐えられない」などの理由があるなら、在宅ワークはぴったりです。

私も朝が弱く、昼過ぎでないとスイッチが入りません。

自分のライフスタイルを変えることなく働くことができるので、昼夜逆転の生活を送っている人にも在宅ワークは取り掛かりやすいでしょう。

仕事をする時間はもちろん、仕事のやり方も自分で決めることができるので、快適なワークライフバランスを送ることができます。

気軽に始められる

在宅ワークは場所年齢問わず、気軽に始められます。

クラウドソーシングなんかだと単発の仕事がほとんどなので、日時に縛られることもありません。

面接もほとんどなく、外に赴いて仕事をするわけでもないので、自分の思い通りに仕事ができます。

また、場所にとらわれずに就業スタートできるので、育児で忙しいため外で仕事をしたくないという人にもおすすめです。

「仕事をしたいけど場所に縛られたくないな」という人や、「仕事を始める上でのやりとりが面倒」という人でも気軽に始めることができます。

働きたくない人でもある程度稼げる在宅ワーク9選!

働きたくない人でもある程度稼ぐことができる在宅ワークを紹介します。

未経験でできるものから、少し特殊なスキルを有する仕事まで幅広くあります。

単純作業からクリエイティブな仕事まで、自分の得意分野を生かすことができるのも在宅ワークの特徴です。

もし気になったものがあれば挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

アンケートモニター

アンケートモニターは短時間で気軽に在宅で仕事ができます。

スキマ時間を使ってお金を稼ぐことができるのもアンケートモニターの魅力の1つです。

しかもアンケートに答えるだけなので、難しいスキルも要りません。

必要なのはスマホかパソコンのみです。

しかし、完全出来高制で単価も高いとは言えないので、ガッツリ稼ぎたいという人には向いてないかもしれません。

それでも「少しの小遣い稼ぎ程度に収入が得られればいいな」という人には是非おすすめしたいお仕事です。

クラウドソーシングのタスク案件

クラウドソーシングの仕事は初めから仕事内容や報酬が決められていて、応募するとすぐに仕事が始めることができます。

応募からタスク完了まで全てWEB上でできるため、人と接したくない、家で仕事をしたいという人にはうってつけです。

アンケートや文字数の少ないWEBライティングを中心で募集しているため、スキルがない人にとってもおすすめです。

報酬はピンからキリまでありますが、上記のような簡単な仕事は比較的報酬は低いです。

例えばインタビューの文字起こしや、採用される必要がありますが、企業や商品のネーミングを考えたりなどは高い報酬が狙えます。

動画編集者

動画編集の技術を持ち合わせているなら動画編集者として収入を得ることもできます。

動画編集者とはYouTubeに上がっている動画や、企業のPR動画を作成する仕事です。

編集ソフトを使いこなすまでに時間がかかるのがネックですが、比較的単価が良いので初心者でもアルバイトくらいの収入にはなります。

今はYouTuberの人口も増えてきているため、動画編集者の需要は高いとも言えるので食いっぱぐれることもないでしょう。

パソコン1台あれば時間・場所問わず仕事ができるので自分のペースで仕事を進めることができます。

ブロガー

ブロガーは記事を書いてブログを更新する他、記事に貼ってある広告収入で収益を上げる人のことを指します。

初期費用はかかりますが、2万円程度で始められます。

今後儲けることができると考えると、ほんの少しの投資として惜しい物ではないでしょう。

しかし、「ブロガーというとなんかオシャレ…」という華やかなイメージがありますが、その裏には積み重ねてきた苦労が存在します。

ブロガーは最初は全く稼げません。

個人差はあれど半年から1年は月1万円も稼げないと言われています。

しかも、自分の書いた記事が大衆の目に触れるようになるまでに結構時間がかかるとのこと。

そういわれると、ブロガーを本職にしている人の凄さを実感します。

WEBライター

WEBライターはネット上の記事を書く仕事です。

WEBライターは未経験者でもできる仕事なので、文章を書くことが好きな人にとっては取り掛かりやすい仕事ではないでしょうか。

かくいう私も、未経験から始めた身です。

しかし、駆け出しのWEBライターは収入が潤沢とはいえませんが、非常にやりがいのある仕事です。

文字単価が低いので初めは低い賃金しか貰えませんが、数をこなしていくうちに収入も高くなっていきます。

最初のうちは辛い仕事ですが、経験を積み重ねていけば技術も収入も得ることができる仕事です。

プログラマー(エンジニア)

プログラマーにはWEB系から組み込み系まで色々な分野があります。

ここでは小規模のWEBサイトやECサイトを製作する人のことを指します。

特殊なスキルが必要な仕事ですが、簡単なサイト制作くらいなら初心者でも少し勉強すればできるようになります。

また、報酬が1つの案件につき10万円なんてこともザラではないので、家にいながらガッツリ稼ぎたいという人には最高な仕事です。

しかし、その分勉強しなければいけないので、楽に稼げるというわけではありません。

また、プログラマーは需要も高いので、スキルを身につけてしまえば転職も容易にできるでしょう。

出品代行

出品代行とは、お客様に代わりヤフオクなどのインターネットオークションへ出品することです。

出品するには様々な手数を踏む必要があります。

主な出品までの流れとしては、写真撮影からコメント作成、出品登録です。

さらに、料金の受け取りや商品発送までやらなければいけないので結構大変です。

しかし、すべての作業が自宅でできるため、自由なライフスタイルを目指す人にとっては人気の仕事です。

ハンドメイド商品やイラストの販売

ものづくりが趣味ならそれを仕事にするのもいいでしょう。

自分の作ったものが商品になるのは言葉にできない喜びがあります。

それで収入を得ることができたら自分の自信にも繋がります。

ハンドメイドやイラストは、自身で値段を設定することができます。

なので、1つの作品を売るだけでも良い収入になります。

自分の技術を仕事として扱いたいなら、おすすめの在宅ワークです。

また、自分の作品が人の目に止まって本格的に作家として活躍できる可能性もあります。

ゲームテスター

ゲームテスターとは指示された条件のもと、リリース前のスマホゲームをプレイし、バグや不具合を報告する仕事です。

ゲームをたくさんプレイできるのでゲーム好きにはたまらない仕事ですね。

遊びを仕事にするのは誰だって1度は夢に見たものではないでしょうか。

ゲーム好きな人にとっては遊びや趣味の延長として仕事ができるのでこれほど最高な環境はないといっても過言ではないでしょう。

ゲームテスターはゲームを時間かけてプレイする必要があるので、自由な時間が多い人でないと務まりません。

働きたくないを実現する方法

もし在宅ワークでも働きたくないというならいくつか手段はあります。

これはどうしても働きたくない人のための最終手段です。

紹介するものの中には、成功すれば大金を稼ぐことも可能なものもあります。

しかし、中にはリスクがあるためおすすめできないものもあります。

働かずに所得を得るためにはそれ相応の覚悟が必要です。

親のすねをかじる

親には申し訳ありませんが、親のすねをかじってかじってかじり尽くしましょう。

社会人になっても親のお金で生活をするのは少々気がひけますが、働きたくないのなら仕方ないのではないのでしょうか。

これも生きるための手段の1つです。

実家暮らしであれば(許されるなら)食費も出さなくても良いし、光熱費も家賃もタダで生活できます。

「親のすねかじりなんてみっともない!」という人もいるかもしれません。

しかし、悪意を持ってすねをかじっているわけではないのなら許されると思うのです。

さすがに一生かじっているわけにもいかないので、きちんと期限は決めましょう。

生活保護

生活保護とは経済的に困窮している人に対して、国や自治体が最低限度の生活を保証する制度です。

もう本当に生活できないくらい困ったらこういった自治体に頼りましょう。

世の中にはなんらかの理由で働くことができない人もいます。

そういった人たちを助けるために生活保護という制度があります。

しかし、生活保護を受けるにも条件があります。

それは、収入が最低生活費に満たないことです。

無職の人は問題ありませんが、働いている人で収入が最低生活費を上回っていると、生活保護は受給できないので注意してください。

不労所得を得る

不労所得を得るにはお金が稼げる仕組みをちゃんと理解し、自分で作っていく必要があります。

また、かけた労力と時間に対して収入が見合わないケースがあります。

こうならないためにも、どのくらいのコストと時間がかかるのか見極める必要があります。

不労所得で稼げるようになるまで時間がかかりますが、簡単に楽して稼げるような仕事はありません。

しかし不労所得を得ることで、プライベートな時間が確保できるほか、好きなことを仕事にできるといったメリットがありますよ。

働きたくないなら在宅ワークより不労所得がいい?

どうしても働きたくないというならば、不労所得で収入を得ましょう。

不労所得とは働かない、または少ない労働で得ることができる所得のことです。

「そんな方法でお金が手に入るのか」と思う人もいるかもしれませんが実際のところ、不労所得で生活している人もいます。

しかし、不労所得でお金を稼ぐにはそれ相応の情報収集や知見が必要になります。

事前の情報収集である程度の「枠組み」を完成させることで、労働せずともお金を稼ぐことができます。

この状況を手に入れるまでには膨大な知識量とノウハウが必要になります。

しかし、一度お金を稼げたからといって満足するのは危険です。

その状態を維持し続けなければ生活することも難しいでしょう。

働きたくない人におすすめの不労所得

働きたくない人におすすめの不労所得を紹介します。

紹介する不労所得の中には夢のあるようなものから、失敗する可能性もあるものもあります。

全てに共通するのは、最初から潤沢な収入が得られるわけではないということです。

不労所得を得るには、日々の積み重ねが大切です。

最初から稼ぐのはできることは、ほぼ不可能です。

不動産投資

不動産投資とは土地や建物を購入して、それらを賃貸として貸したり、他の誰かに売却したりして利益を得る方法です。

不動産投資を行うには、資金力よりも信用の方が重要になってきます。

その理由としては、不動産投資をしている人は初めから大金を持っているわけではなく、銀行でローンを組んで賃貸を購入しているからです。

不動産の売却益で収入を得る方法は、初心者にはハイリスクな方法なのであまりおすすめしません。

なので、始めるとしたら土地や建物を賃貸として貸すほうが、ローリスクです。

株式投資

不労所得を得る方法の1つに「株式投資」があります。

株主になると株主優待を受けられたり、政治や経済に詳しくなるといったメリットもあります。

しかし、「投資って何から始めればいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

投資を始めるには闇雲に始めるのではなく、企業や業界の見極めが必要になります。

これを見誤って投資してしまうと、不労所得どころか損失すら被ってしまう可能性もあります。

そのため、見極めをしないで適当に投資してしまうと大損するリスクもなきにしもあらずです。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自身が運営するブログやサイトに広告を掲載し、広告の商品が購入されたり、サービスが利用されることで成果報酬が得られることです。

アフィリエイトは無料で始められるうえ、うまくいけばサラリーマンを上回る年収を得ることができます。

しかし、そんなアフィリエイトにもデメリットがあります。

それは、確実に稼げないことです。

というか、アフィリエイトをしたとしても稼げない人がほとんどです。

軌道に乗ることができれば夢のある仕事ですが、稼げない確率の方が圧倒的に高いです。

You Tube

「好きなことをして生きていく」YouTubeで生計を立てるのも今時ならではの不労所得です。

 人気 YouTuberになるにはトーク力が必要と思われますが、その他にも企画力や分析力も必要になります。

昨今YouTube人口は増加していっています。

その中で人気YouTuber として活躍できるのはごく一部です。

そんな競争率が激しい世界ですが、挑戦してみるのも1つの価値になるのではないでしょうか。

人気YouTuberの収益は凄まじい物です。

年収億単位で貰っているのではないかと私は推測します。

まとめ

仕事というと、職場に行って朝早くから夜まで働かなければならないというイメージがつきものです。

しかし、在宅ワークではそんな従来の働き方をする必要はありません。

自分の好きな時間に好きな場所で、自分のやり方で仕事を進めることができます。

もし、働くことに抵抗があるなら自由な働き方ができる在宅ワークから始めてみるというのも1つの手です。

在宅ワークでも働くのが嫌という人には不労所得で収入を得る方法もあります。

世の中には色々な働き方が存在します。

自分に合った働き方を見つけて、充実したワークライフバランスを目指していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました