労働環境

無資格でできる精神的・肉体的に楽な仕事13選!【楽に稼ぎたい人必見】

労働環境

「無資格でも楽に稼げる仕事がしたい」

「体力がなくてもできる仕事がしたい」

「人間関係に悩まない仕事がしたい」

以上のように考えている人は多いでしょう。

この記事では、無資格でもできる楽な仕事を13つ紹介していきます。

すべて読むと、以下の内容がわかります。

  • 楽な仕事の種類
  • 楽な仕事をするメリット・デメリット
  • 無資格でもできる楽な仕事
  • 楽な仕事に応募するときの注意点
  • 楽な仕事の探し方

楽な仕事を探している人、楽な仕事をしたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

あなたにとって楽な仕事を見つけて、ストレスのない生活を実現していきましょう。

楽な仕事って具体的にどんな仕事?

「楽な仕事」と聞いて思い浮かべる仕事は、人によって違います。

あなた自身が楽だと感じる仕事を見つけるためにも、楽な仕事の種類をチェックしておきましょう。

楽な仕事には、以下5種類があります。

  1. 肉体的に楽な仕事:力仕事がない、体力がなくても大丈夫、体格も関係ない
  2. 精神的に楽な仕事:きついノルマがない、責任が軽い
  3. 簡単で楽な仕事:覚えることが少ない、新しい変化が必要ない
  4. 人と関わらない仕事:人間関係に悩まない、一人でできる
  5. 休みが多い仕事:プライベートな時間がもてる、趣味を楽しめる

あなたが考える楽な仕事は、5つの中のどれに1番近いか考えてみてください。

ここで間違えてしまうと、実際に仕事に就いてから後悔するかもしれません。

2つ以上になってもよいので、「私はこれを重視したい!」という基準を決めておきましょう。

楽な仕事をするメリットとデメリット

続いて、楽な仕事をするメリットとデメリットを紹介します。

楽な仕事がしたいと考えている人でも、メリットデメリットを再確認すると「やっぱりやめとこうかな」と感じる場合もあります。

楽な仕事はあなたが望む暮らしをするための、1つの手段に過ぎません。

楽な仕事をすることが、あなたが望む暮らしをすることにつながるのかどうか、確認してみてください。

楽な仕事をするメリット5つ

楽な仕事をするメリットは、以下5つです。

  1. 体が疲れない:肉体的に楽な仕事をすれば体は疲れない
  2. ストレスがたまらない:精神的に楽な仕事をすればストレスは少ない
  3. 怒られることがない:覚えやすい仕事ならミスする確率が低いので怒られにくい
  4. 人間関係に悩まない:人と関わらない仕事をすれば人間関係に悩まない
  5. 趣味を楽しめる:休みが多い仕事なら趣味など自分のやりたいことができる

楽な仕事の中から、どんな仕事を選ぶのかによってメリットが異なります。

逆にいうと、「このメリットいいな」と感じるものがあれば、そのメリットがある仕事を選ぶのがおすすめです。

後悔しない仕事選びをするためにも、あなたが魅力を感じるメリットはどれか考えてみてくださいね。

楽な仕事をするデメリット

楽な仕事をするデメリットは以下の7つです。

  1. 運動不足になりやすい:肉体的に楽な仕事をすると運動量が少ない
  2. やりがいがない:精神的に楽な仕事をすると退屈に感じる
  3. スキルアップできない:覚えやすく単調な仕事だと新しい挑戦ができない
  4. 仲間ができない:人と関わらない仕事だと仲のよい人ができない
  5. 収入が低い:誰でもできる楽な仕事は収入が低い
  6. 雇用形態がよくない:正社員募集が少ない
  7. 仕事がなくなる可能性:AIなどの機械化によって仕事がなくなる可能性が高い

健康に問題が出やすかったり、長期的に見て損をする可能性があったりします。

運動不足や仲間、やりがいなどは、仕事以外で解決を目指すとよいでしょう。

休みの日の過ごし方を工夫してみてください。

ただ、全体的に見てデメリットの方が多いです。

楽であることに強い魅力を感じない場合には、楽ではなくともやりがいや長期的なキャリア形成が望める仕事を選ぶことをおすすめします。

次章以降で、種類ごとに楽な仕事を紹介していきます。

デメリットを考えた上で「楽な仕事をしたい!」と感じる人は、気に入る仕事を探してみてください。

無資格でもできる肉体的に楽な仕事

無資格でもできる肉体的に楽な仕事は、以下2つがあります。

  1. 事務職
  2. 受付

どちらもデスクワークなので、体力に不安がある人や小柄な人でも安心して働けます。

注意するべきこととしては、デジタル機器の扱いとコミュニケーションでしょう。

デジタルで情報管理をしているため、パソコンなどの操作ができないと仕事になりません。

また、作業内容を同僚や上司に確認したり、お客さんの対応をしたりなど、コミュニケーションスキルも必要です。

デジタル機器の操作やコミュニケーションスキルに不安がある人には、向かないでしょう。

無資格でもできる精神的に楽な仕事

無資格でもできる精神的に楽な仕事は、以下2つがあります。

  1. 警備員
  2. マンション管理員

警備員は、施設内や駐車場などを警備する仕事です。

警備といっても、トラブルが起きることは稀なので、基本的には見回りをするくらいです。

ノルマもとくにないので、ストレスなく働けるでしょう。

ただ、夏の炎天下や冬の寒い時期は、肉体的に堪えるかもしれません。

マンション管理員は、マンションの清掃や見回りをする仕事。

やるべき仕事は決まっていますし、ひとりで行うため、精神的にゆとりをもって働けます。

無資格でもできる簡単で楽な仕事

無資格でもできる簡単で楽な仕事は、以下3つがあります。

  1. 清掃員
  2. コールセンター
  3. 工場員

清掃員は施設などの掃除をするだけですし、作業手順も細かく決められているので、誰でも簡単にできます。

最初に作業さえ覚えてしまえば、人と関わることもなくできますよ。

コールセンターについては、お客さんから問い合わせを受ける職場を選んでください。

自分から営業をかけなければいけない職場の場合、ノルマが課せられるので精神的に辛くなってしまるからです。

問い合わせを受ける職場の場合には、受け答えのマニュアルがあるため、簡単に仕事を覚えられますよ。

工場員は、工場によって作業環境が異なるので、何をしている工場なのかをチェックするようにしましょう。

中には冷凍庫や高温の部屋での作業もあるので注意してくださいね。

空調設備はあるのか、重たい荷物をもつ仕事がないかに注目すると探しやすいですよ。

無資格でもできる人と関わらない仕事

無資格でも人と関わらずに済む仕事は、以下3つがあります。

  1. トラックの運転手
  2. バスの運転手
  3. 在宅ワーク

トラックやバスの運転手は、運転さえできれば人と関わらずに済みます。

バスの場合には、乗客とのやりとりが多少発生しますが、事務的な話なのでそこまで苦痛はないでしょう。

在宅ワークはさまざまなものがありますが、自宅で仕事をすれば人と関わらずに済みます。

やりとりが必要なものでも、テキストチャットで済むことが大半です。

データ入力や字幕付け・ライター・デザイナー・プログラマーなどの仕事があります。

データ入力や字幕付けは、スキルがなくてもできるため、初めて在宅ワークをする人におすすめです。

無資格でもできる休みが多い仕事

無資格でもできる休みが多い仕事は、以下3つがあります。

  1. ゴミ収集員
  2. セルフサービス店の店員
  3. クローク係

ゴミ収集員は肉体的な辛さはあるものの、休みが多いです。

というのも、ゴミの収集は朝や夕方など時間帯が決まっているからです。

長時間労働をしたくない人に向いている仕事と言えるでしょう。

セルフサービス店の店員は、基本的にお店を監視する仕事が大半です。

ときどき、お客さんが困った際に手助けをするだけですので、仕事中ものんびりと休みながら過ごせます。

セルフのガソリンスタンドや、セルフサービスのネットカフェなどがこの仕事に当てはまります。

休みつつも時給がもらえるので、楽に稼ぎたい人におすすめです。

クローク係というのは、ホテルなどでお客さんの上着や荷物を預かる仕事です。

お客さんが来るときと帰るときだけ対応すればよいので、仕事時間もゆとりをもって働けます。

空調の効いた施設内での仕事であるため、肉体的な辛さもありません。

ただ、上品な雰囲気が大切な仕事ですので、しっかり化粧をする・パリッとしたスーツを着こなすなど、身だしなみには気を使う必要があります。

楽な仕事に就くときの注意点4つ

ここまで、楽な仕事を紹介してきました。

気に入る仕事が見つかったら、求人を探して就職・転職することになります。

その際には、注意するべきことが4つあります。

注意点を知っておかないと、気に入る仕事に就けない可能性がありますので、ここで必ず確認しておいてくださいね。

①求人情報を鵜呑みにしない

楽な仕事を探すと、「楽に稼げる」「簡単な仕事です」などと、書いてある求人が見つかります。

しかし、残念なことに、求人情報が嘘である場合もあるため、注意が必要です。

楽な仕事はあるにしても、実際に採用されたら違う部署に配属されるケースもあります。

求人情報をたくさん出していたり、長期間出されていたりするものは客引きである可能性が高いです。

求人情報を入念にチェックして、悪質な求人に騙されないように気をつけてください。

②志望動機をきちんと用意する

面接に向けて、志望動機はきちんとしたものを用意するようにしてください。

本来の志望動機は「楽だから」かもしれませんが、そのまま伝えると面接で受からなくなってしまいます。

企業としては、仕事にやる気をもって取り組んでくれる人が欲しいからです。

  • 「〇〇の経験が積みたいと考えているからです。」
  • 「〇〇で周囲の人のために働きたいからです。」
  • 「前職の経験を活かして働けると思ったからです。」

以上のような理由を作り、面接に備えましょう。

③根気強く探す

「楽して稼ぎたい」「できれば仕事はしたくない」という考えは、多くの人がもっています。

そのため、楽な仕事は人気が高く、競争率が高いです。

気に入る求人を見つけるには時間がかかるかもしれません。

楽な仕事を探す場合には、時間に余裕をもって根気強く続けてくださいね。

また、複数の情報源から求人をチェックして、新着の求人にいち早く応募することも重要です。

競争に負けないためにも、情報収集は時間をかけてしっかりと行いましょう。

④転職する場合には雇用が決まるまでやめない

現在ほかの仕事をしていて、楽な仕事に転職しようとしている人は、先走って退職しないように注意してください。

もし、転職先の企業で採用されなかった場合、無職になってしまう危険性があるからです。

「面接でいい雰囲気だった」と感じたとしても、正式に雇用されることが決まるまで、仕事はやめないようにしましょう。

楽な仕事の求人を見つける方法3つ

ここまで、楽な仕事を紹介してきました。

気に入った仕事が見つかった人もいるでしょう。

しかし、実際に楽な仕事を始めるためには、求人を見つけなければいけません。

楽な仕事の求人を見つける方法は、以下3つがあります。

それぞれメリットやデメリットがあるので、あなたが利用しやすいと感じるものを選んでみてください。

ハローワークに行く

求人情報を探す方法の王道は、ハローワークに行くことです。

通常、企業が求人情報を出すときにはお金がかかりますが、ハローワークは無料です。

そのため、たくさんの求人情報が集まっており、効率よく仕事探しができます。

何度も求人を探すのが嫌な人は、ハローワークで1度にたくさんの求人を見るのがおすすめです。

また、精神疾患やリストラなどが原因で失業してしまった場合には、失業保険の受給申し込みもできます。

失業して生活費に困っている人は、ハローワークで失業保険の申し込みをしましょう。

失業保険の申し込みには、以下の書類が必要です。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 証明写真 (縦3cm×横2.5cm)
  • マイナンバーカード
  • 保険証などの本人確認書類
  • 印鑑

書類をそろえておけば、スムーズに失業保険の申請ができますよ。

詳しい手続きの方法は、職員の方が丁寧に教えてくれるので安心してくださいね。

生活に不安がある状態では冷静に仕事選びをするのは難しいです。

失業保険を申請して、生活費を確保してから楽な仕事の求人を紹介してもらいましょう。

求人サイトを使う

求人サイトを使えば、スマートフォンさえあれば、自宅でも移動中でも好きなときに仕事を探せます。

職種や勤務地などを絞り込むだけで、手軽に求人を見つけられるので、手軽に探したい人におすすめです。

ただ、応募する求人は自分で決めなければいけませんし、面接のサポートなどもありません。

面接が不安な人や面接対策もして欲しい人には、あまり向かないでしょう。

転職エージェントを利用する

面接のサポートを受けたい人や向いている仕事を紹介してもらいたい人は、転職エージェントの利用も検討してみてください。

転職エージェントなら、ネットで求人が探せますし、転職のプロからアドバイスを受けられます。

すでにお伝えしましたが、楽な仕事は競争率が高いです。

中でも、安定的に働ける正社員の求人はとくに競争率が高い傾向にあります。

競争率が高い求人で採用してもらうためには、面接対策が欠かせません。

競争を勝ち抜くためにも、転職エージェントでプロに転職活動をサポートしてもらうことをおすすめします。

まとめ:あなたが望む無資格でもできる楽な仕事を見つけよう

無資格でもできる楽な仕事について紹介してきました。

楽な仕事には以下5つの種類があります。

  1. 肉体的に楽な仕事:力仕事がない、体力がなくても大丈夫、体格も関係ない
  2. 精神的に楽な仕事:きついノルマがない、責任が軽い
  3. 簡単で楽な仕事:覚えることが少ない、新しい変化が必要ない
  4. 人と関わらない仕事:人間関係に悩まない、一人でできる
  5. 休みが多い仕事:プライベートな時間がもてる、趣味を楽しめる

人によって楽だと感じる仕事の種類は異なります。

他の人が「楽だよ!」と言っていたとしても、あなたにとって楽だとは限らないのです。

実際に仕事を始めてから「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、あなたが楽だと感じる仕事を選びましょう。

楽な仕事の求人を探す場合には、ネットで簡単に探せて面接対策もしてくれる転職エージェントがおすすめです。

この記事をきっかけにして、楽な仕事に就いて望むくらしを手に入れてみてください。

【その他の楽な仕事特集】

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました