就活・転職情報

マンション管理人は楽な仕事の王者なのか?管理人の仕事をしたい方は必見!

就活・転職情報

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

「楽な仕事」を探している方の多くは、現在の仕事や生活に不満を抱えているのではないでしょうか?

ノルマに追われたり、時間に追われたり、職場の人間関係に振り回されたり。

毎朝、満員電車で通勤して、残業や休日出勤。

誰でも一度立ち止まってもっとストレスのない仕事をしたいと思う瞬間はあるでしょう。

はたまた、時間やストレスには悩ませられないものの朝から夕方まで体を酷使する仕事もあります。

雨や雪の日も、焼け付くような炎天下で重たいものを運ぶ仕事。

若いうちは無理が利いても、将来続けて行けるのだろうか?と不安になる瞬間はあるでしょう。

そんな瞬間に思うのは、「もっと楽な仕事に代わりたい!」と。

さて、「楽な仕事」と一口にいっても、本当に楽だと思えるのかは人によって様々です。

また、ご自身の現在の状況によっても様々です。

自身にとって「楽な仕事」とは何かを分析する事が、失敗しない就職への道となるでしょう。

以下では、楽な仕事の分類や適性、マンション管理人の仕事や実体、、マンション管理人になるための情報を集めてみました。

この記事で分かること

  • 楽な仕事の分類や適性
  • マンション管理人という仕事や実体
  • マンション管理人になるための情報

この3点を知り、より良い暮らしに役立てて頂きたいと思います。

楽な仕事の分類や適性

人気のある楽な仕事は大きく分けて2つです。

肉体的に楽な仕事

いわゆる肉体労働には属さないもの、主に単独で座っての業務となります。

  • 在宅職
  • 受付係
  • コールセンター
  • 美術館員・博物館員
  • ユーチューバー
  • アフィリエイター
  • 資産家
  • 占い師
  • データ入力
  • 景品交換所など

精神的に楽な仕事

主に対人関係が少ないもので、適度に体を使うものの、さほどコミュニケーション力を問われない業務となります。

  • スクールバス
  • ゴミ収集車
  • 監視員
  • ガソリンスタンド
  • 守衛
  • マンション管理人
  • 駐車場管理人
  • 料金所スタッフ
  • 清掃員
  • ルート配送など

加えて、時間的(残業の有無やフレキシブルさ)要素は職種や物件毎に異なります。

上記の職種は時間的拘束が少ない場合が多いです。

そして、経験や資格が必要なく、求人も比較的多い「なりやすさ」も楽な仕事の定義に入れるとすると「マンション管理人」はかなり楽な仕事と言えるでしょう。

とはいえ、どんな仕事にも妥協点が必要です。

是非次の項目の「マンション管理人の仕事や実体」を読んでいただき、ご自身の未来像としてイメージしてみてください。

管理人が合うのかどうかの答えが見えて来ると思います。

☆ポイント:自分の未来像として想像してみる

また、マンション管理会社の社員によると管理人に向く人物像として、「真面目な人」、「嫌われない人」、「従ってくれる人」という意見が多いようです。

マンション管理人は、大家さんではなく、あくまで仲介人です。

黙々とそして淡々と必要な事だけをこなせる人物が好まれる傾向にあります。

明るい方は、社交的で一見向いているようですが、そういう方は合う居住者と合わない居住者などと偏りが生じやすく、結果的に不公平感を生み出しかねないとの見方があるようです。

ベテランのマンション管理人になればなるほど、私語は少なく、かと言って暗い雰囲気を出さず笑顔で業務をこなしているそうです。

この事は、外交的な性格の方にはかなり物足りないかもしれません。

マンション管理人の仕事や実体

給料

働く理由の根本の最も大事な部分です。

せっかく就職出来ても生活が成り立たなければ意味がありません。

ご自身の生活に必要な金額を事前に調べておきましょう。

東京都内のマンション管理人の給料の相場

基本的にはマンション管理会社からの雇用となります。

契約社員や嘱託社員として月15万円から18万円

パート、アルバイトとして時間1000円~1300円

また、住み込みという物件は、やや高めで月20万くらいまでありますが、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット

  • 通勤時間やラッシュが無い
  • 住居費がかからない

デメリット

①公私の区別があいまいになりがち

②辞める場合には次の住居探しなどの準備が大変

さらには、夫婦住み込みという物件もあります。

こちらは夫婦でフォローし合えるので管理人室を留守にしなくて済むというメリットがあります。

反面、喧嘩や離婚などの私的な部分が業務に影響をきたすデメリットもあります。

業務内容

受付

外来者の窓口として、不審者が入らないように監視したり、宅配便等の業者に対しての窓口、駐車場の管理。

共用スペースの保全、鍵の管理、入退去届けの受理、住人の要望や苦情に対応など。

点検、巡回

電灯、自動ドア、エレベーターの点検。消防設備、分電盤の点検。保全為の巡回。

清掃

共用部分の掃き掃除、拭き掃除。植木の水やり、除雪。側溝掃除、窓拭き。

立ち会い

設備業者の点検、修理、工事の立ち会い。ゴミ収集の立ち会い、不法投棄の管理。入退去者の立ち会いと確認。

報告

マンション管理会社への日誌による報告。点検、修理、工事結果の報告。住民への注意事項。苦情、お知らせなどを書いた物の配布や掲示。

実体

管理人によるこの仕事の良いところは、

  • ノルマがない
  • 経験や資格、能力を必要としない
  • トラブルやクレームに直接は関わらない
  • 時間に追われず、また定時で帰れる
  • 一人でマイペースに働ける。
  • 何もしないでいられる時間がある
  • 最小限の人間関係で済む

となっています。

特に、巡回やゴミ収集や清掃の終わった午後は、詰め所に居さえすれば良いので、勉強したり読書したりといったことにも時間を使える事が楽な仕事と言われる所以でしょう。

逆にこの仕事の大変なところですが、

  • 居住者全てがお客様という立場であるので強く出られない
  • クレームの窓口である
  • 住民と管理会社の板挟みにあいやすい
  • なんでも屋
  • 給料が低い
  • 物件による差が大きく、入ってみないとわからない不都合が存在する
  • 基本的に孤独な業務
  • 単純作業、飽きやすい
  • シニア世代の仕事という偏見がある

などです。

全ての居住者と平等に接する事が出来るかが鍵となりそうですね。

そして、飽きっぽい方には不向きと思われます。

☆ポイント:孤独で単純な作業が好きか否か

給料が高いとは言えない孤独な単純作業に対して、自由度の高い業務時間をどう考えるかが判断基準になるでしょう。

マンション管理人になるための情報

①エージェントの登録

まずは、人材紹介会社への登録が効率的でしょう。

最近では、どんな仕事もほとんど人材紹介会社を経て応募することがほとんどです。

ここでは人材紹介会社の具体例は挙げませんが、就職サイトで気に入った物件があったら登録すれば良いかと思います。

マンション管理人は未経験でも働きやすく、また中高年の方々の第二の職業として定着している為人気はあります。

とは言え、マンションの数だけ雇用があるので常に応募はあります。

こまめにチェックすることをおすすめします。

季節によっても求人件数が変わります。4月の新生活の準備期間である1月から3月は多くなる傾向にあります。

可能な限り就職準備期間を長く取るほど有利な物件に出会える可能性は高まります。

☆ポイント:準備期間を長く取る

また、どんな職業求人にでも当てはまることではありますが、長期間に渡り何度も求人している物件には注意が必要です。

入れ替わりが激しいということは、何かしらネガティブな理由があると考えられます。

②資格

マンション管理人に資格は不要ですが、優良求人を探しながら同時に資格を取ることをおすすめします。

マンション管理についての国家資格には、「マンション管理士」と「管理業務主任者」の2つがあります。

後者は、マンション管理会社の従業員向けのものですが、「マンション管理士」はまさに今目指しているマンション管理人の仕事の為の資格です。

取得すれば、優良求人の採用への力強い味方となりますし、取得までたどり着かなかったとしても履歴書に「11月受験予定」と書くだけで、かなり有利になります。

さらには、勉強していれば、面接時の受け答えの質も上がりますので、せめてテキスト入手はすべきだと思います。

マンション管理士資格について

  • 資格種類:国家資格
  • 認定団体:国土交通省
  • 公式サイト:財団法人マンション管理センター
  • 概要:マンション管理のスペシャリスト
  • 受験資格:年齢、性別、学歴の制限なし
  • 実施時期:毎年11月最終日曜日
  • 受験料:9,400円
  • 合格率:7%~9%

民間期間で通信講座等のカリキュラムもあるので、受講の検討の価値はあります。

また、実際にマンション管理人に採用されてから勤務時間の暇な時間に勉強するのも手です。

現状のスキルアップや、ハズレ物件だった時の再就職に備えたりと利用できます。

③裏技

少しだけ勇気が要りますが、是非やってみて欲しい手法は「現職のマンション管理人さん」に何名かインタビューする事です。

マンション管理人は管理会社から離れて単独で業務しています。

さらには、午後は比較的暇な事が多く、他の職種とは異なり直接現役の方に聞き込みがしやすい環境にあります。

もし色々と教えて頂けたら、就職が決まった際に一言挨拶に訪れましょう。

同業の先輩として、今後もアドバイスを頂けたり出来るようになれば理想です。

単独の職場となりますので、貴重な人脈作りを就職活動と同時期におこなうと効率的です。

インタビューで聞いておくべき事

  • 何年やっているか
  • 社員、契約、アルバイト?
  • 勤務時間
  • 休日は安定的に取れるか
  • 急な休みは取れるか
  • 大変だと思うこと
  • やっていて良かったと思うこと
  • 気をつけるべきこと
  • 所属の人材会社

インタビューで聞くべきではない事

  • フルネーム
  • 年齢
  • 住所
  • 家族構成
  • 給料
  • 嫌な居住者はいるか?
  • 楽な仕事かどうか?

当然ですが、個人情報に関することはNGです。

答える事によって、その方の立場を危うくする質問はしないように心がけましょう。

ネガティブな事は聞くのは遠慮して、自然に話してくれた場合はその部分はメモしないでおきましょう。

良い事はどんどんメモしましょう。

仕事の大変だと思う部分を聞くのは失礼ではありません。

④面接

人材紹介会社から面接の連絡が来たらいよいよ本番です。

大体の場合は、基本的な質問のみです、

志望動機、ご自身の長所・短所、経歴、趣味、特技など。

マンション管理人の業務内容については、上で述べた事を頭に入れておけば大丈夫でしょう。

マンション管理人は対人を伴う仕事ですので、身だしなみやマナー、礼儀作法、言葉使いに関しては注意が 必要です。

どんな人も不快にさせない人柄である事がポイントです。

マンション管理人は、誰にも監視されずに清掃や見回りなど地味な仕事の繰り返しを行うため、真面目さや責任感の強さが必要です。そんな人柄を感じさせればポイントが高くなるでしょう。

様々な入居者全ての窓口であるためには、理不尽なことにもじっと耐える忍耐強さも面接官が求める点になります。

万が一、ネガティブな質問をされても感情を抑えられれば大成功です。

とは言え、面接官は応募者が向いているかを判断したいので、飾らず自然体で臨むのが結果的にはベストです。

背伸びして採用されても、勤務してから苦労をすることになるかもしれません。

まとめ

ここまでマンション管理人は楽な仕事の王者なのか?について考えてきました。

当たり前な答えではありますが、世の中に楽な仕事なんてありません。

管理人室で暇そうに見える時間帯も、そこにマンション管理人がいなければ居住者は安心して生活できません。

マンション管理人ご自身も同じ場所で変わりなくひたすら待機することは楽ではありません。

とは言え、人によってそれが比較的得意な方もいます。

忙しい毎日や疲労の多い毎日から逃げるだけの理由では務まらない仕事です。

現状に流されずに、ご自身の適性をしっかりと見つめて判断して欲しいと思います。

本文で述べたポイントを下記のように列挙しました。

  • 自分の未来像として想像してみる
  • 孤独で単純な作業が好きか否か
  • 準備期間を長く取る
  • マンション管理士資格を学ぶ
  • 現役の先輩にインタビューする
  • 背伸びせず自然体の面接を

この6つのポイントを参考に、より良い毎日を手に入れる事が出来ればと願っております。

【その他の楽な仕事特集】

タイトルとURLをコピーしました