就活・転職情報

楽な仕事で田舎暮らしを満喫しませんか?スローライフを実践する人が増加中

就活・転職情報

田舎にはどんな仕事があるのか、と聞かれると「農業」や「酪農」などの業種しか思い浮かびませんが、それは一昔前の話で、今は田舎で働くと言っても様々な仕事があるのです。

都会で時間に追われながら働くことに比べ、田舎では時間がゆっくり過ぎていきます。

人生をより豊かにするために、労働時間と労働する意義を見直し、楽に働きながら自分自身の時間を持ちたいと思う人が増えているのです。

田舎の仕事にはどんなものがあるの?

過疎化が進む地域では、地域活性のため若い力を必要としている市町村もたくさんあり、様々な働き方を選べる時代となっています。

もちろん、農園の仕事などもたくさんの需要があり、今までとは違った農法で栽培している農家や、これから自分自身が農家になるために研修を兼ねて働く等のような選択肢もあります。

この他にも地方ならではの仕事など、田舎での仕事の幅は広がっています。

地域活性化のためのクリエイター

クリエイターと聞くと難しそうに感じてしまいますが、地域の魅力を発信していく仕事と単純に捉えていいでしょう。

仕事内容は自治体により多岐にわたりますが、空き家の管理や地産地消の推進、地場産品の商品開発などに携わるようになります。

田舎に住みながら地域の魅力を伝える方法を考え、地元の人と関わりながら働けることもあり、社会的貢献度も高い仕事となっています。

また、ホームページの管理や運営にも携わるようになることが多いので、これまでのITスキルを活かせることが出来ます。

リゾート地で働く

地方には風光明媚な観光地や、そこでしか体験できない経験があります。

リゾート地で働きながら、自然やアクテビティを満喫することができ、働きながら楽しめるメリットがあるのです。

また、リゾート地の別荘を販売したり賃貸するための不動産業などもあり、田舎に居ながら安定して働くこともできます。

都会にいてはなかなか経験できませんが、田舎では競争相手も多くないので楽に働きながら生活することができるのです。

公共事業関連の仕事

田舎は都会と比べると圧倒的人材不足です。

公共事業関連の仕事でも人材が不足しており、大きな問題となっています。

土木工事関連や、電気設備系の仕事などの経験があれば田舎でとても重宝されます。

都会で仕事を探すよりも田舎の方が見つかりやすい、ということもあるようです。

未経験でも地方であれば採用してもらえる確率は高くなりますので、そこもメリットと言えるところでしょう。

マルチハビテーションで働く

聞きなれない言葉かもしれませんが、マルチハビテーションとは「複数の住まいを行き来しながら自分らしい生活を実現する」ということです。

インターネット環境が進み、田舎に居ながらパソコン一つで働くことが出来るような企業が増えつつあります。

今までは都会に居なければできなかった仕事も、田舎暮らしをしているまま勤務することが出来るようになっています。

田舎で農園を立ち上げながら、都会で商品開発をリモートで進めたりと、多様な働き方ができる企業が増えています。

農業や農園、酪農で働く

大規模農園や酪農では常に人材不足に悩まされています。

新しい方法での農業や酪農をしているところもあり、働きながら学ぶことが出来るのです。

働きながら学び、その後自分で農業を営むという選択肢もあるため、若い人にも人気が出ています。

今は通販などで野菜も販売されていますので、新鮮で体に良い食べ物はこれからも更に需要が高まってくるでしょう。

田舎で働くことのメリット

田舎で働く最大のメリットは都会の喧騒から離れ、日々をゆったり過ごせることにあります。

豊かな自然の中、心にも体にもいい環境で自分の時間を持ったり、家族とたくさんの時間を過ごすことができるのです。

その他にも様々なメリットがありますので、詳しく解説していきます。

豊かに暮らせる

都会と比べて田舎では物価が安いという傾向があります。

特に衣食住の中で住の、家賃に関しては都会と比べて大幅に安くなる傾向があります。

都会では1Kの物件にしか住めないような家賃でも、田舎へ行けば1LDKやそれ以上の価格で済むこともあるのです。

そこだけでも都会と比べて豊かに過ごせるメリットです。

そして田舎では一人一台車が必要なことも多くあります。

しかし、駐車場代などが都会と比べかからないor格段に安いことが多いのでマイカーを持つことも無理難題ではありません。

田舎で働き生活しながら、都会で働いていた頃より物質的にもより豊かな生活をすることが出来るのです。

ライバルが少ない

都会と比べて田舎には競争相手が少ないというメリットがあります。

そのため、周囲に流されることも少なく都会での対抗意識が苦手な人には良い環境でしょう。

日々の煩わしい喧騒や雑言などに惑わされることもなくなり、精神衛生上もよくなります。

都会では目立たなかったスキルでも田舎に行けば重宝されるものもあるのです。

また、ライバルが少ないため起業しやすいというメリットもあります。

自分のやりたいことにチャレンジできる環境が整っていることも、田舎ならではです。

ストレスが少ない

豊かな自然の中にいればおのずとストレスも軽減されます。

仕事が休みになれば空気のいい田舎に足を伸ばしてみようか、と考えますが田舎に住むことによって毎日自然の力を享受できるのです。

満員電車で通勤する必要もなくなりますので、その分時間に追われる必要もなくなります。

希薄な人間関係ではなく、地域の人と密接にかかわることが出来、田舎ならではの人間関係を満喫することができるのです。

地域によっては移住者の受け入れ態勢を整えているところもあり、歓迎されることも多いのです。

空いた時間を自由に使える

空いた時間に自然の中で思う存分アクテビティが出来るのも大きなメリットです。

地域の特色を生かした趣味に没頭したり、静かな自然の中でゆっくり過ごしたり、その楽しみ方は無限に広がっています。

都会ではなかなか感じられなかった四季も、田舎では身近に感じられるようになります。

また、田舎に行くことで新しく趣味を始めることにも繋がるのです。

マリンスポーツやウインタースポーツをはじめ、都会ではできなかったマイカーやバイクを持つこともできるようになります。

旬の食材を新鮮なまま味わえる

田舎ならではの水と空気のおいしさですが、それに加えて四季折々の旬の食べ物が味わえるのも田舎暮らしの良いところです。

都会では高いお金を出さないと食べることが出来なかったものも、田舎では当たり前のように食べられているものがたくさんあります。

都会よりも地域の人とのつながりも強くなりますので、ご近所の方がおすそ分けしてくれたりというメリットもあるのです。

のびのび子育て出来る

大自然が広がる地方では、子育てものびのびとゆとりをもってすることが出来ます。

都会のような物質的な豊かさはありませんが、都会にはない自然と毎日触れ合えるのです。

手が届く場所に豊かな自然が広がり、野山を駆け回れることは子供にとって最高の環境と言えるでしょう。

高齢者施設が充実している

働き盛りの方にはまだまだ先の話かもしれませんが、全ての人に必ず老いは訪れます。

都市圏では高齢者施設の不足と介護士の不足が深刻な社会問題となっていますが、地方ではまだ余力があるところも多く、今後の将来を見据えるためにも大切となってきます。

自分が住みたいと思う地方はどういった環境にあるのか、しっかりと確認しておきましょう。

田舎暮らしをする上での注意点

田舎で暮らし、働くことは心身ともに健やかでいられる方法だと思いますが、今まで都会で生活してきた人が急に田舎に行くとその違いに戸惑うこともあるかもしれません。

そこで、田舎暮らしをする前に注意点をいくつかご紹介していきます。

病院は近くにあるか?

都会では病院に困ることはありませんが、田舎では小さな診療所しかないところもあります。

若い時はそれほど気になりませんが、歳をとったとき近くに病院がないととても心細くなるものです。

大きな病院までどのくらいの距離があるのか、医師は常駐しているのかを前もって調べておく必要があるでしょう。

週に何度か医師が来て診察しているところもありますので、健康面に不安がある方は特に注意が必要になります。

大型施設やショッピングセンターがない

都会では事欠かなかった買い物も、田舎に行けばすぐに買い物に行ける場所ばかりではなくなります。

また遊ぶための施設もないことが多いので、事前に下調べしておく必要があります。

遠くのスーパーまで買い出しが必要なこともあるため、自分が行ける範囲かどうかの確認は必須となります。

コンビニやドラッグストア等もないところがあるので、日々のちょっとした買い物にも不便を感じることがあるかもしれません。

しかし、通販を上手に利用しながら生活することで、この問題はクリアできることも多いでしょう。

交通の便が悪い

田舎では都会程交通の便が発達していないため、「1本逃せば30分待ち」ということはよくあるのです。

1日にバスが数本しか通っていない場所もありますし、電車がそもそもないところも多くあります。

そのため、自分の交通手段を確認しておく必要があるでしょう。

しかし田舎では、都会と比べて土地がたくさんありますので、マイカーを持っている場合は駐車場に困ることはありません。

マイカーを持っていない場合は初期費用として、車の購入費がかかってしまいます。

しかし、田舎は都会程物価が高くないので、生活費自体は安く済ませられることが多いのです。

そのため、車の購入費用も長い目で見れば元を取れることもできるでしょう。

田舎で働くにはどうしたらいい?

魅力満載の田舎で働くためには、出来る限り多くの転職サイトに登録しておくのがいいでしょう。

たくさんの求人サイトに登録することで、掘り出し物の仕事が見つかるかもしれません。

田舎では働く場所が都会より少ないことも確かなので、様々なサイトを見比べ自分に合った仕事を探してみるのがいいでしょう。

田舎では都会よりも働き口が少ないのも事実ですが、働き手が少ないのも事実なので経験がない仕事でも雇ってもらえる可能性が大きいのです。

また、働き手が少ないこともあり、労働力を大切にしています。

都会のように自分の時間を犠牲にし会社に貢献する必要はなく、大切な労働力として扱ってもらえるので楽しみながら働くことが出来るのです。

田舎で働きたい人が増えています!

時間に追われる現代では田舎で働き、スローライフを目指すという人が多くなっています。

排気ガスも少なく空気の良い田舎で、体と心に良い生活を希望する人が増加しているのです。

そして今は一昔前と違い、どこに居てもインターネット環境さえあれば働くことが出来るという時代が来ています。

時間や人間関係に縛られながら、都会で働き続けるよりも田舎で働くメリットが見直されているのです。

働く時間と、自分の時間にメリハリをつけより豊かな生活を送ることで人生そのものが充実したものになっていきます。

まとめ

希望する仕事や働き方を叶えるためにはまず転職活動をしてみることが大切です。

転職サイトの求人には様々なものがあり、サイトごとに違っているものです。

たくさんのサイトに登録し、チェックすることで自分の希望する仕事や環境にたどり着ける確率は大幅にアップします。

ただし、やはり田舎には都会程の需要がないのもまた事実なので、生活するには困らない程度の給料で満足できるという人のほうが向いているでしょう。

そして仕事の種類も昔よりは多くなっていますが、やはり都会に比べると少なくなってしまうので、何でもやってみようという意欲のある人のほうが適しています。

また、移住後のミスマッチを防ぐためにも移住先の情報をしっかり調べておきましょう。

【その他の楽な仕事特集】

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました