就活・転職情報

結婚後の女性は在宅ワークがおすすめ?結婚後も仕事を続けるコツを紹介!

就活・転職情報

多くの女性が結婚後の仕事の在り方について悩んだ事があると思います。

仕事を続ける、正社員からパートへ転職する、退職する、様々な働き方の中から、家庭との両立を図りながら仕事をする為にはどのような選択をすべきなのでしょうか?

在宅ワークがそんな女性の方々の悩みを解決を解決してくれるかも知れません。

ここでは、結婚後も手軽に続けられる在宅ワークや在宅ワークで正社員に転職する方法、フリーランスで在宅ワークする方法などを詳しく説明していきます。

結婚後でも仕事を続けたい女性は7割以上

一昔前は、結婚したら寿退社することが女性のステータスであるような風潮がありました。

現在は、女性の社会進出や様々な価値観が受け入れられる時代となり、多くの女性が社会で活躍しキャリアアップを目指しています。

今では7割以上の女性が結婚後も仕事を続けたいと望んでおり、結婚後の仕事の在り方についての意識が変化ています。

その具体的な理由を、以下の見出しで解説していきます。

女性が結婚後でも仕事を続けたい理由

女性が結婚後も仕事を続けるメリットとして、「経済的安定が生まれる」、「キャリアを継続出来る」、「社会との繋がりを持てる」などが挙げられます。

昔と比べると、妊娠や出産、子育てなどを経ても女性が働きやすい環境が整っている会社が多いです。

結婚したからといって、働くことを諦めなくても良い社会になっていることが大きな要因になっています。

社会とつながっていたい

働くということは、収入面だけではなく、人との関わりや自身の成長を促す役割があります。

専業主婦になると、自宅で過ごす時間が格段に増え、家族以外と関わることが少なくなります。

人や社会とのつながりが無くなると、自分の価値や生きがいを見出すことが出来ず、精神的に不安定な状態になることも多いです。

仕事を継続し、社会の一員としての役割を果たすことで、心にゆとりのある充実した生活を送ることが出来ます。

社会とのつながりは、多くの刺激や学びを与えてくれる、人が生きていく上で重要なものだといえます。

お金に余裕がほしい

お金はいくらあっても困りません。

専業主婦は結婚後も働く女性と比べて、二億円以上収入が少なくなると言われています。

マイホームや車のローン、教育費や老後資金などのことを考えると、より多くの収入があった方が、金銭的なストレスに悩むことなく将来への不安も少なくなるでしょう。

女性が仕事を続けることで、世帯収入が増え、経済的な安定を保つことが出来ます。

その為、経済的なリスクを考えると、結婚後も仕事を続けたい女性が多いです。

結婚後の女性の理想の働き方は?

結婚後の理想の働き方はその時の状況や立場によって変わります。

状況や立場によって、金銭的余裕が欲しい、家族との時間が欲しい、キャリアアップしたいなど、自身を取り巻く環境に適した働き方をしたいですよね。

現在は、昔と比べて多種多様な働き方が出来る時代です。

優先したい事から自分に合った理想の働き方を考えてみましょう。

家庭優先で働きたい

結婚すると、守り支え合う家族ができます。

独身の時には出来ていたフルタイム勤務、残業や休日出勤などは結婚して子供を持つと、かなりハードルが高くなります。

それに加え、職場事情や周囲のサポート環境によっては、仕事と家庭の両立がより難しくなる場合もあります。

そのため、子供がいる場合は特に家庭を優先して働きたいと考える人が多いのではないでしょうか。

家庭優先で働くことは、身体的・精神的負担のバランスも取りやすく、自分らしい働き方に繋がります。

パートでもよい

パート勤務では収入は少なくなりますが、シフト制や時短勤務など、都合に合わせて働くことができるので、時間の融通がききやすいです。

毎日の家事や子育てを優先したい女性には、家庭と仕事の両立がしやすい働き方となります。

また、正社員と比べると求人も多く、未経験でも可能な比較的簡易な業務が多いため、採用されやすいというメリットもあります。

パートは、結婚後や子育て中でもチャレンジしやすく、ライフスタイルに合わせた柔軟性のある働き方が可能です。

女性は結婚後の転職が難しい

女性は結婚後、様々な生活の変化が起こります。

家事、妊娠や出産、子育て、転勤など自分自身ではなく子供やパートナーが中心となる生活になることも少なくありません。

入職後すぐ産休や育休に入る、すぐに辞めてしまうなどのリスク懸念すると、転職時に採用されにくい可能性があります。

そう考えると、女性が結婚後に転職をするのは難しいです。

転職は独身の方が有利

独身者は、既婚者よりも時間の融通がききやすい傾向があります。

柔軟に働けるので、残業や休日出勤、転勤などを頼みやすく、会社としては戦力になる人材です。

また、独身だと仕事中心の生活になる事が多く、キャリアやスキルアップを目指す人も多いです。

長く働くことを考えると、独身の方がキャリアを継続しやすく会社からの信頼も高くなるでしょう。

転職するタイミングは独身の方が有利だといわれるのは、このようなメリットがあるからです。

結婚後に転職するメリット

結婚後に転職するメリットは、ライフプランを考えて職探しが出来ることです。

結婚後の様々な条件に合う転職先を探すことで、家庭と仕事のバランスが取れた理想の働き方が可能です。

また、新しい職場で成果やキャリアを積むことで、のちの妊娠や子育てによる産休や育休を取りやすく、復職もスムーズに行えます。

その分、育児や家事に専念できる時間を確保することができ、社会とのつながりを持ちながら生活することが出来ます。

結婚後に転職するデメリット

企業は長期間働き、即戦力となる人材を求めています。

そのため、結婚していることで産休や育休を取得する可能性があり、すぐ辞めてしまうのではないかと思われることも少なくありません。

また、入社後すぐには有給や産休・育休を取れないという企業もあるため、仕事の選択肢が少なくなり、職探しに難航する場合もあります。

転職後は、新しい環境や仕事に慣れることが最優先になりがちなので、子供を考えている方にとっては、ライフプランとの相違が出てくる可能性があります。

結婚後は在宅ワークの方がいいの?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅ワークという働き方が増えてきています。

場所を選ばず、都合の良い時間やスキマ時間など自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

感染拡大防止だけではなく、結婚後や子育て中の女性でも働きやすいという面もあります。

では、具体的に在宅ワークにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

在宅ワークは通勤がないから楽

地域によりますが、通勤ラッシュ時には満員電車や渋滞する道路を利用しなければならない人もいます。

在宅ワークはその名の通り、会社に出勤する必要がありませんので、通勤時間の疲労やストレスから解放されるでしょう。

また、通勤分の時間を仕事やプライベートに費やすことで、仕事の効率やモチベーションが上がり、意欲的に業務に取り組むことが出来ます。

通勤は体力や時間の消耗につながるため、通勤時間が無いことは在宅ワークの最大のメリットだといえます。

自分のペースで働くことができる

在宅ワークは、勤務時間に融通がききやすく、自分の都合の良い時間に働けます。

それに加え、他人とのコミュニケーションも少なく、周囲に合わせず自分のペースで業務する事が可能です。

プライベートを大切にしながら、自分のペースで業務を行うことで、対人関係のトラブルや精神的ストレスも少なく、心にゆとりを持てます。

ワークライフバランスを実現するためには、身体的・精神的に健康な状態を保つことが出来る在宅ワークが効果的です。

結婚後の女性が在宅ワークで正社員に転職する方法

働き方改革や緊急事態宣言などに伴い、在宅ワークやテレワークを導入する企業が増えてきています。

そのため、選択できる在宅ワークの幅が広がってきていますが、正社員に転職したいと思った時に、どのようなスキルや情報が必要なのでしょうか。

結婚後の女性が在宅ワークへ転職する際に、抑えておきたいポイントを紹介していきます。

スキルを身につける

在宅ワークには様々な種類があります。

事務職やwebライター、webデザイナーなど職種によって必要なスキルが異なります。

既に持っている資格やスキルを生かしたり、新たに専門性の高いスキルを身に付けることで、正社員として働くことが可能になります。

資格やスキルが無くても出来る仕事もありますが、仕事の幅は狭く、正社員になることは難しい為、まずは必要なスキルを身に付けることから始めると良いでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、自分の価値観やライフスタイルに合った会社探しや、面接や書類の添削など幅広いサポートをしてくれます。

自身で仕事を探すには限界があるため、非公開求人や好条件な求人を提案してもらう事で

効率よく転職活動を行うことが出来ます。

仕事探しから入社までバックアップしてもらえることや、プロからの視点で、様々なアドバイスを受けながら採用への対策ができることから、転職の成功率も高くなります。

「長く働きたい」意志を伝える

人を採用するには時間や労力、お金などのコストがかかります。

そのため、企業は定着率が高く、意欲があることを大前提に採用を検討しています。

女性は、妊娠や出産、子育てなどのライフイベントを控えている場合も多いため、それを含めて長く働きたいという考えを正直に伝えることをオススメします。

長く働くことで、企業は優秀で即戦力となる人材を育成することが可能です。

自身はキャリアを積みながら、ワークライフバランスを実現することに繋がるため、お互いに良い影響を与えることになります。

女性は結婚後にフリーランスで働くという方法もあり?

フリーランスは結婚後の女性にオススメしたい働き方です。

女性のキャリアは結婚や出産などのライフイベントに影響されやすく、子育て支援の制度が整っていない企業だと、仕事と育児の両立や職場復帰が難しい場合もあります。

その点、フリーランスは環境やライフスタイルの変化に合わせながら働くことができるのです。

その具体的なメリットを見ていきましょう。

女性が結婚後にフリーランスとして働くメリット

フリーランスを選ぶ最大のメリットとして言えるのは、家庭と仕事の両立がしやすいことです。

フリーランスになると、通勤時間はもちろん残業が無くなり、時間に余裕が出来ます。

その時間を家事や育児、その他プライベートな時間に費やすことが可能です。

また、妊娠や出産、夫の転勤などを経ても、自分の体調や環境、状況に合わせてスケジュール管理をしながら働けます。

ブランク期間が少なく、キャリアの継続にも繋がるので、フリーランスという選択も視野に入れましょう。

実績を積むことで、将来の転職やキャリアアップにも有利に働きます。

デメリットとしては、仕事や収入が不安定であることです。

フリーランスの場合は自分で仕事を取らなければなりません。

受注率が低いと、その分の収入が減ることになりますので、安定した仕事や収入を得るまでに時間がかかる場合があります。

それに加え、フリーランスのメリットである時間の融通がききやすいことから、保育園入園が不利になる傾向があります。

メリットとデメリットを理解し、自分の理想やライフプランと照らし合わせながらフリーランスとして働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

結婚後も続けやすい在宅ワークや正社員へ転職する方法、フリーランスについてご紹介していきました。

選択肢は一つではありませんので、自分がどのような働き方をしたいのか、何を優先させたいのか、具体的に考えて選択していくことが重要です。

どんな働き方にもメリット・デメリットはありますので、ライフプランや環境に合わせて納得のいく理想の働き方を見つけてくださいね。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました