フリーランス

30代の転職で失敗したらフリーランスを目指そう!【30代でも前向きに転職しよう】

フリーランス

「今後の人生でいまの給料では先行き不安…。いま以上にキャリアをアップさせたい」と考えている方も多いでしょう。

成功や失敗の経験は宝ですが、30代での転職を考えるとリスクばかりに目が向いて、行動できない方も多いですよね?

そこでこの記事では、30代の転職で失敗しないための方法や、転職に失敗した場合でもフリーランスという生き方があるということについて解説します。

30代からでも転職やフリーランスで新しいことに挑戦し、自分の願いを叶えて成功と言える転職を目指しましょう。

30代の転職で失敗しないためには?

失敗しない転職を考えるなら、自分のキャリアや性格の長所短所を時間をかけ、見つめ直す事が必要です。

なんとなくの転職や、お金に目がくらんだ転職は失敗します。

転職成功のカギは、自分の得意な能力理解した上で、転職に前向きな気持ちを持つことです。

自分の市場価値を認識しておく

自分の市場価値は、自己評価ではなく人材を求めている企業が決めるものです。

コミュニケーション力、専門知識、創造力や発想力を自分がどれくらい持っているのかを自己分析して優れているものを理解することが必要です。

自分の市場価値を理解することにより、自信にも繋がるので市場価値診断などを活用しましょう。

自分のキャリアを考えて転職する

「キャリアを武器に転職する」、「キャリアアップを計るために転職する」など転職するなら意味のある転職にしましょう。

転職する場合、キャリアをどう使うのか、キャリアをどう身に付けたいのか、自分がどうありたいのか目標設定をするのも大事です。

キャリアアップをして転職に望むなら、自己投資も必要となります。

しかし、自己投資をする場合、消費や浪費にならないように注意しましょう。

転職前の準備は重要

目標に沿った転職を望むなら、時間をかけて計画していきましょう。

常に最新の求人をチェックすることも必要です。

また、現職の就業規則を確認し何か月前に退職を届け出なければいけないのか確認することも重要となります。

リクルートエージェント等の転職サイトに登録する場合は、転職したい月日から逆算して早めに登録するようにしましょう。

履歴書や職務経歴書の作成も、早めに準備を始めたほうが良いでしょう。

転職する際に30代に求められる能力は?

繧ケ繧ュ繝ォ, 縺薙→縺後〒縺阪∪縺�, 繧ケ繧ソ繝シ繝医い繝・・, 繧定オキ蜍輔@縺セ縺�, 雋。蝗」, 繝薙ず繝阪せ

転職する際に30代に求められる能力にはどのようなものがあるのでしょうか?

30代は社会経験もそれなりにあるとみなされるので、以下のような能力が必要となります。

  • コミュニケーション能力
  • 管理能力
  • 提案力
  • 専門的な知識

ここでは、それぞれの能力について詳しく解説していきます。

コミュニケーション能力

コミュニケーションといっても様々です。

  • 周りとの協調性があり、いつでも仕事に前向きで元気で話しかけやすい人
  • 率先して人と話ができる人
  • 分からなければ恥ずかしがらず何でも人に聞ける人

上記のような部分に当てはめて、自分がアピールできるコミュニケーション能力とは何なのか考えてみてください。

そして30代となると人をまとめられる能力も必要とされます。

自分の主張だけを言うことは誰でもできますが、相手の話を理解しながら話を進めるのは経験なので、その経験があればアピールになるはずです。

管理能力

管理能力とは、リーダー、管理職として監督能力があるかです。

野球やサッカーなど団体スポーツにてキャプテンを想像すると分かりやすいと思います。

部下や自分も含めて今の業務を把握できているか、この先どう対応すれば良いのかなど、考えることができる力が求められます。

部下から見た時に、報告連絡相談がしやすい人、仕事の道筋を作ってくれる人も部下として仕事がしやすいはずです。

提案力

30代の転職では、提案の切り返しができる人、自分の主張があり他人の主張があり、どの方法が一番良いのか見出せる人、など相手を理解する力が必要とされます。

営業職では、その場で提案をしなければいけないシチュエーションがあります。

発想力が豊かな人であれば、様々な観点から提案をすることができ、お客様にも喜ばれ信頼できる関係がつくれます。

専門的な知識

中途で雇用する企業は、即戦力になる人材を求めます。

業界や職種に就いて正しい知識をどれだけ身に付けているのか、会話をすればすぐに分かってしまいます。

キャリアアップを目指すうえで、これからも専門的な知識をアップさせていきたいと考えているならば、その気持ちを伝えた方が好印象となります。

30代の転職はスピードが重要

「目標に沿った転職を望むなら、時間をかけて計画していきましょう」とお伝えしましたが、求人へ応募する際はスピードが大変重要です。

ゆっくりしていると先に採用者が見つかり、求人が打ち切りになることもあります。

1社ずつ受けていると、採用が決まるまで3ヶ月~6ヶ月かかることもでてくるでしょう。

気になる求人があれば即アクションをとることをお勧めします。

求人を吟味することも大切ですが、「逃したくない」と思った求人には即応募をしましょう。

30代の転職におすすめの転職エージェント

社会経験を数年積み、スキルを活かした転職ならば、スカウトシステムに登録するのもありでしょう。

仕事を紹介してくれる転職サイトがありますので、有効活用をするのも一つの手です。

  • マイナビエージェント
  • レバテックキャリア
  • パソナキャリア
  • T求人ナビ転職

ここでは、上記4社を紹介します。

マイナビエージェント

マイナビエージェントには転職のアドバイスをしてくれるアドバイザーがいます。

そのアドバイザーが求職者と人材を探している企業の間に入り、就職の支援をしてくれます。

登録をすると求職者におすすめの求人を紹介してくれるので、自分で探す手間も省けるでしょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはエンジニアやデザイナー等、web系の求人に特化した転職サイトです。

エリアも関東エリアと、関西エリアと福岡に主な求人を抱えています。

IT関連などの専門的な知識が必要な求人が多いところが魅力です。

未経験の方には難しいサイトですが、キャリアがある方にはおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、日本全国に求人をもつ大手人材会社のパソナグループ内の企業です。

そのため、多業界の求人があり業界別に専任アドバイザーがいます。

面接時に話をしながら、求職者を分析するので、自分がどんな強みを持っているか見抜き、合った仕事を紹介してくれます。

IT求人ナビ転職

上記の3社と比較すると聞かない転職サイトかもしれません。

IT業界に特化した求人をもっており、穴場のサイトです。

エリアは北海道、東北、関東、広島、福岡です。

IT求人ナビでは、無料のスクールを実施している為、未経験でも転職できる可能性のある

IT業界の転職サイトとなります。

30代の転職で失敗してもフリーランスになれる?

フリーランスとは、自分のスキルを武器にして、個人で仕事を受け持ち、報酬を得るという働き方です。

様々な契約をし請け負った仕事をこなしていくため、フリーターとは違います。

フリーランスとして働くとどんなメリットがあるのでしょうか。

フリーランスでも十分生活できる

最近の求人では、フリーランス求人がとても増えています。

という事は、フリーランスで生活をしている人が増えているともとれます。

フリーランスでやっていく意気込みがあり、効率よく仕事をゲットしていれば、正社員で働くよりも収入を得ることが可能です。

経験を重ねると、企業との契約報酬もアップし、副業でなくてもフリーランスとして生活していけるほどの収入を手に入れる事ができます。

フリーランスの人口は約1100万人

フリーランス人口は年々上昇しており、特にコロナ渦で、急上昇しています。

  • 在宅勤務で時間が作れるようになった
  • 副業からフリーランス一本へ転職した

など、きっかけはどうあれ生活をするために、フリーランスを選んでいる人が今後も増えていくでしょう。

フリーランスになると自由な人生を歩める

フリーランスとは企業に雇用される縛りがなく、自由に契約を締結できる形態です。

フリーターでもなく会社員でもありません。

自分の自由に生活ができるのは素晴らしいですよね。

休日も自分のペースでとれるます。

時間や低賃金に縛られません。

30代でフリーランスを目指す人へおすすめの仕事

キャリアを活かしてでも、未経験でもフリーランスで稼げる仕事はあります。

  • ライター
  • Webデザイナー
  • エンジニア

について説明していきます。

ライター

ライターの仕事は執筆です。

テーマに沿った記事を作ります。

テーマに沿って書き上げますが、読者が納得できるような記事でなければ共感を得ることができません

文章力は必要ですが、資格がいらない仕事なので未経験からでも始めやすいです。

30代でライターになるには?

クラウドワークス等で未経験ライティングOKな仕事もあります。

仕事をしながらノウハウを得ていく事も一つの手段です。

言い回しや言葉の使い方、文章の組み立て方など色々な事が学べます。

最初は記事を書いていると、自分が何を言いたいのか分からなくなりますし、報酬もほとんどありません。

しかし、クライアントによってフォロー体制ができている仕事もありますので、最初はお金ではなく、学ばせてもらえるという謙虚な気持ちで取り組んでいきましょう。

普段何気なく読んでいる記事やブログも見方が変わります。

Webデザイナー

Webデザイナーの大事な事は「デザイン性」です。

専門の学校を卒業している人ではないとできない仕事だと思われがちですが、そんなことはありません。

未経験者でもデザインセンスにより幅広く活動できる仕事であります。

30代でWebデザイナーになるには?

インターネットの拡大にともない、常に需要がある仕事です。

未経験から始めるには、専門的な知識や色のや形のバランスなど美術的な感覚を磨く必要があります。

また、Web上で必要な言葉が理解できないと勤まりません。

クラウドワークスやランサーズでも仕事はあり、バナー作成やロゴ作成はWebデザイナーの仕事となります。

自分のデザインしたものがWeb上で公開されていたら、嬉しく思いますよね。

エンジニア

エンジニアの仕事は多くの種類があります。

IT業界は今後も拡大していくためエンジニア不足となる可能性が高いです。

システムエンジニアやプログラマーもエンジニアの仕事の一部となります。

未経験でもスキルを付けることにより、フリーランスでも十分にやっていける仕事です。

30代でエンジニアになるには?

どのエンジニアにも共通で言える事は、基本的なWeb用語を学ぶ事は必須です。

専門知識がないとできない仕事なので、プログラミングスクールで基本を学ぶのも方法もあります。

学ぶうえで、で何が必要で、何が不要な情報なのかも整理した方が早く理解ができます。

スクールへ通っても知識は身に付きますが、仕事は自身で探さないといけないので、期間を決めて習いにいく方がよいでしょう。

まとめ

IT業界では進化が進み、AI化され人の手が不要な仕事は増えます。

その反面、専門的な技術が必要な仕事は増えてくるでしょう。

変化する時代へ乗るために、30代で転職を考えるのであれば計画を立て早めに動きましょう。

転職に失敗してもフリーランスになるという選択肢もあります。

豊かな人生を歩めるように大事な将来を考え、前向きに進んでいきましょう。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました