年収500万円は高収入?独身の場合は裕福な暮らしができるのか?

年収500万円で独身と聞くと、適度に裕福な暮らしを送る事ができ、高収入という印象があります。しかし、女性や中小企業で年収500万円貰う事は簡単ではありません。今回は年収500万円は高収入なのかそうでないのか、その要因も解説しています。

年収500万円は実のところは高収入じゃない

年収500万円でも、税金や社会保険で引かれると手取りは30万円を切る事になります。独身かそうでないかにもよりますが、都会や首都圏で生活していると、物価も高いので暮らしは決してゆとりがあるとはいえません。

年収500万円の統計上の立場

年収500万円と聞くと高収入の部類に入るのか気に掛かる方もいると考えます。ここでは統計上、年収500万円が高収入なのかみていきます。

年収500万円を貰っている人の比率

日本国民の平均年収は、国税庁の民間給与実態統計調査・給与階級別の数字からみることができます。過去5年間の平均給与は総合的にみると、いずれも年収500万円以下となっています。

この結果からみれば年収500万円は平均以上の年収なので高収入といえます。

男性の場合

男性の場合では、平成30年の平均年収は545万円となっています。平成29年も平均年収は531万円です。したがって、統計上では年収500万円でも平均以下という事になります。

女性の場合

女性の場合は、平成30年の平均年収は293万円となっています。平成29年では平均年収は287万円となっています。したがって、年収500万円であれば統計上は高収入といえます。

年齢別の平均年収

日本国民の年齢別の平均年収は、厚生省の賃金構造基本統計調査によると、男性の場合は55〜59歳までが年齢が高くなるとともに、年収が上がることになります。ですので、20代や30代で年収500万円を超えるようであれば高収入といえるでしょう。

女性の場合では、年齢による違いは男性ほど大きくないです。ですので、女の時はどの年代においても年収500万円あれば高収入といえます。

地域別の平均年収

日本の地域別の平均年収は厚生省の賃金構造基本統計調査によると、東京や大阪などの賃金の高い都会では年収500万円は高収入とはいえないですが、宮崎や秋田などの賃金の低い地方では年収500万円あれば高収入といえます。

高収入の基準とは

高収入の基準は人によりますが、20代や30代ではお金を持っている人や、裕福な暮らしを味わっている人を高収入と思っている人が多いです。

一方、50代や60代では高収入ではなくとも、精神的にゆとりのある人や、有意義に人生を満喫している人を羨んでいる傾向にあります。

このように年代によっても裕福な暮らしの基準は違ってきますが、暮らしや精神的にゆとりがあれば高収入でなくても裕福といえます。

年収500万円が高収入じゃないのは何故?

手取り額をみると案外高収入でもない

年収500万円あればゆとりがある生活が可能なと思われがちですが、手取り額をみるとそうとはいいきれません。月収40万円を超えると、年収は500万円を超えるとみられますが、そこから社会保険料、住民税、所得税が引かれます。

そうすると、手取り額は約30万円となります。独身であれば、住んでいる地域にもよりますが手取り額が30万円でもゆとりを持って日々を過ごす事ができます。しかし、都会などの物価が高い地域ならば、家賃で9万円〜10万円くらいするので、そこまで暮らしにゆとりはないかもしれません。

家族がいる時は、手取り額30万円は暮らしにゆとりがなくなってきます。都会などの物価が高い地域であればファミリー向けのアパートやマンションの家賃は、独身の時の時よりも高くなります。また、持ち家などを持っていると苦しくなるかもしれません。

生活レベルによっても変わる

年収500万円が高収入でないのは、生活レベルによっても変わるといことがいえます。独身、配偶者がいる、配偶者と子共がいる場合などにより、高収入かどうか変わります。独身であれば預金するゆとりもありますが、配偶者と子供がいるのであれば生活に余裕はない可能性があります。

まとめ

年収500万円と聞くと一見高収入に思えます。しかし、高収入かどうかは環境によっても変わります。

都心などの物価の高い地域に住んでいれば、年収500万円では高収入とはいえないかもしれません。しかし、地方の物価の安い地域に住んでいれば、年収500万円でも十分に高収入といえます。

また独身かそうでないかによっても変わります。独身であれば年収500万円でゆとりのある生活が可能でしょう。しかし、配偶者と子供がいる場合はゆとりのある生活ができない可能性も高いです。

大切なのは年収500万円という数字に固執することなく、自分がどのような環境でどのように暮らしていきたいのかということを考えることです。

Posts Tagged with…