労働環境

年収500万円は高収入?独身の場合は裕福な暮らしができるのか?

労働環境

年収500万円で独身と聞くと、適度に裕福な暮らしを送る事ができ、高収入という印象があります。

しかし、女性や中小企業で年収500万円貰う事は簡単ではありません。

今回は年収500万円は高収入なのかそうでないのか、その要因も解説しています。

年収500万円は実のところは高収入じゃない

年収500万円でも、税金や社会保険で引かれると手取りは30万円を切る事になります。

独身かそうでないかにもよりますが、都会や首都圏で生活していると、物価も高いので暮らしは決してゆとりがあるとはいえません。

年収500万円の統計上の立場

年収500万円と聞くと高収入の部類に入るのか気に掛かる方もいると考えます。

ここでは統計上、年収500万円が高収入なのかみていきます。

年収500万円を貰っている人の比率

日本国民の平均年収は、国税庁の民間給与実態統計調査・給与階級別の数字からみることができます。

過去5年間の平均給与は総合的にみると、いずれも年収500万円以下となっています。

この結果からみれば年収500万円は平均以上の年収なので高収入といえます。

男性の場合

男性の場合では、平成30年の平均年収は545万円となっています。

平成29年も平均年収は531万円です。したがって、統計上では年収500万円でも平均以下という事になります。

女性の場合

女性の場合は、平成30年の平均年収は293万円となっています。

平成29年では平均年収は287万円となっています。

したがって、年収500万円であれば統計上は高収入といえます。

年齢別の平均年収

日本国民の年齢別の平均年収は、厚生省の賃金構造基本統計調査によると、男性の場合は55〜59歳までが年齢が高くなるとともに、年収が上がることになります。

ですので、20代や30代で年収500万円を超えるようであれば高収入といえるでしょう。

女性の場合では、年齢による違いは男性ほど大きくないです。

ですので、女の時はどの年代においても年収500万円あれば高収入といえます。

地域別の平均年収

日本の地域別の平均年収は厚生省の賃金構造基本統計調査によると、東京や大阪などの賃金の高い都会では年収500万円は高収入とはいえないですが、宮崎や秋田などの賃金の低い地方では年収500万円あれば高収入といえます。

高収入の基準とは

高収入の基準は人によりますが、20代や30代ではお金を持っている人や、裕福な暮らしを味わっている人を高収入と思っている人が多いです。

一方、50代や60代では高収入ではなくとも、精神的にゆとりのある人や、有意義に人生を満喫している人を羨んでいる傾向にあります。

このように年代によっても裕福な暮らしの基準は違ってきますが、暮らしや精神的にゆとりがあれば高収入でなくても裕福といえます。

また、年収を表す言葉に「年収偏差値」というものがあります。

自身の年収偏差値が気になる方は下記の記事をご覧ください。

年収500万円が高収入じゃないのは何故?

手取り額をみると案外高収入でもない

年収500万円あればゆとりがある生活が可能なと思われがちですが、手取り額をみるとそうとはいいきれません。

月収40万円を超えると、年収は500万円を超えるとみられますが、そこから社会保険料、住民税、所得税が引かれます。

そうすると、手取り額は約30万円となります。

独身であれば、住んでいる地域にもよりますが手取り額が30万円でもゆとりを持って日々を過ごす事ができます。

しかし、都会などの物価が高い地域ならば、家賃で9万円〜10万円くらいするので、そこまで暮らしにゆとりはないかもしれません。

家族がいる時は、手取り額30万円は暮らしにゆとりがなくなってきます。

都会などの物価が高い地域であればファミリー向けのアパートやマンションの家賃は、独身の時の時よりも高くなります。

また、持ち家などを持っていると苦しくなるかもしれません。

生活レベルによっても変わる

年収500万円が高収入でないのは、生活レベルによっても変わるといことがいえます。

独身、配偶者がいる、配偶者と子共がいる場合などにより、高収入かどうか変わります。

独身であれば預金するゆとりもありますが、配偶者と子供がいるのであれば生活に余裕はない可能性があります。

年収500万円を稼げる職業

年収500万円稼ぐには、どのような職業に就けばよいのでしょうか?

ここでは、年収が500万円以上稼ぐ事の可能な職業をみていきます。 

総合商社やメーカーや金融や不動産業界

総合商社やメーカーの会社は平均給与が高く、年齢が上がれば年収500万円以上稼ぐ事ができます。

他にも、金融業界や不動産業界の営業はインセンティブが付く時があるので、業績によっては年収500万円以上稼ぐ事ができます。

女性でも年収500万円を稼げる職業

女性の場合は薬剤師、看護師、システムエンジニアなどは年齢や実績により年収500万円以上稼ぐ事ができます。

そして、生命保険や不動産法人の営業などはインセンティブが付く時が多々あるので、業績によっては年収500万円以上稼ぐ事ができます。

20代でも年収500万円を稼げる職業

20代で年収500万円以上稼ぐのはハードルが上がりますが、大会社の正社員や薬剤師、金融業界や不動産業界などのインセンティブが貰える営業は年収500万円以上貰える確率があります。

20代で年収500万円稼ぐには、経験よりも実力が評価される職業の方が見込みが高いです。

年収500万円以上稼げる業界

年収500万円以上稼ぎたい人にイチ押しの業界は、金融業界や不動産業界、薬剤師などの専門的な国家資格を持つ業界などがあります。



各業界の年収事情が知りたい方は、下記の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。



また、年収500万円以上稼ぐために必須な事は、実力が認められる業界に入る事や、高度な専門的な知識を取れるような努力する姿勢が必要です。

『GoTo年収1000万』というサイトでは、年収1000万円を実現するためのさまざまな視点での情報発信をしています。

高収入に方へのインタビューや年収1000万円を実現するためのキャリアステップなど、年収500万円以上稼ぐための情報が多く掲載されています。

興味のある方はぜひ、ご覧ください。

年収500万円以上稼ぎたい方におすすめの求人サイト

求人サイトによっては、企業からのオファーや転職エージェントから求人を紹介してもらうことも可能です。

ここでは、年収500万円稼ぎたい方におすすめの求人サイトをご紹介します。

年収500万円以上稼ぎたい就活は 「OfferBox」 がおすすめ

年収500万円稼ぎたい就活は「OfferBox」への登録がおすすめです。

登録するだけで企業からオファーが来るので、効率的な就活をすることができます。

登録がまだの方は早めに登録して、企業への内定を勝ち取りましょう。

「OfferBox」の詳細はこちらから

年収500万円以上の転職を目指すなら「パソナキャリア」 がおすすめ

「パソナキャリア」は転職実績も豊富で、転職エージェントが最後までしっかりとサポートしてくれます。

大企業の求人数も多く、高条件・高待遇の案件も多数掲載されています。

親切で丁寧なサポートに定評がある「パソナキャリア」に登録して転職を成功させましょう。

まとめ

年収500万円と聞くと一見高収入に思えます。しかし、高収入かどうかは環境によっても変わります。

都心などの物価の高い地域に住んでいれば、年収500万円では高収入とはいえないかもしれません。

しかし、地方の物価の安い地域に住んでいれば、年収500万円でも十分に高収入といえます。

また独身かそうでないかによっても変わります。独身であれば年収500万円でゆとりのある生活が可能でしょう。

しかし、配偶者と子供がいる場合はゆとりのある生活ができない可能性も高いです。

大切なのは年収500万円という数字に固執することなく、自分がどのような環境でどのように暮らしていきたいのかということを考えることです。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました