企業・業界研究

営業職は美人が有利?顔が良くなくても契約を取る方法を解説!

企業・業界研究

営業職は見た目が重要で美人の方が有利だと言われています。

顔が良くなくければ契約は取れないのでしょうか?

この記事では、お客様は営業マンのどこを見ているのか、美人でなくても、営業を有利に進めていく方法を紹介していきます。

営業では美人の方が有利!

営業において美人が有利なのは間違いありません。

やはり取引先も人間なので、どうしても感情が表に出てしまいます。

契約相手が美人であれば、契約をしたい気持ちにもなるでしょう。

しかし、美人だからといって必ずしも契約を取れるとは限りません。

営業マンが見られている部分はどの部分なのでしょうか?

次の見出しにて詳しく解説していきます。

営業が見られているのはどの部分?

営業が見られているのはどの部分なのでしょうか?

ここでは、詳しく解説していきます。

営業は多くの人に自分からアプローチしていく仕事なので、第一印象が重要になります。

第一印象では、外見や態度などの言語以外の要素が重要視されやすいと言われていますが、

メラビアンの法則をご存知でしょうか。

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンの研究によって発表された法則で、人に好印象を与える極意として知られています。

この法則は、人間は他人とコミュニケーションをと取るときに、言語7%聴覚38%視覚55%の割合で様々な影響を与えているというものになります。

なんと、話す声やトーンよりも視覚情報である顔からの影響のほうが強いのです。

服装

服装も他人に与える影響を左右する大切な要素で、トップセールスマンは服装の細かいところにまで気を遣い戦略をたてています。

例えば男性のスーツのネクタイの色で、赤色は購買意欲を高める色なので、赤色のネクタイを好んでいる営業マンは多いです。

ですがあまり派手でお洒落すぎるのはNGです。

お洒落よりも信頼を意識した外見を心がけましょう。

特にトップセールスマンが意識しているポイントは以下になります。

  • 全体的に清潔感があるか
  • 肌や髪の清潔感
  • 艶感のあるスーツ
  • 靴が汚れていないか
  • 鞄の状態はいいか

体系

体型はその人の日々の生活や、自己管理能力を表しているといっても過言ではないでしょう。

太っていると、だらしなさそうな人だなと思われがちですが、適度に引き締まっていると

仕事ができそうだという印象をもたれます。

さらに営業という仕事は外回りが多いので、筋肉があり体力あるほうが有利です。

仕事のできる営業マンはやはり、日ごろから食生活に気を遣い、体を鍛え、健康管理を

しっかりとしている人が多いようです。

髪型

髪型もまた視覚情報の中に含まれる一つの要素であるいえます。

不潔な髪型の営業マンの話を聞きたいと思うでしょうか。

適切な髪の「長さ」「色」「清潔感」を意識しましょう。

髪の長さは以下のようになります。

  • 前髪が目にかかっていないか
  • 耳は髪でかくれていないか
  • 襟足は長すぎないか

適切な髪の色はなるべく黒髪か、自然な茶髪がよいでしょう。

髪の清潔感は以下のようになります。

  • フケがありスーツなどに落ちていないか
  • 脂でぎとぎとではないか
  • 臭いもしてないか

女性の営業は目の印象が大切

女性の営業マンは特に見た目の印象が重要で、見た目が好印象であるとお客様からセールストークを聞き入れてもらいやすいです。

まずは見た目をよくして、信頼されるような営業マンを目指しましょう。

特に目元は、相手に与える印象を大きく左右する重要な役割があり、アイメイクを少し変えるだけで印象もかなり変わってきます。

薄くて印象のない目元だと、あまり説得力を感じてもらえなかったり、逆に濃すぎる目元だと、引かれてしまう可能性があります。

なので、薄すぎず濃すぎない丁度よいアイメイクを心がけていきましょう。

女性の営業が目の印象を強める方法

目の印象を強めるために様々な方法がありますが、今回は特にまつ毛と眉毛のケアについて具体的に紹介していきたいと思います。

まつ毛をケアする

まず一つ目はまつ毛をケアしていくことです。

まつ毛が濃くしっかりとしていると、目が華やかになり印象を強めることにもつながります。

まつ毛をしっかりと濃くしていくためには、まつ毛美容液を使うとよいでしょう。

美容液を使用することにより、普段のダメージから守ってくれたり、まつ毛にハリやコシを与え濃くて長い印象的な目元に導いてくれます。

私自身も普段まつ毛美容液は使用していますが、実際にまつ毛にハリが出ましたし、まつ毛カールの持続力も上がりました。

眉毛ケアをケアする

二つ目は眉毛をケアしていくことです。

眉毛は顔の印象を左右する大事なパーツとなります。

まずは理想的な眉毛を知りカットしていき、眉メイクで整えていきましょう。

カットのコツは、

  • 眉頭は小鼻の付け根の延長線上
  • 眉山は鼻の中心から黒目の中央を通った直線上
  • 眉尻は下唇の中央から目尻を結んだ線上

にそれぞれそろえていきましょう。

その他の目力アップ方法

まつ毛や眉毛ケアをする以外にも、目力をアップさせる方法は様々あります。

一番簡単な方法は、アイシャドウやアイライナーなどアイメイクをしっかりとしていくことです。

また、ドライアイや目の下にクマがあると、目の印象がつかれた印象になってしまうので

マッサージや目薬で改善させていくとよいでしょう。

美人でなくても営業を有利に進める方法は?

ここまで紹介してきたように、営業での見た目や外見は大切で美人であることに

越したことはありません。

ですが、美人でなかったとしても営業を有利に進めていく事は可能です。

自社の利益を優先しない

営業をしていく上で自社の利益を追求していくことは必要不可欠です。

ですがあからさまに、販売意欲を出し自社の利益を優先しすぎてしまうとお客様は、

こちらの話すら聞いてくれないでしょう。

特に初対面の時は、どんな人なのかを注意深く見られています。

まずは目の前の相手がどういう人で、何を望んでいるのかを理解し、信頼関係を

築いたうえで商品を紹介していくと話がスムーズに進みやすくなります。

相手の話をしっかり聞く

お客様は営業マンが来ると、商品を売りに来た思いまずは警戒してきます。

警戒心をもたれたまま、心を開いてもらえないと、相手のニーズもわからず商品を買ってもらう事も難しくなるでしょう。

まずは、信頼関係を築き、人として向き合っていくことが最初の一歩となります。

目の前にいる人が、どういう考え方を持っていて、何を必要としているのかを引き出し、そのうえで商品の必要性を訴えていきましょう。

資格を取る

営業は専門の資格をもっていなくてもできる職種ですが、実際の商談などの場では多くの知識や経験が必要とされます。

相手のニーズや悩みを引き出していくにもある程度の知識が必要です。

資格をとることで、それらの知識も増やしていくことができます。

お勧めなのは、販売士1級と消費生活アドバイザーという資格です。

販売士1級は、学ぶことにより消費者の心理やマーケティングの知識を身につけることができます。

消費生活アドバイザーの資格は、消費者からの要望や不満の声を聴くこと、消費者の生活相談を受けることも可能で、営業の場に必要なスキルを磨くことが可能です。

人間性で勝負する

人間性とは、その人の人間的な性質、容姿や体型といた外見ではなく

周囲への思いやりや気配り、愛情などの内面を意味しています。

人間性が高い人からは、愛情や思いやりを感じ気配りもできるので、周囲の人から好かれる傾向にあります。

営業の場では特にそのような人間性が試されることが多く、お客様は最終的にはこの人から

商品を買いたいのかどうかを考えています。

  • 相手の立場にたって考える事
  • 小さなことにも感謝する
  • 相手に尊敬の念をもって接する

ということで人間性を高めていくことができます、

相手にメリットを与える

営業を有利に進めていくためには、自社の利益よりも相手にメリットを与えていけるかどうかが重要になってきます。

例えば、家電屋さんで、ある一つの洗濯機を見ている人に対して、その商品の良さや知識を一方的に話すだけでは商品は売れないでしょう。

目のまえの商品が相手にどういうメリットがあるのか、まず相手の事を知る必要があります。

相手の目的を知り、メリットを伝えてあげることができれば、お客様からも信頼され、営業も有利に進めていくことができるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

営業マンは思っていたよりも、外見を見られています。

この記事で紹介しましたように、特に目元は程よく強い方が相手の印象にも残ります。

ですが外見が全てではなく、人間性も試されている職業でもありますので、人間性も同時に高めていけるとよりいいですね。

タイトルとURLをコピーしました