就活・転職情報

仕事に飽きたら転職してもいい?20代なら辞めてもなんとかなる!

就活・転職情報

どんなに頑張って手に入れた仕事でも、つまらなく感じてしまうことはありますよね?

「正直、仕事つまらないなあ…」と思ってしまった方!

この記事では、そんな方に向けて「仕事に飽きたと感じてしまう時」や「仕事に飽きたら辞めてもいい?転職のポイントは?」といった内容について解説します。

仕事に飽きたと感じる時

皆さんが「仕事に飽きた…」と感じてしまうのは、どんな瞬間でしょうか?

ミスをしてしまった時や、ワクワクした気持ちを失った時など、人によってタイミングは様々です。

ここでは、一般的に「仕事がつまらない!」と感じてしまいやすい瞬間について見ていきましょう。

他の仕事に魅力を感じる

まず挙げられるのが、「あっちの仕事の方が楽しそうだな…」と思ってしまった時です。

他の人の仕事の方が楽しそうに見えると、自分の仕事へのモチベーションを失ってしまいますよね。

自分の仕事に魅力を感じられないということは、今の働き方を見直すタイミングかもしれません。

単純作業がつまらない

どんなに願って手に入れた仕事でも、毎日同じことを繰り返しているとつまらなくなるものです。

「単純作業だな…」と、うんざりしてしまう方もいるでしょう。

入社から数年が経ち、一通りの業務をこなせるようになると、「慣れ」が「飽き」に変わってしまうことがあるのです。

業務でミスや問題が多い

また、ミスや問題が多いと「もう仕事したくない!」と投げやりになってしまうことがあります。

何か失敗をしてしまって上司に怒られたり、取引先から苦情を受けたりすると、職場に行くのも憂鬱になってしまいますよね。

成長を実感できない

成長を実感できなくなると、自分の仕事に愛着も持てません。

自分がいくら頑張っても、褒めてくれる人がおらず、目に見えるかたちで成果が現れないと、モチベーションを維持することも難しくなります。

「この仕事に向いていないのかも」と、諦めの気持ちが沸いてしまっても、無理はありません。

刺激がない

「今の仕事に刺激を感じない」と一度感じてしまうと、急にやる気を失ってしまうことがあります。

毎日同じことの繰り返しで、来年や再来年の自分の姿が見えてしまうと、ワクワクした気持ちで仕事に取り組めません。

将来の予測ができてしまう生活とは、想像以上に「飽き」を生み出しやすい生活なのです。

仕事に飽きたらどうしたらいい?

「仕事を頑張りたいのに、飽きてしまった」

このような場合には、何か小さな変化を自分で作り出すことが必要です。

ここでは、「今日からできる対処法」についてご紹介していきます。

新しいことにチャレンジする

仕事内でもプライベートでも、何かひとつ新しいことに挑戦してみましょう。

「いつも1時間かかることを、40分で終わらせよう」や、「会議で、いつもより多く発言してみよう」など、自分に目標を与えてみてください。

また、ランニングやヨガを初めてみたり、新しく習い事をしてみることもオススメです。

新たな挑戦が、毎日の暮らしにちょっとした冒険を与えてくれるのです。

生活習慣を変えてみる

ガラリと生活習慣を変えてみることも、対処法のひとつです。

夜型の人は、思い切って朝早く起きてみてはどうでしょう?

電車通勤だった人は、隣町まで歩いて通ってみてはどうですか?

日常に、「いつもと違う」という非日常を作り出すことで、思いもよらぬワクワクが見つかるかもしれません。

定期的に休憩を取る

仕事に飽きてしまった方は、頑張りすぎてしまっていることがあります。

毎日、仕事のことしか考えない暮らしになっていませんか?

そんな方は、定期的に意識して休憩をとってみましょう。

心身ともにリフレッシュすると、すっきりした気持ちで仕事に向き合えるようになりますよ。

仕事に飽きたら辞めてもいい?

様々な対処法を試しても「やっぱり飽きたな」と思ってしまったら、これ以上今の仕事を続けるのは苦痛ですよね。

もっと魅力的な仕事に転職したいと思っても、周りの目を気にして踏み出せずにいる方もいるでしょう。

ここからは、「仕事に飽きたら辞めてもいい?」という疑問に関して考えていきます。

「石の上にも三年」は古い

「石の上にも三年!」という言葉は、社会人になるとよく耳にしますよね。

しかし、この考え方は、はっきりいってもう古いです。

時代は目にも留まらぬ速さで移り変わっていきます。

それと同時に、仕事の価値も、人々の生き方も、どんどん変わっているのです。

つまらないと感じた仕事に、罪悪感から止まり続ける時間はありません。

「変わりたい」と感じたその時が、変わり時です。

20代なら辞めても何とかなる

また、20代の方であれば、例え今の仕事を辞めたとしても、何とかなることが多いです。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉があるように、やりたいことが定まらなくても、若いうちであれば何度でも再出発ができます。

20代に色々な体験をすることで、その後の人生に様々な試練があったとしても、経験があなたを救ってくれるのです。

30代以降は慎重に

一方で、30代を過ぎた場合の転職は慎重に行う必要があります。

なぜなら、20代の時には「持っているとすごい!」と思われた経験やスキルが、30代を過ぎると「持っていて当たり前」と見なされるようになるからです。

社会からの期待値が高くなるため、30代でジョブチェンジをする場合は、勢いではなく、検討を重ねてから決断しましょう。

仕事に飽きたら転職も視野に入れよう

仕事に飽きてしまったら、思い切って「転職」することも視野に入れましょう。

何事も、楽しいと思えないと長続きしませんし、最大限の力を発揮することもできません。

ここからは、転職という選択肢を選ぶ場合のポイントをご紹介します。

飽きない仕事を見極めよう

1番大切なのは「飽きない仕事を選ぶこと」です。

今の仕事に飽きて転職するのなら、同じことを繰り返したくはないはず。

また、せっかく勇気を出して新しい仕事を始めるのですから、少しでも長続きすることを選びたいものです。

自分が何をしたいのか真剣に考えることも必要

飽きない仕事を見つけるためには、自分の興味が向いている方向を、しっかり知っている必要があります。

自分ができることを探すのは、もちろん大切です。

しかし、「できる」以上に、「やりたい」という気持ちを感じられる仕事であるかを見極めましょう。

転職エージェントを活用して失敗のない転職を!

「どうやって見極めたらいいのかわからない…」と悩んでしまう方は、転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントは、職選びから履歴書の書き方、面接対策まで、転職のプロが一緒にサポートしてくれるサービスです。

後悔のない転職活動を行うために、ぜひ利用してください!

仕事に飽きた人が転職するためのチェックポイント

「仕事に飽きたけれど、転職していいのかわからない」と、立ち止まってしまう人もいるでしょう。

今の仕事を辞めるという決断をするのは、簡単ではないですよね。

ここからは、転職するかどうかを決めかねている方に向けて、「仕事に飽きた人が転職するためのチェックポイント」をご紹介していきます。

今の仕事から逃げたい

「今の仕事が嫌だ!逃げたい!」

そう思っている方は、勇気を出して転職することをオススメします。

生活のためにと思っても、やりたくないことを続けると、心身ともに壊れてしまう原因になります。

今の仕事が嫌でたまらないなら、その場に居続ける理由はありません。

思い切って、転職への一歩を踏み出してみてください。

職場、もしくは仕事内容に飽きている

今の職場、もしくは仕事内容に飽きている方にも、転職をオススメします。

先述したように、一度飽きてしまった仕事は、続けていくと辛いものに変わっていきます。

「今の生活に刺激がない」と感じているのなら、新しい世界に飛び込んでみましょう。

今の仕事に就いて3年以上経っている

また、今の職に就いて3年以上経っている場合も、転職をするタイミングとして見ることができます。

社会的には、今でも「とりあえず3年は仕事を続けてみる」という価値観が一部で残っています。

逆に言うと、3年続けることができた人は、次のステップへ進むことを受け入れられやすいのです。

新しいことにチャレンジしたい

「新しいことにチャレンジしたい」

この気持ちを純粋に抱いたなら、ぜひチャレンジしてください。

社会的地位や評価を気にしていては、掴めないものが人生にはたくさんあります。

挑戦したいと思った時が、挑戦するべき時なのです。

迷わず、自信を持って一歩を踏み出しましょう。

今の仕事では成長できない

「今の仕事を続けていても、成長できないな…」

心の中でそう気づいてしまった時は、転職を考えるべきタイミングです。

毎日同じ業務をこなすことは、必要な作業だったとしても、それ以上の成長を与えてはくれません。

もっと成長したいと感じるのなら、転職を視野に入れてみましょう。

転職は経験値を高めることができる

転職という決断をするには、とても勇気が必要です。

しかし、転職したからこそ得られる経験値は、一生の財産になります。

今はどう活かせるのかわからない体験も、その後の人生できっと役に立つ瞬間が訪れます。

一歩を踏み出す勇気が、明日の自分を創っていくのです。

転職すると新しいことを吸収できる

転職すれば、必ず新しいことを吸収できます。

職を探す段階で、これまで知りもしなかった仕事や、ライフスタイルに触れる機会があるでしょう。

また、新しい仕事を始めれば、見たこともなかった世界に出逢うことができます。

新しい価値観を沢山吸収することで、人生がどんどん豊かなものになっていくのです。

他人よりも自分の意思を大事にしよう

一方、転職する過程で、色んな人々の生き方に触れると、誰に意見が正しいのかわからなくなってしまうことがあります。

そんな時は「1番尊重するべきは自分の意見である」ということを忘れないようにしましょう。

他人は、あなたの人生に責任を持つことも、あなたの人生を生きることもできません。

あなたの人生のあり方を決め、そのの人生を生きてゆくのは、あなた自身なのです。

自分のキャリアを見据えた転職をしよう

自分のキャリアを見据えた転職になるように心がけることも、とても大切です。

5年後、10年後、何をしていたいか。

未来をしっかり見据える勇気を持って、仕事を選びましょう。

点と点が、ある地点で繋がっていくことで、自分が目指していたことが実現していくのです。

まとめ

「今の仕事に飽きてしまった」と感じたら、自分から行動を起こしてみましょう。

日々の暮らしに、目標を作ってみたり、何かワクワクすることを見つけたりするとどうじに、転職という選択肢を作ることもできます。

自分の人生を面白くできるのは、自分だけです。

この記事が、「一歩踏み出してみたい」と思っている方の背中を押せていれば、嬉しいです。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました