企業・業界研究

ネットワークエンジニアの仕事内容や年収は?フリーランスでも活躍できる?

企業・業界研究

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク全般に関わるエンジニアのことです。

具体的には、コンピューターネットワークの構築や保守、管理を行う技術者を指します。

社内ネットワークシステムなどの構築や管理を担当するネットワークエンジニアは、ITエンジニアのなかでも、高年収と言われている職種です。

この記事では、ネットワークエンジニアの概要や仕事内容、将来性をご紹介します。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容はどういったものでしょうか?

ここでは、ネットワークエンジニアの仕事内容について詳しく解説していきます。

ネットワークの設計を行う

クライアントはどのようなネットワークを求めているのかヒアリングをし、要件定義をして設計書を作ります。

要件定義書にまとめられた内容をもとに、ネットワークシステムを構成する技術や機器の種類・数、導入事例などを参考にしながら、ネットワークを形にするための設計を行います。

ネットワークの構築を行う

構築段階では、実際の作業に入る前のスケジュール策定と作業内容計画からスタートします。

そのうえで、ネットワーク機器の設置や配線、ソフトウェアのインストール作業および各種設定作業などを進めていきます。

多くの拠点を結ぶネットワークを構築する場合は、数ヶ月を要することもあります。

構築後はテストも行います。

ネットワークの運用を行う

導入したネットワークシステムにおけるネットワーク機器に設定変更の必要性が生じた場合は設定変更を行います。

また情報収集を行い分析をして、報告や改善策の提示などの業務があります。

他にも、ランプや異音などの実機の目視確認や、保守契約の確認などもネットワーク運用の仕事です。

ネットワークの保守を行う

障害発生を未然に防ぎ、継続的にネットワークが利用できるよう事前に対応する業務を言います。

円滑に業務を行うためには、ネットワーク保守業務がかかせません。

具体的には、契約内容の見直しを含むネットワークサービスの契約更新や、ネットワーク機器のソフトウェアアップデートなどがあります。

ネットワークエンジニアを雇う場合の年収

ネットワークの構築や運用、保守の仕事をしてくれる技術職ですが、年収が気になりますよね。

そもそもネットワークエンジニアは年収が相対的に高い傾向にあります。

ネットワークエンジニアを育成することが非常に難しいことと、現在の需要過多による「売り手市場」によって人材が不足しているためです。

ここでは、ネットワークエンジニアの平均年収や給料を、年代別や経験の有無などの切り口で紹介します。

ネットワークエンジニアの平均年収は約450万円

ネットワークエンジニアの平均年収は450万円です。

全国の全体平均は409万であることを考えると、高収入と言えます。

ここからは、年代や勤務先、形態別での具体的な年収を見ていきましょう。

年代別ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの年収は、経験や年代によって大きく異なります。

20代前半は、全国平均とほぼ同じ350万円程度です。

20代後半になると400万円になることが多いようです。

30代前半は、500万円代が見込めるでしょう。

マネジメントレイヤーとしての活躍が増えるなどの理由により年収があがります。

40代は600万円代が見込めます。

ネットワーク設計などの仕事も増加し、全国的な40代の年収が500万円であることを考えても魅力的な年収と言えるでしょう。

勤務先別ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの年収は、どのような企業に務めるかによって異なります。

ICTやIT関連の市場が拡大する中で、大手のIT企業の数も拡大を続けています。

ネットワークエンジニアの勤め先は、大きく分けて日系大手企業、日系中小企業、外資系企業があります。

大手企業の平均年収は750万程度ある上、ボーナスが多いというメリットもあります。

中小企業は大手企業に比べて年収が低い印象があります。

しかし中小企業は数も多く、急激な拡大・成長を遂げているものも多いです。

いずれにせよ、企業によって年収が異なると言えます。

外資系企業では、年収を800万円を超えるところもあります。

企業によって差はあるものの、大企業を超える場合もあります。

形態別ネットワークエンジニアの年収

雇用の形態によっても年収は異なってきます。

正社員の大きなメリットは保険料が折半になることや、福利厚生の恩恵を受けられることが挙げられます。

ただし、正社員だからと言って一概に年収が高いとは言えず、勤め先によって異なるでしょう。

契約社員は、募集している求人によって異なりますが、年収は400万円にまでのぼることもあります。

一般的な契約社員と比べれば高給と言えるでしょう。

フリーランスのネットワークエンジニアの単価相場

フリーランスとして独立した場合、ネットワークエンジニアの単価相場が気になりますよね。

ここからは設計、構築、保守・運用といった項目ごとの相場を見ていきましょう。

設計の単価相場

ネットワークエンジニアの設計の業務は、クライアントが求めるネットワークをヒアリングし、要件定義をして設計書を作ることです。

報酬単価は経験などによっても変わる場合がほとんどです。

単価相場は60万~70万円です。

構築の単価相場

ネットワークエンジニアの構築業務は、実際の作業に入る前のスケジュール策定と作業内容の計画からスタートします。

報酬の相場は50万~60万円です。

ただし、大規模な構築業務の場合、さらに高い値段がつく場合もあります。

運用・保守の単価相場

ネットワークエンジニアの主な運用業務は、ネットワーク機器に設定変更の必要性が生じた場合は設定変更を行うことです。

また情報収集を行い分析をして、報告や改善策の提示なども行うことが期待されています。

保守の業務は、障害発生を未然に防ぎ、継続的にネットワークが利用できるよう事前に対応する業務のことです。

トラブルが起きてしまった場合に対処してもらうため、高めに設定をしている企業も多いようです。

単価の相場は40万円~50万円です。

ネットワークエンジニアの将来性

最近では、新規ネットワーク設計・構築を行う案件が少なくなっているため、ネットワークエンジニアの仕事は保守・監視・運用が中心です。 

ここでは、ネットワークエンジニアの将来性について紹介します。

ネットワークエンジニアはこの先需要が大きい

リモートワークが推進される中で、ネットワークのインフラ整備は企業にとってのライフラインとなっています。

現に、サイトのセキュリティ強化や、通信量増大の影響を受けずにインターネットの速度を維持するなど、常に新たな仕事が生まれています。

ネットワークエンジニアとしての仕事は、今後もなくならないと考えて良いでしょう。

クラウド技術の発展により重要視されている

クラウドを使用したネットワーク構築のニーズが増加しています。

そのため、今までのサーバーとは違った形での仕事内容が増えるでしょう。

クラウドを使用したネットワーク構築や保守・運用ができるネットワークエンジニアは将来的にも安定して活躍できるかと思います。

ネットワークエンジニアは様々な業界で活躍

企業のセキュリティを強化できるエンジニアは年々需要が高まっています。

ネットワークの利用は拡大していくと予想されているため、需要は高まっていくと考えられます。

ネットワークエンジニアでフリーランスになる際に登録しておくべきサイト

ネットワークエンジニアでフリーランスになる際、どこで情報収集をすれば良いか迷ってしまうこともありますよね。

ここからは、おすすめの求人サイトをご紹介します。

初めてのフリーランスなら「join」

フリーランスを目指していたり、なりたての人には特におすすめのエージェントです。

専任カウンセラーが、個人事業の開業手続き・確定申告・税務周りの準備などをしてくれます。

多数の案件を保有しており、エンジニア・デザイナー・ディレクターなど幅広い人が活躍可能です。

エージェントがキャリアプランに合わせた案件を、納得するまで話して紹介するので安心です。

フリーランスになるなら 【join】から!

エンジニア超第一主義「IT求人ナビ フリーランス」

最大規模のフリーエンジニア案件数を誇る「ITナビ フリーランス」。

札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡の全国7拠点で展開しています。

キャリアコンサルティングも充実しており、新しいキャリアパスの発見もできます。

エンジニア「超」第一主義というだけあって、フリーエンジニアに対する理解が深い印象があります。

働きやすく高単価なIT案件探しのサポートをします

サブとして登録しておきたい「テックビズフリーランス」

こちらも幅広い案件を提案してくれるエージェントになります。

その中でもWEB系やスマホ系の案件に強いです。

正直、上二つが凄すぎるところもあり霞んでしまっていますががこちらも良質なサービスを提供しているエージェントです。

ITフリーランスにもっとも寄り添えるエージェントとして、積極的に案件を紹介してくれます。

「色々な案件から仕事を探したい!」

このような方にはおすすめのエージェントです。

上3つのサブ的なポジションとして活用するのはいかがでしょうか。

継続率90%超!【テックビズフリーランス】

まとめ

インターネットの利用やリモートワークの推進にともない、ネットワークの拡大が進んでいる昨今、ネットワークエンジニアの需要も高まっています。

今後の将来性を考えても、ネットワークエンジニアは成長が見込める市場と言えます。

また、フリーランスなどの働き方もできるため、自分で仕事や働く場所を選ぶこともできます。

タイトルとURLをコピーしました