労働環境

職場でいじめを受ける人の特徴5つ!いざというときは退職代行を使うのもあり?

労働環境

【本記事の内容】

  • 職場いじめの事例5選
  • 職場いじめの加害者の感情とは?
  • 職場いじめを受ける人の5つの特徴
  • 職場いじめから脱出するたった1つの方法

【解決できる疑問】

  • 職場でのいじめがひどくてやめようか悩んでいる
  • いじめの加害者はなぜいじめをするのかわからない
  • 自分で退職届を出すのは不安だから退職代行に頼みたい

近年、職場でいじめを受けていて、どうすることもできずに泣き寝入りする人は少なくありません。

しかし、職場でのいじめはなくならないといっても過言ではありません。

なぜなら、加害者はいじめをしているという認識がなく、自分が加害者だと思っているからです。

この記事では、職場でのいじめに悩んでいる方向けに、職場いじめの事例5選に加え、職場いじめから脱出するたった1つの方法について解説します。

職場のいじめに耐えられないという方は決して1人で悩まず、本記事を読んで解決しましょう。

職場いじめの事例5選

職場でのいじめは加害者の意思が変わらない限り、なくなることはありません。
そして、職場となると毎日行かなくてはならないですし、容易に休むこともできず辛いですよね。

解決しようと相談をしたとしても完全に関係を取り戻すのはかなり難しいです。

では、職場いじめとは具体的にどのような事例がいじめと呼ばれるのでしょうか?

  • 集団で無視、仲間はずれ
  • 無理な仕事を押し付けられる
  • 暴力や暴言、嫌みや陰口
  • 仕事の妨害、手柄の横取り
  • プライベートへの干渉

詳しく解説します。

集団で無視、仲間はずれ

1つ目は「無視や仲間はずれ」をされることです。

挨拶をしても無視されたり、上司や同僚が会話をしてくれないなどです。

加害者はあなたを精神的に孤立させ、苦痛を与えるためにいじめを行なっています。

このような行為は厚生労働省のパワーハラスメントの定義に当てはまります。

まさにこの通りで、加害者はあなたを孤立させ惨めな気持ちになるよう仕向けています。

この行為は立派ないじめとして法的に認められてます。

無理な仕事を押し付けられる

2つ目は「無理な仕事を押し付けられる」ことです。

加害者はあなたを少しでも疲労させるために無理な仕事を押し付けてきます。

  • 1日では絶対にできない仕事を押し付ける
  • 達成不可能なノルマを押し付ける
  • 就業間際に大量の仕事をお願いされる

このような行為はいじめです。

逆に仕事を与えられなかったり、プロジェクトから外されるのも同じです。

加害者はあなたを仕事から外して会社からの評価を下げようとしていると考えられます。

このような行為はどちらもあなたの評価を下げるためのいじめと言えます。

暴力や暴言、嫌みや陰口

3つ目は「暴力や暴言、嫌みや陰口」といったことです。

  • 殴られる、蹴られる
  • 怒鳴られる
  • ばか、無能などの暴言
  • 定時で上がったら陰口を言われる

このような直接的な攻撃はいじめの典型的な例です。

部下や同僚、上司などはあなたを下に見ている人は、軽々しく暴言や暴力をおこないます。

極力トラブルを避けたい被害者は、周りに相談することもできず我慢することを選び、日に日にいじめは酷くなるばかりです。

このような行為を受けた被害者は、精神的に参ってしまい、2度と社会に復帰できなくなる可能性も考えられます。

しかし、加害者はというと全くやめることはなくいじめはエスカレートしていきます。

暴力や暴言といったいじめは、かなり深刻な問題なので、事態が悪化する前に解決するのが望ましいです。

仕事の妨害、手柄の横取り

4つ目は「仕事の妨害、手柄の横取り」です。

加害者はいじめの対象とした人を徹底的にいじめます。

その過程の一つに仕事の妨害、手柄の横取りといった行為があります。

  • 上司から誤った指示を下されたのに、責任を取らされる
  • 深夜残業や徹夜を強要され、手柄だけ自分が取る

などといったいじめです。

仕事を妨害したり、手柄を横取りすることで加害者はあなたの会社からの評価を下げることが目的でしょう。

プライベートへの干渉

5つ目は「プライベートの干渉」です。

具体例としては、

  • 有給を取得したら執拗に理由を聞かれる
  • 休日も仕事に関する電話をかけてくる
  • 家族や恋人についてしつこく聞かれる

あなたのプライベートに必要以上に干渉してくる行為はいじめにあたります。

これは単なる嫌がらせですが、精神的に病んでしまい、病気にかかり退職せざるを得なくなることも考えられます。

このようにいじめについては色々な事例がありますが、一番大切なのは「早急に解決すること」です。

決して1人で悩まず、相談し一刻も早く解決することが大事です。

では、加害者はどのような目的や感情であなたをいじめるのでしょうか?

職場いじめの加害者の感情とは?

いじめを行なっている加害者の感情として考えられるのは以下の通りです。

  • 面白がってやっている
  • 会社を辞めさせたい
  • みんながやっているからやっている

詳しく解説します。

面白がってやっている

1つ目は「単純に面白いから」という感情です。

加害者はあなたの困っている姿、いじめられている姿を見て楽しんでいる可能性が考えられます。

学生時代もいませんでしたか?面白がっていじめをしている人が。

そのような感じで、会社になっても組織が大きくなっただけで加害者は消えません。

人の性格を変えることは非常に難しいことです。

いじめを辞めてもらおうとは考えず、あなたの環境を変えることを考えましょう。

会社を辞めさせたい

2つ目の理由は「会社を辞めさせたい」ということです。

加害者はあなたを会社から排除することを目的にいじめを行なっているかもしれません。

この場合、理由はわかりませんが、よっぽどあなたのことが嫌いなのでしょう。

まずは一刻も早く、身の回りの上司や同僚に相談してください。

いじめがエスカレートしていけば精神的に病んでしまい、加害者の思うツボです。

みんながやっているからやっている

3つ目は「みんなやってるから自分も」という理由です。

これは集団心理の法則と呼び、日本人によくある典型的な理由です。

日本人は多くの人がやっていると「自分も」となってしまいます。

この場合、加害者はいじめをしているという感覚があまりありません。

あくまでみんながやっているからやっているだけで、いじめではないと思っていることが多いです。

しかし、被害者からしたら立派ないじめですし、精神的に病んでしまい退職せざるを得ない状況になりかねません。

事態が深刻にならないうちに頼れる上司や同僚に相談することが重要です。

職場いじめを受ける人の5つの特徴

いじめは100%相手が悪い行為です。

職場のいじめや嫌がらせは人との関わりを持つ中であってはならないことです。

ただし、いじめられる原因を探ることによって問題が解決することがあるのも確かです。

では、いじめられる人はどのような共通点があるのでしょうか?

嫌がらせを受けやすい人の特徴は以下の通りです。

  • おとなしい
  • 自己主張が激しい
  • 遅刻、欠勤、サボりが多い
  • 指導やアドバイスに反抗的
  • ミスを繰り返してしまう

詳しく解説します。

おとなしい

1つ目は「おとなしい」ということです。

このタイプは周囲に合わせて行動することが多く、自分の意思をあまり持ってないのが特徴的です。

そうした自分を持ってないことを理由に、いじめや嫌がらせを受けることが多いです。

おとなしいタイプの方は、はっきりと嫌ということが言えない場合が多いですが、きちんということが大切です。

嫌なことは嫌と伝えましょう。

自己主張が激しい

2つ目は「自己主張が激しい」ということです。

このタイプはおとなしいとは逆で、自分に自信をもち、それを強く貫いている人でしょう。

自分の主張にこだわるあまり、他人の意見や考えを尊重しない場合が多いです。

その結果いじめられてしまうことがあります。

相手の話をよく聞き、人の意見にも耳を傾けることで解決できるかもしれません。

遅刻、欠勤、サボりが多い

3つ目は「遅刻、欠勤、サボりが多い」ということです。

このタイプの人は、ルールや常識に囚われていない人と言えます。

しかし、社会人として最低限のルールを守ことは当たり前です。

それが原因でいじめや嫌がらせを受けても自業自得としか言えません。

まずは最低限のマナーを守ることを意識しましょう。

指導やアドバイスに反抗的

4つ目は「指導やアドバイスに反抗的」ということです。

このタイプの人は、こだわりや信念を強く持っている、主体性が強い人とも言えます。

ただ、仕事においては、相手の指導やアドバイスを受け入れることも重要です。

職場の人たちに「頑固」「生意気」といったある異印象を与え、いじめや嫌がらせのきっかけを作ってしまう場合もあります。

素直な態度を示すことで、相手の態度も変わる場合があります。

ミスを繰り返してしまう

5つ目は「ミスを繰り返してしまう」ということです。

普段からミスを繰り返してしまう人は、大事な場面でも致命的なミスをしてしまう可能性があります。

周囲に迷惑をかけないようにチェックを念入りにして、ミスを防ぐ仕組みを整えるなどの対策で、いじめを防止できる可能性があります。

職場いじめから脱出するたった1つの方法

ここまで職場いじめの事例やいじめを受けやすい人の特徴などをご紹介しました。

では、職場いじめから脱出するためにはどうすればいいのでしょうか?
ズバリ、会社をやめるしかありません。

かなり大きな決断ですが、職場いじめを徹底的に解決するためにはこの方法しかありません。

しかし、やめるといっても理由を聞かれたり、問い詰められたりして退職届を出すことを考えただけで辛いですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが「退職代行」です。

退職代行とは?

退職代行とは、あなたの代わりに退職届を会社に提出してくれるサービスです。

2018年頃からサービスが普及し始め、テレビや雑誌などでも紹介され、今では当たり前のサービスとなりました。

メリット

  • 自分で言わなくていい
  • 会社を辞められないという状況を打破できる
  • 社員の顔をみずに退職できる

デメリット

  • 退職に費用がかかる

退職代行の費用は3〜5万円です。これを聞いて高いと感じるでしょうか?
いじめを受けた会社に行かなくとも、いじめをしてきた社員の顔を見なくても退職ができると考えただけで十分に価値があるのではないでしょうか?

退職をするためにわざわざ会社に行き、そこでもまた罵られながら退職をする。

そんなことを考えるだけで憂鬱になりますよね。

1人で抱え込まず、まずは退職代行サービスに相談することをおすすめします。

まとめ

今回は職場いじめの事例や職場いじめの加害者の感情、職場いじめを受ける人の特徴などについて解説しました。

いじめをしている加害者がいじめをやめることを望んでいるだけでは現状は変わりません。

現状を変えるためにはあなたが行動するしかありません。

まずは会社をやめる第一歩として、退職代行サービスに相談してみることをおすすめします。

あなたの味方は必ずいます。

タイトルとURLをコピーしました