フリーランス

フリーランスは無理?以外と自由に働けない?フリーランスの実態を解説!

フリーランス

最近、ライフスタイルの変化に伴い、フリーランスという働き方が人気になってきました。

「自分らしく自由に働ける!」というイメージが強いフリーランス。

しかし、実際に働き始めると、イメージと現実のギャップに苦しみ「こんなはずじゃなかった…」と感じてしまう人も多いのです。

この記事では、フリーランスの実態や失敗例について詳しく解説していきます。

フリーランスに自由を求めるのは無理?

「フリーランスになれば、自分のペースで自由に働ける!」とワクワクしている人も多いでしょう。

しかし、保証もなければ、責任をとってくれる上司もいないフリーランスは、いつもキラキラしているわけではありません。

フリーランスに憧れている人は、まず、フリーランスという働き方の「実態」を知っておきましょう。

「フリーランス最高」の情報に惑わされてはいけない

まず、大切なのは「フリーランス最高!」という美味しい情報に惑わされないことです。

フリーランスとして自分のペースを掴み、軌道に乗るまでは、どんな人も並々ならぬ努力をしています。

最初から仕事が見つかり、バリバリ働ける訳ではなく、試行錯誤を重ねて道を開かなければなりません。

ネットに溢れる「フリーランスは自由で楽!」と言った情報を、鵜呑みにしてはいけません。

フリーランスはクライアントに縛られる

「マイペースで仕事ができる」というイメージがあるフリーランスですが、自由がきかない部分も多く存在します。

フリーランス初心者の場合、クライアントから割りに合わない報酬で膨大な仕事を押し付けられることもあるのです。

また、会社勤めの時は他の部署がこなしてくれていた業務も、全て自分で請負わなければならず、プレッシャーもかかります。

フリーランスになったからと言って、全ての人が自由を満喫できる訳ではないのです。

フリーランスは1年目は失敗続き

「自分らしいライフスタイルで仕事をするぞ!」と決意し、フリーランスを目指す人は多いでしょう。

しかし、フリーランスになりたての1年目は、失敗がつきものです。

何もかもが初めての経験で、右も左も分からない状態のまま、クライアントと対等な関係を築くのは大変です。

サラリーマンとは違い、責任をとってくれる上司も、仕事をサポートしてくれる部下もいません。

選択権が自分にある以上、全ての責任が自分にあります。

だからこそ、大きなプレッシャーを感じ、自分に自信を持てなくなってしまう人も多いのです。

しかし、失敗がなければ、成長はありません。

ミスをしなければ、どんなスキルを磨いていくべきかも見えてきません。

「フリーランスになろう」と決断する勇気があるのなら、失敗を乗り越える度胸もあるはずです。

「1年目は失敗して当たり前!」という強い心を持ち続けることが大切なのです。

失敗するフリーランスの特徴10個

ここからは、「失敗するフリーランスの特徴」について10つ解説していきます。

フリーランスとして成功するためには、どのような点に注意しなければならないのでしょうか。

「危険な思い込み」や「足りないと困るスキル」、また「してはいけない行動」を、1つずつ見ていきましょう。

フリーランスは自由で楽な仕事だと思っている

フリーランスは自由で楽だと思い込んでいる方は、注意が必要です。

フリーランスは、自分で努力や工夫をしない限り、あなたを自由にはしてくれません。

自分の力でクライアントを獲得し、仕事を作り出す必要があるフリーランスには、意思決定力や主体性が求められます。

あなた自身が積極的に行動を起こすことで、フリーランスとしての生活が実りあるものになっていくのです。

断れずに仕事を引き受けすぎてしまう

収入の安定性に欠けやすいフリーランスですが、断れずに大量の仕事を引き受けてしまうと、失敗に繋がります。

フリーランスは、仕事の終始業のチャイムが鳴らない環境の中で生活します。

そのため、ワークライフバランスは、自分の手で作り出さなければなりません。

自分の実力に合わない量の仕事を引き受けると、生活のバランスが崩れ、心身ともに病んでしまうこともあります。

フリーランスとして成功するためには、キッパリ「NO」という勇気が求められます。

効率の良い仕事ができない

「自分は効率よく仕事をすることが苦手」と感じる人は、フリーランスになっても失敗しやすいため、注意が必要です。

フリーランスになったからと言って、好きなことや、得意なことだけが待っている訳ではありません。

確定申告や年金納入、経費管理など、事務的な仕事も自分でこなす必要があります。

そのため、仕事に優先順位をつけ、やるべきことを的確に見極める力が求められます。

効率よく仕事ができるように、常に創意工夫を心がける精神が大切なのです。

成長することを止める

思い通りに仕事が進まない時に「成長することを止めてしまう」のはNGです!

周りが成功しているのに、自分は上手くいっていないと、「自分には才能がないんだ…」と諦めたくなりますよね。

でも、それこそが、フリーランスの分かれ道なのです。

「上手くいかないけど…あと少し、頑張ってみよう」と思えるかどうか。

成長することをあなたが諦めない限り、フリーランスとしての成功を、誰も邪魔することはできません。

プロ意識がない

フリーランスで成功するために「プロ意識」を持つことがとても大切です。

フリーランス初心者は、仕事の質が低かったり、自分で納得のいく成果が挙げられないこともあります。

しかし、そんな時に「初心者だから、この程度でいいや」と割り切ってしまうのは避けましょう。

報酬をもらっている以上、あなたはプロです。

仕事を任せてくれたクライアントとも、対等な位置にあり、期待に答える必要があります。

プロとして、仕事に妥協しない姿勢が、成功の鍵を握っているのです。

低い価格で仕事を引き受けてしまう

一方で、低い価格で仕事を引き受けてしまわないように、注意が必要です。

フリーランスは一定の会社から固定給を得る訳ではなく、クライアントによって報酬額も様々です。

そのため、量に対して低すぎる価格で仕事を引き受けてしまうことがあります。

適正価格に対し、「あれ、この報酬って適切なのかな..?」と疑問を抱いたら、クライアントに対し堂々と意見を伝えましょう。

対等な目線で仕事をしようとする姿勢が、フリーランスの成功には必須なのです。

スキルや知識が低い

フリーランスになったものの、スキルや知識が足りなければ、成功することはできません。

クライアントも、スキルの質が高く、安心して任せられる相手に仕事を依頼したいからです。

どんな仕事をしたいか決めたら、次はその仕事に対しての知識や、必要とされる技術を高めていくことが大切です。

フリーランスとして成功するためには、常に学び続ける意欲が欠かせません。

コミュニケーション能力がない

「煩わしい人間関係が嫌だから」という思いで、フリーランスを選ぼうとしている人は要注意!

クライアントと直接やりとりをし、自分の力で仕事を完結させる必要があるフリーランスには、コミュニケーション能力が必須です。

お互いがスムーズに仕事を行うためには、進捗状況報告や、丁寧なメールでの連絡などが重要になってきます。

フリーランスとして成功するためには、相手としっかり向き合おうとする心が大切なのです。

いくらの仕事を引き受けていくら引かれたのかを考えない

フリーランスとして得る報酬は、手数料が引かれる場合があります。

しかし、「いくらの仕事を引き受けて、いくら引かれたのか」を自分で把握していないと、悪徳クライアントに騙されてしまうことがあるのです。

しっかりと金銭のやり取りを行わないと、フリーランスとしての生活が成り立ちません。

クライアントの見定めも、金銭管理も、フリーランス自身の責任です。

フリーランスとして生きていくために、自身の報酬管理はしっかり行いましょう。

クラウドソーシングやフリーランスエージェントを活用しない

自分自身でゼロからクライアントを開拓していくのは大変で、失敗しやすいです。

しかし、フリーランスエージェントを使うことで、効率よく仕事を見つけることができます。

例えば、「IT求人ナビフリーランス」は、高単価案件を多く保持しており、利用者満足度90%以上という実績を誇っています。

また、「テックビズフリーランス」は、フリーランスに対する手厚いサポートを提供しており、正社員同等の保障の中で働くことが可能です。

このようなサービスを有効活用することで、フリーランスとして成功することができる可能性は高くなります。

それでもフリーランスがいい理由

ここまで、フリーランスの苦労や失敗について解説してきました。

しかし、「それでもフリーランスをいい理由」が存在します。

会社に勤めていると気づかなかいことや、知り得ない世界に出会うことができるのは、フリーランスの特権です。

人々が、様々なリスクを背負ってでも「フリーランスを選ぶ理由」を、ここではご紹介します。

フリーランスで身に付く実績とノウハウは一生の財産

まず、「フリーランスで身につく実績とノウハウは、一生ものだ」という点です。

フリーランスとして働く人の中には、安定が保証された会社員としての暮らしを手放す決断をした人もいるはずです。

その勇気を持って得た経験や、スキル、度胸は、お金に変えることができない、一生の財産と言えるでしょう。

だからこそ、苦労を承知でフリーランスを選ぶ人は増えているのです。

フリーランスでの失敗も大切

また、フリーランスでの失敗は、とても価値のあるものです。

企業という大きな存在に守られたままでは、経験できる失敗も限られていきます。

全てが自己責任の世界だからこそ、失敗から学ぶことは多く、それがあなたの人生を豊かにしていきます。

失敗した分、何か成長できると信じるなら、フリーランスとして挑戦することをオススメします。

フリーランスは失敗のリスクを予測し対策を立てておく事が重要

フリーランスとして暮らしていくためには、「失敗のリスクを予測し、対策を立てておくこと」が必要不可欠です。

何度も言うように、フリーランスとして行う全ての仕事が、自己責任です。

そのため、どんな失敗をして、クライアントに損害を与えたとしても、その責任をとるのはあなた自身なのです。

だからこそ、フリーランスとして働くためには、起こるかもしれない失敗を予測し、あらかじめ対処法を考えておくことが大切になってきます。

フリーランスに関して、自分で情報収集を行い、会社員のうちにフリーランスとして活躍している人と知り合っておきましょう。

「こういう時、どうするんだろう?」と、自ら疑問を持ち、それを相談できる相手を見つけておくことが重要です。

どれだけ先のことを予測できるか、それに対して備えられるかが、フリーランスとしての成功できるかを左右します。

【体験談】リスクを減らしてフリーランスになる方法

せっかくフリーランスになるなら、少しでもリスクを減らしておきたいですよね。

そのために、フリーランスとして実際に働いている人が、意識しているポイントを2つご紹介します。

1つ目は、「体調管理」です。

フリーランスは、会社員とは違い、福利厚生サービスを受けにくい立場です。

労働基準法が適用されないため、「病気になって働けない」という場合も、一般的なサラリーマンが受けられるサポートを受けられないことがあります。

そのため、自分自身の体と心を大切にすることが、何よりも大切なポイント!

腰痛対策でクッションを購入したり、ブルーライトカットのメガネを購入する人も多いようです。

自分の体を1番に理解してあげましょう。

もう1つは、「副業ベースでフリーランスを始める」ということです。

収入も安定せず、クライアント獲得も初めは難解なフリーランスの中には、軌道に乗るまでまともな生活を送れない人もいます。

焦らずに、自分の特性を見極めて独立するためにも、まずは副業としてフリーランスをスタートすることが、リスク軽減に繋がるのです。

まとめ

この記事では、フリーランスが失敗する例や対処法、さらに、それでもフリーランスがいい理由などについてご紹介しました。

自分の心持ち次第で、結果が大きく変わるフリーランス。

全ての責任を自分で背負うからこそ、得られる経験がたくさんあります。

実態やリスクを理解した上で、フリーランスとして様々な挑戦をしていってくださいね。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました