労働環境

仕事できない人の方が給料が高い!不満を解消するための対処法を解説します

労働環境

「あの人より働いているのに、もらっている給料は安い」と日々不満が溜まっている方は多いのではないでしょうか。

明らかに請け負う仕事の量が違っているのに、高い給料をもらっているのは負担が少ない上司・同僚の方であれば、やはり納得はできませんよね。

そのような日々のストレスが蓄積されていて、会社に行くのが憂鬱になっている場合は、少しでも現状を変えられるよう行動に移すことが何よりも大切です。

そこで、仕事ができないのに自分より給料が高い人への対処法・取るべきアクションについて詳しく解説していきます。

「出社すること自体が既につらい…」とお悩みの方に関しては、記事後半に解決策も明記しているので参考にしてください。

仕事できない人に高い給料を払っている会社はよくある

仕事ができない人に高い給料を払っている会社は、残念なことにとても多いです。

特に大手企業では、そのような傾向がとても顕著にあらわれています。

長期間在籍しているだけで、あまり積極的に仕事をしようとしない人は一定数存在しているのです。

その仕事の処理・フォローはもちろん周囲が行っているわけですが、本人はあまりそれらを意識していません。

そのため、堂々とした言動や開き直った態度を取ることも多いという声もあります。

余計に苛立ちを覚えてしまうこともあって、仕事へのモチベーションがどんどん下がってしまいますよね。

悲しいですが、いまの日本社会においては避けて通れない問題かもしれません。

「明らかに成果を出しているのは自分なのに、仕事ができない人に高い給料を払っているなんて許せない!」と怒りを覚えているのは、あなただけではないのです。

しかし、抱えている不満は膨らんでいく一方だと思います。

苦しいですよね。

なぜ、仕事ができない人に対して高い給料が支払われているのか気になっている方も多いでしょう。

次の項目で、その理由についてしっかりとお話していきます。

仕事できないのに高い給料をもらえる理由って?

仕事ができないのに高い給料をもらえる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

詳しくみていきましょう。

年功序列の風潮が根強い

現代はスタートアップ企業・ベンチャー企業も増えてきています。

しかし、年齢を問わない実力主義を謳っている会社も多くなった一方、いまだに日本企業の大半は年功序列の風潮が根強く残っているのが現実です。

そのため、勤続年数や年齢によって、給料が決定される場合がほとんどなのです。

これでは、いくら自分が会社にとって有益な実績を残していたとしても、仕事ができない人の方が高い給料をもらえることになってしまいますよね。

給与制度に納得できない時に実行できること

我慢する

前述した通り、日本ではいまだに年功序列を採用している会社が大半を占めています。

企業によって程度の差はありますが、同じような不満は会社勤めを辞めない限りは切り離せない問題なのです。

そのため、割り切る心を持つことも重要になってきます。

「まあ、こんなものだよね」

「仕方ないな」

そのような、諦めの気持ちを持てば少しだけ楽になるかもしれません。

我慢しながら働きつづけるのも1つの方法でしょう。

相談する、愚痴を言う

“仕事ができないのに自分より給料が高い人がいる”という事実に対して、不満を抱いている方はきっとあなただけではないはずです。

あまりにも不公平さを感じている場合は、上司に相談してみましょう。

現状をなるべく正確に伝え、上司に対処してもらうようにお願いするのです。

ですが、恐らく相談された上司も過去にあなたと同じ思いをしていることでしょう。

相談を受けた後に、実際にアクションを起こしてくれる方もいます。

しかし、本人に口頭で注意する程度で終わってしまうことも、しばしばあるそうです。

なので、効果的な対処法を上司に期待することはかなり難しいといえます。

あまりにも目に余ると上司が判断しない場合は、注意以上の厳しい処分を課すことは極めて稀です。

自分の立場を守ることを考えると、上司もあまり大胆な行動には出られなくなってしまいますからね。

また、理解してくれる周囲の同僚などに愚痴を聞いてもらってもいいかもしれません。

すっきりとした気持ちが持続するわけではないですが、不満を溜めこむことが苦しくなった時は周囲を頼りましょう。

共感しあえる人にしっかり気持ちを受け止めてもらうだけでも、随分晴れやかな気持ちになるものです。

不満が溜まった時に試してほしいこと

“仕事ができないのに自分より給料が高い人がいる”という現実に嫌気が差し、日々の仕事にあまり集中できないと嘆いてしまうこともありますよね。

そんな苛立ちが収まらないときは、少しだけ試してほしいことがあります。

それは、シンプルなことかもしれませんが「自分に対して意識を向ける」ということになります。

もちろん、自分の方が大きな負担を担っていて成果をあげているのであれば「給料をあげてほしい」といった不満につながります。

仕事できない人が大きな実績を残していないのにも関わらず、自分よりも高い給料をもらっているのであれば、怒りを感じるは当たり前の反応です。

しかし、その苛立ち・不満で心がパンクしそうになっている時に、あなたが考えているのは誰のことでしょうか?

「高い給料をもらっているが、仕事ができないあの人」のことが中心になっていると思います。

怒りを感じ続け、不快な気持ちを抱き続けることには膨大なエネルギーが必要です。

自分の心にまだゆとりがあるのであれば、なるべくネガティブな感情を生じさせる相手に対しては「受け取らずに流す」という勇気を持つことも大切です。

少しでも心地よい時間が増えていけば、自分のなかで余裕が生まれます。

余裕が生まれたら、仕事のパフォーマンスも向上するかもしれません。

ただ、あくまでも応急処置に近い対応ともいえます。

自分の心にゆとりがある場合のみ、試してほしい方法です。

本当につらい場合は、絶対に無理をしないでくださいね。

それでも限界!転職した方がいい?

いくら気持ちを切り替えようと努力をしても、心身ともに限界と感じるくらいのストレスを抱えているのであれば、毎日の出社自体が苦痛ですよね。

「このまま我慢して会社に残り続けるのも無理かもしれない」と薄々感じている方にとって、今後の行動を決定していくことはとても不安だと思います。

それでは、一体どうすればいいのでしょうか。対処法などをまとめましたので、是非参考にしてください。

転職も視野に入れてOK

「いくら上司に相談をしても改善が見込まれない」

「努力したものの、いまの会社に残るのはもう嫌だ」

そのような感情でいっぱいになってしまったら、次のステップに移ることを検討してもいいでしょう。転職を視野に入れることをおすすめします。

長く根付いた風土・風潮は、簡単に変わるものではありません。

それを割り切ることができず、我慢が限界に達しているということであれば、自分に合った会社を探していくことも考えておきましょう。

転職するためにやるべきこと

まずは、情報収集を行いましょう。

“仕事ができないのに自分より給料が高い人がいる”という不満などを軽減できる環境に移るためには、自分に合った評価制度を取り入れている会社を探す必要があります。

もし仕事できない相手が上司であれば、いま在籍している会社は評価制度のなかでも「勤続年数」を重視して給与を決定していたということになりますね。

そのため、「勤続年数」よりも「キャリア重視」の評価制度を採用している会社の方が、あなたには合っているということかもしれません。

給与に対する不満を完全に払拭できるというわけではありませんが、少なくとも“仕事できない人の方が高い給料をもらっている”という嫌な現状からは逃れられます。

それぞれの会社で、評価制度・給与体系などは異なります。

焦らずにじっくりと検討していくことが大切です。

心身ともに本当につらい時は、退職代行も視野に入れる

「会社に行こうとすると、苦しくなる」

「毎日気分が憂鬱で、あまり夜も眠れない」

理不尽な日々に限界を感じ、心身ともに本当につらくなってしまうこともあるかもしれません。

自分が発している「苦しい」というシグナルを受け止めて、もう動けないと感じてしまっている方におすすめしたい対処法があります。

それは、「退職代行を利用する」というものです。

すでに世間で浸透しつつある“退職代行”という言葉、皆さまも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

名前の通り、自分の代わりに専門業者が退職手続きを担ってくれるサービスのことです。

いま利用する方が増えてきていることもあって、とても注目されています。

退職代行を使うメリット

退職代行を使うメリットはたくさんあります。

退職する会社の人間と一切顔を合わせる必要がないですし、直接連絡を取りあう必要もありません。

専門業者が間に入り、煩雑な手続きも含めてすべてを請け負ってくれる点が魅力です。

退職届や荷物なども郵送で対応してくれることもあり、とても安心できますね。

退職代行を利用するにあたって、退職理由・手続きにおける希望など細かい点も専門業者の方に相談することが可能です。

自分が納得できる形で退職できるよう、丁寧なサポートを行ってくれる担当者も多いそうですよ。

心身ともに本当につらい時は、退職代行を利用することも是非視野にいれてみてください。

まとめ

仕事ができないのに自分より給料が高い人に対して、大きな不満を抱えている方へ向けて、実践できる対処法を詳しく解説しました。

年功序列の制度がいまだ根強く残っている日本社会では、実績関係なく在籍期間が長いというだけで大きく給料に差が出てしまうことも珍しくありません。

「自分ばかり負担が増える一方で、全然仕事ができないあの人の方が給料高いなんて…」と嘆きたくもなるでしょう。

いまの会社に我慢して居続けることも、もちろん選択肢のひとつです。

しかし、限界を感じているのであれば無理をする必要はないのです。

いまは色んな会社が多く求人を出しているので、自分に合った場所を探していくことも検討してもいいでしょう。

また、本当につらい時は一人で抱え込まず、退職代行のプロに相談してみてください。

そうすることで、スムーズにいまの職場を離れることだってできるのです。

安い給料に不満を覚えているかもしれませんが、会社にプラスの結果をもたらしているのはあなたです。

仕事が認められているがゆえに、周囲の方々はつい頼りにしすぎているのですね。

それだけの信頼を勝ち取ることができるスキルがあれば、他の場所でもきっとあなたは必要とされる社員になれるはずです。

苦しい気持ちから少しでも早く解放されるように、勇気を出して一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました