就活・転職情報

【年代別】転職成功へのポイントを解説!おすすめの転職サイトも紹介!

就活・転職情報

年収アップを目指し、未経験の業種や職種への転職を希望される方は多くいるでしょう。

そう考える方は、現在の業種や職種によっては年収が頭打ちになる可能性を想定していると思われます。

しかしながら、未経験の業種や職種への転職は、年代によってはかなり困難になっており、年収アップは困難となる場合もあります。

そこで今回は、未経験の業種や職種への転職を希望する方が、転職を成功するために押さえておくべき年代別のポイントを紹介していきたいと思います。

おすすめの転職サイトなど、これから転職を目指す方に役に立つ内容となっていますので、参考にしていただければと思います。

 20代の未経験業界・職種への転職

20代、特に新卒と呼ばれる20代前半の方にとって、初めての就職がうまくいく人だけではありません。

社会人として初めて給料をもらい生活していくなかで、学生時代には思っていなかったことばかりなのが現実ではないでしょうか。

就職した業界や職種で経験を積んでいこうという考えも当然ありますが、20代であるからこそ異なる業界や職種に挑戦しようという方もいるでしょう。

20代の方の異なる業界や職種への挑戦は、現実的にどのようなものなのでしょうか。

20代の未経験業界・職種の転職のメリット

企業側にとっては将来の成長や活躍を期待できるため、20代の方の採用は積極的な企業が多いようです。

特に、新卒3年目までの転職者は、3年間の社会人経験によってマナーや一般常識を身につけている方が多いために、企業にとっては社会人としての教育の必要が少ないと企業側は判断します。

そのため、企業の戦力になってもらうための教育に集中することができると考えるのです。

実際に、20代は大きな実績がなくとも転職は可能となっており、キャリアアップを狙うために転職をすることは可能です。

注意点としては、大きな実績が必要はないと言っても、在籍した数年で何を身に付け、何ができるのか等の最低限のアピールポイントを明示することができなければなりません。

採用する企業側にとって、転職希望者のアピールポイントがなければ判断材料がなく、さらには在籍した企業で何も成長してこなかったとマイナスの判断をされてしまうでしょう。

この傾向は、20代後半になるにつれて強くなっていきます。

これは採用する企業側にとって20代後半以降の転職者に求めるものが変化し、将来性よりも即戦力になっていくためです。

20代の未経験業界・職種への転職の成功させるポイントは?

20代前半において、未経験業界・職種への転職はポイントを押さえれば成功しやすいと言えるでしょう。

  • 働いていた企業でしっかりと社会人としてのマナーを学ぶこと。
  • 次に、なぜ転職をしようと思ったのか、キャリアアップを目指す明確なプランがあるのかなどの自己分析をしっかりと行うこと。
  • 面接対策をしっかりと行うこと。

以上の基本的なポイントを押さえることで、転職を成功させる可能性は高くなるでしょう。

対して、企業側は20代後半の転職者には即戦力を求めることがほとんどのため、20代後半からの未経験業界・業種への転職は20代前半に比べて難しくなってくると言えるでしょう。

そこで、未経験者の積極的採用を行う人材業界や広告業界、IT業界などを狙った転職を行うなどのキャリアアッププランを明確にしていくが必要となってきます。

20代後半からは、転職エージェントなどの転職のプロのアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくことが最善となってきます。

20代で転職する場合、どのようなサイトに登録すればいいのか、詳しく知りたい方は下記の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

30代の未経験業界・職種への転職

20代前半と20代後半では、未経験業界・職種への転職の難易度はかなり変わってくることがお分かりになったと思います。

では、30代からの未経験業界・職種への転職の様相はどのように変わってくるのでしょうか。

30代の未経験業界・職種への転職の成功させるポイントは?

以前までの転職は「35歳限界説」というものがありました。

35歳からでは新しいキャリアを積み重ねていくことが難しく、採用する企業側にとっても将来性のある20代の応募者ではなく、30代の未経験者を採用するメリットがないと考えられたためです。

現在においても、定年延長や副業の解禁など企業側の考えも変わってきており、30代における未経験業界・職種への転職はしやすくなってきたと言えるでしょうが、30代以降の未経験業界・職種への転職は未だに厳しいのは変わりません。

一般的に30代の転職者に企業側が求めるのは、「即戦力」です。

30代の転職者に求めるのは管理職や管理職候補であり、前職までの実績や経験が評価されるために未経験の業界や職種への転職はかなりハードルが高くなるでしょう。

30代未経験業界・職種への転職はポータブルスキルが重要

管理者や管理者候補として即戦力になり、業績を上げることを求められる30代が未経験の業界や職種へ転職するために必要となってくるものは「ポータブルスキル」。

「ポータブルスキル」とは、特定の業種や職種、時代に関係なく活かすことができる能力のことです。

具体的には、社内対応や社外対応、部下マネジメントなどの「対人力」。

現状の把握、課題の設定、計画性、課題の遂行などの「対課題力」の2つが主な能力として分類されています。

これらのポータブルスキルを、新しい業界や職種にどのように応用できるかをアピールすることが、30代未経験の業界・職種転職が成功するかどうかを左右していくでしょう。

30代で転職する場合、どのようなサイトに登録すればいいのか、詳しく知りたい方は下記の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

40代の未経験業界・職種への転職

40代からの未経験業界・職種への転職は、30代よりもさらに厳しくなっていくのは容易に想像ができると思います。

40代でも未経験業界や職種への転職を成功させる方も多く存在します。

しかし、40代で未経験業界・職種への転職を成功させるためには、30代までに求められてきた「即戦力」だけでは不十分となってきます。

40代での未経験業界・職種への転職を成功させるポイントをしっかりと押さえておきましょう。

40代からの未経験業界・職種への転職成功のポイントは?

30代にとって未経験業界や職種への転職にとって、企業から即戦力を求められることが大きな壁でした。

一方、40代の未経験業界や職種への転職を難しくさせるものは、即戦力を求められるということもありますが、それ以外のところに原因もあるのです。

40代の未経験業界・職種への転職を難しくしている転職者の問題は以下のようなものが考えられます。

  • 企業側が求めるものが「即戦力」に加えて「マネジメント力」になる
  • 企業側にとって40歳以上は扱いづらく思われる可能性がある
  • 転職者側が求める年収と企業側のミスマッチがある

40代の転職者に求められてくるものは、やはり「即戦力」。

さらに、40代以降になると管理者としての能力も求められるようになってきます。

30代に求められるものはほぼ同じかもしれませんが、40代においてはさらにレベルが高いものを要求されるのは当然でしょう。

40代の転職者の中には素晴らしいマネジメント能力をもっている方もいると思われますが、その能力をどのように新しい業界・職種で活かせるかをアピールできなければなりません。

40代以降で転職する場合、採用担当者や教育担当者が20代や30代ということも珍しくありません。

転職者が現場で年下の教育担当者と上手くやっていけるのか、逆に教育担当者が年齢とは関係なく下に付く40代の転職者に教育・指示を出せるのかと企業側が危惧する可能性があるのです。

40代の転職が失敗する原因が、転職者側が求める年収にあるかもしれません。

多くの場合、40代は既婚、子供ありで一家を支える立場にあります。

40代の転職者の多くは年収アップを希望しておりますが、未経験業界・職種の転職の場合は前職の年収をキープすることも難しく、年収ダウンの可能性が高いのです。

金銭的な条件から、転職が上手くいかないことが多いのが40代の転職と言えるでしょう。

50代で転職する場合、どのようなサイトに登録すればいいのか、詳しく知りたい方は下記の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

50代以降の未経験業界・業種の転職

50代以降の未経験業界や業種への転職は、非常に厳しいのが現実です。

厚生労働省の「労働力調査」によれば、45歳から54歳までの転職者数は57万人、55歳から64歳は51万人となっており、実際には50代でも多くの転職者数が存在します。

しかしながら、企業側が50代以降の転職者に求めるものが「豊富な経験」「専門性」を重視しているため、未経験業種や職種への転職は厳しくなっています。

50代からの未経験業界・職種への転職成功のポイントは?

50代以降の転職は不可能ではないと言えますが、未経験の場合は採用されやすい業界や職種はかなり絞られてくると言えます。

50代以降の転職では、それまでの年代がキャリアアップを目指すことを目的としたものが多かったのに対し、老後に向けたライフスタイルの変化を見据えた転職へと考え方をシフトしていくことが必要になってくるでしょう。

さらに、企業側が求める豊富な経験や専門性を、いかに役立てることができるかを明確に企業側にアピールしていけることが重要です。

まとめ

今回は未経験から転職成功するための年代別のポイントを紹介しました。

転職の成功率は年代によって大きく異なります。

成功させるためには、各年代に企業がどのようなことを求めているのか見極めることが重要です。

また、転職サイトに登録して、求人情報はもちろん企業情報や業界情報のチェックも行いましょう。

情報を得ることにより有利に転職活動を進めることができます。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました