就活・転職情報

新しい職探しの方法は?コロナ禍におすすめの求人サイト!

就活・転職情報

今の時代、新しく仕事を始めたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

転職として全く違った業種の職探し、現在の仕事では生計が立てられない人の副業探しなど職探しの理由は様々でしょう。

また最近では、コロナの影響で仕事が減ってしまった人や、職を失ってしまった人も新しい職業を探しているのではないでしょうか?

こういった不安と向き合いながら職を探している方に向けて、今回は安心できる職探しの方法を紹介していきたいと思います。

新しい職探しにほとんどの方が不安を持っている

そしてコロナの影響で内定取り消しとなってしまった、学生の方も必死に探している人が多いかと思います。

職探しをするにあたって、ほとんどの方が多くの不安を持っていると思います。

職場環境や給料の面、福利厚生など様々な要因が気になるかと思います。

そして、コロナの中での安全性やどの頻度で雇用してもらえるかなども不安要素のうちの一つでしょう。

また、必死に職を探していたとしてもコロナの影響によって働き口が少なくなり、なかなか思い通りに職を探すことが難しいという現状も不安を加速させています。

職探しにとって重要なことは?見極めるポイント

 それでは、職探しにとって何が重要なのでしょうか?

またどういった職業が自身に向いているのでしょうか?

自身の目標とする職業を明確にせずに、仕事を探している人は少なくありません。

自分が何になりたいのか、夢を一切持たない状態で手当たり次第に仕事探しをしても効率的とは言えません。

なぜなら、職探しをするにあたって求人を調べる基準がないからです。

つまり、職探しをするためにはどういった職業が自身にとっての適材適所なのか見極める必要があるのです。

そこで、簡単に皆さんにとってどのような職業が向いているのかを見極めるポイントについて紹介していきます。

仕事に対して求めることをリスト化

まず初めに、仕事に対して求めることをリスト化していきます。

箇条書きでも良いので、項目を目で確認できるようにしておきます。

人によって好きなジャンルの仕事、得意な分野の仕事、自分にとって好条件な仕事など、さまざまな見方があるかと思います。

職探しにとって重要なことは、自分自身が一番何を優先して選択するのかについて考えることです。

業種や雇用形態、給与面、勤務地域など簡単なことから、好きなこと、得意なことなどあいまいなものでもすべてメモに取ってください。

そしてその中で最も自身にとって重要なこと、諦めることができない、捨てることができない項目を絞っていきます。

どっちでもいいと感じる項目は外していってください。

そして残った項目を眺めてみてください。

そうすると、基準となる仕事を探すベースが見えてくるはずです。

絶対にしたくない仕事をリスト化

リスト化して目に見える形にすることで、皆さんにとって何が一番重要なのか分かったかと思います。

もしも見つからなかったという方がいた場合は、逆に絶対にしたくない仕事を挙げていきましょう。

その項目を基に消去法で選んでいくことで、自身の目指すべき職業が見えてくるはずです。

大事なことは文字にして、イメージがわきやすくすることです。

自身のなりたい姿、目指すべき職業、絶対にしたくない職業を明確にすることでより一層、自分に合った職探しが可能となります。

また、イメージすることで目標が明確化し、努力の方向が見えてくるはずです。

職探しをするにあたってまずは、ある程度の方向性を見極めておきましょう。

そしてある程度方向性が見えるようになった人はさっそく職探しをしていきましょう。

職とのマッチングはどうする?求人サイトで効率化

普段、皆さんはどういった方法で仕事を探していますか?

求人雑誌・広告やハローワークを利用するなど、方法はたくさんあります。

その中で今回職探しでおすすめする方法は、求人サイトの利用です。

求人サイトを利用することで豊富な仕事をチェックできる

求人サイトを利用することのメリットは、簡単に豊富な仕事をチェックすることができる点です。

インターネットが普及している現代では、多くの企業・業種がインターネットを通じて求人を発信しています。

携帯やパソコンでの簡単な検索で、多くの求人情報を得ることができます。

したがって、求人サイトを利用することで効率的に仕事を調べることができるのです。

皆さんの思い描いている職業も必ず見つけることができるので、ぜひ利用してみてください。

求人サイトはどこでも利用可能

求人サイトのもう一つのメリットは、どこでも検索することができるという点です。

ハローワークのようにわざわざ足を運ぶ必要も、求人雑誌を買いに行く必要もなくなるのです。

そのため、こういう点からもほかの職探しより効率よく仕事を見つけることができるといえます。

特にコロナ禍で外出を自粛している人でも、気にせず行うことができます。

求人サイトのデメリットとしてあえて挙げられることは、求人情報が多すぎることによってなかなか仕事を絞り込めないという点だと思います。

しかしながら、自身の求めている職業のイメージをしっかりと思い浮かべられるようになった人にとっては問題ではありません。

むしろ、求めている条件で検索をかけるだけで簡単に理想の仕事とマッチングする機会が得られるのです。

こういったことからも、あらかじめ自身の職探しの方向性、求める条件を絞っておくことが重要だといえるでしょう。

求人サイトでは、雇用形態や勤務地域、業種、期間、業務内容、スキルなどの幅広い項目から調べることができます。

また、まかない、休暇、交通費などの福利厚生の分野からも絞り込むことができます。

多くの場合は電話からの申し込みや、ネット申し込みで面接を予約することができます。

簡単に企業とのマッチングが完了するというわけです。

コロナ禍でも職が見つかる?求人サイトの利用 

求人サイトを利用することで、効率的に職探しができるということがわかっていただけたのではないでしょうか?

コロナという世界的に大きな問題の中で、仕事を探すことは非常に不安かと思います。

飲食店やサービス業の営業が難しくなっている現状を加味すると、以前よりも求人が減少してしまっていることは紛れもない事実です。

失業者も増加し、雇い口も少なくなっています。

しかしながら、減少する業種もあれば、より一層人気が高まる業種もあるということを念頭に置いておいてください。

マスクやアルコールのような衛生製品、配達業、家具屋さんなど、コロナ禍だからこそ利益を増やしている企業も多くあります。

つまり、ニーズさえあればどんな状況であったとしても、利益を上げることはできるのです。

新しく職を探している皆さんは、不安だけでなく希望も持って取り組んでいただきたいと思います。

適材適所という言葉があるように、向いている職業は必ずあります。

そういった、あなたという人材が求められる仕事場を探していきましょう。

新しい職探し!コロナ禍におすすめの求人サイト

求人サイトによっては、企業からのオファーや転職エージェントから求人を紹介してもらうことも可能です。

ここでは、リモート対応もしているコロナ禍におすすめの求人サイトをご紹介します。

コロナ禍でも就活は 「OfferBox」 がおすすめ

コロナ禍でも就活は「OfferBox」への登録がおすすめです。

登録するだけで企業からオファーが来るので、英語力がなくてもポテンシャルで就活を進めることができます。

登録がまだの方は早めに登録して、企業への内定を勝ち取りましょう。

「OfferBox」の詳細はこちらから

コロナ禍でも転職は 「パソナキャリア」 がおすすめ

「パソナキャリア」は転職実績も豊富で、転職エージェントが最後までしっかりとサポートしてくれます。

求人数も多く、高条件・高待遇の案件も多数掲載されています。

親切で丁寧なサポートに定評がある「パソナキャリア」に登録して転職を成功させましょう。

求人サイトを利用すればコロナ禍でも新しい職探しが可能

理想の職業、職場を効率的に探したい場合は求人サイトを利用していきましょう。

ネット社会の流れの中で、どの職探しの方法よりも手軽に豊富な仕事を探すことができます。

そしてそこには必ず、皆さんにとって最高に環境のいい職場が隠れています。

時間のある今だからこそ、自身の性格や求めているもの、将来設計、理想の姿を想像していきましょう。

そして、それを基に素晴らしい職を見つけることは簡単です。

あとは皆さんが自身を見つめなおし、手元にある端末で検索をかけるだけです。

新しい職を探す第一歩として、求人サイトを存分に利用していきましょう。

みなさんの人生を決めるマッチングは、みなさんの手の中にあります。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました