企業・業界研究

商社の一般職は美人じゃないと採用されない?本当にブスは不採用?

企業・業界研究

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

「商社の一般職に転職したいのですが、容姿端麗ではない私は受けても無駄ですか?」

転職を考える際に、このような悩みを持っている方もいます。

そこで今回は、「美人でなければ商社の一般職は採用されないのか」という悩みを解決するためのお手伝いをします。

本記事の内容

  • 商社の一般職は美人じゃなくても採用になります
  • 商社の一般職に転職したい人はまずチャレンジが必要です

この記事を読むメリット

  • 自分の容姿に自信がなくても大丈夫です。
  • 容姿端麗の基準だけでの判断ではないことがわかります。

こちらの記事を執筆している私は、大手商社の採用担当に友人がいます。

その人事採用担当者に大手商社の一般職の採用基準について裏側も含め色々とインタビューしました。

そのため、裏話を含め、リアルタイムの情報をお届けできるため信頼性は高いと思われます。

商社の一般職は美人じゃなくても採用になります

「容姿に自信がないけど商社の一般職に合格できますか?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

  • 商社の一般職はあくまでも能力で判断します
  • しかし、美人に越したことはありません

下記のパートでは商社の一般職に転職を考えるOLが容姿を気にせずに転職に踏み出すための大手商社の採用基準について深掘り解説をしていきます。

結論として、能力8割、容姿2割です。

しかし、このようなことがありえるとすれば、新卒採用の際です。

ようするに同じ能力の希望者がいた場合、どちらかを採用にする。この段階で容姿が判断基準とし、入ってくることがあります。

しかし、あくまでも担当者レベルでの判断基準になります。

商社の一般職はあくまでも能力で判断します

人事採用を担当している私の友人に、「大手商社の一般職に入社するためには容姿が必要か?」を聞きました。

答えは「容姿は関係ない」とのことです。

「あくまでも能力で判断する」との回答でした。

理由としては、容姿での採用は採用担当者にとってデメリットが大きすぎるとのことでした。

人事担当者が容姿で判断し、採用を決めているとなれば、すぐに部署移動、または左遷及び人事採用から外されるとのことです。

また、容姿で判断し、採用をしていることが株主や世間に知られた場合のデメリットは計り知れず大きいもとなり、信用回復に時間がかかることがあります。

このようなことから限りなく容姿だけでの採用判断は少ない、と言えます。

また、事実としては大手商社の一般職が美人揃い、ということはありません。

ストレートにお伝えすると美人な女性から美人ではない女性まで、幅広く在籍している事実があります。

このようなことから商社の一般職の採用では「能力重視」ということが挙げられます。

あと、大手商社の一般職もリモートワークでの業務を行なっている会社が多いです。

ことから、美人な女性を採用する男性の意味がなくなっている状態です。

しかも、現在では面接自体をリモートで行うことが多く、ただでさえ、リモートワークに慣れていない環境下のなか、リモートでの面接を行なっている状態です。

このようなことから、画面越しに美人かどうかまでの判断をしている余裕がないとのことでした。

ようするに「美人じゃない私が商社の面接を通過できないかも・・」と悩んでいる人にとってはとてもチャンスとも言えます。

リモートで面接を受けてくれる大手商社を狙うのも1つです。

噂はあくまでもうわさでしかありません。

やはり大手商社の一般職に採用してらうためには、自分をいかにアピールできるかです。

あきらかに高い能力を持っていれば良いですが、そのような方は少ないと思います。

大手商社の一般職で勤めている方の多くは、特に大きな資格などを持っているわけでもありません。

採用基準はやはり「履歴書、職務経歴書のアピールポイントをしっかりと書くこと」につきるそうです。そのため、この点についてはプロの転職エージェントなどに相談しながら進めることをおすすめします。

このパートの結論としては下記の通りになります。

「美人じゃなくても商社の一般職に転職することは可能」ということです。

しかし、次のパートでは美人か美人じゃないかの基準で選ばれる可能性について詳しく解説します。

次のパートも重要なことを解説しますのでぜひ、ご覧になってください。

しかし、美人に越したことはありません

このパートでは、大手商社の一般職に転職するにあたり、「美人の方が有利になる時がある」理由について詳しく解説します。

結論としては、転職希望者のうち、どちらか1人を選ばないといけない状態になった時、美人の方が有利にはたらきます。

理由としては人事採用担当者が男性でも女性でも言えることですが、社会的にみて、会社の看板を背負い表に立つ機会があったときの事を考えるからです。

具体的なことをお伝えすると、商談が行われているときに美人な女性が対応してくれるのと美人ではない女性が対応するのとでは、印象が大きく違ってしまうという事実があるからです。

しかし、このようなことがあるにせよ、「容姿での判断にまで至るケースは1%にも満たない」とのことでした。

そもそも大手商社の一般職に、美人が多いとされている理由ですが、答えは1つです。

「一般職で働く女性の人数が多いから、美人の方が数人いると、美人揃いの会社」とされるのです。

また、話は少しそれますが、営業職の会社でも美人な女性はいるものです。

ようするに東京のように、人口が多ければを見る確率が高いということです。

とはいえども、この1%の激戦区に入ってしまうと、美人はやはり有利です。

ただ、そもそもの話ですが、美人の基準は難しいですよね。

男性、女性関係なくタイプは人それぞれです。

ようするに自分では美人ではない、と思っていても美しい女性と言ってくれる人が現れる可能性があるということです。

しかし、どうしても「私は美人じゃないからダメなんだ・・・」と思う人もいるかもしれないので、美人じゃなくても転職に成功するための方法をお伝えします。

それは「先ほどお伝えした、天秤にかけられる1%に入らなければ良いのです」

では、どのようにしてこの1%に入らないようにするかですが、それは先ほどもお伝えした通り、履歴書や職務経歴書での自己アピールを上手に活用すること、また面接などでのコミュニケーション能力を高めることです。

もちろん、面接する会社のことをリサーチし、情報を頭にインプットすることも重要です。むしろこの部分が大前提になります。

会社が求める人材というのは決して容姿がメインではないということです。

しかし、このようなことをあなた1人でおこなうのは難しいかもしれませんね。

その場合は、転職エージェントなどのプロに任せることをおすすめします。

そうする事で、今感じている「大手商社の一般職には美人じゃないと転職できない」という考えがなくなる未来が待っているかもしれません。

ですので、まずは大手商社の一般職に転職することを決めることから始めましょう。

「美人じゃないから大手商社の一般職に応募できない」ということはありませんし、不採用になることもありません。

大手商社をリストアップし、あなた自信が入社したい会社を選定しましょう。

そして、その会社に入社するためにどのような行動をすれば良いかを考え行動すれば、美人じゃなくても大手商社の一般職に転職することが可能になる未来が待っています。

では、次のパートでは美人じゃない女性が実際にどのような手立てを使い転職先を探し、転職までの道筋を立てていくのかを解説します。

商社の一般職に転職したい人はまずチャレンジが必要です

「実際に商社の一般職に転職するにはどうすればいいのでしょうか?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

  • 知り合いのコネで入社させてもらう
  • 転職サイトを使用する

こちらのパートでは美人じゃない女性がどのように大手商社の一般職に転職するべきか、早期に転職するための方法を2つご紹介します。

このパートを理解したあなたは容姿を気にせず、大手商社の一般職に内定をもらうための道筋が理解できます。

ぜひご覧になってください。

知り合いのコネで入社させてもらう

まずは、このパターンが1番安心して転職ができます。

あなたが入社したい大手商社に、知り合いがいないか、または、転職希望先の大手商社と関わりのある会社で知り合いはいないか、考えてみましょう。

商社は沢山の場所に顔を出しているケースがあります。

ここではあなたが希望する大手商社の一般職に狙いを定める必要はありません。

例えば営業でもいいですし、経理でも大丈夫です。

ようするに、あなたが入社したい会社に勤めている人と関わりを持てるかを考えてみましょう。

もし、そのような人がいれば人事担当者に口利きをしてもらうことも1つの手段です。

ただ、ここでこのような疑問が出てくると思います。

「コネ入社はちょっと気が引ける・・・」

であれば、転職希望先の情報を教えて貰えばいいのです。

学生の頃を思い出してください。

内定をもらうためにどのくらいの情報を集める努力をしましたか?

何も考えず、何もリサーチせずに面接に行くことはなかったと思います。

ですので、口利きで入社をすることに抵抗がある人は情報を徹底して収集しましょう。

この情報があなたの転職をサポートしてくれます。

ここまでは、あなたの知り合いを辿り入社をする方法について解説してきました。

しかし、このパートではなかなか思うような答えを導き出せなかった方も多いのではないでしょうか?

では、次のパートでは非常に現実的で、高い確率で転職が可能な方法をお伝えします。

転職サイトを使用する

こちらでは、転職サイトを使っての転職方法をお伝えします。

そもそもなぜ、転職サイトを使うのが良いかを理解しましょう。

  • 担当者が間を取り持ってくれる
  • 履歴書、職務経歴書などを作成してくれる
  • 詳しい企業情報を教えてくれる
  • 無料で人生を大きく変えてくれる

などがあります。

上記の内容をもって転職活動を行うことで効率よく転職することができます。

1つ1つ詳しく解説をしていきます。

担当者が間を取り持ってくれる

この部分は非常に大きいですね。転職エージェントは実際の企業の人事担当者との関わりがあります。ようするに人事担当者が求めている人物像を把握しているということです。

そのため、転職エージェントは転職に成功するであろう企業、またはあなたが希望する転職先の大手商社へ転職するための具体的なアドバイスをくれます。

なぜ、このようなことを転職エージェントが行ってくれるかご存知でしょうか。

それはあなたを大手商社に転職させることで、大手商社から転職エージェント企業に報酬が発生するからです。

ようするに3社Win-Winになるということです。

  • あなたは転職に成功する
  • 転職先の大手商社はあなたという人材を手に入れられる
  • 転職エージェントには報酬が入る

ということです。

ですので、転職エージェントを味方につけるのは転職をするためには必須の条件になってきます。

履歴書、職務経歴書などを作成してくれる

転職エージェントを使うことで履歴書や職務経歴書などを作成してくれることもあります。

ようするに希望転職先が希望する人物像に近い自己PR文章の作成をしてくれるということです。もちろん嘘はかけませんが、上手に作ってくれます。

こうすればあなたの手間も1つ省くことが可能ということです。

詳しい企業情報を教えてくれる

先ほどお伝えした通りですが、転職エージェントはあなたが希望する大手商社の人事担当者との関係を以っている可能性があります。

ようするに大手商社側の情報をしっかりと思っているということです。

そのことで、転職に成功するための方法を教えてくれるというメリットがあります。

この部分はかなり大きいです。

無料で人生を大きく変えてくれる

この部分は少し予断的な話になりますが、転職エージェントに登録するのに費用はかかりません。

ようするに無料であなたが希望する転職先の情報を持っている見方が付くということなのです。

最後に大手商社に転職するための転職エージェントの比較をしていきます。

こちらでは総合商社の求人数についての比較をします。

公開求人数
マイナビエージェント 54件
パソナキャリア 75件
doda 146件

このような状態です。

どこで求人を探しても問題はありません。

転職エージェントを使う際に1番ベストな方法としてはとりあえず全て登録をしましょう。

登録をして、あなたと相性の良いエージェントを使い残り2つほどはサブとして使っていくことも可能です。

どこか1つに絞るのも問題ありませんが、やはり情報戦としては不利になります。

可能な限り全てのエージェントとの話を行うことをおすすめします。

まとめ

この記事では、「商社の一般職は美人じゃないと採用されない?」というテーマにまとめて解説しました。

商社の一般職は美人じゃなくても採用になります。

また、商社の一般職に転職したい人はまずチャレンジが必要です。

商社の一般職は必ずしも美人でなければならないわけではありません。

商社の一般職に就職したい方は、容姿よりも能力を磨いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました