就活・転職情報

これから副業をはじめたい人へ!仕事の種類とポイントを解説します!

就活・転職情報

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

本業以外で稼ぎたい!空いた時間を活用して副業したい!そう思って副業をはじめようとしても、何をすればいいのか分からない人も多いはずです。

副業といっても幾つかの種類が存在します。

今の自分がはじめられる副業は何か?を4つの種類で分けて、仕事内容とポイントを紹介します。

ネットビジネスによる副業

せどり

せどりとは、簡単に言うと「転売」のことを言います。

このせどりを副業として、月に何十万も稼ぐ人もいます。

せどりは、商売の基本である「安く仕入れて高く売る」ことで利益を得ます。

何か副業をはじめてみたい!と考えている初心者でもハードルが低くはじめやすい副業と言えるでしょう。

先ずはメルカリなどで、家にある使わないものなどから出品して販売をするところからスタートしても良いです。

「どうやれば商品が売れるのか?」などを学ぶには、メルカリなどのフリマサイトからスタートしてみて下さい。

そして、次のステップとして「Amazonせどり」「中国輸入せどり」など移行していくと大きく利益を得ることも可能です。

Amazonに出品するには「Amazon Seller Central」に出品用アカウントを登録する必要があります。

AmazonにはFBAサービスというものがあります。

【FBAサービスのメリット】

  • 商品をAmazonの倉庫に置ける
  • 注文が入ればAmazonが発送をしてくれる
  • お客様対応もAmazonが代行する

サービス利用には手数料がかかりますが、非常に便利なサービズですので、月に50品以上の商品を出品するならAmazonを活用しましょう。

次に中国輸入せどりですが、簡単にいうと中国のネットサイトで商品を仕入れて、Amazonやメルカリなどで販売し利益を得る方法です。

中国輸入せどりのメリットは、とにかく仕入れ値が安いということです。

例えば、Amazonやメルカリにて1,000円で売っているネックレスを、中国のネットサイトでは送料無料で仕入れることも可能です。

中国輸入と聞くと、「なんか難しいそう。」と思いますが、日本の楽天サイトで買うような感覚ですので、誰でも簡単に仕入れることが可能です。

初心者の方は『AliExpress』というサイトから始めるのをおススメします。専用のアプリもあり、日本語対応もしているので非常に便利です。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、企業の商品やサービスを紹介して、そこから販売や申し込みがあったときに受け取る報酬のことです。

アフィリエイトは自分のブログなどを立ち上げて、そこで商品やサービスの紹介をします。

ブログを立ち上げるには、月々のサーバーレンタル代1,000円くらいなので、比較的に副業初心者がはじめやすい方法です。

しかし、アフィリエイトで収益を上げるには、自分のブログに集客が必要となります。

そこで必要のなるのが「キーワード選定」と「SEO対策」です。自分のブログをより多くの人に見てもらうためには、検索ページでいかに上位表示をされるかが重要です。

この作業が非常に難しく多くのブロガーが挫折して途中でやめる人が多いです。

しかし、続けてことで徐々にスキルが上がれば、月に数百万円を稼ぐブロガーもいます。

はじめやすい反面で挫折する人も多いので、根気強さが必要な副業とも言えるでしょう。

YouTube

最近ではYouTubeをはじめる人が多くなっています。

有名なユーチューバーでは「〇億円を稼ぐ」なんてこともあり、子供のなりたい職業ランキングにも入るくらいです。

YouTubeの収益は広告収入になります。この広告収入をあげるには、再生回数やチャンネル登録者数が多くなければいけません。

また、収益化するために動画の再生時間などの決まりなどもあります。

自分の得意分野や発信したい内容があれば、誰でもはじめることが可能です。

ECサイトを活用した物販

自分で商品を作っても販売ルートがない人におススメなのが、ECサイトを活用した物販です。

最近では「BASE」などの大手ECサイトをSNSにリンクさせることで、商品の販売に繋げている人も多くいます。

インスタグラムなどで、ハンドメイドで作る商品サイトのアカウントを作成し、気になった人がリンクしてあるECサイトを訪れて購入してもらう仕組みです。

自分で作った商品をネットで手軽に販売できるという副業の方法です。

スキルを活かした副業

Webライター

Webライターとは、その名の通りWeb上で文章を書く人のことです。

今では、クラウドソーシングを通して、副業としてWebライター始める人も多くなっています。

Webライターと聞くと、専門的なイメージがありますが、Webライターという仕事には、資格は存在しないため、Webライターということを名乗った時点でWebライターになります。

Webライターを副業として始めるなら、クラウドソーシングサイトを利用するのが一般的です。

Webライターの報酬は、文字単価で計算されて、1文字0.1円~10円以上と案件によって様々です。

初心者でもはじめやすい案件から、専門的な案件まで様々あるので、自分にレベルに合った仕事を選ぶことも可能です。

Webライターのメリットは、クライアントとの契約を結んで無事に記事を納品できれば、報酬がすぐに得られる点です。

すぐに収入を上げたい人はおすすめの副業と言えるでしょう。

プログラミング

プログラミングとは、実際にプログラムを作成することによって、コンピューターに作業を行わせる指令を作ることです。

仕事の受注方法は、Webライターと同じくクラウドソーシングなどのWEBサイトで行います。

報酬額は、5,000円~300,000円と仕事の内容によって変わってきます。

高額な報酬の案件は、実務経験2~3年以上などのルールがあることが多いです。

初心者でも受注しやすい案件として、アプリ開発・WEBサイト作成・Excelマクロ制作・データ管理があります。

現在、IT人材は不足していると言われており、2025年になるとIT人材は36万人不足すると言われています。

プログラミングのスキルを身に付ければ、副業はもちろんですが、転職の可能性も大いにあります。

プログラミングは、副業としての収入アップ、自分のスキルアップの両方が得られるメリットがあります。

仕事の出来上がりや、クライアントにとって満足する内容の仕事であれば、継続して仕事を依頼してくれる事もあります。

定期的に仕事を依頼してくれるクライアントに出会えれば、副業としての収入も安定化してくるので、これからプログラミンは副業してさらに注目されるでしょう。

資産を活かした副業

株式投資

2021年に入り投資をはじめる人が増えています。投資の中で一番増えているのが株式投資です。

株式投資とは、証券取引所に上場している企業の株を買って、株価の動きに合わせて売って利益を得る方法です。

今ではネット証券が主流となり、スマートフォン1台あれば証券口座の開設や株の売買まで可能となっています。

最近では、1,000円という少額から株式投資ができることもあり、20代や30代の若い世代も副業の1つとして、株式投資をはじめる人も増えてきています。

FX取引

FXとは『Foreign Exchange』の略で外国為替のことです。日本では外国為替証拠金取引とも呼ばれています。

FX取引とは、円を米ドルにまたは、米ドルを円に替えることで発生する差益を得ることを目的としたものです。

FXの仕組みを簡単に言うと、1ドル100円のときに買って1ドル120円のときに売れば20円の儲けとなります。この20円が口座に反映されるという仕組みになります。

逆に1ドル100円が1ドル80円になれば、20円の損失となり、預けていた証拠金からマイナス20円引かれるという仕組みです。

FX取引で勘違いされがちなのが「1ドル100円のとき100万円分の取引がしたい」ときに100万円が必要なのか?というとそうではありません。

例えば「1ドル100円のとき100万円分の取引をしたが、1ドル95円になってしまって売った。」となっても、100万円−95万円=5万円となります。

この場合は、損失を出した5万円がFX会社に預けていた証拠金から引かれるという内容です。

証拠金10万円しかなくても、100万円分の取引が出来るというのがFX取引になります。

またFX取引はレバレッジが最大25倍までかけることが可能なので、場合によっては大きくリターンを出すことも可能です。

仮想通貨投資

仮想通貨とはブロックチェーン技術を活用した新しい通貨の取引です。

本来、日本円などの法定通貨は日本銀行(中央銀行)が管理しています。

各国の中央銀行のみ、お金を刷る事が可能となっているので、お金の価値も中央銀行が発行するお金の量によって左右されます(中央集権型)。

仮想通貨は、中央集権型でなく「全員で管理する」ということを目的としており、管理者がいないのが特徴です。

現在、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4種類が電子決済のpaypalでの利用ができるようになっています。

仮想通貨は、法定通貨のリスクヘッジとして投資対象と考える人も多く、ビットコインはここ1年で1BTCあたり90万円⇒700万円と暴騰しています。

日本では、まだ仮想通貨へ投資する人は多くありませんが、年々増加していることは確かです。

仮想通貨投資は、24時間いつでも取引ができることがメリットなので、いつでもできる副業の1つになります。

不動産投資

不動産投資とは、物件を購入し個人や法人に貸すことで家賃収入を得る方法です。

一番のメリットは、株式投資やFX取引、仮想通貨投資と違い、家賃収入なので毎月一定の収益が見込めるため安定した副業収益を得ることができます。

不動産投資にはいくつかの種類があります。

  • ワンルームマンション
  • 戸建て物件
  • マンションやアパート一棟
  • 月極駐車場やコインパーキング

不動産投資での副業は、毎月安定した収益を狙えますが、物件の維持費(固定資産税や修繕費など)がかかる点もあるので、部分の資産状況に合わせて考えなければいけません。

中にはサラリーマンが副業収入の一環として、不動産投資をしている人も多くいますので、安定した収益確保や、ある程度の資金力があれば不動産投資の副業は十分に可能です。

自分自身を活かす副業

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、レストランなどの飲食店メニューをスマートフォンから配達注文ができるサービスのことです。

最近では、在宅ワークや家で過ごすことも多くなり、Uber Eats(ウーバーイーツ)を活用する消費者が増えてきています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)稼ぐ仕組みは、スマートフォンで登録をしておけば、登録者へ宅配依頼がくるので、後は店舗から消費者へ配達するだけです。

自分の働きたい時間に稼げることから、スキマ時間を活用した副業と言えるでしょう。

また、ランチタイム(11:00~13:00)ディナータイム(18:00~21:00)の忙しい時間は別途インセンティブが発生することもあります。

また、雨の日やUber Eats(ウーバーイーツ)での経験が多くなれば、クエストというインセンティブが発生することもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、レストランと注文者が支払う金額と、配達した距離(1km毎に発生)から、システム使用料10%を差し引いた金額が支払われます。

報酬の支払いは、月給制ではなく毎週の週単位で支払われるため、働いたら早めに報酬がもらえる仕組みとなっています。

また、配達方法は渋滞を避けられる自転車を活用する人が多いため「お金も稼げて健康にもなる」という点でも人気の高い副業です。

まとめ

副業といっても幾つかの種類があります。今の自分にできる副業からスタートしてみましょう。

誰しもが新しいことをするときは躊躇してしまいます。副業で収入を上げるには、まずは行動する事です!

副業は本業と別の収入も確保するだけではなく、副業を本業にして起業する!なん可能性も十分にあります。

副業とはビジネスのノウハウを学ぶこともでき、収入を上げる以上に身に付くスキルも多くなってきます。

先ずは自分ができることからチャレンジことが大切です。副業を楽しみながら、収入とスキルアップに繋げましょう!

タイトルとURLをコピーしました