フリーランス

未経験からswiftのフリーランスエンジニアになる方法!年収や案件獲得方法も紹介!

フリーランス

エンジニアでフリーランスを目指すのは難しく、挫折したという声もあります。

そのうえエンジニア未経験となると難易度が高く感じます。

それでもエンジニアを希望する人が多いのは、やはり需要の高さに理由があります。

swiftはリリースされて間もないこともありエンジニア人口は少なめですが、これから需要が高まっていくプログラミング言語の一つです。

そこでswiftでフリーランスを目指したい方に向けて、swiftで開発できること、勉強方法、フリーランスの案件について詳しく解説していきます。

「swift」とは一体どんなプログラミング言語なのか?

swiftとは2014年にリリースされたプログラミング言語です。

Apple社が開発したiOS・Mac向けのプログラミング言語であり、Apple製品愛用者が多い中、非常に需要が高まってきています。

これまでApple社向けのプログラミング言語といえばObjective-Cを使用されてきましたが、特殊な言語のため扱いが難しいとされてきました。

そんなときApple社は初心者でも学習できるように「コードが書きやすく読みやすく」したswiftを開発しました。

swiftで開発できること

swiftには以下のような開発ができます。

  • Apple製品のアプリ開発(iOSアプリ、Macアプリ、Apple Watch、Apple TVアプリ)
  • Webアプリケーションの開発
  • Webサーバーの開発

主にApple製品向けのとしてリリースされましたが、swiftはオープンソースなのでApple製品以外でも開発することができます。

リリースされて日が浅いため、他のプログラミング言語に比べて案件が少ないという印象があります。

しかし、swiftは需要が高いもののswiftエンジニアが不足しているため案件は決して少なくありません。

これから案件も増えていく見込みのあるプログラミング言語です。

swiftアプリ開発に用意するもの

swiftでアプリ開発を行うためには、以下の3つは必ず用意しておきましょう。

①Apple ID

Apple社が提供するソフトウェアをインストールするために、Apple IDを取得しましょう。

既にApple IDを持っている方もアプリ開発のためには、開発者登録をしたApple IDを用意する必要があります。

②Xcode

XcodeはApple社が提供している開発ツールです。

Xcodeは「統合開発環境」と呼ばれており、アプリケーション開発には欠かせないメジャーなツールです。

Apple製品のアプリ開発にあてって必要な機能があるため、ダウンロードしておきましょう。

macOSであれば無料でダウンロードが可能です。

③Developer ID

開発したアプリを公開するためにはDeveloper IDを登録しましょう。

Developer IDが無くてもアプリ開発はできますが、Developer IDを登録することでApp Store以外でも公開ができます。

Apple Developerから無料登録が可能です。

swiftフリーランスエンジニアになるための勉強方法

比較的初心者にも優しいswiftですが、未経験のままいきなり独立してフリーランスになるにはどうすればよいのでしょうか?

勉強したいけど勉強がわからない方に向けて紹介してきます。

①swift入門本で勉強する

一番手っ取り早く勉強できる方法は入門本を購入することです。

本屋やネットのレビューなどを見て、自分自身が読みやすい&理解しやすいと思える入門本を選びましょう。

「どれから選べばいいのかわからない」という方は、初級向けの本から選び、中級者向け→上級者向けとレベルアップさせていきましょう。

いきなり上級者向けの本を選ぶのはNGです。

②Swift Playgroundsで勉強する

Swift Playgroundsはゲーム感覚でswiftのコードを学べるアプリです。

ゲーム感覚で学べるという点から、初心者の方でも楽しく勉強ができるので挫折せずに続けられるのでオススメです。

Swift PlaygroundsはApp Storeからインストール可能です。

③プログラムスクールで勉強する

完全に独学だけで勉強するのが苦手な方や、自信がない方はプログラミングスクールがオススメです。

プロの講師から学べるので確実に成長アップへ繋がります。

しかし、受講料が高いといデメリットがあるため、なかなか勇気が出ない方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、無料体験を実施しているスクールがあるので、試しに参加してみてはいかがでしょうか。

④インターネットや動画で勉強する

最近ではYouTubeやインターネット上で調べながら勉強することができます。

情報が豊富なのでわかないことがあっても検索すれば問題が解決したり、動画を見るだけで情報が入ってくるので効率の良い勉強方法といえます。

但し、動画やインターネットの情報のみの独学は不可能なので、「勉強する上での補助」感覚で調べるとよいでしょう。

とくに動画などの映像学習は記憶に残りやすいため、書面以外の情報が欲しいときに活用するなど使い分けをしましょう。

⑤会社で実務経験を積む

独学ではありませんが、会社で実務経験を積むことでフリーランスへの第一歩となります。

1年以上の実務経験があればフリーランスになっても、有利な案件獲得が期待できます。

プロのエンジニアたちと働くことで、常に学べる環境下にあるためすぐにレベルアップも見込めるでしょう。

swiftのフリーランスエンジニアになるためのステップ

それではswiftエンジニアになるために必要なものや、勉強方法を解説したので、次は独立してフリーランスになるためのステップを紹介します。

①アプリ開発をしてみる

実際にアプリ開発をしてみることは大切です。

アプリを作成することで新しい発見を見つけたり、自分の弱点や長所を見出すこともできます。

そしてなにより、フリーランスで案件を受注するためには自分を売り込むことも必要不可欠です。

そのため制作したアプリをポートフォリオの貴重な材料となり、実績を用意するためにもアプリを制作しておきましょう。

②ポートフォリオを作成する

上記でも説明したように、自分を売り込む武器は用意しておくとかなり有利です。

ポートフォリオは自分のスキルアピール以外にも、クライアントに対して安心感を与える手段にもなります。

フリーランスの難しいところはブランド力がないため、いかに自分自身を信頼してもらえるかが鍵となります。

ポートフォリオ作成には「自己紹介」「過去の成果物」「自分のスキル」「開発コンセプト」「将来の方向性」などを用意します。

一つ作成すれば使い回しができますが、古い情報になっていくので定期的に更新して手を加えていきましょう。

③相談できる仕事仲間を見つける

フリーランスのデメリットは一人で全てをこなすのは難しく、途中で挫折する可能性があるということです。

エンジニアは複雑な仕事なので誰にも相談できない状況は非常に厳しく、モチベーション低下に繋がります。

モチベーション向上や知識をつけるためにも、同じエンジニアに相談できる環境作りをしましょう。

躓いたときに一人で抱え込むよりも、相談して意見をもらう方が早く問題が解決します。

またフリーランスになると人との関わりが減ってしまい、視野が狭くなってしまうので、外部との関わりも重要となります。

④フリーランスになっても学習する

エンジニアとして成長するために、フリーランスで仕事を受注できるようになっても学習を続けましょう。

他のエンジニアに負けないくらい技術に磨きをかけることで、高収入の案件獲得を狙うことができます。

そのためには日頃から新しい情報を取り入れていきましょう。

swiftフリーランスエンジニア年収・月収の相場は?

フリーランスのエンジニアの年収は相場はおおよそ「700万~1000万円」と言われています。

他の業界と比べてもかなり高額であり、月収にすると60万~90万円の収入となります。

swiftフリーランスの場合、平均年収は960万円程度で最低年収でも480万円は想定されています。

月収にすると平均ラインで80万円、最低ラインで40万円となります。

ちなみに、swiftフリーランスの最高年収は1680万円であり、月収にするとなんと140万円になります。

swiftの需要はまだまだこれから広がっていくため、さらに高収入を狙える可能性がでてきます。

実績作りと技術を向上させることで最高年収も夢ではありません。

swiftフリーランスエンジニアの案件の探し方

swiftの勉強をして、実績を作ったのはいいけど「どうやってフリーランスとして案件を探せばいいの?」とお悩みの方もいるでしょう。

そんなお悩みの方にswiftフリーランスとして案件を探す方法を紹介していきます。

①クラウドソーシングで探す

フリーランスの活躍の場として利用者が多い「クラウドソーシング」で探すことができます。

有名なクラウドソーシングは案件が多く、自分に合った仕事を見つけることができます。

逆に自分で仕事を募集かけることもできるので、自由な働き方も夢ではありません。

しかしクラウドソーシングでも「経験者」が優遇される傾向があるため、単価が安くても実績をコツコツと積んでいくことから始めていきましょう。

実績を残すことで、いきなり仕事のスカウトが舞い込んできたり、好条件の案件を獲得できたりとプラスに働いていきます。

②知人や仲間に仕事を紹介してもらう

知人やエンジニア関係の仕事の方から案件も紹介してもらうという手段があります。

人脈が必要となりますが、人脈作りはインターネット上でも作ることができます。

多くの仕事が欲しい方は、まず人脈作りから入るのも一つの方法です。

③求人サービスで探す

フリーランス向けの求人サービスを利用して仕事を探す方法があります。

フリーランスエンジニアを積極的に採用している案件があったり、しっかりとしたサポート体制を行っているサービスがあります。

独立を始めたばかりのときは、わからないことが多く不安になることもあるでしょう。

なにから手を付けたらいいか悩んでいる人は求人サービスから始めてみてはいかがでしょうか。

また、充実した福利厚生やサポート体制を優先したい方は求人サービスを利用することをオススメします。

④企業に直接営業する

エンジニアは常に人手不足で、募集をかけてなくてもエンジニアを求めている企業も存在します。

自分から企業に営業する手段として「メール」「電話」「飛び込み営業」があります。

企業に直接営業する場合「企業側にとってメリットになる人物なのか?」という点を重要視されます。

しかし、一方的な営業はただの迷惑行為としてみなされることもあるのでご注意を。

企業側にアピールするためには、明確な仕事へ対する熱意を伝えることがポイントとなります。

いきなり自分を売り込んで営業することになるので、事前にポートフォリオや具体的な実績は用意しておきましょう。

swiftフリーランスエンジニアの魅力とは

①働く時間や場所が自由

フリーランス全般に言えることですが、働く時間と場所にとらわれることなく自由に自分のスタイルで働けます。

報酬を得るためには成果を出す必要がありますが、会社に行くストレスが軽減されるのは大きなメリットです。

②swiftエンジニアは高収入

Swiftフリーランスエンジニアの案件の単価は高く、大きな成果を出すことでさらに高額な収入が期待できます。

会社員の場合、成果を出しても直接給料に繋がらないので、モチベーションも落ちてしまいます。

フリーランスエンジニアとしての独立は簡単ではありませんが、すぐに収入に繋がるのはモチベーション向上になります。

③swiftエンジニアの需要拡大

swiftはApple製品に特化しているため衰退していく心配がありません。

それどころか、今後の需要拡大が期待されているプログラミング言語です。

現在swiftのエンジニア人口が少ないため、swiftのフリーランスエンジニアを求める企業もいます。

未経験でもswiftのフリーランスエンジニアを目指そう

swiftはこれから期待されているプログラミング言語です。

Apple製品利用者が増加し、iOSやmacOSアプリ開発のほとんどはswiftが主流になりつつあります。

しかしswiftは2014年にリリースされたばかりで、エンジニアが不足している状況です。

そのため他のプログラミング言語と比べても競争率が低く、swiftのフリーランスエンジニアになるには今が狙い目といえるでしょう。

案件を獲得するにはエンジニアとして知識を求められますが、勉強して実績作りしていくことで未経験でもswiftのフリーランスエンジニアを目指すことはできます。

ぜひ参考にしてみてください。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました