就活・転職情報

転職エージェントを利用して失敗することもある?失敗しない方法を伝授!

就活・転職情報

「転職エージェントを利用してみたいけど、不安だなあ」

「転職エージェントを利用して失敗したらどうしよう」

などの不安を解消し転職エージェントで成功する方法について解説します。

この記事でわかることは次の通りです。

  • 転職エージェントで失敗してしまう理由
  • 転職エージェント側の本音
  • 転職エージェントで失敗してしまう人の特徴
  • 転職エージェントで転職成功させる方法

転職エージェントの利用で失敗しない方法を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

何故転職エージェントで失敗するのか?

転職エージェントで失敗してしまうのに主に3つの理由があります。

  • 上司や同僚に不満を持っているから転職する場合
  • 現職に飽きたからという場合
  • 特別な理由がなくほかの企業で働きたいという場合

上司や同僚に不満を持っているから転職する場合、もし転職先に同じように自分に合わない上司や同僚がいたらどうするのでしょうか。

また転職するのでしょうか。

そうなると転職回数を繰り返し職歴が増えて、どの企業にも相手にされなくなってしまいます。

2つ目の理由の現職に飽きたからという場合、転職活動で妙に新鮮さを感じるため、転職が癖になってしまう可能性があります。

3つ目の特に理由はなく、なんとなくほかの企業で働きたいと思っている場合ですが、転職活動には時間や費用、労力もかかります。

明確な理由なく企業の面接を受けても、理由がないので結局入社を辞退してしまう可能性が高くなるでしょう。

転職エージェントの「本音」

転職エージェントは転職者を企業に紹介することで利益をあげています。

転職者を企業に入社させて初めて報酬が発生するので、求職者を企業側にいかに売り出すかが重要です。

なので、正直のところ転職者に直接本音が言えないことがあります。

転職でエージェントで失敗しないためには、転職エージェント側の立場や本音を知り、きちんとサポートしてもらえるような転職者になることが大切です。

転職者に本音を直接言えない

転職エージェント側からすれば、転職者は商品なので利益をあげるために求職者に気を遣わなければなりません。

例えば、話だけ聞きに来たという意欲が薄いような転職者がいたとして、企業に紹介できそうになくても、本音は言わずに丁寧に対応しなければなりません。

また、アドバイスを全く聞き入れず理想だけ高いような転職者に対しても、現実を言えず、絶対に通らないような企業の求人を紹介しなければなりません。

求人が少ない年齢層もある

転職エージェント側としても、転職市場に求人の少ないような年齢層の方にはとても気を遣います。

実際、35歳を過ぎると応募できる求人が一気に減ってしまうのが現実です。

35歳以上の人材には、もちろん即戦力となることが前提ですし、マネジメント経験やそれなりの実績も求められてきます。

なので、転職者がそのようなスキルや実績を持ち合わせていない場合、直接は言うことができずに何かしらの対応をしなければなりません。

転職エージェントを使って失敗しないためには、求人が少ない年齢層もあるということを理解しておきましょう。

転職エージェントを利用しても高確率で失敗する人

転職エージェントを利用しても高確率で失敗してしまう人には次のような理由が挙げられます。

  • 嫌なことがあるとすぐに転職する
  • 嫌なことは他人のせいにする
  • 親が口出しをしてくる
  • コミュニケーション能力がない

このような人はアドバイスしてもらっても失敗してしまう傾向にあります。

嫌なことがあるとすぐに転職する

前の職場で嫌なことがあり、簡単に転職で解決しようとしてしまう人がいます。

そして、次の職場で嫌なことがあると、また転職を繰り返す癖がついてしまいます。

このような人は、採用側から長続きしない人だという印象がつきます。

嫌なことがあったときに、まずはそのことと向き合い解決しようと努力してみて、それでもうまくいかない場合は転職を考えたほうがよいでしょう。

あまりにも転職を繰り返してしまうと、あまり良い印象をもたれず、選考に通りにくくなります。

嫌なことは他人のせいにする

仕事をしていればもちろん何かしら不満を抱えることはあります。

しかし、ネガティブな理由の場合、企業側は採用するメリットを感じません。

嫌なことの原因が自分以外にあると考えてしまう方は、成長に繋がらないと企業側に判断され、採用されにくくなります。

なので、すぐに他人のせいにしてしまう人は転職には向いていません。

転職を成功させている人は、どのような環境や状況でも人のせいにはせず、受動的ではなく主体的行動できる人がほとんです。

親が口出ししてくる

転職エージェントや面談などに親と同伴し、親がいろいろと口出しをしてしまようなケースもあります。

そのような人も転職はうまくいかないでしょう。

なぜならば、転職エージェント側や雇う側に「自分一人では決められないのか」「いつまでも親離れできないのか」などあまりよくない印象をもたれます。

全てのことに親が干渉しすぎると、本人は責任感をもたなくなります。

仕事や社会人には責任が伴うものなので、上記のような印象をもたれると転職活動はうまくいきません。

コミュニケーション能力がない

コミュニケーション能力がない人とは、単に人見知りなだけではなく、人の話を聞くことができない、視線をあわせるのが苦手など様々なものが挙げられます。

そのような人は、面接の場で人事の人にコミュニケーション能力が乏しいと見破られてしまい、あまり良い印象をもたれません、

コミュニケーション能力がないと、仕事をするあらゆる場面でうまくいかない事が目に見えているので、転職は難しくなります。

転職エージェントを側にも問題がある?

ここまでは、転職エージェントを利用しても失敗してしまう人の特徴を挙げてきました。

ですが、失敗する理由のすべてが転職者側にあるのではなく、転職エージェント側にある場合もあります。

実際キャリアアドバイザーの中には利益をばかりを優先し、転職者側の希望を受け入れてくれないという場合もあるので、注意が必要です。

以下のようなキャリアアドバイザーには注意しましょう。

合わない求人を紹介される

転職は求職者の希望に沿った、満足できるものでなくては意味がありません。

面談などでヒアリングした内容とはあまり関係なく、自分に合わない求人を紹介してくる人には注意が必要です。

そのようなキャリアアドバイザーは転職者がより良い転職をするよりも、とにかく自分の目先の利益を重要視する傾向が強いといえます。

なので、採用意識が高く、内定が出やすいような求人ばかりを紹介し推薦してきます。

このような転職エージェントには注意しましょう。

転職をゴリ押しされる

キャリアアドバイザーの中には、とにかく転職させようと転職をゴリ押ししてくるような人もいます。

それは、転職エージェント側にもノルマを課せられており、売上を達成させないといけないからです。

本当に転職者のことを考えているのであれば、転職をゴリ押ししてくる前に転職者の希望や状況についてしっかり把握し、そのうえで転職を勧めてきます。

担当者との相性が悪い

転職エージェントで転職する際は、キャリアアドバイザーとの相性良いかどうかが成功する大事なポイントになってきます。

どんな優秀なキャリアアドバイザーであっても、相性が悪いということも起こります。

面談の際に、話がしやすいのか、スムーズにやりとりができるのかなどを確認しておきましょう。

相性が悪いと感じた時は、担当を変更してもらうことができますので、正直にそのことを伝え本当に信頼できる良い担当者に出会いましょう。

転職エージェントで転職成功させる方法

そもそも転職における成功とはどのようなものなのかをまとめます。

  • 自分が納得できる希望条件になるべく近い会社に転職できる
  • 転職先で定着でき活躍できる
  • キャリア形成や自己実現に近づいている

このことを前提に、「転職エージェントで転職を成功させるための方法」をまとめると以下のようになります。

  • 転職する理由をはっきりさせる
  • 転職エージェント側の立場や本音をしっかりと把握しきちんとサポートしてもらう
  • 転職を失敗する人の特徴を知る
  • 本当に信頼できる相性の良いキャリアアドバイザーと出会う

もちろん転職を成功させるためには、転職エージェントだけに頼るだけではなく、自ら企業研究をすることや面接対策、スケジュール計画を立てることなども重要になります。

実際に転職エージェントを利用し、「将来への不安が解消された」「年収がアップした」など、成功した人も多いです。

転職エージェントを利用し、失敗しないためにも、上記項目についてしっかりと理解しておきましょう。

まとめ

転職は人生の中でも大事なターニングポイントとなってきますので、成功させたいですよね?

より幸せな人生を掴むためにも実際に行動し、上記で紹介したように、転職エージェントをうまく活用し転職を成功させていきましょう。

この記事が転職の役に立ち、みなさまの転職活動がうまくいくことを願っています。

タイトルとURLをコピーしました