就活・転職情報

第二新卒の転職は上手くいく? 転職を成功させるポイントとは?

就活・転職情報

第二新卒という言葉は聞いたことがありますか?

新卒で入社後3年以内に退職する人たちの事を指しますが、私も第二新卒で転職しました。

いざ、退職・転職活動となっても初めてなので戸惑う方も多いですよね?

私も不安でなかなか行動に移せませんでした。

今回は、私の体験談も交えながら話して、第二新卒の人たちの背中を少しでも押せたらと思っております。

一歩踏み出すキッカケになれば幸いです。次項から第二新卒について解説していきます。

第二新卒とは? 既卒との違いは? 

第二新卒って言葉はよく聞くけど何を指しているか分からないって方も多いと思われます。

第二新卒に明確な定義はありませんが、一般的に新卒で入社後3年以内に退職をする人たちの事を指します。

また、既卒という言葉も存在しており第二新卒と何が違うのか今一つ分からないという方も多いでしょう。

既卒と第二新卒の違いもこれまた明確な定義はありません。ただ、既卒は正社員で就業経験がない人の事を指す言葉です。

第二新卒→入社後3年以内に転職を考えている “正社員”
既卒→入社後3年以内に転職を考えている “非正社員”

という捉え方で良いでしょう。

私も、転職活動をしていたころ違いが分からず、ヤヤこしいと思った記憶があります(笑)

次項では第二新卒で転職活動する際のメリット・デメリットを述べていきます。

第二新卒で転職する際のメリット・デメリット 

第二新卒で転職する際にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、第二新卒のメリットとデメリットについて説明します。

第二新卒の主なメリット

  1. 基本的なビジネスマナーは習得している
  2. 一度社会に出た上で転職活動をするのでミスマッチが減る
  3. 少なくとも社会経験がある

第二新卒は基本的なビジネスマナーは習得しているので、企業側に教育コストがかからないといったメリットがあります。

新卒で就職活動していた時期は会社、社会の全体像を把握するのは難しいです。

社会に出ると自分がやりたい事、どういったスキルを身に付けて企業に貢献していきたいか分かってくるのでミスマッチを減らせます。

また、社会経験があるというのは新卒に比べて大きなメリットです。

学校と社会は全く違う分、大きく評価される箇所です。

第二新卒の主なデメリット

  1. すぐ辞めるのではないかと思われてしまう
  2. スキルがない

新卒で入社した会社を3年以内に退職するので、採用側から “すぐ辞めるのでは”と疑われやすくなります。

これについては転職理由を述べる際に充分挽回できます。

後ほど、詳しく説明していきます。

また、一般の転職者に比べて3年以内に転職活動をするのでどうしてもスキルは低く感じる事でしょう。

この点については採用側も理解しています。

その分、意欲やポテンシャルを重視するので覚えておきましょう。

第二新卒に企業が求めるものとは

実際、第二新卒で転職活動をして感じたことなのですが、企業が第二新卒を求める理由として大きく分けて3つの理由があります。

  1. 未経験・即戦力の中間の人材が欲しい
  2. 教育コストがそれほどかからない
  3. 近年、新卒の就活が売り手市場になっている

企業は将来を担う若手を採用するに当たり、新卒だと1から教えないとダメなので指導の時間がその分かかってしまいます。

第二新卒だと一から教えるという事はないので、その分教える手間が省けスムーズに指導していく事が出来るのです。

また、即戦力のレベルになると前の会社に染まっている場合があるので、染まりきってない第二新卒はその分有利です。

新入社員研修が数か月~半年という期間の企業も存在しています。

新入社員研修を行わなくて良いので、コストも削減できますし最初から業務に携われるというのも大きな利点でしょう。

近年、少子化に伴い良い人材が取れなかったという企業も多くあります。

それに伴い、将来の事を踏まえて第二新卒から良つけようとする企業も多いです。

第二新卒で転職活動する際のアドバイス

転職活動する際のアドバイスとして転職エージェントを活用することをお勧めします。

私自身、初めての転職活動で不安だったのですがエージェントの方が自分に合う求人の紹介や履歴書の作成まで親身になって教えてくれました。

また、模擬面接も希望すればやってくれます。

新卒と第二新卒は違うので色々なアドバイスを頂きとても参考になりました。

おかげで私は一ヶ月ほどで転職に成功することが出来たのです。

エージェントを利用する際の料金は0円です。

表向きには出てないエージェントしか知らない求人も持っています。

利用して損をすることはないので是非活用しましょう。

大手のパソナ辺りは求人数が多くおススメです。

「パソナキャリア」は転職実績も豊富で、転職エージェントが最後までしっかりとサポートしてくれます。

求人数も多く、高条件・高待遇の案件も多数掲載されています。

親切で丁寧なサポートに定評がある「パソナキャリア」に登録して転職を成功させましょう。

面接の際のアドバイス

“転職理由”は必ず聞かれます。

私も転職活動で10社ほど面接受けましたが、100パーセントの確率で聞かれました。

企業は「なぜ辞めたのか・またすぐに辞めるのではないか」と少なからず考えています。

それを逆手に取り、ポジティブな志望動機を述べましょう。

ネガティブな志望動機は絶対にダメです。

例)→今の会社が嫌だから × 
 →やりたい事があり、今の会社では実現できない等 〇

また、自分自身のキャリアプランを聞いてくる企業も多いです。

最終的に自分がどうなっていたいか考え、聞かれたらすぐに答える事が出来るようにしておきましょう。

転職活動を始めるタイミングとは

今の会社に行きながら転職活動をした方が良いのか?退職してから転職活動をした方が良いのか?気になる方が多いと思います。

一般的には以下の流れになります。

今の会社に行きながら転職活動→採用決定→入社日決定→退職の日程・引継ぎ業務等→退職→入社

退職後に活動をすると空白期間が出来る、収入が一時的になくなるというデメリットがあります。

ただ、私は辞めたかったら転職先が決まっていなくても辞めても良いという考えです。

なんせ、私自身転職先が決まる前に辞めましたから(笑)

もし、今のまま行き続けて体が壊れる可能性を感じたらすぐに辞めるべきです。

体を壊したら元も子もないですから。

私がいうのもなんですが、人生なるようになります!

ただ、就職先が決まってから辞める方が良いのは事実なので、あくまで私の意見は参考程度にして後はご自身の判断でお願いします。

まとめ

・第二新卒→入社後3年以内に転職を考えている “正社員”

・既卒→入社後3年以内に転職を考えている “非正社員”

第二新卒の主なメリット

  1. 基本的なビジネスマナーは習得しているという点
  2. 一度社会に出た上で転職活動をするのでミスマッチが減る
  3. 少なくとも社会経験がある点

第二新卒の主なデメリット

  1. すぐ辞めるのではないかと思われてしまう
  2. スキルがない

企業が第二新卒を求める理由

  1. 未経験・即戦力の中間の人材が欲しいから
  2. 教育コストがそれほどかからないから
  3. 近年、新卒の就活が売り手市場になっていて新卒で良い人材を取れなかったから

第二新卒で転職活動する際のアドバイス

・転職エージェントはどんどん活用していこう!

面接の際のアドバイス

・転職理由は必ずポジティブに!

・大まかで良いのでキャリアプランを考えよう!

転職活動を始めるタイミングとは

・世間一般的には今の会社に在籍しながら転職活動をする方が良い。

 ただ、先に会社を退職してからでも間違いじゃない事を念頭に置いておこう。

私自身、第二新卒で転職を考えていた時は初めてで不安だったり、大したスキルも持っていなかったりしたのでなかなか行動に移せませんでした。

けれど一歩踏み出せば意外と怖くなく、どんどん真っすぐに進んで行けました。

要は「一歩踏み出せるか?踏み出せないか?」の違いだけだと思います。

本記事が転職への第一歩を踏み出せるキッカケになれれば幸いです。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました