就活・転職情報

Webデザイナーとして転職する方法!アルバイトや転職エージェントも利用しよう!

就活・転職情報

人気の仕事としてWebデザイン関連の仕事を行って行く方が最近では大変多いです。

Webデザインの仕事は多くの方にとっても大変重要な仕事です。

今後もWebの世界ではどんどん多くのページや革新的な技術が出てくるので、その中でいか素敵なページを作っていけるかどうかを考える事は大変やりがいのある事でもあります。

そこで今回は、Webデザイナーとして転職活動をするにはどうすればいいのか、未経験からでもWebデザイナーとして転職できるのかをお伝えします。

Webデザイナーへの転職はキャリアとのミスマッチを防ぐことが重要

Webデザイナーとしてそれまでの経験を活かして転職を行っていく事を考えれば、多くの自分の作品を提案できるようなソースコードや、ポートフォリオを作っておく事が大変重要となります。

普段から最適な方法で、「多くの方にとってユーザビリティやアクセシビリティの高いサイトを作っていけるかどうか」を提案する事がWebデザイナーおいては大変重要です。

そのため、転職では経験や実績をアピールしなければなりません。

転職で失敗する場合によくあるのが、自分のキャリアとのミスマッチです。

自分のスキルやキャリアと一致しない仕事を選ぶと、スキルが足りないといった場面に直面してしまいます。

そのため、仕事におけるスキルを保有しているかどうかを考える事が大変重要なポイントとなるのです。

Webデザイナーへの転職ではエージェントを上手く活用しよう

仕事をしながら最適な転職先を見つける事は大変です。

しかし、転職エージェントを活用して転職を行っていく事で、自分のスキルアップや仕事と両立しながら効率的な転職活動を行っていく事ができます。

転職エージェントの選び方

転職エージェントは、自分が現在行っている仕事に特化したサイトを選んでいく事が重要な事となります。

専門のサイトを上手く使っていく事で、自分の希望の労働条件やその他の労働時間や収入等にこだわった転職ができます。

専門知識のないエージェントでは、理解してもらえないような部分もあります。

しかし、Web業界に精通したエージェントであれば、自身の転職におけるこだわりを理解し、適切な求人を案内してくれます。

その点を十分に考慮して、自分の現状のスキルとマッチングしたサイトに登録を行いましょう。

転職エージェントの登録は早めに行おう

転職エージェントの登録は早めに行っておく事で、転職活動をスムーズに行うことができます。

いつでも自分が転職を思い立った時に、自身の希望に見合った求人を探す事が可能です。

その際に、自分のポートフォリオやプロフィールの登録もきちんと行っておきましょう。

転職エージェントは複数登録すべき

複数のエージェントに登録を行っておく事で、より多角的に仕事探しを行っていく事ができます。

転職を成功させるためには、適切なエージェント探しから始まります。

複数の転職エージェントに登録することで、多くの求人を案内してもらうことが可能です。

下記の記事では職種や年齢、年代別おすすめ転職サイトをそれぞれ紹介しています。

未経験でもWebデザイナーへの転職は可能

未経験からWebデザイナーへの転職を考える方も大変多いのです。

そのような場合は、転職活動前に資格を取得しておきましょう。

資格をきちんと保有しておくことで、その仕事に対する熱意を効果的にアピールする事が可能です。

Webデザイナーの資格には、「Webクリエイター能力認定試験」や「HTML5プロフェッショナル認定資格」などがあります。

自身の目指すWebデザイナー像やキャリアを明確にし、どのような資格を取得したらよいか検討しましょう。

Webデザイナーへの転職を成功へ導くポイント

転職は多くの方にとって、人生の転機です。

Webデザイナーへの転職を成功させるには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

ここでは、Webデザイナーへの転職を成功させるポイントをみていきます。

ワークライフバランスを考えた転職を

転職を契機として、自分の人生のワークライフバランスを見直す人も大変多いのではないのでしょうか。

正社員ばかりでなく、派遣や契約社員等として、時間的な余裕を持ちながら、収入と自分のプライベートのバランスを取る事も重要です。

自分の人生のワークライフバランスを考えた上で、転職活動を行いましょう。

クラウドソーシングで仕事を得る方法もある

Webデザイナーの仕事は、リモートで行う方法もあります。

クラウドソーシングサイトなどを使って、在宅でも十分な仕事ができる時代となってきました。

このような時代背景を有効に活用しながら、家族や趣味、友人との時間を大切にすることを考えてみてもいいでしょう。

収入の目安を決めることも重要

Web業界は大変働きやすいのです。

その理由として、求人の数が絶対多いので自分の労働環境に合った転職を行うことができます。

収入を重視するのであれば、その旨を転職エージェントにしっかりと伝えましょう。

無理に長時間労働で疲弊するのではなく、短時間で部分的な仕事を行っていくだけでも十分な収入と時間のバランスを得る事が可能です。

アルバイトからWebデザイナーへの就職も可能

アルバイトを有効に活用していく事で、副業として収入を得たり、転職までの時間を有効に活用して収入を得る事も十分に可能です。

最近では副業を容認する企業も多いので、アルバイトで短期的な収入を得ながら、自分にとってベストな仕事を探していく方法もあります。

特に、未経験でWebデザイナーを目指す場合や、社会経験やスキルに乏しい若年世代にとっては、就職への門戸は狭いものとなっています。

そのような場合は、アルバイトをフルに活用し、収入を得ながら時代に最適なスキルを得ましょう。

40代でWebデザイナーへの転職は可能?

転職は35歳までと言われることが多いです。

しかし、社会や価値観が多様化する中で、働き方にも選択肢が増えています。

40代の方でも自分にあった最適な働き方や収入を得ることは可能です。

それまでの経験やスキルを欲する会社は沢山あります。

そのような中で、きちんとした自分のスキルを証明して、それまでの経験をいかにして会社に役立てるかどうかを伝えることで、Webデザイナーとして内定を得ることもできます。

下記の記事では40代の転職成功のポイントと、おすすめの転職サイトを解説しています。

ぜひご覧ください。

まとめ

Webデザイナーへの転職は、いかに効率よく転職活動を行っていくかが大変重要です。

転職活動では、それまでの自分のキャリアや実績をきちんと整理して臨みましょう。

ただ闇雲に仕事を探すのではなく、自分のキャリアや希望する条件を軸に、何を行えば効率の良い転職活動ができるのか見定めましょう。

また、未経験から転職を考えるなら、資格取得も視野に入れるべきです。

Webデザイナーはこれからますます需要が高まる職種なので、計画的に転職活動を行うことで、転職成功する可能性も高くなります。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました