フリーランス

フリーランスで生きていくとは?まずは副業から始めたほうがいいの?

フリーランス

フリーランスで生きていくためには、どうすればいいかわからない方も多いです。

いきなりフリーランスになると、仕事が受注できなかったり、やり方が分からなかったりとリスクが大きくなってしまいます。

そのため、フリーランスで収入を得るには、副業からスタートするほうがリスクが少ないです。

そこで今回は、本業としてフリーランスを始めるまでの流れをわかりやすく解説します。

フリーランスで生きていく方法も選択肢に入れるべき

コロナ禍で就職先が倒産した、もしくは、収入が減ったといった話も最近では、珍しくない話となりました。

今の就職先から条件の良い転職となるとかなり厳しいものとなります。

企業側も今回のコロナの影響で、新卒の採用の取りやめや、早期退職者を募っているのが現状です。

この現状のまま生活をしていれば、生活は間違いなく会社に依存した生き方となります。

会社の業績がずっとよければそれに越したことはありませんが、今回のように、未来ではどのようなことが起きるのか誰も予想ができません。

収入という生活を送るために必要な原資を一つの会社から得ることによって、今後おこる不測の事態に対応することが今後生きていく上で重要となるスキルです。

また、収入源が一つだけというのは、リスクが非常に高い状態です。

そのため、自身の能力を活かしたフリーランスという生き方も選択肢に入れてはいかがでしょうか。

フリーランスと聞くと収入が低い、なにをやっているのかわからないといった方が多いと思います。

フリーランスとは一体どんな職業なのでしょうか?

フリーランスで生きていくとは?

フリーランスで生きていくためにはスキルが必要です。

まず、フリーランスという職業とは、特定の企業で属さずに、自身の能力で仕事を請負って収益を得る人たちのことです。

得意分野で仕事をし、成果を上げていく小説家や芸能人をイメージするとわかりやすいです。

このような職業の方々は自身の経験やスキルを売って生計を立てています。

しかし、自分には何のスキルもないという方もいます。

技術や知識を持っている方もいますが、それを磨くことによって、初めてスキルと呼べるものとなります。

多くの方々は努力や改善、自己修正をし、スキルが積みあがってきていきます。

フリーランスで生きていくために、まずは自分のスキルを磨きましょう。

フリーランスで生きていくためには副業からスタート

フリーランスという生き方を副業からスタートすることで、リスクを回避が可能です。

副業からスタートするためには何が必要でしょうか?

ここでは副業からスタートするための流れを解説します。

まずは目標を明確にする

何かを始めるには、目的や目標をはっきりとしておくべきです。

「何のために働くのか」、「副業をして何を得たいのか」を明確にしておくことで努力を惜しまなくなります。

隙間時間を労働に充てるので、その目的意識がはっきりしないと途中で挫折することもありますので、できるだけ目標を明確にしておくことをお勧めします。

副業で収入を得る

まずは副業で収入を得てみることから初めてみましょう。

いきなり、本業でフリーランスという選択肢は、正直お勧めしません。

フリーランスとはいわば、プロの方ということです。

仕事の依頼者もプロのクオリティを求めています。

その世界で、収益を上げるためには、まず自身がどんなスキルを持っていて、どんなことに挑戦したいかを明確にしてからでないと失敗してしまいます。

スモールステップから挑戦をしてみましょう。

コロナの影響もあり、現在の収入減では不安だという方々が多いと思います。

そのため、収入源を増やすという考え方が必要です。

副業の選択肢はたくさんにあります。

休日の空いた時間が勿体ないので飲食店でアルバイトをする。

もしくは、クラウドソーシングで在宅で働くといった選択肢もあります。

副業で収入を得ることができれば、次のステージも視野に入れて行動しましょう。

副業をするうえで本職を疎かにしない

副業という働き方は興味を持ったものの中から、取捨選択をできる仕事の方法です。

副業をすることにより、自身のスキルアップとなり強みとなります。

規定上副業は認められていないという会社もありますが、実はこちらの規定は、法的には拘束力はないです。

基本は就業時間外であれば、自由に働いてもよいことになります。

ただ、気を付けるべき点は、副業によって本職が疎かにならないようにする必要です。

副業の段階では、あくまで本職を大事にするという考えが重要です。

副業から本職「フリーランス」で生きていく

副業が上手くいくと、本業より副業のほうが収入が大きくなるタイミングがあります。

あるいは、副業の方がストレスなく安定した収入を得ることができる場合もあります。

これは、まさに副業の成功事例です。

副業により、自身の市場価値が上がった、もしくは認められたということです。

自身の価値が高まってくると仕事をすることが非常に楽しくなってきます。

そのポイントが訪れると、仕事をすればするほど仕事の精度は向上していき、自身のスキルアップができ、自身の市場価値がより高くなり、好条件の案件を受注できるという好循環になります。

ここまで成長すると、本職に割いている時間を副業に充てることを検討して良いでしょう。

ここでの切り替えで、フリーランスとしての生活が始まります。

下記の記事では副業からフリーランス始める流れを解説しています。

本記事と合わせてぜひご覧ください。

「開業届」はフリーランスで生きていくために必要?

「開業届」は、必ずしも提出しなければならないわけではありません。

しかし、提出することにより、大きなメリットが得られます。

ここでは、そのメリットを具体的に解説します。

青色申告が可能

青色申告すると、確定申告を毎年する際に65万円の特別控除を受けることが出来ます。

日本では収入を得ると税金を納めなければなりません。

開業届を出していないと収入の全額に一定の税率が掛かります。

しかし、開業届を出していると、収入から65万円分が引かれた金額に対して、税率が掛かるので節税に繋がります。 

経費の幅が広がる

「開業届」を提出すれば、家族に仕事の手伝いをしてもらい、その方にお給料として渡すと経費として認められます。

また、仕事で必要となった機器類も経費として計上することが可能です。

経費分を差し引いた分の、収入に税金が掛かりますのでこちらも節税となります。

社会的信用を得ることが出来る

開業届を提出することで、公的機関はあなたを一人の個人事業主として把握します。

よって、銀行で資金を借りる際や、ローンを組む際も承諾されやすくなります。

そのため、フリーランスで生きていくのであれば、「開業届」を提出することをおすすめします。

まとめ

社会情勢は刻一刻と変化しています。

今後の社会で求められることは「個の力」です。

組織に依存し、組織が無くなった時に、スキルがなければ収入を得ることができません。

スキルなしで生きるには、非常に難しい世の中となってしまっています。

そのため、現在就業している方も、フリーランスで生きることを視野に入れて行動してみましょう。

スキルを身に付けておくことにより、いざというときに選択肢の幅が広がります。

また、下記の記事では副業の仕事の種類とポイントを解説しています。

副業からフリーランスを目指しとはぜひご覧ください。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました