メガバンクの年収やボーナスは?総合職・一般職の初任給も解説!

業界研究

「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」は日本の三大メガバンクと呼ばれています。

就活生の中にはメガバンクに就職したいと考える人います。メガバンクは地方の銀行よりも年収が高いイメージもあり、メガバンクに就職すると高収入が期待できます。

今回は「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の日本三大メガバンクの特徴を踏まえた上で年収やボーナスについて解説していきます。 

メガバンクっていったい何?

メガバンクという言葉には明確な定義があるわけではありません。一般的には巨大な資産家収益規模を持つ銀行やそのグループのことをメガバンクと言います。

日本でメガバンクといえば「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の三つの銀行のことです。

ここでは、それぞれの銀行の特徴を見ていきます。

三菱UFJ銀行



会社名株式会社三菱UFJ銀行
創業1919年8月15日
本社所在地東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
売上(百万円)6,697,400百万円(2019年3月期決算)
従業員数33,524人(2019年3月末現在、単体)

三菱UFJ銀行は「世界に選ばれる信用のグローバル金融グループ」というものを企業理念として掲げています。

主に個人や企業への融資、証券の金融商品仲介、法人の事業戦略や経営相談などの事業を手掛けています。国内外のお客様を支える金融グループとして、国内はもとより海外にも大きな規模を持っています。

三菱UFJ銀行は三大メガバンクの中では、唯一海外でのリテール事業を展開しています。タイのアユタヤ銀行買収しているため、海外利益の比率も5割を超えています。

三井住友銀行

会社名株式会社三井住友銀行
創業1876年7月
本社所在地東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
売上(百万円)5,735,3000百万円(2019年3月期決算)
従業員数28,401人

三井住友銀行の企業理念は「お客様により一層価値のあるサービスを提供し、お客様とともに発展する」ということを掲げています。

中小企業向けにビジネスローンを開拓するなどのリテール投資銀行事業を展開し、よりよいサービス提供や職場づくりに取り組んでいる銀行でもあります。

三井住友銀行は関西に拠点を置く住友銀行と、関東に拠点を置くさくら銀行が合併して発足したことも知られています。そのため関東のみならず、関西にも強い営業地盤があり、他の二つの銀行と比べて一人当たりの営業利益率が高く、個人の営業力が強いという特徴があります。

みずほ銀行

会社名株式会社みずほ銀行
創業2013年7月1日
本社所在地東京都千代田区大手町1–5–5
売上(百万円)6,697,400百万円(2019年3月期決算)
従業員数29,991人

みずほ銀行の企業理念は「One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに」です。「日本、そしてアジアと世界の発展に貢献しお客様から最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループ」を実現するために事業に取り組んでいます。

みずほ銀行は2000年に、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の統合によって設立され、メガバンクで唯一47都道府県に支店があります。

日本のメガバンクの平均年収は?

日本でメガバンクといえば「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」の三つの銀行ですが、それぞれのメガバンクの年収はどのくらいなのか気になる方もいるはずです。

ここでは、各社の年収や初任給など、詳しい給与事情をみていきます。

各社が公表する有価証券報告書に記載されている平均年収は以下の通りです。

金額(単位:百万円)
三菱UFJ銀行771
三井住友銀行820
みずほ銀行737

参考:有価証券報告書(三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行

平均年収としては三井住友銀行が一番高くなっています。

初任給

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の初任給をみていきます。

三菱UFJ銀行175,000円~230,000円
三井住友銀行175,000円~230,000円
みずほ銀行175,000円~230,000円
三菱UFJ銀行175,000円~230,000円

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行とも初任給の変わりはありません。

職種ごとの初任給

ここでは、職種ごとの初任給を見ていきます。

三菱UFJ銀行では総合職、ファシリティマネジメント職 、ビジネス・スペシャリスト職に分かれています。

三井住友銀行では総合職、ビジネスキャリア職に分かれています。

みずほ銀行では基幹職と特定職に分かれています。

それぞれの銀行の職種ごとの初任給は以下のようになります。

三菱UFJ銀行:総合職、ファシリティマネジメント職205,000円~230,000円
三菱UFJ銀行:ビジネス・スペシャリスト職195,000円~220,000円
三井住友銀行:総合職205,000円~230,000円
三井住友銀行:ビジネスキャリア職175,000円~195,000円
みずほ銀行:基幹職205,000円~230,000円
みずほ銀行:特定職175,000円~195,000円

学歴ごとの初任給

日本の三大メガバンクである三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行では学歴ごとに初任給を定めています。学歴毎の初任給としては以下のような違いがあります。

短期大学・専門学校卒四年生大学卒大学院卒
三菱UFJ銀行:総合職、ファシリティマネジメント職205,000円230,000円
三菱UFJ銀行:ビジネス・スペシャリスト職175,000円195,000円220,000円
三井住友銀行:総合職205,000円230,000円
三井住友銀行:ビジネスキャリア職175,000円195,000円
みずほ銀行:基幹職205,000円230,000円
みずほ銀行:特定職175,000円195,000円

メガバンクのボーナス について

メガバンクのボーナスは赤イメージがあります。実際に三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の三行も、冬のボーナスでは100万円以上の報酬がある場合もあります。

20代で80万円、30代で100万円、40代で200万のボーナスをもらう人もおり他の職種と比べ非常に高い報酬を誇っています。

メガバンクの平均年収が良いのはなぜ?

メガバンクは転勤や海外赴任があり、その手当てが手厚く保障されているため平均年収が高くなります。職種にもよりますが、数年単位で国内外を転々とする生活なり、一か所に定住するということは難しくなります。

しかし、福利厚生や家族手当、住宅手当は手厚く保障されており、転勤や海外赴任することによりキャリアアップにもつながります。

メガバンクと地銀の年収はどのくらい違うのか

メガバンクと地方の銀行の年収の差について、気になる方も多いでしょう。結論から言えば、メガバンクと地方の銀行の年収において、あまり差がない銀行もあります。

地方の銀行といってもそれぞれの企業は異なる特徴があり、年収もメガバンク並みに高い企業もあるということを知っておきましょう。

メガバンクへの就活は 「OfferBox」 がおすすめ

メガバンクへの就活は「OfferBox」への登録がおすすめです。

登録するだけで企業からオファーが来るので、効率的な就活をすることができます。

登録がまだの方は早めに登録して、企業への内定を勝ち取りましょう。

「OfferBox」への登録はこちらから

まとめ

今回は日本の三大メガバンクである三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の年収やボーナスについて解説しました。

一般企業と比べると、年収は高い水準にありボーナスも高い報酬を誇っています。しかし、地方の銀行の中にもメガバンク並に年収の高い銀行もあるので、それぞれの銀行な特徴を比較して検討されてみるのも良いでしょう。

メガバンクは非常に人気が高く就職するのも難しいですが、就職できれば安定した高い年収や、高いボーナスが期待できるのでエントリーしてみる価値は大いにあります。

また、メガバンクなどを目指す方が目標とするのが高い年収です。仕事はお金のためと割り切って働くメリットなどは下記の記事で解説していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店
タイトルとURLをコピーしました