仕事はお金のため?割り切って働く方法やそのメリットも解説!

仕事はお金のためと割り切る人もいれば、やりがいを求める人もいます。お金のために仕事をすることは辛いと感じる人も多いです。

しかし、現実には「仕事はお金のため」と働いてる人が多いのも事実です。今回は、仕事をお金のためだと割り切るメリットやデメリットについて解説していきます。

仕事をお金のためと割り切ることはできる?

仕事をお金のためと割り切ることは、かなり難しい問題となります。社会に出て働くということは、人生の大半を占めそれだけ多くの時間を使うということなので、仕事はお金のためと割り切ることはなかなか難しいです。

やりがいや好きなことを仕事として選ばずに、お金のためだと割り切って働く場合もあります。しかし、人生を豊かにするためにはお金は大切ですが、いくら給料が良くても選択ミスだと感じる方も多いです。

やりたいことを選ぶのか、それともお金のために仕事を選ぶのか、という葛藤はすべての人が持っています。お金だけでもやりがいだけでも生きていくことはできません。どちらを選べばいいか悩む人は大勢います。

お金のためと仕事を割り切る人ほど仕事が辛い現状

仕事は人生の大半を占め、多くの時間を使うことになるので、満足度の低い仕事で人生の大半に使うことは苦痛でしかありません。現実に多くの方が、仕事を振られた女と割り切れずに悩んでいます。

仕事を頑張っても同僚と給料はそこまで変わらない

いくら仕事頑張っても、一年や二年では同僚と給料の差はそこまで変わりません。給料の差は出てくるのは10年後や20年後、長ければ30年後や40年後になってしまいます。

モチベーションを何十年も保つのは大変です。また、数十年後に出世できれば良いですが、出世できなかった場合は後悔だけが残る形となるでしょう。

転職することも視野に入れるため職場に未練がない

仕事はお金のためと割り切ることができれば、もっと稼ぐことのできる職場に転職することも考えられます。現在の職場にメールのなくなれば人間関係の構築も面倒くさくなります。

そういった場合は、自分で働きづらい環境を作ってします恐れもあります。働きづらい職場環境を作ってしまうと、働くことがとても辛くなってしまうというサイクルに陥ってしまいます。

周りと熱量が違うので孤独を感じる

お金のために働くという人と、やりがいを持って働くという人は、それぞれのベクトルが違います。仕事はお金のためと割り切って働く人は、他の人が楽しいと思うような仕事も楽しくなく、自分だけが周りの熱量と違うので孤独を感じてしまいます。

職場で孤独を感じると、働くことが虚しくなり、働きづらい環境を作ってしまいます。

必死に働くと信頼が離れていく場合もある

一般的に信頼される人物は、余裕を持って行動しており、周りの意見に耳を傾け、何があっても自分を見失うことがない穏やかな人です。

必死になることは悪いことではないのですが、場合によっては余裕がなくなり、自分を見失い、周りの意見も耳に入らなくなる恐れがあります。必死すぎると自分でも気づかないうちに、周りから信頼されない人間になってしまう場合もありますので注意が必要です。

頑張りすぎると疲れる

お金のために仕事をするのは良いことですが、頑張りすぎると疲れてしまいます。人間には限界があるので、体調を崩したり、最悪の場合働けなくなってしまうこともあります。

お金のために仕事をしていたのに、働けなくなると信頼がなくなり、お金もなくなってしまう恐れがあります。

働けば働くほど信頼が上がりそれに伴い給料が上がる場合もありますが、頑張りすぎるのも良くないです。そうならないためにも自分の限界を知っておきましょう。

仕事の満足度を上げるために必要な4つのこと

仕事お金のためと割り切って働く人もいれば、やりがいを求める人もいます。それぞれ仕事の満足度は違います。

ここでは、仕事の満足度を上げるために必要なことを4つ紹介していきます。

給料や福利厚生など条件の良さ

仕事はお金をもらうことを前提としています。お金をもらわない仕事はボランティアですので仕事ではありません。

そのため、給料や福利厚生など条件の良さは仕事の満足度を上げるために必要不可欠です。仕事にやりがいを求める人でも、給料や福利厚生などの条件が悪い場合は、仕事の満足度が下がってしまう恐れがあります。

仕事にやりがいや夢を求める

何もなくただ働くことと、やりがいや夢を持って働くことでは充実感が違います。やりがいや夢を持って働くということは、仕事をする上で満足度を上げるために非常に重要なものです。

得意分野を仕事に生かすことができるということでも、人間は仕事への充実感が上がります。

職場の人間関係が良い

どんなに給料が良くても、やりがいがあっても、職場の人間関係が悪いと働くのが苦痛になってしまいます。仕事の満足度を上げるためには人間関係は良い方がいいです。

仕事をする上で大切なのは給料や、やりがいの他に、そういった人間関係の良さです。

ライフスタイルの充実度合い

仕事をする上で、ライフスタイルを充実させるということはとても大切です。働くことも大切ですが、息抜きをして自分の人生や家族のことを考える時間も必要です。

そういった時間を作ることにより、より一層働くことの意味合いが分かり、仕事の満足度ともつながります。

仕事をお金のためと割り切れば楽になれる?

仕事お金のためと生きることは辛い側面もありますが、それにより楽になるための考え方もあります。

ここではその考え方を紹介していきます。

仕事にやりがいを求めない

仕事にやりがいを求めすぎると、そのやりがいがなくなった場合、働くことがとても辛くなってしまいます。やりがいよりもお金に重きを置くことにより、給料が下がらない限りモチベーションをある程度保って働くことができます。

お金をもらはない仕事はボランティアと考える

どんなにやりがいや夢があっても、お金をもらわずに働くことは仕事ではなくボランティアです。どんな人でも働くという行為をする対価として、お金をもらっています。

そう考えると、お金のために働くということは決して悪いことではないということがわかります。 お金のために働くということが一般的だと考え方を変えれば、働くことも辛くなくなります。

仕事以外に趣味を持つ

仕事以外に趣味を持つことはとても大切です。お金のためにと仕事をしていても、仕事がうまくいかなくなると辛くなってしまいます。

そんな時のために、仕事以外の逃げ道を作っておきましょう。仕事から一旦離れて自分を新しく見つめ直す時間や、考え方を整理させるためにも趣味の時間は大切です。

仕事なんかどうでもいいと思う人も多い

世の名には仕事なんかどうでもいいと思ってる人も存在します。仕事を必死に頑張ってる人には考えられないかもしれませんが、ストレスや疲れから、仕事をどうでもいいと思う人もいます。

世の中には仕事をどうでもいいと思う人も存在するということを実感することにより、自分が頑張りすぎることを防ぎ、仕事お金のためと割り切って働くのも楽になります。

仕事をお金のためと割り切るメリットもある

仕事お金のためと割り切る場合どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここではそのメリットを紹介していきます。

ストレスから解放される

仕事にやりがいや夢を求める人は、頑張りすぎてうまくいかないとストレスを溜め込む傾向にあります。お金のためと割り切ることによって、そのストレスから解放されることができます。

仕事はお金のためと割り切れば、人間関係も割り切ることができるため、面倒くさい人間関係から楽になることもあります。

孤立から脱却できる場合もある

仕事にやりがいや夢を求める人には考えられないかもしれませんが、お金のためと割り切って働いてる人は多いです。そういった職場に転職したり、そういった仲間を見つけることにより、孤独から脱却できる場合もあります。

大切なのは広い視野を持ち、様々な理由で働いてる人を見つけることです。たくさんの仲間を見つけることが出来れば、孤独を感じることもなくなります。

長く働くことができる

仕事はお金のためと割り切って働くことにより、お金にならない仕事はしないという選択ができます。公立の良い働き方をすることにより、プライベートの時間を充実させることができます。

それにより健康的に長く働き続けることができるため、生涯賃金で比べると、不健康な人よりも多くのお金を稼ぐことができます。

給料の良い仕事へ転職がしやすい

仕事はお金のためだと割り切ることができれば、今の職場へ固執することがなく、より良い給料の仕事へ転職することができます。仕事に未練がないのでブラックな環境から転職できるということもあります。

仕事はお金のためだと割り切れば、人間関係の構築が面倒くさくなるといったデメリットもありますが、給料の良い仕事へ転職がしやすいといったメリットもあります。

また、給料の良い仕事はメガバンクなどが考えらます。下記の記事ではメガバンクの年収やボーナスを解説していますので、興味ある方が是非ご覧ください。

仕事はお金のためにするのではないはないという考え方も知っておこう

仕事はお金のためだけでなく、時間や働くリスクと言ったことも知っておくべきです。

ここではそういった考え方を紹介していきます。

仕事で時間を使うのはもったいない

趣味や仕事以外の人生に重きを置く人の中には、仕事で時間を使いたくないっていう考えの人もいます。仕事で時間を使うよりも、好きなことをしていたいと思う人も多いです。

そういった人は、仕事とプライベートの時間を割り切って考えるため、効率よく働き無駄な業務をしません。企業にとっては、効率よく働き無駄な業務をしない人を推奨するといった場合も考えられます。

健康であれば働けなくなることはない

時代とともに定年退職の年齢は上がっていく傾向になります。その事を考えると働けなくなるリスクはとても大きいです。

一生健康で働き続けるためには、仕事よりも健康を一番に考えることのできる人の方が重宝される場合もあります。健康で一生働き続けることができると、生涯賃金が多くなる可能性もあります。

いざという時に企業は守ってくれない

働く上で大切なことは、いざという時は企業は思ってくれない、といったことを考えとくべきです。

体調を壊してしまった場合や、働けなくなった場合、自主退社を促されることさえあります。企業のために働くのではなく、自分のために働くという考え方を持っておくことは大切です。

厳しい時代を生き抜くためには、いざという時に備え、自分で自分の身を守る術を身につけておくことも重要です。

お金や企業が全てではない、ということを理解した上で働くことを推奨します。

まとめ

今回は仕事はお金のためと割り切って働く方法や、そのメリットを紹介しました。

働いてる人の中には、たくさんの考え方や働き方があります。一つの考えに縛られることなく、広い視野を持って働くということも大切です。

お金のために働くことは大切ですが、健康で長く働き続けることのほうが、生涯賃金は高くなる可能性があるということを覚えておきましょう。

Posts Tagged with…