就活・転職情報

仕事はお金のため?割り切って働くメリットとやりがいの大切さも解説!

就活・転職情報

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

仕事はお金のためと割り切る人もいれば、やりがいを求める人もいます。

お金のために仕事をすることは辛いと感じる人も多いです。

しかし、現実には「仕事はお金のため」と働いてる人が多いのも事実です。

今回は、仕事をお金のためだと割り切るメリットやデメリットやりがいの大切さについて解説していきます。

  1. 仕事をお金のためと割り切ることはできる?
  2. お金のためと仕事を割り切る人ほど仕事が辛い現状
    1. 仕事を頑張っても同僚と給料はそこまで変わらない
    2. 転職することも視野に入れているため職場に未練がない
    3. 周りと熱量が違うので孤独を感じる
    4. 必死に働くと信頼が離れていく場合もある
    5. 頑張りすぎると疲れる
  3. 仕事の満足度を上げるために必要な4つのこと
    1. 給料や福利厚生など条件の良さ
    2. 仕事にやりがいや夢を求める
    3. 職場の人間関係が良い
    4. ライフスタイルの充実度合い
  4. 仕事をお金のためと割り切れば楽になれる?
    1. 仕事にやりがいを求めないと楽になる
    2. お金をもらはない仕事はボランティアと考える
    3. 仕事以外に趣味を持つ
    4. 仕事なんかどうでもいいと思う人も多い
  5. 仕事をお金のためと割り切るメリットもある
    1. ストレスから解放される
    2. 孤立から脱却できる場合もある
    3. 長く働くことができる
    4. ブラックな環境から抜け出しやすい
  6. 仕事をお金のためだと割り切る方法
    1. お金儲けは汚いことではないということを知る
    2. お金を稼ぐことをやりがいにする
    3. 結局、生活するためにはお金が必要だと考える
  7. どうしても仕事をお金のためだと割り切れない場合は?
    1. 副業をしてみる
    2. 仕事を辞めて旅にでる
    3. 仕事をお金のためだと割り切っている職場へ転職する
      1. 給料の高い職種や業界へ転職するには「転職エージェント」を利用しよう
  8. 「仕事はお金のためだけではない」という考え方も知っておこう
    1. 仕事で時間を使うのはもったいない
    2. 健康であれば働けなくなることはない
    3. いざという時に企業は守ってくれない
  9. まとめ

仕事をお金のためと割り切ることはできる?

仕事をお金のためと割り切ることは、かなり難しい問題となります。

社会に出て働くということは、人生の大半の時間を仕事に使うということです。

そのため、仕事はお金のためと割り切ることはなかなか難しいです。

社会人の中には、やりがいや好きなことを仕事として選ばずに、嫌いな仕事でもお金のためだと割り切って働く人もいます。

人生を豊かにするためにはお金は大切です。

しかし、いくら給料が良くても、「今の仕事は自分には向いていない」と感じる方も多いです。

「やりたいことを仕事として選ぶのか」、「お金のために仕事を選ぶのか」という葛藤は多くの人が持っています。

お金だけをとっても、やりがいだけをとっても、生きていくことはできません。

職業選択の際に、どちらを選べばいいか悩む人は大勢います。

お金のためと仕事を割り切る人ほど仕事が辛い現状

仕事は人生の大半を占め、多くの時間を使うことになります。

満足度の低い仕事で人生の大半に使うことは、苦痛となる場合が多いです。

現実に多くの方が、仕事をお金のためだと割り切れずに悩んでいます。

仕事を頑張っても同僚と給料はそこまで変わらない

いくら仕事頑張っても、一年や二年では同僚と給料の差はそこまで変わりません。

給料の差は出てくるのは10年後や20年後、長ければ30年後や40年後になってしまいます。

モチベーションを何十年も保つのは大変です。

また、数十年後に出世できれば良いですが、出世できなかった場合は後悔だけが残る形となるでしょう。

転職することも視野に入れているため職場に未練がない

仕事をお金のためと割り切ることができれば、もっと稼ぐことのできる職場に転職することも考えられます。

現在の職場に未練がなくなれば、人間関係の構築も面倒くさくなります。

そういった場合は、自分で働きづらい環境を作ってします恐れがあります。

働きづらい職場環境を作ってしまうと、働くことが辛くなるので転職したい、というサイクルに陥ってしまいます。

周りと熱量が違うので孤独を感じる

お金のために働くという人と、やりがいを持って働くという人は、それぞれのベクトルが違います。

仕事はお金のためと割り切って働く人は、他の人が楽しいと思うような仕事も楽しくなく、自分だけが周りの熱量と違うので孤独を感じてしまいます。

職場で孤独を感じると、働くことが虚しくなり、働きづらい環境を作ってしまいます。

必死に働くと信頼が離れていく場合もある

一般的に信頼される人物は、余裕を持って行動しており、周りの意見に耳を傾け、何があっても自分を見失うことがない穏やかな人です。

必死になることは悪いことではないのですが、場合によっては余裕がなくなり、自分を見失い、周りの意見も耳に入らなくなる恐れがあります。

必死すぎると自分でも気づかないうちに、周りから信頼されない人間になってしまう場合もありますので注意が必要です。

頑張りすぎると疲れる

お金のために仕事をするのは良いことですが、頑張りすぎると疲れてしまいます。

人間には限界があるので、体調を崩したり、最悪の場合働けなくなってしまうこともあります。

お金のために仕事をしていたのに、働けなくなると信頼がなくなり、お金もなくなってしまう恐れがあります。

働けば働くほど信頼が上がりそれに伴い給料が上がる場合もありますが、頑張りすぎるのも良くないです。

そうならないためにも自分の限界を知っておきましょう。

仕事の満足度を上げるために必要な4つのこと

仕事お金のためと割り切って働く人もいれば、やりがいを求める人もいます。

それぞれ仕事の満足度は違います。

ここでは、仕事の満足度を上げるために必要なことを4つ紹介していきます。

給料や福利厚生など条件の良さ

仕事はお金をもらうことを前提としています。

お金をもらわない仕事はボランティアですので仕事ではありません。

そのため、給料や福利厚生など条件の良さは、仕事の満足度を上げるために必要不可欠です。

仕事にやりがいを求める人でも、給料や福利厚生などの条件が悪い場合は、仕事の満足度が下がってしまう恐れがあります。

仕事にやりがいや夢を求める

何もなくただ働くことと、やりがいや夢を持って働くことでは充実感が違います。

やりがいや夢を持って働くということは、仕事をする上で満足度を上げるために非常に重要なものです。

得意分野を仕事に生かすことができるということでも、人間は仕事への充実感が上がります。

職場の人間関係が良い

どんなに給料が良くても、やりがいがあっても、職場の人間関係が悪いと働くのが苦痛になってしまいます。

仕事の満足度を上げるためには人間関係は良い方がいいです。

仕事をする上で大切なのは給料ややりがいの他に、円滑にコミュニケーションが取れる人間関係の良さです。

ライフスタイルの充実度合い

仕事をする上で、ライフスタイルを充実させるということはとても大切です。

働くことも大切ですが、息抜きをして自分の人生や家族のことを考える時間も必要です。

そういった時間を作ることにより、より一層働くことの意味合いが分かり、仕事の満足度ともつながります。

仕事をお金のためと割り切れば楽になれる?

仕事お金のためと生きることは辛い側面もありますが、それにより楽になるための考え方もあります。

ここではその考え方を紹介していきます。

仕事にやりがいを求めないと楽になる

仕事にやりがいを求めすぎると、そのやりがいがなくなった場合、働くことがとても辛くなってしまいます。

やりがいよりもお金に重きを置くことにより、給料が下がらない限りモチベーションをある程度保って働くことができます。

お金をもらはない仕事はボランティアと考える

どんなにやりがいや夢があっても、お金をもらわずに働くことは仕事ではなくボランティアです。

働くという行為をする対価として、お金をもらうことが仕事となります。

そう考えると、お金のために働くということは決して悪いことではないということがわかります。

お金のために働くということが一般的だと考え方を変えれば、働くことも辛くなくなります。

仕事以外に趣味を持つ

仕事以外に趣味を持つことはとても大切です。

お金のためにと仕事をしていても、仕事がうまくいかなくなると辛くなってしまいます。

そんな時のために、仕事以外の逃げ道を作っておきましょう。

仕事から一旦離れて自分を新しく見つめ直す時間や、考え方を整理させるためにも趣味の時間は大切です。

仕事なんかどうでもいいと思う人も多い

世の名には「仕事なんかどうでもいい」と思ってる人も存在します。

仕事を必死に頑張ってる人には考えられないかもしれませんが、ストレスや疲れなどから仕事をどうでもいいと思う場合もあります。

また、趣味に重きをおく人は仕事をどうでもいいと考えることもあります。

世の中には仕事をどうでもいいと思う人も存在するということを実感することにより、自分が頑張りすぎることを防ぎ、仕事お金のためと割り切って働くのも楽になります。

仕事をお金のためと割り切るメリットもある

仕事お金のためと割り切る場合どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、そのメリットを紹介していきます。

ストレスから解放される

仕事にやりがいや夢を求める人は、頑張りすぎてうまくいかないとストレスを溜め込む傾向にあります。

お金のためと割り切ることによって、そのストレスから解放されることができます。

仕事はお金のためと割り切れば、人間関係も割り切ることができるため、面倒くさい人間関係から楽になることもあります。

孤立から脱却できる場合もある

仕事にやりがいや夢を求める人には考えられないかもしれませんが、お金のためと割り切って働いてる人は多いです。

そういった職場に転職したり、そういった仲間を見つけることにより、孤独から脱却できる場合もあります。

大切なのは広い視野を持ち、様々な理由で働いてる人を見つけることです。

たくさんの仲間を見つけることが出来れば、孤独を感じることもなくなります。

長く働くことができる

仕事はお金のためと割り切って働くことにより、お金にならない仕事はしないという選択ができます。

効率の良い働き方をすることにより、プライベートの時間を充実させることができます。

仕事に追われることなく、健康的に長く働き続けることができるため、生涯賃金で比べると不健康な人よりも多くのお金を稼ぐことができます。

ブラックな環境から抜け出しやすい

仕事はお金のためだと割り切ることができれば、今の職場へ固執することがなく、より良い給料の仕事へ転職することができます。

仕事に未練がないのでブラックな環境から転職できるということもあります。

仕事はお金のためだと割り切れば、人間関係に未練がなくなるので、給料の良い仕事へ転職がしやすいといったメリットもあります。

仕事をお金のためだと割り切る方法

仕事をお金の為だと割り切って働くための方法は、どのような方法があるのでしょうか。

ここでは、仕事はお金のためだと割り切って働く方法を解説します。

お金儲けは汚いことではないということを知る

社会人の中には、お金儲けは汚いことだと認識している人も多いです。

多くのドラマや映画などで「お金持ちは汚い」という描写があります。

お金持ちは庶民な敵だと捉えられていることもあります。

しかし、お金儲けは決して汚いことではありません。

お金儲けを汚いことだと認識している人は、「仕事をお金のためだ」と割り切って働けないことが多いです。

お金を稼ぐことをやりがいにする

辛い仕事や、やりたくない仕事はしている場合、我慢することで貯金が貯まっていると考えましょう。

貯金が貯まってると考えることによって、ほとんどの仕事は我慢して働くことができます。

「仕事をしてる時間=お金」と考えることができれば、お金を稼ぐことがやりがいとなるでしょう。

結局、生活するためにはお金が必要だと考える

自分のやりがいや、会社のために働いている人は多くいます。

しかし、人間は結局、お金がなければ生活することができません。

生活するためにお金が必要であれば、お金のために働くことは間違いではありません。

「自分の生活やライフスタイルは、お金がないと幸せになれない」のであればお金のために働いても何の問題もありません。

「お金=幸せ」という考えも、決して間違いではないということを覚えておきましょう。

どうしても仕事をお金のためだと割り切れない場合は?

仕事をお金のためだと割り切りたいけれど、どうしても夢ややりがいを求めてしまう場合はどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、どうしても仕事をお金のためだと割り切れない場合の対処法を解説します。

副業をしてみる

どうしても仕事お金のためだと割り切れない場合は、副業をしてみるのも一つの方法です。

副業で夢ややりがいを求めて、本業ではお金のために働きましょう。

そうすると、夢ややりがいと、お金のバランスがとれるようになります。

夢ややりがいと、お金のバランスをうまくとって生きることが、人生を楽しく生きていく秘訣です。

仕事を辞めて旅にでる

自分の固執した価値観を変えるためには思い切った行動も必要です。

仕事を辞めて旅に出てみましょう。

多くの人と触れ合うことにより、多くの価値観を知ることができます。

多くの価値観に触れて行くと、自分の考え方がいかにちっぽけだったか知ることもあるでしょう。

多くの人と触れ合い多くの価値観を知ることで、仕事はお金の為だと割り切って働くことができるかもしれません。

仕事をお金のためだと割り切っている職場へ転職する

仕事をお金のためだと割り切りたい場合は、仕事をお金のためだと割り切って働いている人が多い職場へ転職するのが一つの方法です。

特に、給料の高い職種や業界で働いてる人は、仕事をお金の為だと割り切っている人が多いです。

そのような職種や業界で飛び込むことにより、自分も仕事をお金のためだと割り切って働くこととができます。

また、お金のためと割り切って働く方の中には、年収1000万円を目指している方も多いです。

『GoTo年収1000万』では、年収1000万円を実現するためのさまざまな視点での情報発信をしています。

年収1000万円を実現するためのキャリアステップや高収入の方へのインタビューなど、年収1000万円以上稼ぐための情報が多く掲載されているので、興味ある方はぜひご覧ください。

給料の高い職種や業界へ転職するには「転職エージェント」を利用しよう

給料の高い職種や業界への転職を成功させるためには、「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントは自身の経験やキャリアを元に、エージェントがおすすめの企業を紹介してくれます。

働きながら転職活動をすることができ、大幅に年収を上げることも可能なのでぜひ利用しましょう。

特に、給料の高い職種や業界へ転職する場合におすすめの転職エージェントは、「レバテックキャリア」「パソナキャリア」です。

この2つの転職エージェントは、キャリアアップを目指す人をしっかりとサポートし、高収入の求人を多く取り扱っています。

下記の記事にて「レバテックキャリア」「パソナキャリア」について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「仕事はお金のためだけではない」という考え方も知っておこう

仕事はお金のためだけでなく、その他の考え方も知っておくべきです。

ここでは、仕事に対する色々な考え方を紹介していきます。

仕事で時間を使うのはもったいない

趣味や仕事以外の人生に重きを置く人の中には、「仕事に時間を使いたくない」という考えの人もいます。

仕事で時間を使うよりも、好きなことをしていたいと思う人も多いです。

そういった人は、仕事とプライベートの時間を割り切って考えるため、効率よく働き無駄な業務をしません。

企業によっては、「効率よく働き無駄な業務をしない人を推奨する」といった場合もあるので、プライベートな時間を大切にする人を重宝する場合もあります。

健康であれば働けなくなることはない

時代とともに、定年退職の年齢は上がっていく傾向になります。

その事を考えると働けなくなるリスクはとても大きいです。

仕事よりも健康を一番に考えることのできる人の方が重宝される場合もあります。

健康で一生働き続けることができると、生涯賃金が多くなる可能性もあります。

いざという時に企業は守ってくれない

働く上で「いざという時は企業は思ってくれない」といったことを覚えておくべきです。

体調を壊してしまった場合や、働けなくなった場合、自主退社を促されることさえあります。

企業のために働くのではなく、自分のために働くという考え方を持っておくことは大切です。

厳しい時代を生き抜くために、いざという時に備え自分で自分の身を守る術を身につけておきましょう。

お金や企業が全てではない、ということを理解した上で働くことを推奨します。

まとめ

今回は仕事はお金のためと割り切って働く方法や、そのメリットを紹介しました。

働いてる人の中には、たくさんの考え方や働き方があります。

一つの考えに縛られることなく、広い視野を持って働くということも大切です。

お金のために働くことは大切ですが、健康で長く働き続けることのほうが、生涯賃金は高くなる可能性があるということを覚えておきましょう。

また、お金のために働きたいという人は、高収入の職種や業種へ転職しましょう。

給料の高い職種や業界で働いてる人は、仕事をお金の為だと割り切っている人が多いので、自然とその考え方が身に付きます。

タイトルとURLをコピーしました