労働環境

【例文あり】体調不良で仕事を休む時の連絡方法は電話?メール?どちらがいいの?

労働環境

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

社会人になると、体調不良で仕事を休まなければならない場合もあります。

体調不良で仕事を休む場合の連絡は、電話でした方が良いのか、メールでした方が良いのか悩む方も多いです。

また、仕事を休むことへの罪悪感がある人も多いです。

そこで今回はスムーズに休めるよう、仕事を休む場合の連絡方法や伝え方を紹介します。

  1. 体調不良で仕事を休むときは電話とメールどちらで連絡すべき?
    1. 基本的には体調不良で仕事を休む際の連絡は電話で行う
    2. 引き継ぎ事項はメールで連絡する
    3. 社外の人にも連絡し謝罪する
    4. 会社によってはメールで休む連絡をしてもよい
  2. 体調不良で仕事を休むときに大切なこと
    1. 微熱は体調不良に含まれる?
    2. 体調不良で休んだ場合は回復に専念する
    3. 休む際は職場や同僚に連絡をいれる
  3. 体調不良で仕事を休むときの罪悪感の正体は?
    1. 体調不良で仕事を休むとどんな罪悪感を感じる?
    2. 体調不良で仕事を休むときの罪悪感の正体とは?
      1. 自分に対して厳しい
      2. 周りの人の目が気になる
  4. 体調不良で仕事を休むときの電話やメールのタイミングは?
    1. 仕事を休む連絡は始業時間の10~15分前がベスト
    2. 連絡が早すぎると上司が職場にいない
  5. 体調不良で仕事を休む場合の連絡方法や伝え方
    1. 体調不良で仕事に遅刻する場合
      1. 電話で連絡する場合の例文
      2. メールで連絡する場合の例文
    2. 体調不良で仕事を早退する場合
      1. 口頭での伝え方の例文
      2. メールでの伝え方の例文
    3. 体調不良で仕事を休む場合
      1. 電話で連絡する場合の例文
      2. メールで連絡する場合の例文
  6. 体調不良で会社を休む連絡をする場合の注意点
    1. 出勤時間の前には連絡をする
    2. 自分で連絡をする
    3. 嘘の理由で仕事を休む
  7. 体調不良の原因が仕事による場合は転職も考えよう
  8. 体調不良が原因で転職したい場合はどうすればいい?
    1. パソナキャリア
    2. IT求人ナビ転職
    3. マイナビエージェント
  9. まとめ

体調不良で仕事を休むときは電話とメールどちらで連絡すべき?

社会人になると、どうしても体調が悪くて仕事を休まなければならないということもあります。

体調不良になった場合、体調の回復を優先し、体調が整ってからしっかりと働きたいものです。

体調不良で仕事を休む場合の連絡は、電話とメールどちらですべきでしょうか?

基本的には体調不良で仕事を休む際の連絡は電話で行う

会社によっては勤怠管理の連絡をメールで行う場合もあります。

しかし、基本的には体調不良で仕事を休む際の連絡は電話で行いましょう。

朝から仕事でバタバタしていた場合、メールを見落としてしまう可能性もあります。

仕事を休むということを、確実に伝えるためにも電話で連絡しましょう。

引き継ぎ事項はメールで連絡する

体調不良で仕事を休む場合、当日にやるべき仕事があることもあります。

そのような場合の引き継ぎ事項は、電話よりもメールで連絡したほうが良いです。

電話で連絡すると伝え漏れや、「言った、言わない」となることもあります。

きちんと引継ぎ事項を伝え、伝えたという証拠を残しておくためにもメールで連絡するようにしましょう。

引き継ぎの内容が複雑であれば、電話で連絡した後に、メールで詳細を送るようにするとよいでしょう。

社外の人にも連絡し謝罪する

体調不良で仕事を休む際に、社外の人との約束があれば、連絡して謝罪するようにしましょう。

もしかしたら自分が休むことで、社外の人の仕事もストップしてしまうかもしれません。

メールで連絡したほうが良いのか、電話で連絡した方が良いのかということは、普段の連絡している方法によります。

普段からメールで連絡している場合はメールで、電話で連絡している場合は電話で連絡して謝罪するようにしましょう。

会社によってはメールで休む連絡をしてもよい

体調不良で仕事を休む場合、必ず電話で連絡しなければならないというわけではありません。

会社によっては、メールで連絡しても問題ないもしくはメールで連絡して欲しいという場合もあります。

そのような際には、電話でなくメールで連絡するようにしましょう。

メールで連絡する場合も、ビジネスマナーを守って連絡することを心がけましょう。

体調不良で仕事を休むときに大切なこと

体調不良で仕事を休む時は、どのようなことが大切なのでしょうか?

何も連絡せずに休むと、大勢の人に迷惑をかけてしまいます。

そうならないためにも、体調不良で仕事を休み場合に、知っておいた方が良いことや大切なことを紹介します。

微熱は体調不良に含まれる?

社会人の中には39℃の熱があっても仕事に行く人も大勢います。

しかし、微熱でも体を気遣い仕事を休む人もいます。

周りの方への配慮を考えると熱が出た時は仕事を休んだ方が良いですが、責任のある仕事をしているとなかなか簡単には休めません。

微熱は体調不良に含まれるかどうかは職場の雰囲気や、会社の考え方によって違います。

直属の上司が高熱を出しても仕事を休まない場合は、微熱では仕事を休みづらくなってしまいます。

微熱が体調不良に含まれるかどうかは、自分で判断するしかありません。

周りの人へ病気をうつしてしまうことを考えるのであれば、休んだ方がいいでしょう。

自分の体調と、仕事の状況で判断しましょう。

体調不良で休んだ場合は回復に専念する

体調不良で仕事を休んだ場合は回復に専念しましょう。

仕事が休みだからといって遊んではいけません。

風邪などの病気の時は寝るのが一番の治療薬です。

しっかり体を休めて早く仕事に復帰できるように体調を整えることが重要です。

休む際は職場や同僚に連絡をいれる

体調不良で連絡をせずに休むのはやめましょう。

職場の同僚や上司などに連絡を入れ、仕事の引継ぎなどがあればしっかりと伝えましょう。

自分が休むことにより周囲の人に迷惑をかけないように、最低限の配慮は行うことを覚えておいてください。

体調不良で仕事を休むときの罪悪感の正体は?

体調不良で仕事を休む時に、職場の上司や同僚に対して罪悪感を感じる人は多いです。

罪悪感を感じること自体は間違ってはいませんが、どのような人が罪悪感を感じるのか、罪悪感の正体を解説していきます

体調不良で仕事を休むとどんな罪悪感を感じる?

体調不良で仕事を休む人は、「自分を甘やかしている」「上司の言葉が心に刺さった」などの罪悪感を感じてしまいます。

罪悪感を感じる人は、周囲の目を気にしたり自分に厳しい人が多いです。

体調不良で仕事を休むときの罪悪感の正体とは?

体調不良で仕事を休む時の罪悪感の正体とは一体なのでしょうか?

俺は仕事を休む時の罪悪感の正体の2パターンを解説していきます。

自分に対して厳しい

自分に厳しい人は罪悪感を感を感じてしまいます。

周りに迷惑をかけてはいけないという思いが強いので、仕事を休むことは許されないと思ってる人が多いです。

周りの人の目が気になる

周りの人の目が気になる人は罪悪感を感じやすいです。

他人に自分がどう思われてるか気になってしまいます。

「上司からの評価が下がってしまうのではないか」「同僚から悪口を言われているのではないか」とネガティブな方向に考えてしまいます。

ポジティブな人であれば何も感じないような些細なことでも、悪い方向に考えてしまい、罪悪感につながってしまいます。

仕事を休む場合は罪悪感があるかもしれませんが、病気をうつすことを未然に防いだと思えば、仕事を休んだ行為も正当化することができます。

体調不良で仕事を休むときの電話やメールのタイミングは?

体調不良で仕事を休みたい場合、どのタイミングで連絡すれば良いのでしょうか?

電話やメールのタイミングによっては、迷惑をかけてしまう恐れもあります。

ここでは、体調不良で仕事を休む時の、適切な電話やメールのタイミングを解説します。

仕事を休む連絡は始業時間の10~15分前がベスト

体調不良で仕事を休む際の連絡は、始業時間の10~15分前がベストとなります。

あまりに朝早く電話をかけると、誰も会社にいなかったり、電話に出られなかったりする場合が多いです。

始業時間の10~15分前であれば、ほとんどの方が出勤しています。

そのため、電話も繋がりやすいです。

メールの場合はもっと早い時間に連絡しても良いです。

しかし、あまりに早い時間帯に連絡すると、他のメールに埋もれてしまう可能性もあります。

メールで早めに連絡する場合でも、始業時間の30分前程度がベストでしょう。

連絡が早すぎると上司が職場にいない

上司や同僚に迷惑をかけないためにも、早めに連絡なければいけないと思う方も多いです。

しかし、あまりに早く連絡すると、上司はもちろん同僚も職場にないことがあります。

そのため、上司がいつも出勤する時間を知っているのであれば、その時間を狙って電話するようにしましょう。

出勤時間が分からない場合は、先述したように始業時間の10~15分前がベストとなります。

体調不良で仕事を休む場合の連絡方法や伝え方

体調不良で仕事を休む場合はどのようにして連絡すれば良いのでしょうか?

ここでは、体調不良で休む連絡をする場合の連絡方法を紹介します。

体調不良で仕事に遅刻する場合

体調不良の場合は職場に行く前に病院に寄ることもあります。

仕事に遅刻する場合は電話で連絡した方が良いですが、上司や同僚が電話に出なかった場合はメール連絡してもよいです。

電話で連絡する場合の例文

おはようございます。

○○です。

今日の朝から体調が優れないので、病院に行きます。

〇時には出社できると思います。

大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。 

メールで連絡する場合の例文

件名:勤怠連絡(○○)

おはようございます。

○○です。

朝から熱が出ておりますので、病院に行きます。

〇時には出社できると思います。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

体調不良で仕事を早退する場合

体調不良で仕事を早退する場合は、周囲の人は体調が悪いことを知っているので連絡する必要はありません。

大切な引継ぎ事項だけ口頭やメールで連絡しましょう。

口頭での伝え方の例文

お疲れ様です。

申し訳ありませんが体調不良で早退いたします。

申し訳ありませんがよろしくお願いします。

メールでの伝え方の例文

件名:早退のご連絡(○○)

お世話になっております。

急で申し訳ありませんが、体調不良により早退致します。

引継ぎ等は○○に任せておりますので、よろしくお願い致します。

名前○○

TEL○○○-○○○○-○○○○

Eメール○○○@○○

体調不良で仕事を休む場合

体調不良で仕事を休む場合は、メールよりも電話で連絡をしましょう。

職場の上司や同僚が電話に出ない場合は、メールで連絡しても大丈夫です。

電話で連絡する場合の例文

おはようございます。

○○です。

今日の朝から熱があり、お休みを頂きたく電話いたしました。

明日の出勤については医師の診断のもと改めて連絡いたします。

大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

メールで連絡する場合の例文

件名:勤怠連絡(○○)

おはようございます。

○○です。

明日の出勤については医師の診断のもと改めて連絡いたします。

大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

体調不良で会社を休む連絡をする場合の注意点

体調不良で会社を休む連絡をする際に、相手に失礼な印象を与えてしまうこともあります。

会社での信頼を失わないために、体調不良で会社を休む連絡をする場合の注意点を解説します。

出勤時間の前には連絡をする

休む連絡が早すぎてもいけません。

しかし、出勤時間の前までには必ず連絡するようにしましょう。

出勤時間を過ぎると、無断欠勤として扱われる場合もあります。

また、始業時間を過ぎた後で連絡を行うと、仕事のスケジュールを組んだ後だったり、朝礼の最中だったりします。

朝礼の最中や仕事のスケジュールを組んだ後では、上司や同僚に大きな迷惑をかけてしまうため、出勤時間の前までには連絡するようにしましょう。

自分で連絡をする

どうしても具合が悪い場合、自分の代わりに家族が連絡をすることもあります。

しかし、なるべく自分で連絡するようにしましょう。

家族は仕事の状況を知りません。

そのため、重要な連絡事項や、引継ぎ事項を伝えることができなくなってしまいます。

あまりにも体調が悪く意識がないなどの場合を除き、自分で連絡をするようにしましょう。

嘘の理由で仕事を休む

体調不良で仕事を休む場合はその理由を伝えなければいけません。

その際に、嘘の理由を伝えることはやめましょう。

嘘の理由で仕事を休むと、嘘がばれた際に会社に行きづらくなる可能性が高いです。

SNSのアカウントから嘘がばれる、出先で会社の関係者に遭遇して嘘がばれることもあります。

今後の事を考えるのであれば、嘘の理由で仕事を休むことをやめましょう。

体調不良の原因が仕事による場合は転職も考えよう

体調不良になる原因は仕事によることも考えられます。

そのような時は休むことも重要ですが、転職を視野に入れることも大切です。

身体にストレスを与え続けることは、精神面にも不調をきたす恐れがあるのであまり良いことではありません。

多体調不良が続く場合は、転職も検討してみましょう。

しかし、「仕事を辞めると言い出しづらい」という方も多いです。

そのような場合は「退職代行サービス」の利用をおすすめします。

「退職代行サービス」を利用すれば、嫌な上司と顔を合わせることなく、即日退職することが可能です。

「退職代行NEXT」は 未払い給与や有休消化なども、弁護士が交渉してくれます。

着手金は無料で、一律30,000円(税抜)で利用することができるので、退職を検討している方はぜひ、ご相談下さい。

体調不良が原因で転職したい場合はどうすればいい?

体調不良が原因で、今の仕事を続けることができないときは、転職も視野に入れて考えることとなります。

そのような場合は退職する前に、まず転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録すれば、自分に合った仕事をエージェントが紹介してくれるので、仕事を探す手間が省け体調不良でもスムーズな転職が可能です。

体調不良で転職を考える場合におすすめの転職エージェントは以下の3つになります。

パソナキャリア

パソナキャリアは幅広い業界の求人を持っており、全国各所に拠点があるために地域差なく求人を探すことができる転職エージェントサービスです。

特にキャリアアドバイザーのサポートが手厚いと好評です。

未経験分野の転職では、特に自己分析が重要になってきますが、強力なサポーターであるアドバイザーが丁寧であると転職活動も安心して行っていけるでしょう。

以下ではパソナキャリアについて詳しく解説しています。

ぜひ、転職を考えている方はご覧ください。

IT求人ナビ転職

IT求人ナビ転職は、その名の通りITエンジニアに特化した転職支援サービスです。

これからIT業界で生きていくという強い気持ちがあれば、未経験者でもIT業界に入っていくことは可能となっています。

もちろん、IT業界の求人を提供しているだけではなく、キャリアコンサルタントが求職者に提案をすることで年収アップを実現することも可能。

さらに、スキルカウンセラーに相談をすることで、今まで考えてこなかった新しいキャリアパスの発見をすることもできるかもしれません。

以下ではIT求人ナビ転職について詳しく解説しています。

ぜひ、転職を考えている方はご覧ください。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20~30代の人が多く利用しているエージェントです。

対応エリアは主に関東・関西ですが、全国の企業に太いパイプを持っているため、他のエージェントでは紹介されない求人に出会えることも。

アフターフォローも万全ですので、もし万が一転職に一度失敗したとしても、何がダメで次はどうすれば良いのかなどの問題解決と共に、次の転職に関するアドバイスをしっかりとサポートしてくれます。

以下ではマイナビエージェントについて詳しく解説しています。

ぜひ、転職を考えている方はご覧ください。

まとめ

今回は、体調不良で仕事を休む場合の連絡方法を紹介しました。

仕事を休むことには罪悪感がある人が多いです。

しかし、周りの人に病気をうつす可能性を考えると、仕事を休む選択肢を選ぶ方が正しいといえます。

仕事を休む場合は適切な連絡を心がけて、周囲の人になるべく迷惑をかけないようにしましょう。

また、体調不良が治らない場合や、仕事が原因で体調不良の時は転職も視野に入れましょう。

また、下記の記事では体調不良でも休めない場合の対処法を紹介しています。

ぜひ、本記事と合わせて読んでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました