就活・転職情報

30代でベンチャーに転職するのは実際どうなの?起業を目指すならアリ?

就活・転職情報

同じ会社でキャリアを積み重ねていった30代ごろ、出てくる選択肢に「転職」があります。

その中でもベンチャー企業に興味を持つ方も多いのではないのでしょうか。

しかし、ベンチャー企業への転職は、一般企業に務める時とは違うメリット・デメリットがあります。

「ゆくゆくは起業したい」なんて人は視野に入れるべきかもしれません。

ここでは、ベンチャー企業に転職する際の注意点や、ベンチャー企業の魅力を解説していきたいと思います。

ベンチャー転職で後悔しないために注意することは?

転職には時間も体力も消費する人生の一大イベントです。

30代からの転職となれば、「失敗したからもう一度転職しよう」などはしづらくなります。

ベンチャー企業への転職で後悔しないためにはどうしたらいいんでしょうか?

ここでは、ベンチャーへの転職で後悔しないために注意すべきことを紹介していきます。

自分は変化に対応できる人間かを考える

転職するということは、今までの自分のルールやペースでの仕事が通用しなくなるかもしれません。

それぞれの会社ごとにルールは変わります。

その会社独自のルールも少なからずあるでしょう。

その変化にすぐに対応できるでしょうか。

いざ転職したものの、ルールの変化に対応できず前職よりも気持ち的に負担が増えるかもしれません。

自分は変化に対応できる人間か、転職をする前にもう一度よく考えてみましょう。

しっかりと待遇を調査する

転職活動を続けていく上で、なかなか転職が決まらなければ焦りも出てきます。

しかし、「とにかく転職しなくては」という気持ちが先走ってしまってはいませんか。

もし、焦ってしまったら一度立ち止まってよく考え直してみましょう。

気持ちが先走って、今より待遇の悪い会社に照準を当ててしまっていることもあります。

自分が本当に転職したい理由はなんでしょうか?

焦らずにしっかりと待遇を調査しましょう。

応募企業数は多い方が良い

応募する企業は多い方がメリットは多いです。

様々な企業を比較することで、自分に合った企業を見つけることができる確率が上がります。

また、応募する企業が多いほうが、連絡待ちの時間を短縮することができます。

結果として転職期間を短くすることもできます。

なるべく多くの企業を見て、自分に合った企業はどれか検討しましょう。

「大企業で働いてた!」というプライドは捨てる

大企業で働いていた方は、やはりそのネームバリューを誇りに思うかもしれません。

しかし、大企業で働いていたとはいえ、重要視されるのは名前ではなく「どんな仕事をしてきたか」その内容です。

大企業の名前にあぐらをかいてしまわず、今までの仕事の内容から次の仕事で生かせる強みを分析しましょう。

また、大企業で働いていたというプライドが邪魔をして、転職先がなかなか決まらないこともあります。

「大企業で働いてた」というプライドを捨てると、そこから理想の転職先が見つかるかもしれません。

即行動は大事

現代社会では、年齢に関係なく自由に転職できるようになってきました。

終身雇用でずっと同じ会社で働く人というのはかなり減ってきています。

もしかしたら、次に転職する企業でも定年まで働く可能性は低いかもしれません。

これからの時代必要とされるのは、たくさんの会社で様々な経験をしている人材でしょう。

そのためにも、転職を決めたら早めの行動が功を成します。

転職するかどうか悩むよりも、早めに多くのサイトやエージェントに登録し、世の中にはどんな求人や企業があるか見つけてみましょう。

ベンチャー企業の魅力

ベンチャー企業に勤める際魅力になるのはやはり、1人に対しての業務量が多いことです。

「それって魅力なの?」と思うかもしれません。

しかし、業務量と任される業務には非常に幅が広くなります。

その結果、普通よりも早くスキルアップすることができます。

また、企業規模が小さいことから、自分の働きが経営に直結していることも多いです。

特に少数精鋭の場合、その実績が反映されることをより肌で感じることができるでしょう。

一般企業よりも強いやりがいを持つことができます。

また、ベンチャー企業で実績を積み重ねれば、大手企業にも転職できるかもしれません。

ベンチャー企業へ挑戦する事により、「大手企業への転職」や「起業」など、これからの人生でさらに広い選択肢を手に入れることができます。

自分の周りの環境やスキルを見つめ直すためにも、30代というタイミングでのベンチャー企業への転職は視野に入れてみてもよいでしょう。

30代でベンチャー企業転職を考えるときのポイントは?

いざ、30代にしてベンチャー企業への転職を決心したとしましょう。

しかし、ベンチャー企業と一言にいってもその種類は多種多様です。

企業情報を見ているだけでは、自分に合った企業を見つけることは難しいです。

どういったところに気をつけてベンチャー企業への転職を考えればいいのでしょうか?

ここではそのポイントをいくつか挙げていきます。

30代でベンチャー転職した後を考える

転職するとなると、転職する過程について考えることが多いかと思います。

しかし、一番重要なのは転職後です。

転職活動をして終わりではありません。

転職活動が終わって、実際に新しい職場で働き出してこそ真のスタートになります。

その転職先では、どんな経験を得られるでしょうか?

今後の自分にはどんなプラスがあるでしょうか?

今後のビジョンが明確に見えなければ、将来的に後悔してしまう可能性があります。

転職活動だけではなく、転職後の自分についてもよく考えていろんなベンチャー企業を見てみましょう。

転職後の給料でキャッシュフローを考える

生活に一番直結するのはやはり給料です。

その企業に決めてしまう前に、もう一度見直してみましょう。

実際にどう見直すべきかというと、転職後の給料でキャッシュ・フローを考えてみることです。

自分の生活費などが毎月いくらかかっているのか把握することで、自分の求める最低限の年収の目安を出すことができます。

転職を考えている起業の給料では、結果として「生活水準を下げなくてはならなくなった」なんてことになるかもしれません。

給料面はよく調べておきましょう。

ネットではなくて実際にもらえる給料をしっかり確認

ネット社会の現代、やはり一番多く利用するのはネットの情報でしょう。

しかし、ネットで気を付けなくてはならないのはその情報の審議を見極めることです。

ネットでの情報を全て鵜呑みにしてしまうと、実際の情報と違っていた、なんてことになってしまう可能性があります。

1人で全ての情報を見極めることは難しいかもしれません。

もし、情報を見極めることが難しければ、転職サービスを利用するのも一つの手です。

特に転職エージェントを利用することにより、労働環境や給与面の正確な情報が手に入ります。

転職エージェントに登録して、正確な情報を手に入れた上で転職活動を進めましょう。

ベンチャー企業に転職する本当の目的は何か考える

ベンチャー企業に転職したい志した理由はなんでしょうか。

「もっと伸び伸びとやりたい仕事をやりたい」「もっと大きなお金を動かしたい、それを肌で感じたい」など様々な理由があるかと思います。

転職活動しているうちに当初の目的を忘れ、妥協をしてしまってはいませんか。

転職した先でまた同じような不満を持ってしまっては、転職した意味があるとは言えませんよね。

30代でベンチャー企業に転職する際は、焦らず本当の目的を貫いていきましょう。

30代でベンチャー転職を成功させるためのポイント

「30代でベンチャー企業に転職」

それは人生において一つの大きな挑戦ですし、やはり失敗はしたくないですよね。

しかし、いくら年齢に関係なく自由に転職できる時代になったとはいえ、40代になってからの転職はなかなか厳しくなってきます。

今ここで失敗せずに転職するにはどうしたらいいでしょうか。

ポイントをいくつか挙げていきましょう。

会社で働いてる人の声を聞く

やはり耳を傾けがちになるのはネットの声です。

しかし、それだけで人生の大きな決断をしてしまっていいでのでしょうか。

実際に会社で働いている人の声ほど頼りになるものはありません。

ネットでの声は当てにならないといっているわけではありません。

しかし、実際に働いている人の生の声にも傾けてみましょう。

ネットの声と実際に働いている人の生の声、できる限りどちらも取り入れて考えてみましょう。

ゴールではなくスタートだと意識する

前述したように、転職が完了することはゴールではありません。

転職は新しい職へのスタートになります。

考えるべきことは転職後の自分です。

転職後の自分のビジョンがぶれないように、転職希望の条件を詰めていきましょう。

転職活動中は焦りや不安も出てきてしまうかもしれません。

しかし、それで今よりも生活水準が下がってしまっては元もこもありません。

せっかく思い切った決断をするのですから、今よりもさらにプラスになるような環境を目指したいものです。

そのためにも、転職はゴールではなくスタートだと意識して、転職活動に挑みましょう。

とにかく視野を広く持つこと

一般企業とは違い、様々な業務を任せられることが多いベンチャー企業。

そんなベンチャー企業で働くためには、広い視野を持たなくてはなりません。

広い視野を持って柔軟な対応ができる人ほど重宝されます。

様々な方向から物事を見る力や、それを生かしてアイデアを出せるように意識することが大切になってきます。

30代でベンチャーに転職した後は起業すべき?

30代でベンチャー企業に転職、となるとやはりチラつくのは「起業」。

ベンチャー企業に転職となれば、企業したほうがいいのでしょうか?

しかし、ベンチャー企業に転職するだけで起業できるようになるのでしょうか?

ここでは、ベンチャー企業へ転職後の企業について、気になるポイントを解消していきましょう。

ベンチャーに転職するなら起業しないともったいない

ずばり、ベンチャー企業に転職するなら「起業しないともったいない」です。

ベンチャー企業に勤めるとなると一般企業に勤めるよりも確実に業務量も増え、その幅も広くなります。

ベンチャー企業での仕事は、起業をする擬似体験ができるといっても過言ではありません。

いろんなことが1人できるようになったら、それを活かして起業しないともったいないですね。

ベンチャーでスキルを積んで起業できる

ベンチャー企業では1人に対して業務量が多く、その幅も非常に広いため、多くのスキルを積むことができます。

いきなり起業し、1人で全ての業務を行うのはハードルが高いです。

しかし、企業勤めであればサポートしてくれる上司や同僚がいます。

リスクが少ない状態で実践して、多くのスキルを積むことができる環境を得ることが可能です。

まとめ

30代でベンチャー企業に転職という選択は、やはり大きな決断かもしれません。

しかし、年齢に関係なく自由に転職できる社会である今、挑戦することはいい選択となります。

特にIT系のベンチャー企業で経験を積むと、ゆくゆくはノマド生活も夢ではありません。

30代でベンチャー企業への転職を考えている方は、勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

そこから得られるスキルや経験は、可能性に満ち溢れています。

タイトルとURLをコピーしました