労働環境

なぜ不動産業界は土日休みが少ないのか?その理由と土日休みの会社に就職する方法!

労働環境

「不動産業界の土日休みは少ない?」

「不動産業界の土日休みの仕事を知りたい」

「不動産業界以外の土日休みの仕事はある?」

上記のお考えではありませんか。

当記事では、不動産業界の土日休みの仕事は少ないのか、不動産業界の数少ない土日休みの仕事を徹底的に調べて考察します。

なぜ不動産業界は土日休みの仕事は少ないの?

まず、不動産業界の土日休みの仕事は少ないのでしょうか。

本章で解説する内容は以下の通りです。

  • 不動産業界の土日休みの仕事は少ないが存在する
  • 不動産業界で土日休みの仕事はどんな仕事?
  • そもそもどうして不動産業界なのに土日休みの仕事があるの?
  • 本当に不動産業界で土日休みの仕事をする事が可能なの?
  • 不動産業界に土日休みの仕事が少ない理由はなに?

次節から1つずつ考察していきます。

不動産業界の土日休みの仕事は少ないが存在する。

不動産業界の土日休みの仕事は数は少ないですが存在しています。

その具体的な仕事内容は不動産業界で土日休みの仕事オススメ5選で紹介していますので、先に気になる方はそちらを参考にしてください。

本章でも土日休みの仕事についてふれていきます。

不動産業界で土日休みの仕事はどんな仕事?

不動産業界で土日休みの仕事は営業職であれば、法人、企業を相手として事業者用の不動産を取り扱う会社は土日休みが主流といって良いでしょう。

また投資用マンションなどの投資不動産を扱う会社は土日休みのところが多くみられます。他には用地仕入れを行う仕事も同じ不動産業同士の取引や、地主の方との交渉を行う為に土日はお休みにする場合が多いです。

営業職以外では賃貸の管理をオーナーに代わり行う仕事である、プロパティマネジメント(PM)を行う賃貸管理業務も土日休みの仕事が多くみられます。

事務職では会社の経理を担当する経理事務や不動産の契約の際に活躍する宅建事務などは土日休みで求人募集を行う会社が多いです。

そもそもどうして不動産業界なのに土日休みの仕事があるの?

そもそも不動産業界は土日が稼ぎ時で休みは平日の水曜日が多い所が一般的です。

これは水曜日が「水」がついており、それが「契約が(水)に流れる」縁起が悪い曜日といった考え方から水曜日を休みにしている説があります。

その説だけでなく、会社の運営面からも不動産業界は、多くの人が休みである土、日曜日に沢山のお客様が来られる傾向にあります。

その次の日である月、火曜日に契約・手続き事務作業を行い、その次の日である水曜日を休日すると良いと考えるのかもしれません。

そして、木、金曜日は土日の仕事の準備を行うといったサイクルが一番不動産業界で仕事をするには効果的だと考えられています。

本当に不動産業界で土日休みの仕事をする事が可能なの?

「不動産業界は土日が忙しいのに、その土日に休む事が本当に可能なの?」と不安があるかも知れません。

そもそも不動産業界は稼ぐ事、利益を追求する事が1番とされる業界です。

なので、稼げる日に標準をあわせて、休みを効率的に取るのが一般的です。

不動産業界はその扱う物件によって、「土日ではなく、平日が稼ぎ時」な不動産業もあります。

そういった不動産業を選ばれると、必然的に必ず土日休みのお仕事となります。

不動産業界に土日休みの仕事が少ない理由はなに?

不動産業界に土日休みの仕事が少ない理由はどんなものがあるのでしょうか。

不動産を購入したい人は土日休みの仕事の人が多い

統計では平日に土曜日に働いている人は55.7%(休みは44.3%)、日曜日は34.0%(66%)です。

対して、平日に働いている人は86.5%(13.5)というデータがあります。参考:社会生活基本調査2008より

不動産業界が土日をメインに考えるのは当然の事かもしれません。

下記の記事では不動産業界はブラックかどうかについて解説しています。

ぜひ本記事と合わせてぜひご覧ください。

不動産業界で土日休みの仕事はどんなターゲットを意識しているの?

前章では土日休みの仕事が少ない理由を調べました。

本章では数少ない土日休みの仕事はどの様なターゲットを意識して仕事をしているのかを考察していきます。

不動産業界で土日休みの仕事はどのようなターゲットを意識して仕事をしているのでしょうか。

土日休みの求人が多く存在している事業用不動産(投資用不動産含む)のターゲットを調べてみました。

事業用不動産のターゲット層

事業用不動産とは収益を得るために購入する不動産の事で、店舗や事務所、工場やホテルなどの不動産で投資用不動産もこの事業用不動産の1つになります。

ターゲット層は主に新しく事業を始めようとされる方や事業の拡大を考えておられる企業になります。

投資不動産のターゲット層

投資不動産とは所有者が自身の住居用以外の目的で利用する不動産の事で、ターゲット層は男性で30代以上の方が不動産投資に魅力を感じる傾向にある様です。投資用不動産の種類は様々ですが、最近では不動産融資を利用しての資産運用型が注目されています。

不動産業界で土日休みの仕事オススメ5選

次に不動産業界で土日休みの可能性が高い仕事を紹介していきます。

営業先が企業や法人である営業職

例えば企業に社宅を斡旋するお仕事や、企業に土地や中古の工場などの斡旋を行う営業を行うお仕事は土日休みが多い傾向があります。

理由はお客様である企業が土日に休んでいる為に営業が出来ず、土日が稼ぎ時ではないからです。

そのため、必然的に土日が休みとなっています。。

用地仕入れ職

用地仕入れ職とは目的の土地の調査を行い、土地を仕入れる仕事です。

不動産ビジネスの1歩目とも言われています。

この仕事も土地の地主さんや不動産会社の方など、一般のお客様というよりは法人のお客様との交渉が主たるお仕事になります。

そのため、法人様のお休みと合わせて土日休みの場合が多く、仕事も長期的に時間をかけて契約までかけるお仕事になります。

残業も、契約の前後以外は少ないのが特徴です。

賃貸管理業務(PM)

賃貸管理業務(PM:プロパティマネジメント)とは不動産の管理・経営をサポートする仕事です。

簡単に言いますと、オーナー様からのご依頼を受けて、賃貸物件の一連の仕事の代行を行ういわゆる(管理会社)です。

他の賃貸仲介業務との違いはオーナー様にご信頼をいただき、利益向上に重きを置いて働き、資産・不動産の価値を上げる努力する事が求められます。

経理事務

経理事務は不動産業界のものとしては与信売掛が少なく、在庫計上の際などには一般の企業とは異なる面もあります。

上記以外はほぼ他の業種と同じく、売り上げと資金管理や予算・決算管理など、会社の経営などにも関わる大切な業務となります。

宅建事務

宅建事務の仕事は不動産の購入や借り入れをしていただくお客様へ法律で定められている「重要事項の説明」を行う仕事です。

「重要事項の説明」は国家資格である「宅地建物取引士」の「独占業務」で、この資格取得していない人は説明する事ができません。

不動産の売買、交換又は賃借の契約は「重要事項の説明」を行わずに出来ないと法律(宅地取引法35条)で定められています。

このことから不動産を商品として扱う多くの不動産業界では必須の資格と言っても良いでしょう。

この「重要事項の説明」をする必要があるため、他の事務と違い直接お客様へ説明を行う仕事となります。

経理事務とは異なり、直接お客様とのかかわりがある仕事となります。

その他不動産営業事務については下記の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

【こんなハズじゃ】土日休みのはずなのに実際は仕事だったら

「こんなはずしゃなかったのに…結局は売上の為に休みなしで働いている」

「求人では土日休みとなっていたけど、実際には土日も仕事だった」

不動産業界にかかわらず、「求人では○○と書いていたが、就職してみたら違った」という話はよく耳にする事だと思います。

このように、求人では土日休みと書かれていても、実際には土日にも仕事が存在するケースはやはりゼロとは言い切れません。

特に不動産業界で営業の仕事を行う場合はお客様が定休日にしか来ることが出来ない場合など、売り上げの為に仕事をしてしまうケースが多い傾向にあります。

しかし、休日を返上して仕事を行う事が悪い結果になるケースも多く、高い離職率に繋がっているのではないかと考えられます。

売上重視の世界ですが、オンとオフをしっかりと考えて仕事をする事が成功の秘訣です。

求人では土日休日となっていたのに、実際は違う…どうしたらいい?

もし実際に働いてから土日が休みでは無いと分かった場合、どうしたらよいのでしょうか。

実は求人サイトや広告に書かれているのはあくまで「募集の目安」であり、実際の条件とは異なっている事があります。

土日休みの仕事を探す際には「休みがとりやすい」や「プライベートが充実」などの曖昧な表現の求人は避けた方が良いでしょう。

このような曖昧な表現の会社は避け、具体的に有給の消化率〇〇%などといった具体的な数値でアピールしている会社が優良な会社です。

また具体的に「完全週休2日制、土日休み」と書かれていても実際には「求人票とは状況が変わった」と言われてしまう可能性があります。

「うそじゃない?こんなこと許されるの!」怒りが込み上げてきますよね。

しかし、現段階ではどうする事も出来ないのが実情です。

「土日休みの仕事を見つけたい!」と望むなら面接時にはしっかりと土日休みの確証が本当に存在するのかをチェックする事をオススメします。

【絶対土日休みじゃないとイヤ!】土日休みの仕事を得たいなら

絶対に不動産業界で土日休みの仕事を得たいなら

絶対に不動産業界で土日休みの仕事を得たいと思うなら、次の3つの事を必ず行い企業研究をしっかりと行う事をオススメします。

  • 会社の口コミをネットで検索して情報を客観的に考察する
  • 面接時しっかりと確認を行う
  • 【1番オススメ】実際に目当ての会社に土日に足を運んで確認する

以下に具体的に説明していきます。

会社の口コミをネットで検索して情報を客観的に考察する

一番手軽で安易に行える方法としてはネットでの会社の口コミや評価を確認する事です。

しかし、人間は自分にとって「都合が良い」事しか書かない傾向があります。

ですからその内容を「客観的」に理解して企業研究する必要があります。

もし、目当ての会社に面接するのが決定しているなら、

「○○という口コミがあったのですが、そのことについて御社はどの様にお考えですか?」と質問したり、

「不動産業界で土日休みの御社のターゲット層は○○と思いますが、今後はどの様にお考えなのでしょうか」

などの質問をしてみても良いかもしれませんね。

面接時しっかりと確認を行う

上記で述べた話とつながっていますが、少しでも気になったことはしっかりと面接時に確認を行い、納得した上で就職する事が大切です。

就職後に理想とあまりにもかけ離れた内容では長く務める事はまず不可能です。

事前にしっかりと企業研究を行うことが大切になります。

「質問をすると、相手の心証が悪くならないか」と心配してしまうかもしれません。

その気持ちはとても良く分かりますが、実際は違います。

質問があると言う事はそれだけ、相手に印象を強く残すことが出来ます。

気になったことを聞かずに就職した場合のリスクと比較すると一目瞭然ですね。

【1番オススメ】実際に目当ての会社に土日に足を運んで確認する

「絶対に土日休みの不動産業界で働きたい」という時は希望する会社へ自ら足を運ぶ事がもっとも確実な方法であるのではないでしょうか。

就職後はその職場で働きますし、実際の通勤時間なども正確に確認する事が出来ます。

実際に土日に会社がお休みであれば、確実にその日は休日である可能性が高いです。

また会社が営業していても事務職を希望しているなら、事務員が出勤しているかなどを確かめる事も出来ます。

そして、出来れば平日の職場にも行き、実際の職場の雰囲気を肌で感じ、本当にこの職場で自分は仕事をする事が出来るかをしっかりと見極める事が大切です。

まとめ

以上、不動産業界の土日休みの仕事は少ないのかについて考察してきました。

以下にまとめます。

  • 不動産業界の土日休みの仕事は確かに少ない傾向にあります。
  • しかし、不動産業界の土日休みの仕事はゼロではありません。
  • 数は平日休みの不動産業界よりは少なく、営業なら「土日ではなく、平日が稼ぎ時」である不動産業界で探す事をオススメします。
  • 賃貸管理業務なども土日休みの場合が多く、事務職もその傾向があるようです。
  • 不動産業界で土日休みの仕事がしたいと考えるなら、実際に土日に職場を見に行き、休日かを確認するのが1番確実な方法です。

不動産業界の土日休みの仕事は確かに少ない傾向にはありますが、決してゼロではありません。

そして実際に働いてみたら土日も仕事だったという悲しい現実を避けるには、興味のある不動産業界の会社へ土日に足を運んでみるのが1番です。

また、転職エージェントを利用して不動産業界へ転職する方法は下記の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました