就活・転職情報

転職時に給与交渉はしていいの?印象を悪くしない交渉方法を紹介!

就活・転職情報

転職時に気にすることといえばやはり給与額です。

転職のタイミングで、これまでに培った経験やスキルに見合った年収を目指したいですよね?

「給与交渉をすると採用担当の方の印象が悪くなるのではないか」

そんな不安も出てくるかと思います。

ここでは印象が悪くならない給与交渉方法を紹介していきます。

転職時に給与交渉はしてもいい?

転職をするにあたって、今の自分に見合った年収を目指す方は多いかと思います。

しかし、給与交渉はそもそもしてもいいのでしょうか。

「お金のことばかり考えているのではないか?」

「お金以外に自社に魅力を感じていないのでは?」

など、悪い印象にはならないかと不安に感じている方もいるでしょう。

そんな不安を解消していきましょう。

転職時の給与交渉は基本的に可能

転職時の給与交渉は、基本的に可能です。

企業側も面接や採用への段階で、仕事内容や給与額の再検討するいい機会になります。

給与に関しては、事前に求人で把握していることも多いかと思います。

しかし、求人によっては「月給20万円~30万円」などと書かれている場合もあります。

そのような場合は、実際にいくらもらえるのか不安になりますよね?

場合によっては、以前より年収が下がってしまう可能性も十分あります。

転職時の給与交渉は基本的に可能なので、以前より年収が下がらないように交渉することも重要です。

給与交渉は内定前にすべき

給与交渉をする場合、タイミングは内定前がいいでしょう。

具体的にいうと、内定が出てから受諾するかどうかの回答期間に交渉をするのがいいでしょう。

初期の段階で給与交渉をしてしまうと、

「お金のことしか考えていないのか」

という悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

1次面接など最初の段階から交渉をするのは避けましょう。

給与交渉が成功するとは限らない

給与交渉をしたからといって、必ずしも成功するとは限りません。

また、キャリアやスキルの裏付けもなく交渉をしてしまうと、採用担当者の印象が悪くなる恐れがあります。

かといって、内定後の給与交渉は非常に困難です。

場合によっては採用を見送られる可能性もあります。

恐れずにタイミングを見計らって給与交渉をしてみましょう。

転職時の給与はどうやって決まる?

いざ、転職時に給与交渉を始めたとして、一体どうやって具体的な金額は決まるのでしょうか。

またどういった流れで決まるのでしょうか。

今の自分に合った年収として決めてとなる部分はどこでしょうか。

ここではそんな悩みを解消していきます。

前職の年収やスキルなどをベースに決まる

やはりベースとなるのは前職での年収やスキルです。

どんな仕事に対して、いくらもらっていたのかというのは指標になりますよね。

また、そこで培ったスキルにも左右されます。

自分のスキルなどを客観的にみて、評価される場合が多いです。

企業内に給与テーブルがある場合はそれに準ずる形となる

企業内に給与テーブルがある場合は、あらかじめ把握しておきましょう。

それに準ずる形で給与は決まっていきます。

給与テーブルが公開されていない場合は、面接の際に確認しましょう。

その企業が提示する給与の最低金額や最高金額を把握しておくことで、給与交渉の際に水準からかけ離れた金額を提示してしまうリスクを避けることができますね。

給与交渉のタイミングは面接の終盤

先ほど前述したように、1次面接などの序盤で給与交渉をしてはいけません。

なぜなら相手へあまりいい印象を与えないからです。

給与交渉をするのであれば、面接終盤で行いましょう。

内定が出てしまってからでは、意見のすり合わせが非常に難しくなってしまいます。

なぜなら、面接などで働く上での条件などを了承した上で内定を受け入れたことになるからです。

もし、内定後に交渉を始めてしまった場合、下手すると内定を取り消されてしまう可能性もあります。

一度受け入れたはずなのに後から声をあげられては、企業側からしても「話が違うじゃないか」ということになってしまいます。

タイミングには十分気をつけて給与交渉をしましょう。

印象を悪くしない給与交渉の仕方

給与交渉をする際の金額の基準や、タイミングについてはお分かりいただけたでしょうか。

では、実際に交渉をする際に、印象を悪くせずにスムーズに交渉するにはどうしたらいいでしょう。

給与交渉する際の心構えを紹介します。

能力を過大評価しない

自分の能力を過大評価しないようにしましょう。

なかには、自分の能力を過大評価して、高すぎる給与を提示してしまう方もいます。

企業が想定していた給与よりも高すぎた場合、印象は悪くなるでしょう。

企業の能力に対する給与水準と、自身のスキルや経験を客観的に考慮して給与交渉を行いましょう。

希望額はマイルドに伝える

給与の希望金額を「○○円欲しいです」と、直接的な金額を出して交渉するのはあまりよくありません。

面接官に悪い印象を与えてしまいます。

「前職の給与額から○%アップを希望します」と、できる限りマイルドな表現をしましょう。

また、どういったスキルや経験があり、自身を雇うことによりどれくらい企業にメリットがあるかなど、具体的なに伝えると説得力が増すでしょう。

業界の給与水準を考えた上で交渉する

先ほど「応募する企業の給与金額水準を把握するべし」と言いました。

しかし、その企業だけでなく業界の金額水準も把握した方がいいです。

業界の金額水準は、どうやって把握すればいいのでしょうか。

一番良い方法は、「本命以外の企業の面接も受けること」です。

本命以外からも内定が出た場合、「A社では〇〇円でお話を現在受けているのですが…」と具体的な値段を加味して交渉することができます。

また、他の企業から内定が出ていれば、「他にも欲しがる企業がいる優秀な人材」という印象も与えることができます。

給与交渉が苦手なら転職エージェントに任せることもできる

「転職」といえば、やることがたくさんあって大変ですよね。

そのうえ、給与交渉をするためにタイミングを伺うとなると、気を回さなければいけないことが増えます。

また、面と向かって給与交渉をするのは正直ハードルも高いです。

もしも、給与交渉が苦手だ、自分では手が付けられないと感じたのであれば、転職エージェントに任せることもできます。

転職エージェントにあらかじめ任しておけば、面接日の設定から実際に給与交渉までしてくれます。

転職エージェントに、転職活動の詳細を任せておけば、現職に影響を与えることも少ないです。

転職エージェントを利用してみるのも一つの手なので、転職を考えている方は検討してみましょう。

まとめ

転職時に給与交渉をすることは可能ですが、タイミングはよく交渉しなくてはいけません。

タイミングとしては、面接終盤、内定受理前に交渉をしましょう。

また、「給与交渉はしたいが自分から交渉するのは苦手だ」という場合、転職エージェントに任せてみるのも手です。

実際に交渉など全て代わりにやってくれます。

このようなサービスを利用して、自分に合った転職活動に励みましょう。

タイトルとURLをコピーしました