企業・業界研究

飲食からの転職はどうする?未経験でも活躍できる職種・業界を紹介!

企業・業界研究

「飲食から他業界に転職したい!」

「他職種への転職はどうすればいい?」

「転職活動はどうすれば良い?」

そういった悩みを抱えていませんか?

この記事では、他業界の環境の比較や転職する前に知っておきたいこと、おすすめの転職先、転職を成功させる方法などを徹底的に紹介します。

飲食からの転職をする前に考えておくこと

「飲食業界から転職したい!」と思っても、すぐに転職するのは難しいですよね。

まずは、転職をする前に考えることを紹介します。

以下の3項目を考えておくことで、転職活動がスムーズに進みやすいです。

また、転職先で後悔することも少なくなるでしょう。

飲食を辞めたい理由を明確にする

まずは飲食を辞めたい理由を明確にしましょう。

よくある理由としては、長時間労働や休日出勤などが挙げられます。

自分自身も、そういった待遇面に不満を感じているのか、もしくは給与やスキルアップの麺なのか、明確にすると良いでしょう。

他の飲食へ移るのかどうか

もし今の職場の人間関係や仕事内容に悩みがある場合は、他の飲食店に移動するのも手です。

飲食店は慢性的な人手不足ですから、多くの選択肢から選べます。

飲食業界向けの転職サイトもありますから、そこで求人を見てみることをおすすめします。

未経験の業界へ飛び込むのか

未経験の業界へ転職するには、かなり勇気が必要です。

しかし、飲食店を辞める理由が「長時間労働」や「年収の低さ」だった場合、他の飲食へ映移ったとしても改善しないことが多いです。

その場合は、思い切って未経験の業界へ転職することも必要でしょう。

また、他の飲食業界に進むのか、未経験の業界に転職するかで転職方法は大きくことなります。

他の飲食へ転職する場合は、知り合いを頼りに転職できるかもしれまん。

未経験の業界に転職する場合は、転職サイトや転職エージェントを活用したほうがスムーズに転職できます。

転職活動で飲食の経験が評価される部分

未経験の業界に転職するとしても、飲食経験が活かされることがあります。

ここからは、転職活動で飲食経験が評価される部分を紹介します。

コミュニケーションの能力

飲食の接客で培われるコミュニケーション能力は転職活動で高く評価されるでしょう。

単純な受け答えだけに止まらない、顧客のことを考えたコミュニケーション力と高い対応能力はどこの業界でも必要です。

ただし法人営業など、法人を相手にする業界に転職しようとする場合には注意が必要です。

飲食の接客で得られるコミュニケーション能力は、法人を相手にしたコミュニケーションとは異なるためです。

そのため、コミュニケーション能力を強みとして自己PRする際には、個人との関わりが多い業種に絞った方が上手くいきます。

マネジメント能力

飲食で働いていた時、従業員を採用したり、教育、マネジメントをしてきませんでしたか?

そのような経験は、業種や職種によらず必要な能力ですから、評価の対象となるでしょう。

また商品の仕入れや在庫管理、売上管理などの業務も評価されます。

他業種では、こうした管理業務はある程度の経験を積んだ後に就くことが多いです。

そのため、管理業務の経験がある場合は高く評価されるでしょう。

企画・提案力

店長経験がある人は、企画や提案力に優れています。

売上を増やすために行なったマーケティングや、それに応じた施策の経験は他の職種でも活かせるポイントです。

企画力や提案力を生かして、業務改善や業務の効率化をすることもできるので、そのような部分もアピールしていきましょう。

飲食からの転職におすすめの職種や業界

飲食から転職しやすい業界や、おすすめの職種はどういったものがあるのでしょうか?

ここからは、飲食から転職しやすい業界や、おすすめの職種をみていきます。

接客・販売職

接客業とは、来店した顧客を案内したり、もてなしたりする仕事です。

業種に関係はありません。

ですので、「飲食業界で接客をしていて、今後も別の業種で接客を活かしたい!」という方にはぴったりの転職先でしょう。

具体的には、アパレルやウエディング、店舗の販売員やホテルコンシェルジュ、ネイリストなど、多種多様な職種が挙げられます。

顧客に寄り添ったサービスを提供したい方や、飲食での経験を活かしたい方におすすめです。

営業職

飲食からのおすすめの転職先として、営業職もあげられます。

どのような業種でも新卒で営業職につくことが多いように、営業職は未経験でも挑戦することができます。

また、対人スキルも活かしやすいでしょう。

営業には、法人営業と個人営業があります。

特に、個人営業は、個人を相手とするので、飲食での経験を活かしやすいです。

個人営業職へ転職を希望する際には、積極的にコミュニケーション能力をアピールしていきましょう。。

介護職

現在の日本は高齢化が進行しており、それに伴って介護業界の人材の需要も拡大しつつあります。

現状でも介護職が不足しているため、今後もさらに採用が積極的になっていくでしょう。

そうしたことからも分かる通り、求人が多いこともメリットです。

加えて年齢に関係なく転職できる職種であることや、働きながら介護福祉士の資格を取得できることなどが、介護職を転職先としておすすめする点の一つです。

経験を積みながら資格を取得すればキャリアアップも目指せます。

事務職

「飲食とは全く別の方向で頑張ってみたい」

「もう少し自分や家族との時間を大切にできる職種はないかな?」

そういった方におすすめなのが、事務職です。

定時退社や休日が固定されていることが大きなメリットです。

対顧客ではなく、対職場の同僚や上司、部下とのコミュニケーションを積極的にすることが求められます。

そのようなコミュニケーション能力は、飲食業で身に付く能力であり、事務職でも大いに活かせるでしょう。

IT・Webエンジニア

昨今、ITやICTといった分野が急成長しています。

それに伴い、プログラマーやシステムエンジニアなどのITエンジニアの需要が拡大しつつあります。

「成長中の業界で手に職をつけることができる」という側面からもおすすめです。

「今まで飲食業しかしてこなかったから不安」という方でも、初心者からプログラミングやWebについての技術を学ぶサービスは多くあります。

プログラミングができるようになるためには、地道な積み上げが必要ですが、一度取得してしまえばその後の大きなキャリアアップも狙えます。

特に「GEEK JOB」では、初心者からでも最短1ヶ月でエンジニアとしての基礎を学ぶことができ、業界未経験でも最短1ヶ月でエンジニアとして就職することもできます。

IT・Webエンジニアに興味がある方は、ぜひ「GEEK JOB」の無料カウンセリングを受けてみて下さい。

飲食から未経験の業界へ転職可能なのは何歳まで?

転職市場では、一般に「転職の限界年齢」という言葉があります。

「転職の限界年齢は」、使われる意図や場合によって様々ですが、28歳から35歳までの年齢と言われています。

飲食業界も、他の業界へ転職するのであれば20代がベストでしょう。

年齢が上がるほど、未経験で他業界へ転職することが難しくなります。

もちろん、絶対に転職が難しいということではありません。

しかし、20代であれば未経験でも採用してもらえる場合も多いため、早めにリサーチしておくのが良いでしょう。

また、30代や40代で転職をする場合は、相当のスキルや経験が求められます。

店長の経験や、責任の大きな管理職での経験は重宝されるので、30代や40代でもそのようなスキルや経験を持つ方は、転職を有利に進めることが可能です。

飲食からの転職を成功させるためのポイント

「転職を成功させるためのポイントはある?」

「実際に転職するときは、どうやって動けばいいの?」

など転職をするにあたり疑問はあるでしょう。

ここからは、飲食からの転職を成功させるためのポイントを3つ紹介します。

計画的に転職活動を行う

転職活動をする上で非常に大切なことは、計画的に転職活動を行うことです。

一気にやろうとしてしまうと疲弊しますし、長くなっても心理的に疲れてしまうでしょう。

平均的には転職活動は3ヶ月程度、長くて半年を目安に行いましょう。

また、転職先が決まる前に退職をするのは危険です。

退職してからじっくり転職活動をしたいという気持ちもわかりますが、金銭的なリスクなどの面からおすすめできません。

必要な資格取得に向けて勉強する

未経験者OKという求人に安心して、そのまま転職活動を進めようとしていませんか?

未経験でも問題はありませんが、関連した資格を持っているだけで、転職を有利に勧めることができます。

転職に対して強い意思があることのアピールにも繋がります。

取得に向けて勉強をしているというだけでも、面接時の印象は変わります。

間に合わないとしても、少しでも勉強しておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用する

効率的に転職活動を行いたいという場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロです。

転職エージェントでは、ESの添削から面接対策、今後のキャリア設計などもさぽーとしてくれます。

転職を決めかねている方や、キャリアで迷っているという方は、まずは転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

飲食業界は、休日出勤や給与面から離職率は高い業界です。

飲食からの転職を成功させるためには、これまで飲食で得た経験やスキルを活かすことのできる職種や業種、未経験でもできる仕事を理解することが大切です。

飲食で培ったコミュニケーション能力やマネジメント能力を活かして、飲食からの転職を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました