【面接マナー】スーツのボタンはどうするのが正解?

面接の時にスーツのボタンはしっかりと止めるべきでしょうか?

面接時にスーツのボタンは開けた方が良いのか、それとも閉めた方が良いのかというのは迷うところです。

今回は、面接時のスーツのマナーについて説明していきます。

面接時にスーツのボタンに気を付けてる?

面接の時は、面接のことで頭がいっぱいになってしまって、スーツのボタンにまで気を配れる就活生は少ないです。

どうしても面接となるとスーツのボタンにまで気を配る余裕を持ません。そのため、スーツのボタンを閉め忘れる就活生の方もたくさんいます。

日頃からスーツのボタンにまで気を配っている方は良いのですが、面接の時にはどうしたらよいのでしょうか?

スーツの種類に応じて面接時のボタンの留め方は変わる

2つボタンスーツの場合

最近は2つボタンのスーツが主流です。3つボタンスーツはあまり見ないので、就活生の着ているスーツも2つボタンの場合が多いです。

男性の場合|2つボタンスーツは上1つを閉める

男性の場合は、2つボタンのスーツは上の一つだけ閉めましょう。ジャケットの裾は適度に開くのが一般的なので、下のボタンは飾りだと考えていて良いです。 

女性の場合|2つボタンスーツはボタンを全て閉める

女性の場合は2つボタンのスーツの際は、全てのボタンを閉めましょう。女性のスーツの場合、全てのボタンを閉めることにより綺麗なシルエットをとなるようにデザインされていますので、すべてのボタンを閉めて良いです。

3つボタンスーツの場合

面接のときの3つボタンスーツのボタンの留め方を説明していきます。

男性の場合|3つボタンスーツは上2つを閉める

男性の場合、3つボタンスーツの時は、ボタンの上2つを閉めるようにしましょう。

しかし、一番上のボタンが段返りの時もあります。段返りとは、上から二つ目のボタンから折り返りが始まっており、一番上のボタンが隠れていることです。その場合は閉めなくてよいです。

女性の場合|3つボタンスーツはボタンを全て閉める

女性の場合は、3つボタンスーツの場合でも全てのボタンを閉めましょう。3つボタンスーツも、全てのボタンを閉めることにより綺麗なシルエットとなりますので、全てのボタンを閉めてしまって構いません。 

面接で着席する際はボタンを全て外す

面接の時に着席を促される場合もあります。着席するときはスーツのボタンは全て話すのが一般的です。

就活生は無理に外さなくてもよい

着席をする常磐スーツのボタンを全て外すのが一般的ですが、就活生の場合は無理に話さなくても良いです。

その理由を説明していきます。

だらしない印象を与えかねない

ボタンを外すと、どうしても心が緩み、だらしない印象を与えてしまう場合があります。面接の時は、適度な緊張感を持って挑みたいので、無理にボタンを外す必要はありません。

不慣れなことはしない

面接の時に不慣れなことはしないというのは大切なことです。

ボタンを気にするあまり、面接で話す内容を忘れてしまった、ということでは面接に悪影響を与えてしまいます。面接では緊張するので不慣れなことはせずに、まずは緊張をほぐすことを考えましょう。

スーツのボタンが選考に影響することは少ない

スーツのボタンが選考に影響することはほとんどないといってよいでしょう。そのため、スーツのボタンに対して過剰に意識することはありません。

面接官はスーツのボタンよりも、その人の人柄や潜在能力といったことを意識して見ています。自己 PR や志望動機をしっかりと伝えることができるかということを気にしましょう。

スーツの一番下のボタンを外すようになったのは何故?

スーツの一番下のボタンを外すようになったのはなぜなのでしょう?

スーツの一番下のボタンを外すようになった理由は実はたくさんあります。ここでは、その理由の一部を挙げていきます。

肥満が原因でボタンを外した

フォーマルスタイルが発祥した当時の国王、エドワード7世は肥満体型だったと言われています。エドワード7世はスーツのボタンを留めると、お腹が苦しいため一番下のボタンを外してきていたその名残とも言われています。

一番下のボタンは飾りだった

スーツはモーニングコートが起源といわれていますが、モーニングコートは正式な場で着用することでした。スーツとモーニングコートを区別するために、正装ではないという意味として、一番下に飾りのボタンをつけたという説があります。

ボタンの位置が変わった

元々は全てのボタンを閉めていたが、時代によりファッションが変化してボタンの位置が変わったという説があります。そのため、ボタンを閉めると不恰好になってしまうので、一番下のボタンを外すようになったということが理由も考えられています。

スーツのラインを綺麗に保つため

一番下のボタンを留めて椅子に座ると、スーツのラインが崩れるため、一番下のボタンを外したという説があります。その行為が一般化し、今でも一番下のボタンは閉めないようになったと言われています。

馬に乗るためにボタンを外す

馬に乗って移動していた時代は、ボタンが邪魔で馬に乗りにくかったと言われています。馬に乗りやすいように下のボタンを外したスタイルが一般的になったという説です。

まとめ

今回は、就活の面接の際にスーツのボタンの締め方を解説しました。

スーツのボタンひとつで印象は変わりますが、それにより採用に落とされるということはありません。

一般的には着席するときはスーツのボタンを外すことがマナーと言われていますが、外し忘れたからといって結果に影響を与えるわけではありません。

スーツのボタンの事をあまり考えすぎずに、面接に集中することをお勧めします。

Posts Tagged with…