やりたい仕事って何?どうすればやりたい仕事を見つけることができる?

「自分のやりたい仕事がない」、「やりたい仕事がわからない」という方は社会人の中でもたくさんいます。特に20代、30代の多くの方が自分のやりたい仕事に就けずに悩んでいるのが現状です。

また、新卒者の場合は「自分にできる仕事は何なのか」と悩む方もいます。

そのような方に向けて、今回はやりたい仕事の見つけ方を紹介していきます。

やりたい仕事がない理由は何?

「やりたい仕事がない」という方は就活生に限らず、社会人の方でも多く存在しています。社会人の経験がない就活生の方は、自分に何ができるかわからないため、何の仕事をして良いのかわからないといった場合もあります。

ここでは、やりたい仕事がない理由と、やりたい仕事の見つけ方を紹介します。

自分のやりたい仕事がない・わからない理由3つ

自分の長所が分からない

自分の長所や強みを理解できていないと、「やりたい仕事がわからない」という事態に陥ってしまいがちです。自分の長所や強みがわからず、自分に何が出来るのか分からないと悩んでしまうパターンは良くありま。

また、何でもこなせてしまう人も、何が得意なのかわからず自分のやりたい仕事がわからないと、悩んでしまう傾向も高いです。

失敗するのが怖い

失するのが怖いため、慎重になりやりたい仕事が見つけられないといった方も多いです。特に就活生や初めて転職を経験する20代の方に多く、社会経験が浅いためどうしても慎重になってしまいます。

また、やりたい仕事はあるけれども、その仕事に挑戦する勇気がない方もいます。

自分に自信が持てない

自分に自信を持つことができなくて、やりたい仕事を見つけられない方も大勢います。新しいことにチャレンジする不安が大きく、やりたい仕事を見つける前の段階で諦めてしまう方も多いです。

働いた経験がない方は、働くイメージがわかないため自分に自信が持てないといった場合もあります。

自分のやりたい仕事を見つける方法7つ

自分のやりたい仕事がわからずに悩んでいる方はどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、やりたい仕事を見つけやすくする方法を紹介していきます。

自分の将来から逆算して考えてみる

自分のなりたい将来の姿から、その目標を達成するためにどうすれば良いのかということを考えてみるということは大事です。

自分の将来が漠然としていて分からないという方は、自由に発想してノートに書き込んでみましょう。ノートに書き込んだ自分の姿を思い浮かべながら、その姿を実現させるためにはどんな能力や、どんな心構えがいるかということを考えていく事はとても大事です。

また、将来どのくらいの収入が欲しいかということを考えるのもひとつの方法です。お金のために働くことは決して悪いことではありません。

以下の記事では、仕事はお金のためと割り切って働くメリットなどは下記の記事で解説していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

努力した経験を振り返ってみる

学生時代の部活やバイトなどで、努力した経験を振り返ってみるというのもやりたい仕事を見つけるために必要なことです。

苦しいことや辛いこともある中で、どうして自分が努力できたのかということを考えてみましょう。自分がどうして努力できたのか考えることにより、どんなことに意欲的に取り組むことができるのかということがわかります。

自分の努力できるポイントを知ることにより、きつくても辛くても努力できる仕事を選ぶことができます。

楽しかった体験を振り返る

自分の過去の楽しかった体験を振り返るというのも、やりたい仕事を見つけるための一つの方法です。勉強や部活、バイトなど、過去の経験から楽しかった体験をリストアップしてみましょう

どうして楽しかったのかその要因を考えると、自分が何がやりたいのか、性格的にどんな仕事があっているのかということがわかります。

とにかくやりたいことをリストアップしてみる

現在、漠然とやりたい事がある方は一度全てノートに書き出してみましょう。すべて書き終わった後に、やりたいことの中から仕事につながりそうなことを抜粋すれば、自然とやりたい仕事が見えてきます。

このようにして客観的に自分を見つめなおすことにより、やりたい仕事を見つけるだけにつながります。

世の中にどんな仕事があるのか調べてみる

やりたい仕事がわからないという方は、世の中にどんな仕事があるのか調べてみるということも大切です。自分の知識だけでは知らなかった仕事はたくさんあります。

もしかしたら、その知らない仕事の中にやりたい仕事があるのかもしれません。インターネットや本や友人などから、世の中にはどんな仕事があるのか積極的に情報を仕入れ調べてみましょう。

積極的に人と会って情報交換する

会いたい仕事を見つけるためには、積極的に人と会い、情報交換することは大切です。

自分の知らない世界の人が、自分の知らない仕事の情報を持っている可能性は高いです。そのため、積極的に行きたいその人からたくさんの情報を引き出しましょう。

また、就職や転職などの説明会に参加して、直接企業な人と話すことによりやりたい仕事が見えてくることがあります。

とにかく自分の可能性を信じてみる

やりたい仕事があっても、自分に自信がなくてその仕事を諦めてしまうのはあまりいいことではありません。やりたい仕事が見つかった場合は、積極的にその仕事にチャレンジしてみましょう。

求人サイトを眺めてみて、少しでも興味があれば積極的に問い合わせてみてみることも大切です。最初から諦めるのではなく、自分の可能性を信じてチャレンジすることにより、思いもよらないやりたい仕事が見つかる場合もあります。

まとめ

今回は、やりたい仕事がないと悩む方に向けて、ヤりたい仕事が見つからないわけや、やりたい仕事を探す方法を紹介しました。

世の中にはたくさんの職業がありますが、自分のやりたい仕事に就いているのはごく一部だということを知っておきましょう。簡単にやりたい仕事は見つかるわけでもなく、その仕事に就くことができるというわけでもありません。

そんな中でもしっかり前を向いて生きていくことにより、やりたい仕事と巡り合える可能性は高まります。その可能性を信じて、日々を前向きに生きていきましょう。

Posts Tagged with…