企業・業界研究

薬剤師の転職|履歴書の志望動機記載の5つのポイントと記載例

企業・業界研究

履歴書を記載する際に、最も時間がかかり頭を悩ませるのが志望動機です。

自分の言葉で、しかも手書きで文章を記載しなければならないので「間違えたらどうしよう」「何を書いたらいいかわからない」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか?

薬剤師という資格は異なる業種へ転職する機会が多いので、志望動機が特に重要になります。

採用担当者は志望動機のどこをチェックし、実際にどんな点に注意して志望動機を記載すべきなのか、例文とともに解説していきます。

転職の履歴書の志望動機について頭を悩ませている方はぜひご覧ください。

薬剤師の転職では志望動機は非常に重要

薬剤師が転職する際には、以下の理由によって履歴書の中で志望動機が最も重要になります。

  • 薬剤師は就職できる職種が多い
  • 志望動機欄は履歴書の中で最も個性や熱意が現れる項目
  • 志望動機からしか熱意は伝えられない

履歴書はフォーマットになっており、これまでの経歴などは機械的に記入することができます。

しかし、志望動機欄だけは転職希望者の言葉で書かなければなりません。

志望動機欄から採用担当者は志望者の熱意や個性を感じ取り、「即戦力になるかどうか」「一緒に仕事をして行くことができる人となりか」ということを判断します。

また、薬剤師という資格は調剤薬局や製薬会社やドラックストアなど、専門性を生かして働くことができる業種が多い仕事です。

だからこそ、志望動機欄で「なぜ転職を希望し、その勤務先で働きたいのか」ということを説得力を持って伝えることが非常に重要になるのです。

履歴書の志望動機欄を記入する際の5つの重要ポイント

薬剤師は1つの資格で病院や薬局や製薬会社など、全く異なる職種で働くことができる仕事です。

それだけに、志望動機が非常に重要になりますが、履歴書の志望動機欄を記載する際には、以下の5点を意識して記載すると、採用担当者に好印象を持たれる志望動機が記載できるでしょう。

  • 薬剤師を目指した経緯や理由
  • これまでの経験や成果
  • 転職後に目指すキャリアプラン
  • 転職に至った理由はポジティブに
  • 転職先企業を選んだ理由を具体的に

志望動機を記載する際の5つのポイントについて詳しく解説していきます。

薬剤師を目指した経緯や理由

まずは、なぜ薬剤師を目指したのかということを記載しましょう。

ここを具体的に記載することで、自分の人となりを知ってもらうことができます。

薬剤師を志した時から現在転職に至った理由までを簡単なストーリーにして記載することで、ご自身の人となりを知ってもらうことができるでしょう。

これまでの経験や成果

薬剤師として、これまでどんな仕事を経験し、その仕事の中でどんな成果があったのかということをアピールすることも忘れないようにしてください。

「どんな職場で働き」「開発した薬品はどのようなものか」「どんな診療科の薬品を扱っていたのか」などをできる限り具体的に記載しましょう。

ここを分かりやすく強くアピールすることによって、採用担当者が「即戦力になる人物かどうか」ということを知ることができます。

転職後に目指すキャリアプラン

次に、転職後にはどんなビジョンを描いているのかということを記載しましょう。

「転職後の会社で何を学びたいのか」「薬剤師としてどんな成長をしていきたいのか」ということを記載しましょう。

できれば「管理薬剤師の資格をとりたい」「〇〇の課題を解決する新薬開発に携わり研究者としてのスキルをアップさせたい」など、具体的な目標を書いた方がよいでしょう。

目標が具体的であればあるほど、採用担当者が採用後の担当部署などをイメージしやすくなります。

転職に至った理由はポジティブに

転職に至った理由はできる限りポジティブに記載しましょう。

特にドラックストアや調剤薬局など、の業他社が多い職場への転職を希望する薬剤師の方にとって非常と重要になるポイントです。

「自分が学んでみたい診療科の薬剤を多く扱っているから」「地域に密着した調剤薬局だから」など転職先企業を選んだ理由を具体的に記述するとともに「転職することによって自分が成長できると思ったから」などポジティブな理由を記載するようにしてください。

転職先別の薬剤師の履歴書志望動機例文

それでは薬剤師の履歴書の志望動機欄の例文を業種ごとに紹介していきます。

ここでは

  • 調剤薬局
  • ドラックストア
  • 病院
  • 製薬会社

の4つの業種へ転職する際の例文をご紹介していきます。

履歴書の志望動機欄を記載する際の参考として活用してください。

調剤薬局へ転職する場合

調剤薬局へ転職する際の例文は以下の通りです。

「私はこれまで病院薬剤師として勤務してきました。

しかし、私の勤務していた病院では患者様との関係性が希薄であり、患者様と向き合う薬剤師像を理想としている私のビジョンと乖離していました。

そこで、患者様とより近くの距離で応対することができ、患者様の健康維持のために貢献している貴社へ転職することで、薬剤師として目標を叶えることができると感じたため転職を希望した次第です。

また、地域に根付いた調剤薬局として貴社は多くの患者様や地域住民や医療機関から高い評判を得ております。

私はこれまでの病院薬剤師としての経験を活用し、貴社で多くの新しい知識を学びながら地域や患者様に寄り添った医療の実現へ貢献したいと思います。」

ドラッグストアへ転職する場合

ドラッグストアへの転職を希望する場合には以下のような文章を参考にしてください。

「これまで私が勤務していた調剤薬局では、医薬品を調剤するだけで、レジ打ちや商品補充などと言った小売的な業務はほとんど行ってきませんでした。

しかし私は調剤業務だけでなく広くお客様と接することが、これからの薬剤師像だと考えています。

そこで、レジ打ちや、接客や、販売戦略まで学ぶことができるドラックストアで目指す薬剤師像を体現したいと思いました。

貴社は一般的なドラッグストアとは異なり、健康増進のための各種セミナーを定期的に開催するなど、地域医療への貢献を行っているとともに、医薬品以外の様々な日用品を安価で提供しておられます。

貴社で働くことによって地域やお客様とより深く関わることができる、私の目指すべき薬剤師像が体現できると思い転職を希望いたしました。

これまでの薬剤師としての経験を生かしながら、お客様の健康増進のために貢献して参りたいと思います。」

病院へ転職する場合

病院への転職を希望する場合には以下のような文章になります。

「私はこれまでドラッグストアに勤務して参りましたが、医師やそのほかの医療従事者の方とともに患者様の健康増進へ貢献したいという思いが非常に強くなったことから貴院への転職を希望いたしました。

貴院は地域の医院の中でも、患者様に寄り添った診療について非常に評判が高く、地域医療の中で中心的な役割を果たしておられます。

貴院で勤務することで、私も地域の患者様によりそった薬剤師として働くことができると考え、貴院への転職を希望いたしました。」

製薬会社などの企業へ転職する場合

最後に製薬会社への転職を希望する場合の例文をご紹介します。

「私はドラックストアの薬剤師として、数多くの製薬卸会社のMSの方と仕事をともにすることがありました。

他社のMSの方と比較して貴社のMSの方は対応が迅速で現場の声をすぐに会社へ届けていただき、現場に寄り添った対応を何度もしていただきました。

私は製薬会社の薬剤師は現場の声に対してスピーディーに対応することが非常に重要だと考えておりますが、貴社のMSの方はまさにあるべきMSとしてのあり方を体現できていると感じた次第です。

貴社であれば現場に寄り添った薬剤師としての仕事ができると考えて貴社への転職を希望いたします。

これまでのドラックストアでの現場での経験を生かして、より現場に寄り添った仕事をしたいと考えております。」

まとめ

薬剤師が転職する際の履歴書では、志望動機欄が最も重要です。

履歴書の項目の中でも唯一、自分の言葉で記載する志望動機は人となりや熱意を採用担当者が知ることができ、転職では特に重要な「即戦力かどうか」ということを図るための重要な指標です。

また、薬剤師は調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社などの異なる業種で専門性を生かして働くことができる資格です。

そのため、「なぜこの勤務先への転職を希望するのか」ということを志望動機欄で明確にすることが他の職業よりも重要になります。

志望動機を記載する際のポイントをしっかりと押さえ、採用担当者が「即戦力として雇いたい」と思うような志望動機を記述できるようになりましょう。

また、「どうしても履歴書が上手く書けない」、「志望動機がまとまらない」という方は『リクナビ薬剤師』への登録をおすすめします。

専門のアドバイザーが転職者に寄り添って、希望の転職を成功に導いてくれます。

これまでの経歴やスキルから、自身に合う職場を紹介してくれて、履歴書や面接指導もおこなってくれます。

登録も1分で簡単に行えるので、ぜひ登録してみて下さい。

☆薬剤師限定☆通勤30分以内♪550万円以上の求人あり!

タイトルとURLをコピーしました