フリーランス

人間関係がほとんどいらないフリーランスの仕事8選!ストレスフリーで働く!

フリーランス

近年は価値観の多様化により働き方も選べるようになってきました。

その中でもフリーランスという働き方は注目を集めています。

この記事ではフリーランスの人間関係の事について、人間関係の少ないフリーランスの仕事などを紹介していきます。

人間関係がいらないからフリーランスはストレスが少ない?

会社員は職場に向かいその会社の人と共に仕事をこなしたり、長期にわたり気の合わない人や苦手な人と関わっていかなければなりません。

それに比べフリーランスは、完全に独立し一人で仕事をこなしていくため、会社員のようなめんどうな人間関係を築かなければいけないということはありません。

社内のコミュニケーションがない

そもそも、フリーランスはどこかの会社の組織に所属し仕事をせず、基本的にはすべて一人で仕事をこなしていく事が多いので人間関係でのストレスは少ないです。

自宅やカフェなど一人で作業を進めていくため、会社員の会社でやりとりするような社内のコミュニケーションはありません。

残業がない

フリーランスは会社に残り、遅くまで残業をしなければいけないということはありません。

フリーランスといっても様々な業種がありますが、特にIT系のフリーランスであれば、パソコン1台とネット環境さえあればどこでも仕事ができます。

また、フリーランスは自分自身で働き方や場所、時間を決めることができ労働基準法も適用されないので残業という概念もありません。

本当にフリーランスになれば人間関係はいらない?

フリーランスは会社や職場がないので会社員のような人間関係はありませんが、仕事をするうえで人間関係が全くゼロというわけではありません。

クライアントや取引先の人など、仕事をしていく中での最低限のコミュニケーションはあります。

フリーランスにありがちな人間関係の悩み

会社員のような人間関係はありませんが、フリーランス特有の以下のような悩みはあります。

  • クライアントと良好な関係を維持しなければ仕事がなくなる
  • プライベートで孤独を感じてしまいやすい

クライアントとの関係を大切にし、定期的に連絡を取り合ったり自分自身を信頼してもらえるかが大切です。

良い信頼関係を築くことができれば続けて仕事を依頼されますし、信頼してもらえなければ仕事は頼まれなくなります。

さらに、在宅フリーランスとなると人間関係は希薄になりやすいので、孤独を感じてしまいやすい人も多い傾向にあります。

フリーランスで人間関係を築くメリット

フリーランスとして人間関係を築いていくことは大切で、メリットもたくさんあります。

  • 次の案件獲得に繋がる
  • 情報の共有ができる
  • 同業種・異業種の人脈ができる

などといったメリットがあるので詳しく解説していきます。

次の案件獲得につながる

先ほど述べたように、クライアントと良好な人間関係を築き維持することができればリピーターとなり繰り返し起用してもらえます。

さらに、クライアントの意向や必要としている内容を汲み取り、案件をこなしていくことが重要です。

そうすれば、そのクライアントから新しいクライアントや、案件を紹介してもらえることにも繋がりやすくなります。

情報の共有ができる

現在は情報化社会といわれており有益な情報はとても貴重なものとなります。

とくにIT技術やスキルなどは日々大量に更新されており、自分一人でその情報を収集していくことは難しいです。

ですが様々な人と良い人間関係を築いていくことにより、その関係を通して有益な情報を効率的に収集していくことができます。

有益な良い情報が入ってくることにより、自分の常識や考え方価値観が広がり人生が変わるといっても過言ではありません。

同業種・異業種の人脈ができる

フリーランスは一人での作業や活動が多くなるので、仕事のモチベーションを保つのは難しくなります。

そんな時に同じ分野や違う分野で働いている人とコミュニケーションをとれば、いい刺激になります。

人脈は自分に利益があるかないかで築こうとししまいがちですが、自分のメンタルを保っていくための人脈は必要になります。

フリーランスで人間関係を構築したい場合は?

フリーランスは会社員のように組織に所属するわけではないので、人間関係を構築していくには自分から積極的に行動していかなければなりません。

フリーランスの人が、人間関係を構築していく具体的な方法があるので紹介していきます。

SNSから人脈を広げる

最近はSNSが普及し発達したことにより、気軽に誰でも簡単にインターネット上で人と繋がることができるようになりました。

SNSは直接会う前にコミュニケーションが取れるので、人見知りや内向的な性格の人にもおすすめの方法です。

さらにSNSは効率的に人脈を作っていくために利用している人も多くいます。

会社員時代の人脈を大切にする

フリーランスになる前の会社員時代の人脈を大切にするという方法もあります。

フリーランスになって初めのころは、実績がなく案件をもらうのが難しいため、前職で勤めていた会社の外注先として案件を獲得しやすくなります。

そこからさらにクライアントを紹介してもらったりするというケースもあるので、会社員時代の人脈を大切にするのも一つの手です。

交流会やセミナーなどに参加する

自分とは異なる分野や幅広い人脈を求めるのであれば、交流会に参加してみるというのもよいでしょう。

交流会には異業種交流会のようなものが多く、様々な分野や立場の人が集まるので人脈を広く獲得しやすい特徴があります。

また、同じ分野の人脈を獲得したいのであれば、セミナーなどに参加してみましょう。

セミナーは人脈を作りたい人や向上心の高い人が集まる傾向にあります。

交流会やセミナーなど、自分の目的に合わせて参加してみるといいでしょう。

人間関係がほとんどいらないフリーランスの仕事

人間関係がほとんどいらない、一人でこつこつと作業をこなしていけるようなフリーランスの仕事は次のような種類のものがあります。

  • 不動産投資
  • ドライバー
  • せどり(転売)
  • アフィリエイター
  • ライター
  • Webエンジニア
  • 動画クリエイター

これらの仕事を詳しく紹介していきます。

不動産投資

不動産投資のフリーランスとは、不動産物件を購入して第三者に貸し出し、家賃収入や売却をして利益を収入にしてく人のことです。

不動産投資は初期費用が高くなりやすく、十分な資金がなければ失敗してしまうかもしれないので入念な準備は必要になります。

ですが、社内で起こるような対人関係でのトラブルは少ないです。

ドライバー

フリーランスのドライバーとは、特定の会社に雇用されたり所属するのでなく、案件ごとに契約して報酬を得ていくという働き方になります。

軽貨物ドライバーやウーバーイーツなどがあります。

クライアントや配属先の方に直接案件をもらうことができるので、手数料などを取られることなく報酬をそのままもらうことができます。

一人の時間や空間も多いので、人とのコミュニケーションの場は必然的に少なくなります。

せどり(転売)

フリーランスでせどりをしている人を「せどらー」といいます。

せどらーとは安く売られているものを購入し、転売して利益を上げ稼いでいく人のことです。

せどらーは初心者でも始めやすいですし、好きな時間に作業でき即金性が高いのでおすすめです。

中にはせどりだけで年収500万円以上稼ぐ人もいます。

この仕事は梱包や発送の手間がいりますが、作業は基本的には一人なので人間関係はほとんどいりません。

アフィリエイター

アフィリエイターとはインターネット広告を自らのサイトやブログなどで紹介し、そこから商品が売れたときの成果報酬を得ている人のことです。

アフィリエイターは経験やスキルがなくても努力次第で稼げるようになりますし、匿名でも始められます。

また、ブログなどで得た知識やスキルはあらゆる仕事に活かしやすく、個人で稼いでいくというスキルも磨けるので魅力的です。

ただ、稼ぐまでに時間がかかります。

しかし、一人でこつこつとできる仕事なので人間関係で悩むことは少ないです。

ライター

フリーランスのライターとは、主に文章や記事の執筆で収入を得ていく人のことです。

エッセイを書く人や広報・ PRのためのキャッチコピーを書く人、Web上での記事を書いてく人など仕事内容は様々あります。

フリーライターは働く場所や時間が自由です.

また、仕事を自分で選ぶことができます。

フリーライターは自分で営業し案件を獲得する必要がありますが、誰かと直接会って仕事をすることな基本的にはないので人間関係はほとんどいりません。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、WebサイトやECサイトなどで使われるシステムの設計や開発、運用などを行うエンジニアです。

現在あらゆる業種においてWebサービスやアプリ開発、Webサイト運営などの需要が高まっていますので、Webエンジニアには将来性があります。

Webエンジニアになるためには、高いスキルや知識が必要になってきますが、在宅ワークを取り入れやすい職種になります

スキルや知識さえ身に着けてしまえば、在宅ワークが可能なので人間関係を無理に築いていく必要はありません、

動画クリエイター

動画クリエイターの主な仕事内容は、撮影された動画素材を切り取ったりつなげたり、テロップや効果音などを入れていきます。

近年SNSの発達や普及により、動画のニーズも高まっているので動画クリエイターの将来性は高くなっています。

体力的にきつかったり、発想力も必要です。

変化にも柔軟に対応していかなければいけないので大変ですが、人間関係は少なくなります。

まとめ

フリーランスでも、仕事をしていく限りは最低限の人間関係はあります。

ですが、会社員に比べれば少ないほうなので、人間関係で悩みすぎることはあまりないです。

また、この記事で紹介しましたように、フリーランスといっても様々な仕事があるので自分に適した仕事をみつけられように視野を広げていきましょう。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました