就活・転職情報

20代女性必見!転職で成功する秘訣とやってはいけないこと!

就活・転職情報

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

近年の働き方への意識変化とともに、転職という選択肢はますます一般的になってきました。

特に20代女性にとっての転職は、今後の人生を左右する重大な決断になってきます。

「結婚や出産との両立をはかりたい」「仕事とプライベートのバランスを見直したい」といった思いから、真剣に転職を考え始める方も多いはずです。

この記事では、20代女性が転職で成功する秘訣とやってはいけないことを詳しく解説していきます。

20代女性ならではのポイントや注意点をしっかり理解して、確実な転職成功を手にしましょう。

20代女性の転職は難しい?

結論を言えば、転職は難しくはないと言えます。

転職のしやすさの指標として「転職求人倍率」を見ると、転職しやすい「売り手市場」だということがわかります。

「売り手市場」とは需要が供給よりも大きい状態、つまり転職を希望する人数よりも企業の採用枠の方が多い状態のことを指します。

「転職求人倍率」とは、求職者1人あたりに何件の求人があるのかを示す指標で、2021年現在で1.8程度です。

コロナウイルス以前と比較すると低い数値ですが、それでも売り手市場であることに変わりありません。

したがって転職はしやすいといえます。

その一方で、20代後半に行くにつれ未経験可の転職が少なくなる傾向にあるのも事実です。結婚や出産といった今後のライフスタイルへの展望がある場合、早めに転職活動を始めるとよいでしょう。

20代女性のよくある転職の理由

女性における20代には、今後の人生を決定づける重要なライフイベントが数多く存在します。

このようなライフイベントをきっかけに転職を考えることも多いでしょう。

また、働き方とプライベートの関係性やご自身キャリア選択を見直したいという場合もあるかもしれません。

ここでは、20代女性のよくある転職の理由を5つほど紹介します。

結婚

20代女性の転職理由として多いのが結婚です。

結婚により住む場所や生活のパターンが変わるため、新しい生活に合った転職先を希望する女性が多いためです。

結婚後の生活スタイルを見越して適切な仕事に転職しておくことで、その後の生活がしやすくなるでしょう。

企業によっては既婚女性よりも未婚女性を優先的に採用するケースもあり、結婚前に転職することで仕事の幅が広がりやすくなることもあります。

妊娠・出産

妊娠や出産も大きな転職理由の一つです。

妊娠・出産に伴う子育てと現在の仕事との両立が難しい場合があり、そういった場合に転職という選択肢を選ぶ20代女性は少なくありません。

産後の子育てを見越して、育児の支援環境がある会社やライフスタイルに合った仕事に転職する場合が多いです。

時短勤務が可能な会社や、正規雇用から非正規雇用に変えるなどの選択肢から、自分にあったポイントを見極めて転職することが大切です。

ワークライフバランス

ワークライフバランスとは、「働くすべての方々が、『仕事』と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった『仕事以外の生活』との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方」のことです。

ワークライフバランスは、心身が健康的な生活を送る上で欠かせないコンセプトとなっています。

しかし、残業が多く労働時間が長い、自宅から勤務地が遠いなどの理由から、充実した生活が難しくなり転職を考える方もいます。

プライベートな時間を大切にできる労働環境に変えていくことも大切です。

仕事内容があわない

現在の仕事内容が自分自身と合っていないことも主な転職理由です。

仕事の内容にやりがいを感じない、自分が予想していた仕事ではなかったなど、仕事内容に不満を感じて転職を考える方が多いです。

転職後の仕事と理想とのギャップを少なくするため、自身がやりがいを感じられる業務や企業の研究を入念に行うことが大切です。

また、年功序列か成果主義か、といった会社のポリシーも転職先を選択する上でのポイントになるでしょう。

給与アップを目指して

給与のアップを目的として転職する20代女性も多いです。

現在の給与待遇を改善したいというケースから、キャリアアップとしてより高い給与を得られる職種へ挑戦するケースなど目的はさまざまです。

転職先によっては、給与が上がる一方で業務の難度や拘束時間が大きく変化する可能性もあります。

ご自身の生活スタイルやモチベーションにあった転職先を選択することが大切です。

20代女性が転職で後悔しないためのポイント

ここまで20代女性の転職について大まかに見てきました。

転職は現在のライフスタイルを大幅に改善する可能性がある一方で、間違った選択をするとますます心身の負担を抱えることになるでしょう。

転職での失敗をなるべく減らすためには、事前に押さえておくべきポイントがいくつかあります。

ここでは、20代女性が転職で後悔しないための3つのポイントを紹介していきます。

職種にとらわれすぎない

職種にとらわれすぎないようにするのは1つの重要なポイントです。

自身がやりがいを感じられる仕事を追求して転職先を探すことはもちろん大切です。

一方で、現在よりも給与が低い、業務時間や労働環境が悪化してしまうなどのデメリットがある場合もあります。

そういった側面を考慮せずに決めると、転職先で再度転職を考えなければならないこともあるでしょう。

やりたい職種のみで転職先を考えるのではなく、同時にワークライフバランスも意識する必要があります。

長所と短所をしっかりと把握しておく

自分自身の長所と短所をあらかじめ把握することが大切です。

自分の強みを生かした職種に就くことができれば、仕事への充実度も自然と感じられるようになります。

一方で自身を過大に評価して転職すると、実力以上の辛い業務に追われることになり、退職せざるを得ない場合もあります。

転職の前に自分の強みと弱みを把握し、しっかりと言語化できるようになっているのが理想的です。

業界・企業研究はしっかりしておく

業界・企業研究をしっかり行っておくことも重要なポイントです。

こうしたことを事前に行わず、入社前の理想と実際の業務のギャップに悩まされる場合があるからです。

特に転職活動はできるだけ早めに済ませたいと考え、焦って決断をしてしまいがちです。

入社後の待遇や社内の雰囲気、実際の業務内容など具体的に調査し、不明な点は担当者に確認して把握しておきましょう。

また似たような転職先を比較しながら、各社の違いをまとめてから転職に臨むことも大切です。

20代女性が転職の際にやってはいけないこと

これまで、20代女性の転職やそのポイントをいくつか見てきました。

こういったポイントを着実に押さえていくことで、転職の成功に結びつけていくことが可能になります。

一方で、20代女性が転職する際に陥りやすい注意点があるのも事実です。

こういった注意点を見逃したまま転職を進めていくと、のちに自身の選択を後悔することにもつながります。

ここでは、20代女性が転職の際にやってはいけないことを4点解説していきます。

ライフイベントを考えない

結婚や出産・育児などのライフイベントを考慮せずに転職を決めるべきではありません。

特に20代の女性の場合には、こういったイベントによるライフサイクルの変化が大きい傾向にあります。

結婚や出産・育児などによる休職や家事との両立といったサポートが不十分な企業に転職した場合、すぐに退職せざるを得なくなることもあるでしょう。

また、こうしたライフイベントへの見通しの甘さは採用担当者にも伝わってしまいます。

転職をする際には、今後の人生設計よく考慮した上で、「自身が働きやすい職場であるか」という尺度を持つことも大切です。

誰にも相談せずに転職活動をする

誰にも相談せずに転職活動をするのはよくありません。

1人で考えると視野が狭くなり、給与のみで転職先を判断するなどといった、誤った判断をする恐れがあるためです。

第三者を交えて話すことで、転職の際の多様な価値観や尺度を把握しておくことが大切になってきます。

相談者としては、友人や家族、現在の会社の人間など身近な存在を頼るのも良いでしょう。

より客観的な意見を求める場合には、転職エージェントサービスを利用することもおすすめです。

キャリアプランを考えない

キャリアプランを考えずに転職活動を行うべきではないでしょう。

自身の目標や軸がない状態で転職に臨むと、給与の高さやネームバリューに惑わされ、業務内容にミスマッチが起こりやすくなります。

自分自身が将来どのようなキャリアを歩みたいのかを明確にしておくべきです。

まずは自己分析ツールなどを使って、自分自身と改めて向き合って見るのが良いでしょう。

また、より効果的なサポートが必要な場合、転職エージェントサービスを使うのも手です。

辞める際にマナーを守らない

会社を辞める際には必ずマナーを守るようにしましょう。

特に今の職場と今後関わりがなくなる場合でも、社会人として失礼な言動やマナー違反は慎むべきです。

また、転職先が決定したらできるだけ早く現在の職場に伝えておきましょう。

急な退職は会社に迷惑をかけるだけでなく、自身の信用も大きく損なうこととなります。

さらに転職先の担当者と接する際には、身だしなみや言葉遣いなど改めて自身のマナーを確認しておきましょう。

現在の職場、転職先の双方に配慮することが大切になります。

まとめ

今回は20代女性の転職について、そのポイントからやってはいけないことまで詳しく解説してきました。

転職は今後の人生を大きく左右する重大な決断です。

特に20代女性にとっては、結婚や出産などのライフイベントとも密接に関わってきます。

自分自身のワークライフバランスを深く考え、より理想的な生活を手にできるよう入念に準備することを心がけたいです。

そのためにも、一時の流行や給与などといった目先の利益に飛びつくような選択をするのは避けるべきです。

決断を焦ったりせず、自分自身がどうなりたいのかを深く見つめ直すことで、適切な転職先を選択するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました