企業・業界研究

飲食業界からの転職は失敗しやすい?成功するポイントを解説!

企業・業界研究

「飲食業から転職したいけどできるのかな」「未経験から新しい業種に挑戦してみたい」などなどと考えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は飲食業から転職を考えている方に向けて

・転職が失敗しやすい理由

・転職におすすめの業界や職種

・転職に失敗しない為の転職エージェントについて

紹介していきたいと思いいます。

飲食業界からの転職が失敗しやすい理由

飲食業界からの転職を失敗してしまった、飲食業界からの転職は難しいなどの声を聞きますが、それにはきちんとした理由があります。

1つ目の理由としては、前職場に対しての何が不満なのかが明確でなかった場合です。

この場合は、なんとなくで前職をやめてしまい、転職をする際にもなんとなくで仕事をさがしてしまうので、結局転職しても仕事が合わないなと感じてしまうからです。

2つ目は、転職先の雇用条件を詳しく確認していなかった場合です。

給与面や福利厚生、残業代などをしっかりと確認できておらず、実際に入社してみると違ったということがあるからです。

これは入社してからでは遅いので事前にチェックできることはきちんと確認しておきましょう。

3つ目は、他人のせいにして転職をしてしまった場合です。

「人間関係が嫌だから辞めた」、「上司と合わないから辞めた」など他人のせいにばかりしていると成長がないので、転職できてもまた同じことを繰り返してしまうでしょう。

飲食業界からの転職しやすいおすすめの業界・職種

飲食業からの未経験でも、転職しやすいのは

・営業職

・事務職

・Web・IT関連

・教育関係

・食品関係

・介護職

などがあり、1つ1つ詳しく紹介していきます。

営業職

営業職は、どの企業にも必要なため、未経験歓迎の求人が多く、飲食業で培われたコミュニケーションスキルも活かせるのでおすすめです。

また営業職には、法人営業や個人営業、新規営業、ルート営業、内勤営業などさまざまな種類があります。

営業職の魅力は、給料が歩合制の場合が多いので頑張った分給料が増えますし、説明能力やコミュニケーション能力などのスキルをさらに身に着けることができます。

事務職

事務職は、未経験OKなどハードルの低い求人が多く、初心者でも挑戦しやすい職種になります。

事務職といっても、一般事務、営業事務、経理事務、医療事務、学校事務など沢山の種類ががあり仕事内容も異なります。

厳しいノルマや残業などがなく、定時で帰れる事が多いので、ワークライフバランスがとりやすというのもおすすめの理由です。

育児や家族と過ごす時間、趣味などを優先したい人にはとても働きやすい職種といえるでしょう。

Web・IT関連

Web・IT関連の職種は現在需要が高まっており、人材不足なため未経験でも受け入れてくれる企業が多くなっています。

この業界にはWebデザイナーやフロントエンドエンジニア、Webディレクター、システムエンジニア、プログラマなどの職種があります。

この職種の魅力としては、パソコン一台あれば仕事ができる事が多いので、在宅ワークをしやすいなど柔軟な働き方ができます。

またスキルや専門性を高めていけば自分の努力により年収も上がっていく傾向にあるのでおすすめです。

教育関係

教育関係の職種は、一見少子高齢化が進んでいるのでニーズがなく転職が難しいのではと思ってしまいますが、そんなことはありません。

近年、子供一人あたりにかける教育関連費が増加傾向にあり、ニーズも高まっているので、様々な職種があり求人も増えています。

例えば、学習塾の講師やスクールマネージャー、外国語教室の講師、IT教育など今現在様々な職種があります。

この職種は、子供の成長が見れたりするので、成果が目に見えやすくやりがいを感じる人も多いのが特徴です。

食品関係

食品関係には、パン、麺、乳製品、調味料、お菓子などの種類があります。

その中でも研究開発や生産、営業販売、管理部門など様々な職種に分けられていて、営業職や開発職は未経験でも転職が可能です。

食品関係で働く魅力としては、食品は生きていくうえで欠かせないものなので仕事が安定しやすく、食のことについても勉強できます。

また企業によっても異なりますが、定時で帰れることが多く残業も少なく、福利厚生も充実している企業が多いのでおすすめです。

介護職

介護職は、少子高齢化が進んでおり現在需要が高まっている職種なので未経験でも採用されやすくなっています。

介護職にも沢山の種類があり、デイサービスやホームヘルパー、ケアマネージャー、介護助手、介護補助などがあります。

この職種は、きつい汚いなどのイメージがありますがそういうことばかりでありません。

利用者などから感謝されやりがいを感じたり、リストラや職を失うというリスクが低いのでおすすめです。

飲食業界からの転職を失敗しないためには?

飲食業界から未経験で転職することは可能ですが、転職活動は思っているよりも時間と体力が必要なので大変です。

そこで、失敗しないためにも転職プロである転職エージェントを活用することをおすすめします。

ここからは、「転職エージェントとは何なのか」「おすすめの転職エージェント」などを詳しく紹介していきます。

転職エージェントを活用

転職活動を一人でやるのは思っているよりも、大変です。

例えば、不採用通知が続いてしまいやる気を失ってしまったり、企業の情報収集や履歴書などの書類を作成するのにとても時間がかかってしまう事が多々あります。

さらには、転職活動には思わぬ費用がかかったりします。

転職エージェントではそういった大変な事はもちろん精神面においてもプロがフォローしてくれるので利用してみることを強くお勧めします。

転職エージェントとは?

そもそも転職エージェントとは、人材紹介サービスの事です。

転職者の悩みを解決し、より良い転職を実現するためにサポートしてくれます。

例えば、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策のサポート、転職のプロの視点からのマッチングサービス、企業への交渉などのサービスを無料でうけることができます。

転職エージェントの役割としては、転職者が効率的かつ最適な転職先がみつかるようにサポートしていくことです。

転職エージェントとその他のサイトの違い

転職エージェントの他に転職サイトがあり同じ人材紹介のサービスではあるのですが、明確な違いがあります。

転職エージェントと転職サイトはサポート力と効率的かどうかの面でかなりの違いがあります。

転職サイトのサイト内はコンテンツなどが充実しているので解決策を確認できますが、転職エージェントのようにプロからのサポートはありません。

また、転職エージェントでは面談などがあり、企業の情報を提供してくれたり求人を探してくれるのでとても効率的です。

ですが転職サイトでは、全ての情報を自分で調べ応募もしたりと自ら行動していかなければならないため、効率的に進めるのは難しいでしょう。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントにも様々な会社やサービスがありますが、その中でもおすすめなのが

・マイナビエージェント

・doda

・パソナキャリア

という3つの転職エージェントとなります。

この3つは、他社にはない強みや顧客満足度の高い転職エージェントとなっているため、おすすめですので紹介していきます。

マイナビエージェント

1つ目のおすすめはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントの強みは、各業界の企業情報に精通したキャリアアドバザーがいるので、プロのノウハウを元に転職をサポートしてくれます。

さらにキャリアアドバイザーだけでなく企業へ営業を行うリクルーティングアドバイザーという方もおり、徹底した情報収集と企業の入念なリサーチも可能です。

なので社内の雰囲気や企業側の求める人材をよく知ったうえで転職者と企業側の希望がマッチしやすいように動いてくれます。

doda

2つ目のおすすめはdodaという転職エージェントになります。

dodaの強みとしては、業界最大級の求人数を保有しているので、沢山の求人数の中から転職者に合った求人を紹介してくれます。

また、転職市場は変化が早くそれに一人で順応していくのは大変ですが、dodaではプロのキャリアアドバイザーがその点も含め転職活動を幅広くサポートしてくれます。

さらに、面倒な面接日程の調節など企業とのやり取りをすべてdodaが代行してくれます。

パソナキャリア

3つ目はパソナキャリアという転職エージェントです。

パソナキャリアは顧客満足度の高い転職エージェントといわれています。

パソナキャリアの強みは、なんといっても企業と転職者のマッチング力とサポート体制の充実さです。

キャリアアドバイザーが企業側のニーズを把握し、転職者との面談行い要望に沿った求人を紹介してくれのでベストマッチングを実現することができます。

さらに履歴書や職務経歴書の書き方や模擬面接で面接のテクニックをマンツーマンで教えてくれる心強いサポートなどもあります。

まとめ

飲食業から転職するということは簡単なことではないかもしれませんが、決して不可能ではありません。

転職を失敗しない為にも、失敗してしまう理由や転職しやすい業界業種、失敗しない為の方法、転職エージェントについて説明させていただきました。

この記事が、転職を考えている方にとって参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました