ベネッセはブラック?働き方改革は行われているの?

ベネッセで検索すると、「ブラック」などのキーワードや、離職率の高さなどが目につきます。果たしてベネッセは本当にブラックなのでしょうか?

教育関係の仕事を求める方の中にはベネッセを志望される方も多いと思いますが、ベネッセの将来性や人事制度を元にベネッセがブラックかどうか解説していきます。

ベネッセは教育事業を中心に展開

ベネッセは主に教育事業を展開しています。その他には子育て事業として雑誌のリリースや、介護事業として介護施設や保育所などの運営も行なっています。

また、ベネッセは海外事業を展開するなど、グローバルな事業を経営しています。

ベネッセは本当にブラックなのか?

複数の事業を展開しているため激務

ベネッセでは複数の事業を展開しているため、ブラックだということが挙げられます。ベネッセは比較的残業量が多く、業務や部署によっては常に残業しているということもあります。

また、配置転換も多いためその道のプロフェッショナルが少なく、フォロー体制も確立していないと言ったことも見られます。

出張・転勤が多い

ベネッセがブラックと言われる理由の一つに、出張や転勤が多いといったこともあります。海外事業も展開していることも要因です。

海外に目を向けている企業であるため一つの地域で安定した生活を送るということは難しいでしょう。

人材不足

ベネッセでは複数の事業を展開しているため、採用が追いつかず、人材不足に陥っているという傾向にあるようです。その解決策として人財育成を新たに理念に掲げており、専門性の向上や従業員の能力育成にも力を入れています。

ベネッセで特に激務な仕事は営業部

ベネッセの中でも特に激務な仕事は営業部と言われています。営業部はベネッセの中でも年収が高いですが、訪問主義のため、一件毎に訪問し帰社時間が遅くなる傾向にあります。

そのため、定時で帰れることはなく、ほぼ毎日残業があると思っておいてよいでしょう。また営業部は出張も多く、家に帰れないこともあり、家庭を大事にするか他には合わない傾向があります。

ベネッセの中で1番離職率が高いのもこの営業部となっています。

ベネッセでは働き方改革が進んでいる

ベネッセは激務と言われていますが、現在は働き方改革が進んでいるようです。働きやすく活気ある職場づくりを目標に「ベネッセグループ健康宣言」を発信し、ベネッセホールディングスの社長が最高軒高責任者となり健康経営を支える体制づくりを行ったりしています。

ベネッセは激務と言われていますが、新たな制度づくりをしており、改善する動きは他の企業よりも高いと言えます。

ベネッセが求める人物像

多くの事業を展開し、働き方改革にも積極的に取り組んでいるベネッセではありますが、ベネッセが求める人物像とはどのような人物なのでしょうか?

ここでは、ベネッセが求める人物像について解説していきます。

切磋琢磨し、成長することができる

ベネッセではお互いが切磋琢磨し、成長することができる企業風土が確立されています。そのため、多様な人材が活躍できる職場環境にあります。

ベネッセは女性の活躍する職場として大きな注目をされてきた企業でもあります。新たな制度や取り組みをはじめ、さまざまなライフステージに応じて活躍できる環境を作る改革が進められています。

 高い倫理感が備わっている

ベネッセでは教育授業を中心に展開しているため、高い倫理観が求められます。社員のひとりひとりがコンプライアンスを理解し、正しく誠実な企業活動を行わなければなりません。

ベネッセではコンプライアンスを理解する積極性や知識、誠実に業務に取り組むことのできるまじめな側面も重要視されます。そのような企業方針を理解し、ベネッセと共に成長していくことができる人物を求めています。

グローバルに活躍したい

ベネッセでは海外事業や介護事業を幅広く展開しているため、グローバルな人材が求められます。社内には公募制度もあり、将来は海外で活躍したいと思ってる方などは強く求められます。

2015年からは志とやる気のある人物を選定し、インドネシアやJICAへ社員を派遣しています。また「社内ジョブポスティング」と称して、実務の中での育成を重視している傾向にもあります。

まとめ

ベネッセでは教育事業を中心に子育て授業や介護事業を展開しています。

ベネッセはブラックと言われていますが、働き方改革は進んでおり労働環境は以前よりも改善されています。また、志とやる気のある人物を公募しインドネシアやJICAへ派遣しており、グローバルに活躍できる人材を求めている傾向が強いです。

高い倫理観を持っていて、志とやる気があり、将来は海外で活躍したいなどの目標を持つ人物には向いている企業だと言えます。

Posts Tagged with…