【企業研究】ニコンの平均年収はいくらなの?初任給やボーナスも解説!

映像事業や精密機械事業で、国内外に高いシェアを誇っているのがニコンです。就活生の中にはニコンに就職したいと思っている方もたくさんいると思います。

キャノンやオリンパス並ぶ大手企業ながら、その年収は僕の企業と比べて高いのでしょうか?

今回は、ニコンの年収やボーナス、将来性などを解説していきます。

ニコンの初任給

ニコンの採用は事務系と技術系に分かれており、事務系は営業、企画、経理、事務、人事などです。それに対し技術系は電気、情報、物理、化学、経営工学などとなります。

勤務地は国内の営業所やグループ会社、または海外のグループ会社などとなっています。

職種ごとの初任給

事務系と技術系では以下の表のように初任給が分かれています。

初任給(円) 
事務系240,400~310,400
技術系213,400~310,400

学歴ごとの初任給

ニコンでは学歴毎に初任給も違います。学歴ごとの初任給の違いは以下のようになっています。

初任給(円)高等専門学校本科卒学士卒修士修了博士修了
事務系240,400262,400310,400
技術系213,400240,400262,400310,400

ニコンのボーナス

ニコンの役職ごとの年収やボーナス額は公表されていませんが、おおよそ以下のような金額だと推測することができます。

役職年収ボーナス
主任680万円170万円
係長850万円200万円
課長1,100万円280万円
部長1,200万円310万円

ニコンの平均年収

ニコンの平均年収は、どのくらいか気になる就活生の方も多いと思います。ここではニコンの平均年収を紹介していきます。

年度平均年収
2019年830万円
2018年760万円
2017年770万円
2016年770万円
2015年760万円

ニコンの平均年収は、年々少しずつではありますが上がっていく傾向にあります。 

ニコンの年収が良い理由

ニコンが安定した高い年収を維持していることは分かりますがその理由は何なのでしょうか?

ニコンでは、主にデジタルカメラやコンパクトデジタルカメラは、映像事業の全体の50%、半導体露光装置を手掛ける精密授業は全体の30%もの割合で収益を支えています。

2018年度において、デジタル一眼レフカメラの売り上げが好調となりました。半導体分野では、サービスの収益や中古機の転売収益などの戦略的見直しが行われ、収益を大幅に改善し年収も上がったとみられています。

また、年収の良い企業にはニコンなど映像事業や精密機械事業の他にも、銀行などのメガバンクもあります。下記の記事ではメガバンクの年収やボーナスを解説していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

ニコンの会社情報

基本データ

会社名株式会社ニコン NIKON CORPORATION
創業1917年
業界光学機械器具の製造、ならびに販売
本社所在地東京都港区港南
売上(百万円)連結 708,660 百万円
従業員数連結 20,917 名 / 単体 4,398 名

社風・経営理念

「信頼と創造」という企業理念は、シンプルな言葉ですが、実現することは決して容易ではありません。私たちは、これまで大切にしてきたこの言葉を、変わることのないテーマとして、これからも掲げていきます。

福利厚生

·            完全週休二日制

·            年間休日128日

·            有給休暇・特別休暇

·            フレックスタイム勤務制度

·            各種社会保険

·            各種法人会員加入

·            持株会

·            財形貯蓄

·            独身寮

·            各種クラブ活動

ビジネスモデル

ニコンは現在では、そのビジネスモデルをAIをはじめとする技術との融合を前提に、大きく転換期を迎えています。ニコンは映像事業と精密事業に大きく分かれていますが、その一方で、アプリケーションを含むソリューションを開発提供する事業にも力を入れています。

映像・精密機械業界におけるポジション

ニコンでは、カメラの技術力を活かした製品や開発を行っています。映像授業では高い付加価値のある製品の製造や販売、その他の分野では顕微鏡などの事業などを展開しています。

日本のライバルには、富士フィルムやキャノン、オリンパスなどがあります。

富士フィルムはヘルスケア事業を伸ばしており、2000年と比較して約2倍の売上があります。

キヤノンはAIの流れに乗り、カメラやフォトブック等のサービスを収益の柱にしようというビジネスモデルを展開しています。

オリンパスは医療事業の分野に特化し、医療事業において売上を伸ばしています。

このようにニコンは他のライバル会社と差別化を図り、独自の事業でこれからも伸びていくものと思われます。

まとめ

今回はニコンの年収やボーナスなどを解説しました。

就活生の中には、ニコンに就職したいという方もたくさんいると思われます。ニコンでは、映像事業と精密機械事業のほか、中長期的成長領域を定め計画的に成長戦略を行っている企業です。

安定した事業基盤のもとに、高い収益を誇り、高い年収を維持しています。

また、高い年収を目指す方の多くが仕事はお金のためと割り切っています。仕事はお金のためと割り切って働くメリットなどは下記の記事で解説していますので、興味ある方は是非ご覧ください。

Posts Tagged with…