労働環境

仕事のストレスで体調不良になる4つの症状と対策を徹底解説!

労働環境

体調不良の原因は仕事のストレスである場合も多いです。体調不良で仕事に行くことができなかったり、休みが欲しい時もあるでしょう。

仕事のストレスで体調不良が続く場合は、医者に診断してもらった方が良いのでしょうか?

今回は、仕事のストレスによる体調不良の症状を詳しく解説していきます。

仕事が原因で体調不良になる人は多い

仕事のストレスやプレッシャーが原因で、体調を崩してしまう方は多いです。その症状の中には頭痛や吐き気などがあります。特に大きな仕事を任される30代や40代の方は体調不良に陥る確率が高いです。

体調不良の原因は吐き気の他、頭痛、胸の動悸や息苦しさ、精神面に何らかの症状が出る可能性が高いです。仕事のことを考えると上記のような症状が出る方は仕事のストレスが原因と考えてよいでしょう。

体調不良の原因は仕事なのかストレスチェックをしてみよう

いま自分がそれまでのストレスを受けているのかわかる人は少ないです。体調に不安がある方はストレスチェックを受けてみることをお勧めします。

仕事のことを考えると体調が悪くなる方は、仕事が原因でストレスを抱えている可能性が高いので是非「職場のストレスセルフチェック」をしてみてください。

仕事が原因で体調不良がある人の4つの症状

仕事が原因でストレスを感じている方にはどのような症状があるのでしょうか?ここでは、仕事が原因でストレスを感じている場合の、体調不良の特徴を紹介していきます。

通勤時に吐き気がする

仕事が原因でストレスを抱えてる人は、通勤時に吐き気を催す場合が多いです。朝は体が一番元気な状態ですが、その状態でも体調が悪いということは、ストレスを感じているというのだからのサインです。

本来であれば清々しい朝を迎えることができるはずですが、仕事からのストレスが影響で、朝に体が重い場合や吐き気を感じる症状があります。

ふとした時に涙が止まらない

仕事でストレスを感じていると、自律神経が正常な状態でなくなり、ふとした時に涙が止まらないといった症状が起きる場合があります。職場のトイレや帰宅時にこういった症状が出た場合は、仕事によるストレスが原因の可能性が高いです。

職場にいると頭痛が治まらない

職場にいると頭痛が治らない場合も、仕事によるストレスの影響と考えられます。なかには仕事を頼まれた時から頭痛が始まる方や、嫌いな人と話した後から頭痛が始まる人などいます。職場の人間関係で悩んでる時は頭痛を引き起こす可能性が高いので注意が必要です。

職場でめまいを感じる

職場でめまいを感じる場合も仕事のストレスの影響と考えられます。めまいを感じる場合は過度のストレスやプレッシャーによるものが多いです。仕事でストレスを感じるとめまいだけでなく、その他の合併症も引き起こす可能性がありますので、早めに病院に行って診察を受けましょう。

精神面や行動面でも仕事のストレスが現れる

ストレスを感じると体調不良に陥る場合もありますが、精神や行動にも影響が出てきます。精神面や行動面での影響はストレスよりどのようなものがあるか、具体的に解説していきます。

うつ病になる可能性が高い

ストレスを抱えるとうつ病になる可能性が高いです。普段は温厚な人でもイライラしやすくなります。また全くやる気が起きなくなったりすると危険なサインです。

そういった状態を放置すればうつ病に発展する可能性がありますので、病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。自律神経に異常をきたすと最悪の場合仕事ができなくなり、退職しなければならない事態に陥る可能性があります。そうならないためにもストレスの原因を見極め対策するよう心がけましょう。

自暴自棄になる場合もある

仕事によるストレスで自暴自棄になる方もいます。急に暴言を吐いたり大量にお酒を飲んだりする場合があります。特に、温厚な人が急に暴言を吐いたり、全くお酒を飲まなかった人が大量の酒を飲み始める場合は気をつけた方が良いでしょう。

自暴自棄な行動がエスカレートすると、取り返しのつかない事になってしまう場合もあります。自分の行動に少しでも異常を感じたら、病院の診察を受けたほうが賢明です。

体調不良になるほど仕事で追い込まれることもある

体調を崩すほど仕事で追い込まれる方の中には優秀な方も多いです。また責任感が強く 、完璧主義の方も仕事でストレスを感じ体調を崩す可能性は高いです。

その他にも職場がブラックな可能性もあります。ブラック企業に勤めていると休みがなくパワハラ受けたりといったことがあります。そういったことがストレスとなり体調を崩す可能性は高いです。

仕事で体調不良になった場合はまずは病院へ

仕事で体調不良になった場合そのまま放置しておくのは危険です。最悪の場合働くことはできなくなり退職しなければならないことになる可能性もあります。

ここでは、仕事で体調不良になった場合の対策を紹介していきます。

病院を受診する

仕事で体調不良になった場合はまずは病院を受診しましょう。受診する病院先としては内科と心療内科があります。

どのような場合に内科と心療内科を受診すれば良いのか、それぞれ解説していきます。

内科を受診する場合の症状

以下のような症状がある時は内科を受診しましょう。

  • 吐き気がある
  • 頭痛がある
  • めまいを感じる

上記のような症状の場合は、病気の疑いもあります。 上記のような症状による病気は以下のような病気である可能性が高いです。

  • 感染性胃腸炎
  • 逆流性食道炎
  • 急性胃炎
  • クモ膜下出血
  • 片頭痛
  • 脳卒中

少しでも上記のような症状があれば内科を受診しましょう。早めに原因を探り対策することで症状が改善する場合もあります。

心療内科を受診する場合の症状

以下のような症状がある場合は心療内科を受診しましょう。

  • 涙が止まらない
  • イライラする
  • やる気が起きない
  • 自暴自棄になっている
  • 気分の波が激しい

上記のような症状の場合は病気の疑いもあります。主に疑われる病気としては以下のようなものがあります。

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 適応障害
  • パニック障害

自分の行動や精神的におかしいと感じたらすぐに病院を受診しましょう。また、周りから異常を指摘される場合もあります。そういった場合もすぐに心療内科に行くことをお勧めします。

仕事で体調不良になった場合に試してみること

仕事で体調不良になった場合に、どうすれば改善するのかを試してみる価値はあります。

以下のことをしてみることで症状が改善する場合があるので、体調不良の方は是非試してみて下さい。

しっかりと睡眠時間を確保する

仕事で体調不良になった場合は、しっかりと睡眠時間を確保したほうがよいです。睡眠はストレス解消法の基本と言われており、良質の睡眠が取れていれば少々のストレスでも体調不良にはなりません。

睡眠時間が短い方や十分に取れていない方は、睡眠時間を確保することで体調不良が治る可能性もあります。仕事のストレスなどで体調不良を感じている方は、一度自分の睡眠を見直してみましょう。

ストレッチをしてみる

ストレッチは体と自律神経によい刺激を与えます。その刺激によりリラックス効果が生まれストレス解消につながります。寝る前やお風呂上がりの3分でいいのでストレッチをすると、身体がほぐれ温かくなりリラックス効果があります。

特にパソコンを使って仕事する方は、体を動かすことがなくストレスが溜まる傾向にあるのでストレッチはおすすめです。

感動できる物を探す

ストレスを感じている時は感動できる本やドラマ、映画などを見ましょう。体と同様心を動かさなければストレスを感じてしまいます。感動できる本やドラマ、映画などを見て感情のままに涙を流してみましょう。

自分が思ってるよりも心がすっきりとするはずです。 

食生活を見直そう

ストレスを感じ体調不良の方は食生活を見直してみましょう。食生活が偏りストレスを招いている可能性もあります。

仕事が忙しいなどの理由により、食生活をおろそかにするとストレスを溜め込む原因となります。一度食生活を見直して仕事のストレスに負けない体作りをすることは大切です。 

仕事を休む

体調不良の場合は思い切って仕事を休むのも一つの方法です。その際体調不良の度合いに合わせ休職の申請をしてみましょう。体調が悪い時に無理に働くと働けなくなる可能性もあります。

無理に働くことにより体調が悪化し、急に休んだり入院したりする方が周りに迷惑をかけてしまいます。そうならないためにも無理はせずに、早めに休みを願いでましょう。

仕事で体調不良が続いたら転職も考える

仕事で体調不良が続いたら職場を変わった方がいいという結論になる可能性もあります。体調が回復しない場合は転職も考えるべきでしょう。

そのためには転職に必要な知識を知っておくことも大切です。

ここでは、転職する際に大切なポイントを解説していきます。

退職理由を正直に言うのは避ける

仕事のストレスにより体調不良が悪化して退職した場合は、退職理由を正直に言うのは避けた方が良いです。その理由としては、「また体調不良が原因で辞めてしまうのではないか」と思われる可能性が高いからです。

体調不良を退職理由としていうのであれば、今は完全に治っているということをアピールした方が良いでしょう。転職の面接の際には体調不良を理由とするのではなく、転職を通じて目標としていることや、キャリアに対して持っている考え方など前向きな退職理由を言った方が良いです。

退職しても失業保険がある

会社を退職したとしても失業保険をもらうことができます。失業保険には会社都合と自己都合という2パターンあります。

自己都合の場合は、過去2年間で12か月以上雇用保険に加入している必要があります。会社都合の場合は、過去1年間で6か月以上雇用保険に加入していれば受給対象となります。

受給金額はそれぞれの場合で異なりますが、おおよそ給料の50%から80%です。失業保険を受けるための条件はその他にもあるので、一度前もって確認したほうが良いでしょう。

体調不良の原因が仕事の場合は転職も視野に入れよう

体調不良になる原因は仕事によることも考えられます。

そのような時は休むことも重要ですが、転職を視野に入れることも大切です。

身体にストレスを与え続けることは、精神面にも不調をきたす恐れがあるのであまり良いことではありません。

転職を考えるのであれば、「パソナキャリア」をおすすめします。

「パソナキャリア」は転職実績も豊富で、転職エージェントが最後までしっかりとサポートしてくれます。

求人数も多く、高条件・高待遇の案件も多数掲載されています。

親切で丁寧なサポートに定評がある「パソナキャリア」に登録して転職を成功させましょう。

「パソナキャリア」への登録はこちらから

まとめ

仕事でストレスを感じると体に様々な異変が生じます。特に体調不良に陥る場合が多く吐き気や頭痛、腹痛や胸の動悸、息苦しさを感じます。

その他にも精神面や行動面でも影響があり、酷い場合はうつ病になったり自暴自棄になったりしてしまいます。そうなる前に少しでも異常があれば、病院で診察を受けた方が良いでしょう。

また、体調不良の場合は無理せずに仕事を休むべきです。無理をして働くと症状が悪化する場合があります。原因が仕事と分かってるのであれば、休みを取ったり転職したりするのも一つの方法です。

以下の記事では体調不良で仕事を休む場合の方法を詳しく解説しています。体調不良で休む場合の連絡方法など気になる方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました