メーカー営業に英語は必要?大手企業なら必須!

就活・転職情報

「メーカー営業に英語は必要なのか?」と思う人もいるでしょう。

社会人になっても英語を苦手としている人も多く、大半の人が英語を話すことができません。

メーカー営業をするにあたり、ボーダレス社会を勝ち抜くために英語はどの程度必要でしょうか。

大手のメーカー営業は英語力があった方がいい

結論から申し上げると、英語力はあった方が良いです。

当然、業界や企業、部署によっては英語力が全く問われない所もあります。

しかし多くのメーカー営業では大なり小なり英語を使います。

海外製品を輸入している場合では、取扱説明書が英語のみのことは日常茶飯事です。

英語を多用する企業では、海外勤務が出世コースの近道であることもあります。

翻訳ソフトの普及により英語力がなくても済むようになってきましたが、依然として英語力があった方がビジネスしやすいのは事実です。

メーカー営業が英語力を持つメリットは?

では具体的に、メーカー営業が英語力を持つメリットは何でしょうか。

「当然、英語が話せないよりは話せた方が良いに決まっている」とお考えの人は多いでしょうが、具体的なメリットが何なのか、イメージしにくい人もいるでしょう。

これから、具体的なメリットをお伝えします。

取引先の海外部署にいろいろな提案ができる

英語力のある人は海外の部署に提案ができます。

日系の商社を経由すれば、英語を使わずに提案をすることができます。

しかし、スピードを重視する海外企業に対して直接提案をする場合、どうしても英語が必要になります。

翻訳ソフトなどを使ってある程度の会話や文書作成は可能ですが、最後の詰めを行う提案時や契約書の作成時においては、やはり人間が確認をしなければなりません。

英語ができない場合、このような作業スピードが著しく低いため、競争に負けてしまいます。

海外も視野に入れて販売計画を立てられる

日本のみでの販売を行っていると、当然日本にいる顧客に合わせた販売計画を立案します。

しかし、国民の嗜好や季節によっては、売れる時期と売れない時期がどうしても発生します。

海外への販路を視野に入れると日本とは売れる時期が異なるので、時期をずらした提案販売を行うことができます。

例えば「1月~3月は日本、4月~6月はオーストラリア」という具合に販売計画が立てられます。

また、「昨年の同時期に○○国でこの商品が売れたから、日本でも売れるはずだ」と海外の情報を仕入れて計画に組み入れることができます。

日本製のメーカーは海外での需要が高い

「メイドインジャパン」のブランドは今も世界で通用します。

海外旅行に行った時に、見たこともないのになぜか「HOKKAIDO」「NIPPON」などと記載された商品を目にします。

車で言えばドアに「○○株式会社」と記載されたワゴン車が高く売れるなど、日本製品というだけで品質が保証されていると見なされます。

それほど日本製の商品は海外で需要が高いのです。

その商品を日本人が英語を話して提案をすれば、当然売上が伸びるのです。

英語力のないメーカー営業のデメリット

反対に、英語力がない人がメーカー営業を行う時に発生するデメリットを紹介します。

日本人相手に日本国内で日本製品を販売する分には、英語を使用する機会はほとんどありません。

しかしグローバル社会において、企業だけではなくそこで働く社員も、日本語だけで勝負できる環境では限界があります。

海外の商社と話ができない

新商品を開発した時に、新規顧客を開拓するために展示会やEXPOなどに出店をすることがあります。

これらは大企業や新興ベンチャー企業に限らず、多くの中小企業も出店します。

国内の新規顧客が来た時には日本語で話をすれば良いのですが、上述のように日本製品は海外からの需要も多く、展示会やEXPOには多くの海外企業も視察に訪れます。

彼らは全員が日本語を話せるわけではないので、こちらが英語を話せないでいるとビジネスチャンスを逃してしまうことも考えられます。

取引先の海外部署と商談ができない

取引先の中には海外進出をしている企業があります。

また、海外企業が日本法人を設立しているケースもあります。

これらの場合「日本で良い製品と認識したので、日本以外でも取引をしたい」と商談を持ちかけられることがあります。

取引先が日本語に明るければ問題ありませんが、そうではないケースも当然あります。

その結果、こちらが英語を使って話さねばならないのに、英語力が伴わないために商談ができない、ということにもなりかねません。

不要な人材と見られてしまう

グローバル化を目指す企業に在籍している場合、英語が使えないと不要な人材と見られてしまう可能性があります。

商品開発をする場合、海外企業と行う場合は英語が必須になります。

近年はオンラインで簡単に会議ができるので、英語ができれば無理をして日本企業と組む必要はなく、優秀な企業であれば海外企業であっても簡単に業務提携が可能です。

英語が話せない場合は会議に出てもついて行けないため、不要な人材と見られ、自ら退職せざるを得ない状況になってしまいます。

海外の部署と連絡が取りにくい

海外の部署と取引をしている場合、多くは現地に日本語が話せる社員が存在します。

しかし、全ての企業で日本語が話せる人が常駐しているとは限りません。

仮に常駐しているとしても、その人が不在で、英語しか話せない人と会話をせざるを得ない状況になることも多いです。

こういった状況の時は大抵が切羽詰まった状況ですので、英語でのコミュニケーションが取れないとビジネスとして致命傷になることもあり得ます。

英語力があれば若くても活躍できる

これまで英語が話せることのメリット、英語が話せないことのデメリットをお伝えしました。

このように、英語が話せるというだけで活躍できるチャンスは広がります。

50歳以上の社員はほとんどが英語を話せないので、若くても抜擢人事で活躍の場に押し上げられることもあります。

英語力を身に付け海外でメーカー営業として活躍するためのステップ

では、どのようにすれば海外メーカー営業として活躍できるのでしょうか。

これから活躍するためのステップをお伝えします。

なお、ここでお伝えするステップは、既に英語力がある程度身に付いた人が活躍するためのものです。

どの程度英語力が必要かについては後述します。

海外営業を視野に入れている会社に就職・転職する

当然のことですが、海外営業を視野に入れている会社に就職・転職しましょう。

そのような企業は求人職種に「海外○○」と記載されていることが多いですので、それほど手間がかからずに見つけられます。

その際、業務内容だけではなく会社情報や会社のホームページをチェックして、本気で海外進出を目指しているかも確認しましょう。

企業によっては「海外進出の計画はしているけど実際は何もしていない」ところもあります。

あまり大手にこだわりすぎない

あまり大手にこだわらない、というのも大事なポイントです。大手や人気企業の場合、英語力がネイティブレベルの人も多く集まります。

そのため、入社をするための競争が激しく、なかなか就職できないことが考えられます。

ネームバリューにこだわらず、自分が本気で打ち込める環境かどうか(製品、進出している国はどこか、など)を見定めたうえで就職先を決めていきましょう。

そのためにはOB訪問も必要です。

志望企業の海外売上比率と競争力に着目する

企業研究につながるのですが、海外売上比率がどの程度かを見ることで海外営業をどの程度行っているのかを推し量ることができます。

また、競合はどのような企業が該当するかを確認することで、競争力がどの程度あるかを知ることができます。

決して「競争力がないとダメ」ではありません。ご自身が入社して活躍して競争力を高めればよいだけです。

重要なのは、競争力が高められる環境にあるかどうかです。

海外で求められる英語レベル

海外で求められる英語レベルは、TOEICで言えば850点以上は必要です。

理想を言えば900点以上は欲しいところです。

「英語で日常会話ができる」「専門用語の活用やネイティブレベルの会話は難しい」レベルは600点程度と言われていますので、それでは足りません。

海外は契約社会です。契約書に書かれたことが優先されますので、日本のように「契約書にはこう書いてあるけど、何となく分かるでしょ」では通用しません。

そのため契約締結は非常に重要です。

契約締結には詳細確認(デューデリジェンス)が必要になることも多いので、中途半端な英語力では、かえって自社に損失を与えかねません。

英語力に自信がない方はしっかりと身に付けましょう。

メーカー営業志望で英語力がない方におすすめの求人サイト

求人サイトによっては、企業からのオファーや転職エージェントから求人を紹介してもらうことも可能です。

ここでは、メーカー営業志望だけれども英語力がない方におすすめの求人サイトをご紹介します。

メーカー営業への就活は 「OfferBox」 がおすすめ

メーカー営業への就活は「OfferBox」への登録がおすすめです。

登録するだけで企業からオファーが来るので、英語力がなくてもポテンシャルで就活を進めることができます。

登録がまだの方は早めに登録して、企業への内定を勝ち取りましょう。

「OfferBox」への登録はこちらから

メーカー営業への転職は 「パソナキャリア」 がおすすめ

「パソナキャリア」は転職実績も豊富で、転職エージェントが最後までしっかりとサポートしてくれます。

メーカー営業の求人数も多く、英語力がなくても高条件・高待遇の案件も多数掲載されています。

親切で丁寧なサポートに定評がある「パソナキャリア」に登録して転職を成功させましょう。

「パソナキャリア」への登録はこちらから

まとめ

これまでメーカー営業で英語は必要になるということをお伝えしました。

今から何十年も前から「英語は必要」と言われてきましたが、ボーダレス社会となった今、一層英語は必要になります。

新型コロナの影響でリモート会議が当たり前になったことで、海外との垣根はますます低くなるでしょう。

商圏は日本ではなく地球規模になります。

国の垣根を越えて活躍したいと思う方は、英語力を身に付けておいたほうが良いでしょう。

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店
タイトルとURLをコピーしました