企業・業界研究

不動産業界への転職におすすめの資格は?転職成功のポイントも紹介!

企業・業界研究

不動産業界への転職を考えていれば、事前にできることや知っておきたい情報は気になるものです。

また、転職をより成功させるために、不動産業界の知識やスキルをあらかじめ習得できるよう時間を有効に使いたいものです。

そのためにも将来的な理想像をイメージしてゴールを定めた情報収集を行う必要があります。

この記事では、不動産業界に転職する前に必要なスキルやおすすめの資格、転職エージェントについて分かりやすく解説します。

不動産業界に転職する前に知っておきたいポイント

まず不動産業界に転職する前に知っておきたいポイントを解説していきます。

不動産業の仕事内容や特徴、どんな方向けの業界なのかについて詳しく解説します。

不動産業界の仕事内容

不動産業界の仕事内容で最もイメージされやすいのが仲介や管理の業務ですが、一般の方からも利用されるサービスなので根強いイメージがあります。

その他にも住宅や街づくりの開発が不動産業界の仕事内容に挙げられ、大きく分けて「仲介」「管理」「開発」3つの内容に分類付けされます。

企業概要 仕事内容
仲介 不動産販売代理会社不動産仲介会社 戸建て住宅や賃貸物件の仲介業務
管理 不動産管理会社 賃貸物件のメンテナンス管理や入居者管理業務
開発 デベロッパー住宅メーカー 土地や住宅の開発業務

不動産業界の会社によっては、上記全てを自社で行う会社から1つの業務に特化して行う会社があるため、仕事内容にも着目して転職するのが望ましいでしょう。

不動産業界の主な特徴

不動産業界の主な特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 職種の多くは営業職
  • 歩合制が多い
  • 休日は平日が基本
  • 未経験者への募集も多い
  • 役立つ資格が多い

不動産業界では営業職が多く、営業成績が給与に反映される「歩合制」を取られている会社も少なくありません。

不動産業界での顧客のほとんどが個人を対象にしているため、業界同士での競合は非常に多く、業績重視の歩合制を取っている会社が多い傾向にあります。

営業職未経験であっても転職の受け入れをしている会社も多いのが特徴です。

不動産業界はこんな方におすすめ

今の仕事にやりがいや物足りなさを感じているのであれば、環境を変えることで改善されることもあります。

特に不動産業界では以下のような方々におすすめです。

  • 歩合制で働きたい方
  • 営業としてのスキルを高めたい方
  • 将来的に独立を考えている方

歩合制で働きたい方

不動産業界では、歩合制により自分自身が成果を出すほど給与が反映されるため、結果と報酬が見合った仕事をしたい方に合っています。

特に、不動産売買の会社では契約が取れる難易度が高く、その分高収入が得られる業種です。

営業力に自信があり、年収を上げたい方におすすめです。

営業としてのスキルを高めたい方

不動産業界では、高い金額が動く業種であるため、営業としてのスキルがなければ難しい業界とも言えます。

今まで営業をしたことがない方でも入りやすい業界と言えますが、営業力がなければ長続きしない業界でもあります。

顧客に対して信頼される営業力や的確な情報収集能力、ニーズに合わせた提案が不動産業界の業種で求められます。

一つの商品の特徴を伝えるだけではなく、顧客や立地、条件に応じた提案ができなければ成績の出せない業界でもあるため営業としてのスキルを高めたい方におすすめです。

将来的に独立を考えている方

不動産業界は独立しやすい業界とも言われており、将来的に会社を持ちたい方の転職先としても選ばれやすいです。

独立=成功ではありませんが開業資金が少額でできるため、店舗を設ければ運営しやすい業種です。

しかしながら開業している方が多い一方で、廃業となる方も多いのでしっかりと知識やスキルを備えた上で展望を備えていなければ成功することは難しいと言えるでしょう。

独立への道筋として学べることも多く、多方面で活かせる資格も多い業界ですので得られるものは大きいでしょう。

不動産業界に求められるスキル

不動産業界への転職はそれほど難しいことではありませんが、転職後に求められるスキルが多いため生半可な気持ちではやっていくことができない業界ですが。

不動産に求められるスキルとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 聞けるコミュニケーション能力
  • 即行動できる能力
  • 目標達成意欲

求められるスキルについてあらかじめ理解しておきましょう。

聞けるコミュニケーション能力

不動産業界での営業は、個人の方を対象とする提案営業がほとんどでコミュニケーション能力は必須と言えます。

また、ただコミュニケーション能力があるだけではなく、顧客のニーズを引き出して最善と思われる提案をしなければ契約を取ることが難しい業種です。

そのためしっかりと顧客のニーズを聞き出して、提案するコミュニケーション能力が必要と言えるでしょう。

即行動できる能力

不動産業界での営業には、即行動できるスピードが求められます。

例えば仲介業務であれば、物件を望んでいる方に対していかに最初にアプローチできるかによって成約率が大きく変わってきます。

即行動できるスピードが第一に求められますが、もちろんそれだけではトップ営業になれるというわけではありません。

顧客へのアプローチから成約に至るまでのプロセス、入居するまでの過程において提案や手続きにおける総合的なスピードが必要です。

目標達成意欲

数字が求められる不動産業界では、目標達成意欲は必須と言えます。

営業職であれば業界に限らずではありますが、目標達成意欲が高い人ほど成功しやすい業種と言えるでしょう。

不動産業界では知識はもちろんのこと、持っておいて役立つ資格も多く目標達成意欲が高い人ほど様々な関連する資格を保有している方が多いように感じます。

転職する際に役立つおすすめの資格についてもぜひ参考にしてください。

不動産業界に転職する際に役立つおすすめの資格8選

不動産業界に転職した後でももちろん資格を取ることが可能ですが、事前持っておくことで転職がより有利になることは間違いありません。

不動産業界に転職する際に役立つおすすめの資格8選を紹介していきます。

宅地建物取引士

不動産業界に携わる上で必須の資格は「宅地建物取引士」です。

宅建と言われるこの資格は、不動産を営む上で一つの事務所に対して5人につき1名以上が持っておかなければならない資格です。

受験者に対して合格率15%程と簡単な資格ではありませんが、手当が付く会社も多いので最もおすすめの資格と言えます。

建築士

戸建て、マンションや不動産の設計及び監修に携わる上で必要な資格が「建築士」です。

不動産業界の中でも販売や開発に携わる場合には、営業の方でも建築士の資格を持っていることでより営業に活かすことができます。

会社の組織としては、営業や設計の部門ごとに配属されることが多いですが、営業の中で建築士としての知識を備えることでその場で顧客の疑問を解消することができます。

建築士にも一級建築士と二級建築士があり、どちらも難易度の高い資格にはなりますが不動産業界で有利な資格と言えます。

【合格率】

  • 一級建築士:10%程度
  • 二級建築士:24%程度

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの資格は、住宅や店舗のインテリアをアドバイスすることができるので住宅に関する要望に幅広く応えることができます。

建築士ほど難しい資格でもないので、同様に持っておくことで営業に活かすことができる資格と言えるでしょう。

マンション管理士

マンション管理士は管理や維持に関するコンサルティングを行うことができる資格です。

宅建同様、国家資格になるため不動産業界での業務ではもちろんですが独立した時にも、管理組合や区分所有者の相談に応じることができるため仕事の幅を広げることができます。

合格率は8%程度と難しい試験にはなるので、持っていると差がつく資格と言えるでしょう。

管理業務主任者

管理業務主任者の資格もまた、マンションの管理義務に必要な国家資格です。

管理業務主任者は、マンションの管理業務を行う際に必要な管理委託契約に関する重要事項の説明や記名押印をすることができる資格です。

管理業務主任者は国家資格になりますが、合格率30%程と比較的取りやすい資格になるため、マンションの管理に携わる方は持っておきたい資格と言えるでしょう。

不動産仲介士

不動産仲介士は、不動産仲介業務におけるあらゆる疑問点を解決するために相談を受けることのできる資格です。

本来不動産仲介業務に関しては、資格なしでも案内することができますが、不動産仲介士の資格を有することで有識者としての質の高いサービスを提供できます。

合格率も50%程と合格率の高い資格にはなるため、不動産業界への入門の第一歩としての資格向きかもしれません。

FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは、金融業界で必要な資格ですが不動産業界でも役に立つ資格です。

不動産業界では、特に住宅ローンや不動産に関する相続、税金などのアドバイスをすることができるので非常に役立つ資格の一つです。

ファイナンシャルプランナーの資格は1級から3級までの資格があり、2級以上の資格があれば役に立つので幅広い業界で使えるおすすめの資格と言えるでしょう。

【合格率】

  • FP3級:50%程度
  • FP2級:35%程度
  • FP1級:10%程度

任意売却取扱主任者

任意売却取扱主任者とは、返済不能になった不動産などを強制的に売却するのではなく任意的に売却するために必要な知識を有する資格です。

マイナーな資格ではありますが、受験者も増えている資格であるため不動産業界に携わる上で持っていて役立つ資格と言えるでしょう。

不動産業界への転職は転職エージェントがおすすめ

不動産業界への転職は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • キャリアに応じて最適なアドバイスをもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは各業界の転職におけるノウハウを熟知しており、転職を最大限にサポートしてくれます。

不動産業界への転職を成功させるためにも転職エージェントの利用をおすすめする理由について詳しく見ていきましょう。

キャリアに応じて最適なアドバイスをもらえる

不動産業界への転職を考えている中でも、人それぞれ希望の条件は当然異なります。

転職エージェントではこれまでのキャリアや転職する希望条件を加味して最適なアドバイスをもらえるので利用すべきサービスと言えます。

不動産業界の会社情報を収集した上で最適な転職先を選べるようにしっかりと活用していきましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用するメリットには、非公開求人を紹介してもらえることも挙げられます。

一般的にネットで公開されている情報ではなく、登録者限定で紹介できる会社であるため、利用していなければ申込すらできません。

転職先の幅を狭めてしまうことにならないためにも、転職エージェントを利用していきましょう。

不動産業界に強い転職エージェント

不動産業界に転職する際に利用をおすすめする転職エージェントですが、特に不動産業界に強い転職エージェントを紹介していきます。

  • dodaエージェント
  • 不動産キャリアエージェント
  • マイナビエージェント不動産

上記の3つの転職エージェントについての特徴を紹介します。

dodaエージェント

dodaエージェントは、求人情報数も多く、特にサポート面からおすすめしたい転職エージェントです。

不動産業界の求人数は2万弱ほど保有しており、希望条件に合わせたサポートが非常に手厚いことが好評の転職エージェントです。

転職に不安が少しでもある方は特におすすめできる転職エージェントなので、dodaエージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

パソナキャリアエージェント

パソナキャリアエージェントは、サポートが親切・丁寧で、初めての転職でもキャリアアップできる転職エージェントです。

不動産業界への求人数は約6,000件保有しており、専門としている転職をプロならではの目線でアドバイスしてもらうことができます。

不動産業界への転職である程度したい仕事が決まっている方は見合う会社を、そうでない方でも相談しながらアドバイスをしてもらうことができる転職エージェントです。

不動産業界への転職に欠かせない転職エージェントと言えるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントも不動産に強く、高待遇の求人が多くおすすめです。

不動産業界の求人数は3,000件弱と少なめですが、リクルート大手のマイナビが運営しているので安心してサポートを任せることのできる転職エージェントです。

転職の際の履歴書や面接のサポートもしっかりしてくれるので、サポートの充実した転職エージェントと言えます。

まとめ

転職においては、業界ごとに特徴があるためしっかりと情報収集した上で転職することをおすすめします。

その中でも不動産業界に必要なスキルやおすすめの資格など紹介していきましたが、転職エージェントを利用することでより成功する可能性を高めることができます。

不動産業界はやりがいのある仕事も多いですが、簡単な仕事ではないため成功することでそれに見合ったスキルや報酬が得られていくでしょう。

事前に情報収集を行い転職へと役立てるよう参考にしてみてください。

転職エージェントを上手く利用して転職成功する方法は下記の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました