フリーランス 就活・転職情報

スキルアップ転職で失敗してしまう理由は?失敗しないためのルール5つ!

フリーランス

「将来の夢のために、スキルを向上させたい」

「今よりもっと、挑戦できる職場に行きたい」

最近、様々な理由で、スキルアップ転職を試みる人が増えています。

ここでは、スキルアップ転職を成功させるためのヒントや、失敗してしまう理由など、あなたの転職に役立つ情報を紹介していきます。

スキルアップ転職で失敗する理由

「スキルアップ転職をしよう!」と決意したなら、その決断を後悔したくないですよね。

しかし、転職をしたことで給与が減ってしまったり、想像以上の激務だったりと、不本意な結果に終わってしまうこともあるのです。

ここからは、「転職して、こんな結果が待ち受けていることもある」という例を紹介していきます。

満足のいく転職にするためにも、失敗する理由を理解しておくことが大切です。

給与ダウン

「スキルアップを意識しすぎていたら、給与が減ってしまった」

これは、スキルアップ転職に挑戦した人々から、多く聞かれる感想です。

新しい知識やスキルを求め、ベンチャー企業に飛び込んだ結果、「挑戦の場はあるけど、給料は安定しない職場」であることも多いのです。

転職の際は、給与が優先なのか、それを差し置いても技術を向上させたいのか、自分の中で優先順位をつけておく必要があります。

激務

「スキルアップ転職した先の職場が、予想以上に激務」である場合も、転職が失敗だったと感じてしまう理由の1つです。

「スキルを向上させる」ということは、決して楽な作業ではありません。

自分に足りないものを身に付けるのですから、現在の職場以上にハードになる可能性があります。

自分が、どのくらいのレベルまでスキルアップしたいのかを、事前に考えることが大切です。

業務レベルが自分と違い過ぎる

また、「業務レベルが高すぎた」ということも、スキルアップ転職が失敗してしまう理由の1つです。

外資系企業では、「技術や経験値を得るための転職」が一般化している場合が多いです。

しかし、いざそこに転職した結果、あまりのレベルの高さについていけないこともあるのです。

後悔しないためにも、現時点での自分のレベルと、転職先のレベルがマッチしているかを、しっかり確認する必要があります。

あなたに見合う求人はない

ここまで、「転職に後悔する理由」をご紹介しました。

しかし、スキルアップ転職する上で覚えておくべきなのは「あなたに見合う求人はない」ということです。

あなたの希望や、あなたの理想に完璧に沿って作られた職場は、はっきり言って存在しません。

会社というのは、誰か他の人によって、その人の意思に基づいて創られているからです。

「起業」という選択をしない限りは、あなた自身も妥協点を作り、転職希望先と寄り添う努力をする必要があります。

それでも、せっかく転職するなら、少しでもあなたに合った職場を見つけたいですよね?

納得のいく転職にするために「スキルアップ転職を成功させるためのポイント」を知っておくことが重要なのです。

スキルアップ転職で失敗しないための5つのルール

ここからは、「スキルアップ転職で失敗しないためのルール」を5つ紹介していきます。

満足のいく結果にするためには、「転職して何を得たいのか」という今後のプランを明確にすることが大切です。

また、面接時のアピール方法によっても、結果が大きく左右されます。

スキルアップを成功させるため、一緒に転職のポイントを抑えていきましょう。

キャリアプランを明確に立てる

まず、「キャリアプランを明確に立てる」ということが、スキルアップ転職する上でとても大切です。

転職活動を始めると、転職することがゴールになってしまいがちですが、本来の目的は「転職の先」にあるはず。

「5年後、10年後にどうなっていたいのか」

「転職先で、どんな経験を積みたいのか」

自分の中で明確な計画を立てる必要があります。

はっきりとした道筋が立っていると、企業側も安心してあなたを受け入れることができるのです。

スキルアップが可能な企業を探す

どの方向に向かって、実力を伸ばしたいのかを考えたら、「スキルアップが可能な企業を探すこと」が大切です。

「バリバリ働いて、とにかく経験値を伸ばしたい!」と考えていたのに、年功序列の企業に入ってしまい、挑戦の場が限られれば、転職した意味がありません。

自分が希望する働き方ができる企業に出会うことで、あなたの将来図が初めて実現可能なものになるのです。

応募企業のニーズに合わせたアピールをする

面接では、企業とあなたのニーズが合致するかどうかが問われます。

あなたが一方的に自己PRをしても、それが相手の求めているスキルや人柄でなければ、相手企業には響かないのです。

そのため、企業側に「この人なら、採用後に活躍してくれそうだ」と思ってもらえるアピールをすることが大切です。

企業側が求める人材像を事前に調べ、相手のことを理解して面接に臨みましょう。

「適応力」や「やる気」もしっかりと伝える

どんな仕事も、技術や知識と同じくらい、コミュニケーション能力がなければ成り立ちません。

そのため、面接時に「適応力」や「やる気」もしっかりアピールすることが大切です。

いくら実務経験があり、ハイレベルな人材であっても、「チームの一員として働くことができる人」とみなされなければ、相手の心は掴めません。

謙虚な一面や、相手への心遣いを見せることを忘れないようにしましょう。

待遇面よりもスキルに注目する

また、スキルアップ転職時は、待遇面よりもスキルに注目する必要があります。

実務経験があるからこそ、転職後の給与額や役職に神経質になってしまうのはわかります。

しかし、あなたの技術向上が転職の1番の目的であるなら、「絶対に妥協できない点」以外は、柔軟に受け入れる気持ちを持ちましょう。

「ゼロから積み上げるぞ!」という心持ちで転職に望むことが重要なのです。

効率的にスキルアップしていくには副業もあり?

「スキルアップしたいけど、正社員として転職するのは大変…」という方は、副業という選択も視野に入れてみましょう。

副業にすることで、仕事量やレベルも自分で調整ができ、より効率的にスキルを向上できる場合があります。

ここでは、副業という選択肢についてご紹介します。

副業可能な職場なら副業してみよう

現在勤めている会社が副業可能な職場であれば、その選択肢を活かすことができます。

「〇〇のスキルが欲しいな」と、必要なスキルが細かくわかっている場合、正社員としての転職プロセスを踏むよりも、効率的な場合があるからです。

また、二足の草鞋を履くことで、焦ることなくスキルアップすることができます。

会社の仕事では得られない技術を、副業で補うこともできるのです。

副業でスキルアップ可能

「本当に副業でスキルアップできるの…?」と思ってしまうかもしれませんが、それは大いに可能です。

本職ではなく、あくまでも副業であるため、「やりたい」を最大限優先させた職を選択可能だからです。

正社員として始める勇気がなくても、クラウドソーシングなどで、趣味を仕事にするための経験値を蓄えることもできます。

気軽にスキルアップができる、という点は、副業という選択肢の大きなメリットなのです。

まとめ

この記事では、スキルアップ転職で失敗しないためのヒントや、面接時のポイント、副業という選択肢についてご紹介しました。

あなたが思い描く将来を実現させ、人生を実り多いものにするためにも、「手に入れたいもの」を明確にしていきましょう。

注意点やルールを理解しておくことで、あなたのスキルアップを成功に導くことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました