就活・転職情報

【元販売員が解説】アパレルからの転職はどうする?おすすめの職種や業界!

就活・転職情報

アパレル業界というと、華やかでキラキラしたイメージがありますよね。

そのイメージに憧れて、アパレル業界に足を踏み入れる人も少なくはないと思います。

しかし、実際にその職業に就いてみると、「想像していたより激務で辞めたい…」「給料が少ない」などの理由で転職を考える人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アパレル業界からの転職先で、おすすめする業界を紹介していきたいと思います。

アパレル販売員でも別の業界で働ける

一度アパレル販売員として正社員になると、「別の業界で働くことはできないのかな」と心配する方もいるでしょう。

しかし、心配する必要はありません。

販売員以外にも、別の業界で働くことは可能です。

接客などの社会的マナーが身についているので、それを生かせる職業に就くなど、別業界への転職は不可能ではありません。

また、アパレルの知識もあるので、その知識を活用できるデザイナーなどの職業も良いでしょう。

ただ、転職活動をする際は、採用される年齢などが関係してくるので、なるべく早いうちに活動することをおすすめします。

1人で転職活動をすることに不安を感じる方は、ハローワークや転職エージェントなどを活用するのも1つの手段です。

アパレル販売員からの転職におすすめの職種や業界

次に、アパレル販売員から転職におすすめの職種や業界を紹介します。

アパレルの経験しかないから異業界・職種の転職ができないわけではありません。

その経験や知識、スキルがあれば異業界の転職でも十分可能です。

また、未経験でも募集している職種はあるので、自分がやってみたい業界に手を伸ばしてみるのも全然アリです。

事務職

未経験でもPCスキルがあれば、事務職員として働くことができます。

事務職員は比較的定時であがることができ、給料面でも安定していることが多いです。

また、基本平日勤務で土日祝日は休むことができるのも事務職の良いところです。

自分の時間も大切にしつつ、安定した給料が欲しいという人に事務職はおすすめです。

主な業務内容は、 PC作業や電話対応、来客対応です。

立ち仕事のアパレル販売員とは違って、座って仕事ができるのは嬉しいことではないでしょうか。

販売職から事務職への志望動機と自己PRの書き方は下記の記事で詳しく解説しています。

営業職

話すことが好き、接客が好きという人は営業職もおすすめです。

自社製品をアピール・提案することが好きで、その能力に長けている人も営業職向きでしょう。

また、その成果が目に見えてわかるのでモチベーションも上がります。

個人の売り上げ目標のみではなく、チームでプロジェクトを進めるスタイルもあります。

そのため、「1人で営業するのは不安…」という人でも安心して業務を遂行できます。

初対面の人から既存顧客の人まで、幅広い人と付き合うことになるので、「人が好き!」という方にうってつけの職業です。

営業のやりがいや面白みは下記の記事で詳しく解説しています。

接客・サービス業

営業と少し似ていますが、もちろん接客・サービス業にも適性があります。

今まで通りお客様と向き合ってサービスを提供するお仕事です。

ただし、サービス業といってもアパレルのみならず、飲食や小売業まで幅広く存在します。

私も接客業を経験しましたが、様々なお客様がいて、その人その人で対応の仕方が変わってきます。

そのため、その人に合った臨機応変な対応が求められます。

それが接客業の難しいところでもあり、楽しいところなのではないのでしょうか。

他のアパレルメーカー

異業界ではなく、「もっとアパレル業界で働きたい!」という人は他のアパレルメーカーでも活躍できます。

アパレルの知識も経験もあるので、他のアパレルメーカーへ転職しても重宝されるでしょう。

販売員のみではなく、企画やマーケティングを目指す道もあります。

アパレルに関する資格もたくさんあり、アパレル関連の資格を取得することで、より採用される確率も高くなります。

資格を取得し、更なるキャリアアップも望んでみてはいかがでしょうか。

Webデザイナー

アパレルで身につけたセンスを生かすなら、Webデザイナーはいかがでしょう。

 WebデザイナーはWebサイトやアプリをデザインする仕事です。

一見アパレルと関係ないように思えますが、アパレルで身につけたセンスはWebデザインでも生かすことができます。

また、手に職がつく技術系の仕事なので、スキルが身につけば割と安定した収入が稼げるのではないのでしょうか。

収入といえば、平均年収ですが、およそ450万円です。

アパレルより相当良い年収で働くことができます。

webデザイナーへの転職は下記の記事で詳しく解説しています。

動画編集

これもまた意外だと思われるかもしれませんが、動画編集者として働くのもアリです。

こちらもアパレルで培ったセンスを生かすことができます。

皆さんが何気なく見ているyoutube。

近年でさらに業界が伸びていると共に、動画編集者の需要も伸びています。

効果音やテロップを入れて、画面をデザインするという点では、Webデザイナーと近しいものを感じます。

フリーランスも多く、在宅で仕事ができるため、「仕事もしたいけど自分の時間も欲しい!」という人にはおすすめの仕事です。

IT関連

20代の転職ならIT関連の仕事もいかがでしょう。

経験者・未経験者問わず人気が高いIT関連のお仕事。

エンジニアやデザイナー、マーケターまで多岐にわたって展開されています。

他にも、営業やコンサルタントなど、お客様と直接やりとりする仕事もあります。

「販売員やってたけど、接客は自分には向いてないかも…」という人にはIT関連の仕事はおすすめです。

しかし、 PCに向き合う1人の時間は販売員の時より増えるかもしれませんが、人と向き合う時間が0になるわけではありません。

クライアントと円滑に業務を進めるためのコミュニケーション能力は必要です。

介護職

40代の転職なら介護職がおすすめです。

接客経験や対話スキルが生かせるので、体力的にも問題なければ介護職への転職が良いでしょう。

少子高齢化が進む中、介護職員が激減しています。

そのため、どこの施設も介護士を求めています。

コミュニケーションスキルがあり、人の話を聞くことに自信があるならば、適性しているでしょう。

また、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格を持っていると更なるキャリアアップが望めます。

アパレルからの転職は20代ならIT関連、40代なら介護職が特におすすめ

20代ならIT関連の会社に転職することをおすすめします。

今、右肩上がりなIT業界は将来性もあり、安定性もあります。

ITの普及によりエンジニアも不足しているため、引く手数多です。

しかし、新卒ではなく異業界からの転職の場合、多少なりともITに関するスキルは持っておいた方がいいでしょう。

40代なら介護職もおすすめです。

アパレル販売員として培った接客スキルは、介護職でも発揮できるでしょう。

その人柄と対話スキルは、介護業界でも重宝されます。

また、介護業界もIT業界と同じように人手不足です。

少子高齢化が進む中、高齢者のお世話をする介護士が不足しているので、その需要も高まりつつあります。

アパレル販売員から転職する際の注意点

アパレル販売員から転職する際に、注意点がいくつかあります。

トラブルを避けるためにも、注意点をしっかり押さえておきましょう。

いざ転職活動を始めようって時に慌てても仕方ありません。

前の職場にも次の勤務先にも迷惑をかけないよう、早めに行動しましょう。

気持ちよく転職することは、次の自分のためでもあるのです。

転職をするなら早めに行動

転職する場合は、年齢的にも早めに行動するべきでしょう。

職務経験がなく、未経験から始める場合はなるべく早く教育をしなければならないからです。

年齢が若いと飲み込みが早く、経験も積むことができるため、採用率が高くなります。

また、年齢を制限している企業もあるため、早めに転職した方が幅広く仕事を見つけることができます。

転職時はとにかく経験・スキルを見るため、早いうちに経験とスキルを身につけておきましょう。

転職する条件は明確にしておく

転職するにあたり、自分が何を大切にしたいかを明確にしておきましょう。

昼から働きたいのか、給料はどれくらいがいいのか、勤務内容など、様々な条件が挙がるはずです。

自分の条件全てに当てはまる企業はなかなか見つからないと思います。

その場合、「これだけは譲れない」という条件を優先しましょう。

他は妥協することになりますが、外せない条件を選定することによって、仕事が見つけやすくなります。

自分のワークライフバランスを考えて、無理せず転職活動をしていきましょう。

アパレル販売員から転職するときのコツ

転職活動、なにかと不安になりますよね。

実際に行動に移そうとすると、「何から手をつけるべきかわからない…」そのような困った場面に直面することがあると思います。

そんな時に覚えていてほしい転職する際のコツを紹介します。

いざ転職する時に困らないよう以下のコツを頭に入れておくことで、転職活動がスムーズに進みます。

転職先で使うスキルはあらかじめ勉強しておく

特にIT系などの技術職に求められることですが、転職先で使うスキルは勉強しておきましょう。

新卒なら事前の勉強を求められることはあまりないですが、(あってもさわり程度)

既卒の転職はこれまでの経験やスキルを見られます。

そのため、自分はこれまで何をしてきたのか、何の勉強をしてきたのかを振り返ることも重要になってきます。

異業種から勉強して転職すると、本気度が伝わって企業も採用へと前向きに考えてくれます。

転職先で使うスキルの基礎をきちんと築いておきましょう。

退職理由はポジティブに伝える

転職先の方々にも前向きな印象を残せるように、退職理由はポジティブに伝えましょう。

たとえ事実であっても「人間関係が悪くて辞めました」と「新しいことに挑戦したいと思い、転職しました」では企業はどちらを採りたいでしょうか。

私が採用者なら間違いなく後者を採ります。

アパレル業界というと、激務で大変だという印象が強いです。

そのため、退職理由もネガティブになってしまうこともあると思います。

採用者にポジティブな印象を持たれるためにも、表向きの退職理由と思って前向きに伝えましょう。

転職エージェントを活用する

1人で転職活動をすることに不安を感じる人は、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

転職エージェントは、書類の添削から面接練習、キャリアに見合った職業の紹介まで手広く行ってくれます。

転職活動を1人で進めるのは限界があります。

転職エージェントと転職活動を進めれば、精神的にも心強いでしょう。

また、初めての転職活動でも安心して利用できる味方になってくれます。

転職を考えている方はまずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

アパレル販売員から転職するときに登録すべき転職エージェント

いざ転職活動を始めようとすると、疑問に思うことがたくさん出てくると思います。

そんな時の心強い味方が転職エージェントです。

転職エージェントは書類添削や面接練習、自分のキャリアに合った職業を紹介してくれます。

エージェントによって特色が異なるので、どこが自分に合っているのかよく吟味してから利用しましょう。

マイナビエージェント

転職エージェント大手といえば、マイナビエージェントを最初に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

マイナビエージェントは20代に信頼されている転職エージェントNo.1に輝いています。

初めて転職を考えている人や、20代で転職を考えている人にうってつけの転職エージェントです。

しかし、なぜマイナビエージェントはこんなにも多くの人々の支持を集めているのでしょうか?

それはやはり丁寧なヒアリングとアドバイザーによるバックアップにあります。

下記の記事ではマイナビエージェントについて詳しく書いているので、興味ある方は読んでみてください。

レバテックキャリア

ITエンジニア・デザイナーに転職を考えているならレバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアの大きな特徴として、転職のプロによる抜かりのない企業別対策です。

転職者が希望する企業への選考を突破するためにも、キャリアアドバイザー1人1人がじっくり向き合ってくれます。

また、応募する求人に合わせて書類の添削や面接対策をしてくれるのも嬉しいサービスです。

このような徹底したサービスで転職者の内定率は格段に上がっています。

下記の記事ではレバテックキャリアについて詳しく書いているので、興味ある方は読んでみてください。

パソナキャリア

利用者満足度3年連続1位を誇るのが、パソナキャリアです。

パソナキャリアは、各業界の専門キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングが大きな特徴です。

IT・Web業界はもちろん、ものづくりといった変わった部門もあるのが、個々の希望に沿ったアドバイスを受けられるので嬉しいですね。

また、独自の書類作成ツールもあるので、どう書けばわからない場合も安心して作成できます。

サービス内容が豊富なのもパソナキャリアの特徴の1つです。

下記の記事ではパソナキャリアについて詳しく書いているので、興味ある方は読んでみてください。

まとめ

転職というと、鍵になってくるのはやはり、経験とスキルになります。

それらを積むためにも、転職を決めたら早いうちに行動するのが良いでしょう。

転職をする際に忘れてはいけないのが、

  • スキルの勉強
  • 退職理由はポジティブに
  • 転職エージェントの利用

です。

以上のことを押さえておくことで、転職活動がスムーズに進みます。

「経験やスキルがないから無理…」と言わずに、まずは行動してみてください。

そうすれば自分の道は開けてくるはずです。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました