東証一部上場企業とは?就活生に人気が高い理由を解説!

東証一部上場企業に入社したと聞くと、勝ち組というイメージがあり就活生に非常に人気が高いです。しかし、東証一部上場ということを具体的に知らない就活生も多く、東証一部上場企業の審査基準は知らない方もいます。

今回はなぜ就活生に東証一部上場企業は人気が高いのかということを経験をもとに解説します。

就活生は東証一部上場企業に入社すると勝ち組と考える

東証一部上場企業に入社すると勝ち組になれると考える人は多いです。東証一部上場企業の社員は、世間から勝ち組と思われている場合も多く、収入面や将来性も安定しているというイメージが強いです。

上場企業の意味を知っている就活生は少ない

上場企業という言葉はよく耳にしますが、その意味を知っている方は少ないです。これは上場企業の意味や、非常上場企業との違いを説明していきます。

上場企業とは証券取引所で株の売買がされている企業

一般的に上場企業とは、証券取引所などで株の売買がされている企業のことを指します。証券取引所に株式を公開するためには、一定の基準をクリアしなければなりません。

そのため上場企業は、一般的に経営も安定していると考えられています。

上場企業と非上場企業の違いとは?

上場企業と非上場毛企業との違いは、証券取引所に株式を上場しているのかそうでないかということです。一定の基準をクリアして証券取引所に株式を上場している企業を上場企業、そうでない企業のことを非上場企業といいます。

東証一部上場企業はなぜ就活生に人気があるのか?

東証一部上場企業は就活生の中で人気が高く、入社したいと思う学生も多いです。しかし、なぜ東証一部上場企業に入社したいと思うのか?

実際に就活の際に、自分の周りでも東証一部上場企業に入社したいと思う学生は多かったです。ここではその疑問を解決していきます。

東証一部上場企業は数が少ない

東証一部上場企業は上場企業の中でも数が少ないです。日本の企業は約550万社といわれていますが、東証一部上場企業の割合はわずかその0.1%以下となります。

そのため就職するものも難しく、東証一部上場企業に憧れる就活生も多いです。

社会的信頼性が高いのが東証一部上場企業

上場企業の中でも東証一部上場と社会的信頼性が高いと思われます。その理由の一つとして東証一部上場企業の審査基準が非常に厳しいという点にあります。

そういった厳しい審査基準をクリアした企業ということもあり、就活生の中では将来的な安心感があるので、一般的な企業よりも人気となります。

東証一部上場企業は知名度が高い

東証一部上場企業はその他の企業と比べて知名度が高いです。多くの就活生がその企業を知っているため、自然と人気が高くなります。

また、多くの方が知ってる企業ということは、安心感や信頼感につながるため、就活生は東証一部上場上場企業に入社したいと思うようになります。

給料や福利厚生がしっかりしている

東証一部上場上場企業は厳しい審査基準をクリアしているため、利益は経営面が安定している企業が多いです。そのため、福利厚生もしっかりしています。

やはり、就活する場合に給料や福利厚生の安定は、企業を選ぶ際の重要なポイントとなります。そのため、給料や福利厚生な手堅い東証一部上場企業は就活生に人気があります。

就活生に人気の東証一部上場企業への審査基準は?

東証一部に上場するためには非常に厳しい審査をクリアしなければなりません。そのため、就活生の多くはできることであれば東証一部上場企業に入社したいと思います。

ここでは、東証一部に上場するための審査基準を紹介します。

東証一部上場企業の審査基準

東証一部へ上場するためには細かい基準がありますが、主な審査基準としては以下のようなものがあります。

  • 株主2200人以上
  • 2年間の利益総額5億円以上
  • 時価総額250億円以上
  • 取締役会を設置しての事業継続年数3年以上
  • 虚偽の記載不適正意見等がない

上記のような審査基準を見るだけでも、東証一部へ上場するためには厳しい関門をクリアしなければならないということがわかります。こういった厳しい審査基準をクリアしている企業は経営も安定しているとみられるため就活での人気も高まります。

その他の上場企業との比較

東京証券取引所には、東証一部上場の他にも東証二部やマザーズ、JASDAQ等の証券取引場があります。それらの証券取引所は、東証一部上場と比べ審査基準が緩くなっています。

東証二部は株主数800人以上で時価総額20億円以上などの審査基準を設けています。マザーズにはベンチャー企業が多く上場しており、JASDAQには新興企業が多く上昇しています。

まとめ

東証一部上場上場企業は厳しい審査基準をクリアしてるということもあり、安定した利益安定した経営が見込まれます。また給料や福利厚生もしっかりしているため就活生にも非常に人気が高いです。 

そのため、東証一部上場企業に入社することができれば勝ち組と考える就活生も少なくありません。しかし、企業を選ぶ上で給料や福利厚生も大切ですが、やりがいや目標も大切となってきます。

下記の記事では、仕事はお金の為と割り切って働くメリットやデメリットを紹介しているので、気になる方は是非ご覧ください。


Posts Tagged with…