企業・業界研究

英語の資格を活かした転職にチャレンジ!おすすめの業界や職種は?

企業・業界研究

英語の資格を活かした転職を考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際の転職市場で英語の資格がどの程度有利になるのか、また英語の資格を十分に活かした転職活動の方法については分かりにくい点が多いと思います。

そこで、今回は英語の資格を活かした転職に必要なポイントについて要点をまとめて紹介したいと思います。

英語の資格は転職で有利になるのか

英語の資格が転職で有利になる理由としては、下記の3点のポイントがあります。

  • 年収設定が高い
  • ライバルが減る
  • 自分のキャリアアップにつながる

年収設定が高い

英語の資格を活かした転職では、年収設定の高い求人に応募することができます。

例えば、同じ営業職の求人でも、通常では500万円~600万円の求人が、英語の資格を必須する求人の場合には、600万円~700万円というように年収設定があがるようになっています。

その理由として、英語の資格を重視した採用では、入社後にアジア諸国をはじめ海外事業への展開に向けた専門性の高い仕事を任せられるためです。

また、英語の資格保有者の新規採用は、現在いる社員を英会話教室などに通わせて教育するよりもコストが下がり、企業側が採用にお金をかけられるといった理由もあります。

これらの理由から、英語の資格を活用した転職では、年収設定の高い求人に出会いやすくなり転職が有利になると言えます。

ライバルが減る

転職市場では、求人票の応募要件に英語の資格が書かれているものがあります。

このような求人の場合には、英語の資格を持っていない人は応募することができないため、必然的にライバルが減ることにつながります。

中途採用の場合には、大手企業の1つ求人に何十人、何百人もの応募者が集中することがあります。

そのため、英語の資格を持っているだけで転職では応募できる求人が増え、ライバルが減ることで有利に転職活動を進めることができます。

自分のキャリアアップにつながる

資格を活用して1度でも転職をすると、また新たに次の転職をする際にも資格を活かした転職をすることが可能になります。

特に、英語の資格を活かした転職の場合、英語の資格を活かした業務歴が追加されるため、

次回以降の転職時にさらに有利に転職活動を進められる傾向があります。

英語の資格を活用した転職をおすすめする人

今の職場でのキャリアアップが望めない

年功序列で昇格が決まっている企業やバブル世代の社員層が厚く、上が昇格しないことで将来のキャリアアップに不安を抱えている人は多くいますよね。

このように、今の職場でのキャリアアップがなかなか望めない人には、英語の資格を活用した転職をおすすめします。

企業のグローバル化が数年以上前から騒がれる一方で、日本の企業では未だに英語を話せる人材が不足している現状があります。

そのため、英語の資格を活かして転職をすると、企業と世界をつなぐ専門性の高い仕事を任されるポジションに就くことができキャリアアップにつながる可能性が高くなります。

年収が低い

年収が同業他社と比べて低い、家族が増えて生活が苦しいという人にも英語の資格を活用した転職をおすすめします。

中途採用における英語の資格は、求人によっては学歴や職歴と同等に扱われます。

英語の資格を持っているだけで、これまで内定をもらえなかった企業や優良求人で採用されるチャンスが広がり、年収アップにもつながるため利用することをおすすめします。

英語を利用した仕事に就いていない

英語の資格は持っているけれど、英語を利用した仕事についていない人も英語の資格を利用した転職を考えることをおすすめします。

仕事では、自分の得意分野を活かすことで多くのチャンスに恵まれる機会が多くなります。

先輩や同期と同じ仕事をこなすだけでは、なかなか差がつかず、昇給やキャリアアップの機会も減ってしまいます。

そこで、英語を利用する機会が少ない職場で働いている場合には、もっと英語の資格の価値を評価してくれる企業で働き、早い段階でキャリアアップすることをおすすめします。

英語の資格の種類と転職での活用度

TOEIC

日本において、ビジネス英語力を測る最もポピュラーな資格がTOEICです。

転職市場の求人票でも応募条件として多くの企業がTOEICのスコアを提示しています。

実際のスコアとしては、600点以上が評価される場合が多く、700点以上で英語を利用した実務レベルとして英語を使用した業務への採用基準となることが多くなっています。

海外部門への転部や大手企業における管理職への昇格ではTOEICスコア800点以上を基準にしている企業もあります。

TOEICについては下記の記事で詳しく解説しています。

TOFLE

日本ではTOEICほどポピュラーではありませんが、海外ではTOFLEの方がビジネス英語力のレベルを測る試験として一般的になっています。

TOFLEは、試験内容にTOEICにはないspeakingやwritingが含まれるため、よりビジネスの場面における実践力が測れる試験となっています。

外資系企業や海外部門における即戦力を採用した企業の求人票の応募条件でよく見られ、高いスコアを持っていると優先的に採用される可能性が高くなります。

スコアとしては、100点以上で海外部門や日常的に英語を使用した仕事ができるレベルと評価されることが多い傾向があります。

実用英語技能検定(英検)

学生時代に取得している人も多い英検。

英検も転職では英語力として評価してもらうことができます。

英検は5級~1級までがありますが、ビジネスで評価されるのは、英検2級以上が必要となります。

英検は英語に対する基礎学力があることは認められるため、英語を使用した管理系の職種では資格を持っていることで採用される可能性が高くなります。

しかし一方で、TOEICやTOFLEよりもビジネス英語のレベルを測るという意味では、やや劣る資格となっています。

そのため、外資系企業や海外部門での勤務を希望する人にはTOEICやTOFLEでアピールすることをおすすめします。

IELTS

TOFLEと同様に海外でポピュラーな資格にIELTSがあります。

海外留学や海外での就労の基準として利用される資格ですが、転職の際にも利用することができます。

スコアは9点満点で0.5ごとに刻まれており、TOFLEと同様にreading、speaking、writing listeningの英語の4つの技能を測ることができます。

他の資格に比べ日本における認知度が低いため、企業ごとに基準は異なることが予想されますが、6.0以上のスコアで海外部門への応募にも挑戦できるレベルだと考えられます。

英語の資格を活かした転職でおすすめの業界

商社

海外に向けて商品の販売を行う商社では、英語を利用する機会が多く、どの部署に配属されても英語力が必要とされます。

海外勤務の可能性も高くなるため、転職時だけでなく、英語の資格を存分に活かしながら働くことができます。

また近年では、管理職への昇格試験時に英語資格の受験歴を問われる企業も増えており、英語の資格を重視する傾向があります。

IT業界

企業のグローバス化が進められる中、特に英語力が求められるのがIT業界です。

IT業界における最新の技術や知識を得るためには、英語で書かれた情報を理解し、技術に活用する力が必要となるためです。

外資系企業も多いため、転職市場では英語の資格が必須となる企業が多い傾向があります。

航空・旅行業界

外国人観光客の対応や海外のホテルの予約などを請け負う航空・旅行業界では日常的に英語を使用します。

英語が全く分からない人だとできる仕事が限られることもあり、TOEIC600点以上など、求人の段階で英語の資格を確認する企業が多くみられます。

貿易関係

海外へ商品を送ることや逆に海外から商品を受け取るといったやり取りをする貿易関係の業界では、英語でのメールや電話対応が必要になります。

特に管理系の部門では、英語の基礎力があれば対応ができる仕事も多いため、TOEICやTOFLEスコアがビジネスレベルには達していない人でも挑戦しやすい業界になっています。

医療業界

医療業界は、外資系企業が多く、ある一定の役職以上になると本国とのやり取りのために英語力が求められる企業が多い傾向があります。

また、内資系企業であっても、医師へのプレゼン時に使用する文献は英語のものが多いためある一定の英語力が必要とされます。

管理職以上の転職では、英語の資格が必須とされている場合が多いですが、一般職ではTOEIC600点以上で優遇など比較的応募しやすい条件が提示されている傾向があります。

英語の資格を活かせる職種

マーケティング

海外で事業を展開している企業では、マーケティング部門で海外市場における販売方法や戦略を練っています。

海外の販売店や子会社とのコミュニケーションに英語は必須であり、転職でマーケティング職を目指す場合には英語の資格があると有利になります。

営業職

営業職でも外資系企業で働く場合や、海外で販売する製品を扱う場合には英語力が必要となります。

特に近年では、営業職は年間を通じて求人募集が多く、海外支店の新規立ち上げなども頻繁に行われているため、英語の資格を持っていれば、条件の高い転職が可能になります。

管理系職種

人事や総務、経理といった管理系職種では、自分の成果を数値化するのが難しく、キャリアアップがなかなか望めない人も多くいます。

しかし、これらの管理部門でも英語の資格を武器に転職をすると年収を大きくあげられる可能性があります。

特に経理では、企業のグローバル化に伴い英文経理の必要性が求められており、英語の資格を持つ社員が高く評価される傾向があります。

また、人事では外国人採用や現地営業所の立ち上げにおいて英語力の必要性が高まり、マネージャークラスをはじめ英語の資格保有者を新規採用する企業が増えています。

受付・秘書

海外のお客様の対応をする可能性が高い受付や秘書の場合にも、英語力が必要とされます。

しかし、業務で使う英語は簡単なメールのやりとりや電話対応レベルの英語ができてば良いとされることも多い職種でもあります。

そのため、何かしらの英語の資格を持っていれば採用される可能性が高くなる傾向があり、将来的に英語力を高めたい人にも人気が高い職種になっています。

英語の資格を活かせる転職求人を探すポイント

海外支店のある企業の求人を探す

海外に支店や営業所のある企業では、海外営業部をはじめ海外拠点の経営や管理に必要な人材を新卒採用ではなく中途採用で募集する傾向があります。

英語力を見極めるために英語の資格の有無を確認するのはもちろん、英語力が高ければ高いほど入社後にも責任のある仕事を任せてもらうことが可能になります。

内資系・外資系のどちらの求人も豊富なエージェントに登録する

転職活動では、転職エージェントを利用する人がほとんどですが、英語の資格を活かした転職では内資系・外資系のどちらの求人も豊富なエージェントに登録する必要があります。

外資系企業は年収設定が高く、年齢問わず能力があれば若手でもキャリアアップができる優良企業が多い傾向があります。

また、外資系企業は、英語が流暢に話せる人ばかりというイメージの人も多く、避けられることも多いですが、実際には英語を全く話せない人も多く働いています。

学生時代に取った資格でも十分に活かせる可能性があるため、英語の資格を持っている人はぜひ内資系・外資系のどちらの求人も比較しながら転職求人を探してみてください。

複数の転職エージェントに登録をする

英語の資格を利用した優良の転職求人を探すには、多くの求人を比較する必要があります。

特に、希望の業界が絞れていない場合には、より多くの求人を集め最も、条件の高い求人を探す必要があります。

転職エージェントでは、1回の紹介で平均的に3社~5社程度の求人紹介となり、条件の高い希望の場合にはさらに1回の紹介数が減る傾向があります。

そこで、複数の転職エージェントに登録をし、効率的に自分にあった求人を探すことをおすすめします。

転職エージェントを利用して転職成功するポイントは下記の記事で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

スカウト機能のある転職サービスに登録をする

転職活動では、転職エージェントの利用だけでなく、スカウト機能のある転職サービスを活用することで効率的に条件の良い求人を探すことができます。

特に、英語の資格はスカウト機能にはじめから設定されていることが多く、登録しておくだけで、企業側がオファーを貰うことができます。

英語の資格を活かした転職を考えている人には特におすすめの転職求人の探し方になります。

英語の資格を活かした転職を考える人は転職エージェントや転職サイトの活用を

英語の資格を活かした転職は、転職市場での自分の価値を上げることにつながります。

また、企業のグローバス化が進むにつれ英語の資格保有者の需要は今後も高まると考えられます。

今回の記事を参考に、転職で年収アップやキャリアアップを目指す人は、ぜひ英語の資格を活かせる求人の多い転職サイトの活用や転職エージェントに相談をしてみてください。

【執筆・監修】弥山大生

1986年熊本県生まれ。別府大学文学部卒業。
商社や印刷業を経て、フリーランスのライター兼キャリアアドバイザーとして活動。マネジメントやビジネス経験を活かし、就職・ビジネスライターとして月に30本ほど執筆・監修を行う。このブログでは、転職やフリーランスで成功したい方を全力でサポートするため有益な情報を発信。

詳しいプロフィールを見る

【執筆・監修】弥山大生をフォローする
就活・転職生のための情報サイト「Bizlink」
タイトルとURLをコピーしました