企業・業界研究

20代が目指すべき業界は?おすすめの業界と転職方法を紹介!

企業・業界研究

★皆様へお願い★

※このブログはアフィリエイトブログです。紹介しているサイトへご登録頂くことにより広告料が発生します。
情報が有益でためになったと思った方は、サイトへご登録(登録無料)頂ければ非常にありがたいです。ご協力をお願いします<m(__)m>

ひと昔前は新卒で入った企業に尽くし、その一社で勤めあげるのが良しとされていました。

しかし現在は時代の変化とともに、転職を繰り返しキャリアアップをするスタイルが徐々に浸透しています。

日本ではまだ完全にこのスタイルは浸透していませんが、アメリカの平均転職回数は約10回とされており、優秀な人ほど転職を繰り返し次のステップに進んでいます。

そんな情報を知っていても、やはり20代という若さで転職を決意するのは、中々勇気がいることでしょう。

そこで本記事では、転職を検討している20代に向けた、20代が目指すべき業界や、おすすめの転職サイト、20代で転職するメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

20代で転職するメリット・デメリット

そもそも、勤続年数が重視される現代の日本で、20代という若さで転職をしていいのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

転職に失敗したらどうしよう、前の会社の方が良かった、理想と違うなど、様々な不安もあるかと思います。

しかし結論として、正しい転職活動を行えば、20代でも転職先で年収や待遇の大幅なアップは期待できます。

そのためまずは20代で転職するメリット、デメリットをしっかり把握しておきましょう。

20代で転職するメリット

まずは20代で転職する際に把握してほしい、メリットから解説していきます。

情熱やポテンシャルで採用される

20代はまだまだ若く未熟な一面もありますが、裏を返せばこれから伸びるポテンシャルを秘めているとも言えます。

出身学部や前職とは全く関係ない業界への挑戦も、20代であればまだまだ間に合います。

最低限のビジネスマナーや、社会の仕組みさえ理解していれば、専門知識がなくても積極的に20代を採用している企業は多くあります。

むしろ変な癖や固定概念がない分、20代の方が育成しやすいと感じている企業もあるため、20代であれ、興味のある未経験業界へもチャレンジできるメリットがあります。

年収アップの可能性が高い

20代のうちに転職することで、年収が上がるメリットもあります。

現在の職で数年実績を積めば、同業で人が足りていない企業やスタートアップのベンチャー企業にとっては、即戦力となる可能性もあります。

さらに企業によっては、将来の幹部候補として20代で実績のある人材を求めている場合も多くあります。

そのため、未経験業界へ転職して年収を上げるのは難しいですが、同業他社であれば転職先によっては年収を上げることも可能になるでしょう。

失敗してもやり直しが効く

一方で転職が必ず成功するとも限りません。

最悪の場合転職先の企業が合わず、また新たな転職先を探さなければならないケースも少なくありません。

このような状況に直面した際、20代であればまだ若いためやり直しが効きます。

一般的には30代を超えると、企業側も実績ベースでの即戦力採用を行う傾向が強いですが、20代であれば前述通りポテンシャルで採用される可能性もまだまだあります。

そのためポテンシャルで採用されやすい20代のうちに、多くの企業を検討し、自分に合う企業を探せることは、今後仕事を続ける上で大きなメリットになります。

20代で転職するデメリット

一方で、20代で転職する際はデメリットも事前に把握しなければなりません。

ここで解説するデメリットをしっかりと把握せず転職してしまうと、自分のイメージする転職とかけ離れてしまい、転職そのものを失敗してします恐れがあります。

仕事を覚えなおす必要がある

先述では20代であれば、未経験業界へ転職できると言いましたが、その際はまたゼロから仕事を覚えなおす必要があります。

数年務めた業界で得た知識が活かされる場合もありますが、そうでない場合新卒同様ゼロからのスタートとなります。

またスキル的には新卒同様ですが、中途入社ということでしっかりした研修を行ってくれない企業も多くあります。

そんのため、未経験業界へ転職する際は、ある程度独学で事前に勉強しておくことが必要になるでしょう。

すぐに辞めるのではないかと思われる

現在転職が当たり前になりつつある世の中ですが、企業の40代前後の人事や役員にとってその当たり前が浸透していないケースがあります。

そのため、相手によっては20代ですぐに転職するということは、うちの会社もまたすぐに辞めるのではないかと思われることも十分にあります。

日本では多くの企業が中途採用を行う際に、転職回数を気にしていることも事実です。

このような不安を転職先に与えないようにするため、面接時にポジティブな退職理由や、入社後の決意などをしっかりと伝えるようにしてください。

年収が一時的に下がる

20代の転職は、未経験でも採用されやすいと述べましたが、この場合一時的に年収が下がる場合もあります。

未経験で入社するさい、スキルはゼロのため、新卒と待遇があまり変わりません。

そのためある程度実績を積み、力がつくまでは新卒並みの給料に落ち込み、生活が苦しくなる可能性があります。

好きな業界への転職自体はおすすめですが、経験のない業界へ転職する場合、ある程度生活に困らないだけの貯金は、蓄えておく方が賢明と言えます。

20代におすすめの転職サイト3選

では実際に、どの転職サイトがおすすめなのか、20代の読者は気になっているのではないでしょうか。

そこで、20代のためのおすすめ転職サイトを3つ紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニアやデザイナーの方向けの転職エージェントです。

履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を行なってくれます。

レバテックキャリアはITエンジニアやデザイナーに特化しているため、アドバイザーもその分野や業界に詳しい人が多いことが特徴です。

最速1時間での内定実績もあり、マンツーマンでのサポートが受けられます。

大幅なキャリアアップを狙うなら【レバテックキャリア】

マイナビジョブ20’s

転職サイトでは最も知名度の高いマイナビ転職ですが、同時に新卒向けに展開しているマイナビ新卒も抜群の知名度を誇ります。

学生時代にマイナビ新卒を利用した人の多くが、転職をする際に同系列のマイナビジョブ20’sを利用します。

そのため、マイナビジョブ20’sでは随時20代向けの特集を組んでおり、20代が成功しやすい企業を多く掲載しいます。

加えてベンチャー企業特集も頻繁に組んでいるため、実績を元に年収を上げたい20代にもお勧めできます。

漠然と転職を検討しているが、今後のキャリアに迷いがある20代には未経験募集、即戦力募集の両方のバランスが良いマイナビ転職をおすすめします。

自分が思いもよらなかった企業であなたの強みや個性が活かせるチャンスがある可能性もあります。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

転職エージェントのパソナキャリア

転職エージェントのパソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で3年連続第1位を獲得しています。

取り扱う求人の幅も広く、様々な業種・職種に対応しています。

キャリアの棚卸しや職務経歴書の書き方のアドバイス、求人の紹介や面接日程調整、年齢交渉に至るまで、一連のサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

20代が今行くべき企業

最後に転職を検討している20代に伝えたいことは、転職先の選択の重要性です。

人手不足が深刻な課題となっている今の市場では、若いというだけで採用が決まるケースも珍しくなく、転職自体は簡単にできるでしょう。

だからこそ、企業えらびには慎重になり、自分の力が最大限発揮でき転職先を探してほしいのです。

IT業界

まず最初に検討してほしいのがIT企業です。

現在デジタルの進化スピードに対して、それを支える人材の数が足りていない現状にあります。

さらには今後もデジタルの進化は右肩上がりと予想されているため、20代のうちにITスキルを身につけておけば、今後職を失う可能性も極めて低いと言えます。

特に人材不足が深刻となっているIT業界では、20代であれば未経験者でも採用を行っている企業が非常に多くあるため、転職を成功させるチャンスが大いにあります。

またIT業界で一定の経験を積めば、フリーランスとして開発業務を請け負ったりと、収入を上げられるのも魅力の一つです。

スタートアップ・ベンチャー企業

現在の自分の実績に自信のある20代は、一度スタートアップやベンチャー企業を検討してみてはいかがでしょうか。

若い企業では即戦力の募集を積極的に行っているケースが多いため、今自分が持っている実績をもとに年収交渉などを行えば、年収が上がる可能性も大いにあります。

さらには幹部ポジションやマネージャーポジションなど、今後のポストも多く用意されている場合も多いため、年収とキャリアを同時に上げられるチャンスもあります。

転職直後の数ヶ月は大変なことも多いかもしれませんが、それを乗り越えた先には様々な可能性を秘めているため、20代のうちにぜひ1度挑戦してみてください。

コンサルティングファーム

地頭のよさや、スタミナに自信のある20代であれば、コンサルティングファームもおすすめの転職先として上げられます。

企業の経営戦略や支援を行うコンサルティングファームでは、論理的な思考力や仮設設定から解決策を導き出す力などが求められます。

さらには各プロジェクトのレベルも高く、場合によってはグローバルな支援を行う場合もあります。

しかしこれらのプロジェクトは非常にやりがいがあるため、20代のうちに一度経験しておくことで、今後大きく成長できます。

仕事は非常に大変ですが、結果を出せば20代半ばで年収1,000万円も狙える業界のため、自分の力を試したいと思っている20代は一度トライしてみるのも良いでしょう。

クリエイティブ業界

クリエイティブ業界は、専門知識や特定のスキルを求められるため、経験がないと中々転職するのは難しい業界です。

しかし現在クリエイティブ業界は、IT企業同様人材不足の情況にあります。

そのため、多くの企業が未経験や、独学で知識のある人材でも積極的に採用をしています。

また従来はホームページ制作や、ポスターの制作などの仕事がメインとなっていましたが、デジタルの発展に伴い、動画編集やデジタルグラフィックの編集業務なども増えています。

今後デジタルの成長は続くため、20代のうちにデジタルに特化したクリエイティブスキルをつけておくことは、今後のキャリア形成でも非常に有利になります。

またフリーランスで活動する人の多くが、クラウドソーシングサイトなどから案件を受注していますが、クリエイティブ案件の募集はそのサイト上で最も多い案件です。

今後社員としてだけではなく、副業やフリーランスを視野に入れている20代にとって、今からクリエイティブスキルを身に着けておくことは、将来大きな武器になることでしょう。 

まとめ

ここまで解説したように、20代での転職は年収が上がったり、未経験でも挑戦できたりと様々なメリットがあります。 

しかしその一方で、やはりデメリットも存在するため、転職する際は慎重に行動する必要もあるのが現実です。

また転職をする際に、あらゆる転職サイトを検討すると思もいますが、本記事でおすすめした3つの転職サイトは、非常に20代と相性が良いです。

そのため現在転職を少しでも検討している人は、登録を行いどのような企業が掲載をしているか、すぐにチェックしてみてください。

コロナウィルスの影響などで経済も大きく変わり、昔のように会社が個人を守ることも難しくなっています。

こんな時代だからこそ、20代のうちに会社に頼らず、自力で戦っていける個のスキルをつけ、副業などで収入源を広げたり、より良い会社へ転職することは当たり前です。

今の自分に漠然と不安のある人や、キャリアを変えたい人は、この記事を参考により良い自分のキャリアを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました